セブ島お土産おすすめベスト10【SMモール編】

留学生や観光客、みんなが気になるセブ島のお土産。

国内外を問わず、旅行先で家族や友達、職場の同僚などに配るお土産を購入することは、欠かせないことですよね。日本では買えないお菓子や可愛い工芸品などは、買わなくても、見るだけで楽しくなります。

今回はセブ島の有名ショッピングモールの「SMモール」で、どのようなお土産がゲットできるか、そして私なりのセブ島お土産ベスト10を選別してみました!

どうぞ、ご覧ください。
 

SMモール内でお土産を買うならココ

Kultura(クルチューラ)

Kultura(クルチューラ)
場所:ノースウイング1階。ユニクロとナショナルブックストアの間にあります。

販売品:ドライマンゴー、ココナッツオイルや石鹸、「PILI&PINO」ブランドのジャムとココナッツシュガー、バナナチップス、モリンガパウダー、セブ島デザインのTシャツ、ウクレレ、ジプニーの模型、フィリピン産のチョコレート・コーヒー、ココナッツのお酒、貝殻の食器や工芸品、真珠のアクセサリー、マグカップ、トラベルピロー、キーホルダーなど多数。

Islands souvenirs(アイランドスーべニア)

Islands souvenirs(アイランドスーべニア)
場所:地上1階、モール中央のマクドナルド向かい側。

販売品:トロピカル石鹸、セブ島デザインのTシャツや帽子、カバンなどの衣類品、マグネティックなど多数。

食料品スーパー

食料品スーパー
場所:地下1階、中央。

販売品:ドライマンゴー、パパイヤの石鹸、バナナチップス、トロピカルフルーツのジャム、ヘアーオイル、メンソールオイルなど多数。

SMモールで買えるセブ島お土産ベスト10

ど定番:ドライマンゴー

セブ島お土産のど定番:ドライマンゴー
セブ島を代表する定番お土産と言えば、まずは「ドライマンゴー」です。濃厚な甘さが凝縮された黄金色のフィリピンマンゴー。

フィリピンでは、熱帯果物を代表格であるマンゴーを一年中お手頃な値段で食べることができます。

セブ島お土産のど定番:ドライマンゴー
スーパーやお土産ショップでは、ドライマンゴーやマンゴーゼリーそしてマンゴーピューレなど、様々なマンゴーの加工品が手に入ります。さらに、マンゴーの表面にチョコレートをコーティングしたチョコレートマンゴーもあります。

その中でも一番オススメするのは「7D」ブランドのドライマンゴーです。セブ島に工場を持っていることでも有名なブランドです。

お値段は、他のドライマンゴーより1.5倍ほど高いですが、食べてみると納得できます。添加物はほとんどなく、生のマンゴーをそのまま乾燥したものに一番近いです。セブ島のプライド、7Dマンゴーを是非トライしてみてください。

ちなみに生のマンゴーは日本に持って帰れませんので、気をつけてください

詳しくはこちら:植物防疫所(フィリピン)

1位:ココナッツオイル

ココナッツオイル
抜群の美容効果で、数年前に日本でも話題になったココナッツオイル。世界のセレブからも愛用されている、このココナッツオイルはフィリピンで割安のお値段で購入することができます。

オイルだけではなく、石鹸・シャンプー・ローション・リップクリームなど、ココナッツオイルが含まれた様々な商品があります。

オイルのお値段は、ブランドによって相違はありますが、大体250mlで250ペソ前後です。

2位:パパイヤ石鹸

パパイヤ石鹸
美白や保湿効果が優れていると知られたパパイヤ石鹸は、フィリピンのスーパー、コンビニ、ドラッグストアなどで簡単に手に入ります。しかも一箱40ペソぐらいで、お手頃な値段の日用品であり、お土産です。

パパイヤ石鹸
日本では、「GT」というブランンドのパパイヤ石鹸が有名だと聞いたことがあります。一箱75ペソと、割高ですが3つ入りなどのパッケージやパパイヤの他にキャロット・更に美白効果をアップしたブリーチング石鹸もあります。

パパイヤ石鹸
一瞬、皮をむいてラッピングしたマンゴーとマンゴスチンにみえますが、実はこちらも石鹸です!

美容効果は確かではないですが、お土産専門店の「Islands Souvenirs」では、トロピカルフルーツの形をした可愛い石鹸が手に入ります。

パパイヤ石鹸
螺旋状に皮をむいたパイナップル、半分に割ったアボカドとココナッツ、バナナやポメロなど、可愛すぎて実際使うにはもったいないこちらの石鹸のお値段は1個199ペソです。

3位:バナナチップス

バナナチップス
美味しい物はマンゴーだけではありません!実は、フィリピンは世界トップ3に入るバナナの生産国です。

そのバナナを薄くスライスして、乾燥した後カリッと揚げて砂糖にまぶしたのが、バナナチップスです。ビールのお供としても最高です。

なかには甘さ控えめのノンシュガーや、チョコレートがコーティングされたものもありますが、私は普通のものがもっとも美味しかったです。

バナナチップス
この「ゴールデンサバ バナナチップス」ブランドの物は、ココナッツオイルとココナッツシュガーを使った製品で、他の製品よりヘルシーです。

お値段は、ブランドやグラム数によって異なりますが、1袋でおよそ80〜150ペソぐらいです。

バナナチップス
バナナチップスではありませんが、こちらの「Titay’s(ティタイス)」というブランドのお菓子も紹介します。

1907年にセブ島郊外リロアン地方で創業して以来、100年以上セブ島民に愛されつづけているとても有名なお菓子なんです。手土産としてもよく使われています。

一番左にある「Otap(オタップ)」というのは、パイ生地を重ねて焼いたお菓子で、日本のホームパイに似てます。

一番右のお菓子は、「Rosquillos(ロスキロス)」というミルクバタービスケットです。少し硬くて、甘さ控えめなので、子供より大人に人気のお菓子です。

実は真ん中のはまだ食べたことがなくて、レビューできません!笑

Peanuts Kisses(ピーナッツキス)
この台形のお菓子は、「Peanuts Kisses(ピーナッツキス)」というボホール島の有名なお菓子で、セブ島のスーパーマーケットでも買うことができます。

キスチョコレートに似ている地形から、「チョコレートヒルズ」と呼ばれるボホール島の有名な観光スポットにちなんだお菓子です。お味は、クッキの中にピーナッツバターが詰まっていて香ばしくて美味しいです。

4位:トロピカルフルーツジャム

トロピカルフルーツジャム
熱帯地方であるだけに、トロピカルフルーツが豊富なフィリピンでは、そういったフルーツで作られたジャムも簡単に手に入ります。

スーパーマーケットでは、マンゴー・パイナップル・ココナッツ・グアバ・タマリンドなどのジャムをお手頃の値段で販売しています。300gの瓶は60~65ペソ、450gの瓶は約85ペソです。

トロピカルフルーツジャム
特にお土産専門店「KULTURA」で販売している、「PILI&PINO」ブランドのジャムは、パッケージもしっかりしている上に高級感もあるので、大事な人へのプレゼントとしても良いです。

トロピカルフルーツジャム
フィリピン産の原料のみを使うというオーガニック製品であるだけに、お値段も一般ジャムより少し高めです。130gの瓶がおよそ150〜170ペソとなります。

5位:モリンガパウダー

モリンガパウダー
ビタミン・ミネラル、必須アミノ酸、食物繊維、たんぱく質などをはじめとする90以上もの栄養素を豊富に含まれて、奇跡の植物と呼ばれているモリンガ。

フィリピンでは、市場やスーパーマーケットなどで生の葉っぱも簡単に手に入る上に、粉末状のパウダーやティーバッグのお茶もたくさんあります。SMモールでは、お土産専門店の「KULTURA」で430〜450ペソで購入できます。

モリンガについてより詳しくはこちら
▶︎フィリピンセブ島で食べなきゃ損!超栄養価の高い食べ物【7選】

6位:ヘアーオイル&メンソールオイル

ヘアーオイル&メンソールオイル
6位はヘアーにつけるキューティクルコートです。軽くてベタつかない感じが良くて、私も毎朝ヘアードライヤーで髪を乾かす前に付けています。

お値段は、モールやドラッグストアによって少し差がありますが、SMモールのスーパーマーケットでしたら、 写真の左にあるミニサイズは61ペソ、右側にあるレギュラーサイズは86ペソで販売しています。

ヘアーオイル&メンソールオイル
こちらはメンソールオイルです。塗った時の爽快感はもちろん、捻挫や打撲などにも効きます。私は蚊に刺された時にも塗りますが、肌の腫れやかゆみが落ち着くような気がします。

さらにフィリピン人は、胃もたれしたらお腹に付けることもあると聞きました。効果は疑問ですが(笑)

塗り方は、綿棒やコットンに付けて伸ばします。SMモールのスーパーマーケットでは、1本122ペソで買うことができます。

7位:セブ島デザインのTシャツ

セブ島デザインのTシャツ
ギターやジンベイザメなど、セブ島の名物がプリントされたTシャツは人気のお土産の1つです。

セブ島デザインのTシャツ
特にお土産専門店の「Islands Souvenirs」に行くと、様々なデザインやカラーのセブ島Tシャツが皆さんを待っています。一番安いのは、200ペソからで、お手頃!シーズンや行事によって新しいデザインの商品が発売されて、それをチェックするのも楽しいです。

セブ島デザインのTシャツ
また大人向けのXS/S/M/Lサイズだけではなく、赤ちゃんや幼児用サイズも沢山あります。

セブ島デザインのTシャツ
せっかくセブ島を旅行しながら、友達や恋人、そして家族全員でお揃いのセブ島Tシャツを着て記念写真を撮るのも、楽しい思い出になるのは間違いありません。

8位:セブ島マグネティック

セブ島マグネティック
Tシャツと同じく、旅行で訪れた地域の名物が描かれたマグネティックを集める方も多いです。

マグネティックやキーホルダーは、高くない上にサイズも小さいので、自分のコレクションだけではなく、お気軽に周りに配るにも良いです。

セブ島マグネティック
「Islands Souvenirs」には、1つにおよそ130ペソで販売し、ローカルのお土産ショップでは、より安いお値段で買うことができます。

9位:ギターより小さいウクレレ

ギターより小さいウクレレ
セブ島の名産品の一つは、手作りのアコースティックギターとウクレレです。 澄んで軽やかな音色の4弦のウクレレは、ギターより小さくて軽いので、持ち歩きやすいです。

ギターより小さいウクレレ
カラフルなボディーもとても可愛いウクレレは、お値段も200ペソから4,000ペソまで千差万別です。200ペソの安いウクレレは、演奏というよりは、南国の雰囲気が感じられる飾り物に似合います。

10位:ジプニーの模型

ジプニーの模型
フィリピンの庶民の足、ジプニー。アメリカ軍のジープトラックを改造した車輌を使ったことから「ジプニー」という可愛い名前が付きました。

観光客よりも、留学生の方や長期滞在していた方が、フィリピン生活の思い出として買う場合が多いです。

ジプニーの模型
サイズやカラー、ボディーの描かれたデザインも様々です。ちなみに、上の写真にある物は、「KULTURA」で400ペソ販売しています。

ジプニーの模型
より高級感のあるレトロな形のこれらのジプニーは1,500ペソでした。バイクや自転車で運転する3輪車の「トライシクル」の模型もありますので、チェックしてみてくださいね!

番外編

その他にも「KULTURA」で見つけたフィリピンの特産品をいくつか紹介します!

ココナッツシュガー
血糖値が急激に上がらず、一般的な白砂糖の代替材料として知名度が上がっている「ココナッツシュガー」。左のパウチ型は275gに約200ペソ、小分けして箱入りになっている右のは35個、175gで170ペソです。

ココナッツシュガー
フィリピン産のカカオで作られたチョコレートもあります。50gの板チョコが約120ペソで、少し割高ですが、そのお味はとても気になります。

「Gourmet Farms」ブランドのフィリピン産コーヒー
これらは、「Gourmet Farms」ブランドのフィリピン産コーヒーです。パッケージに描かれたフィリピン地図に、原産地が表記されています。

お値段は一袋に400ペソと少し高いですが、その売上は「Gourmet Farms」とパートナーシップを結んでいる原産地のローカル農家をサポートする支援金として使われます。

「LAMBANOG(ランバノグ)」
「LAMBANOG(ランバノグ)」は、ココナッツで作られた蒸留酒です。ラベルには、ココナッツワインと書いてありますが、ワインよりはウォッカに近いです。

可愛い見た目とは違って、アルコール度数はなんと40%以上ですので、ストレートで飲まないようにしてくださいね!

石鹸置きや器
ココナッツの皮を利用した石鹸置きや、器です。お値段は150ペソから。


また貝殻を使って、カニやヤシの木、バナナの葉っぱなどが描かれている食器もあります!


フィリピンは真珠が沢山とれることでも有名です。天然真珠のアクセサリーから、低価格の養殖真珠まで幅広い製品があります。

養殖真珠のシンプルなピアスは200ペソから、ブレスレットは400ペソからでお手頃です。

天然真珠のアクセサリーはうん千ペソから、うん万ペソまでそれぞれなので、気になるものを見つけたら店員さんに聞いてみましょう。

セブ島お土産まとめ

スーパーで買えるフィリピンの定番お土産のドライマンゴーの他、SMモールのお土産専門店「KULTURA」と「Islands souvenirs」で購入できるお土産ベスト10を選んでみました。

お土産店と言えば、マクタン空港の国際線ターミナルにもお土産ショップがありますが、ドル建てになっている上にSMモールで買うよりも3〜5倍高かったので、買うのを辞めた覚えがあります。

お土産はショッピングモールでまとめて買うように、そして買い忘れがないようにしましょう!

facebook限定で最新情報をお届け!

この記事が気に入ったらフォローしよう

Twitterでフォローしよう

こちらも読まれてます