フィリピン留学口コミ評判、体験談「インタビュー」

このコーナーではフィリピン留学をした方の体験談をご紹介します。

今回のセブ島留学生

・お名前:こずし
・ご年齢(留学前):43
・ご職業(留学前):会社員
・通われた語学学校:CDU ESL
・留学滞在期間:12週

1,なぜその学校を選んだのですか?

留学説明会に参加したときにCDU ESLの担当者の方が来ていて、直接話を聞くことができました。現場のリアルな話を直接伺うことができ、学校の設備や周辺環境が比較的良さそうな印象を受けました。

また、早期申し込みで3人部屋の金額で1人部屋の申し込みができるということだったので選びました。

2,フィリピン留学前に準備してきた事は何ですか?

【参考書や勉強】
中学校の文法から勉強しました。あわせて英単語の暗記をおこないました。
単発で受講できる英会話スクールに通って、スピーキングのレッスンを数回受けました。

【アイテム】
English Grammar in USE
百式英単語

3,フィリピン留学してみて、準備が足らなかったものは何ですか?

基本的な文法はもう少し理解できている状態のほうが良いと感じました。

説明は当然のことながらすべて英語なので、例えば主語や述語、動詞や名詞はもちろん、現在進行形という言葉ですらすべて英語で説明されます。なので、とりあえずpresent continiueと言われたら「現在進行形」のことなんだ、とあらかじめわかっていると、もっと勉強がスムーズに進むと思いました。

4,学校の施設はどうでしたか?

■部屋
一人部屋なのでとても広く、使いやすかったです。ただ利用した学校は冷房を金額内で使える時間が決まっており(一日4時間くらい)、それ以上使うと追加で料金を支払う必要がありました。

しかもその料金がかなり高いので、暑い中たえる必要があり夏のシーズンに行くとつらいと思いました。結局、日当たりのいい部屋とそうでない部屋とでも部屋の温度が全然違うので、私は相談して、日当たりがそこまで良くない部屋に変更してもらいました。

3人部屋の友達もいましたが、これはさすがにかなり狭い印象でした。ベッドと机がパズル状態で置かれており、スーツケースを床に広げるのは難しいようでした。せいぜい2人部屋くらいがちょうどいいと思います。

■学校教室
基本的にはマンツーマンの授業なので、机と椅子をふたつ置いたら、立つスペースがないくらいの狭い部屋でしたが、授業を座っておこなうだけなので、特に不便はなかったです。

5,授業のカリキュラム内容を教えて下さい

授業は、マンツーマンが4時間、グループが2時間のコースを選択しました。

マンツーマンは、グラマー、スピーキング(テキストあり)、スピーキング(フリー)などで、グループは、ヒアリング、スピーキングでした。
グループのメンバーは最大で4人でした。

時期によっては生徒数が少なく、グループといいながら、私ともう一人の生徒しかいないときもありました。

6,最もためになった授業と、ためにならなかった授業を教えて下さい

グラマーの授業はとてもためになりました。

最初は英語で説明されることが理解しきれず苦労しましたが、慣れてくると、むしろ英語で説明されたほうがしっくりときてわかりやすく、スムーズに学べました。

スピーキングの授業も、テキストはありながらも基本的にはフリートークという感じで、先生と会話をしていきます。最初は言葉が出てこず時間がたつのが遅く感じてつらかったですが、慣れてくるととにかく知ってる単語で積極的に説明しようという姿勢もでてきて、楽しく会話をしていくことができました。

ためにならなかった授業は特になかったです。

7,周りの環境、治安はいかがでしたか?

周辺にはカフェやショッピングセンターがあり、生活には困りません。タクシーに乗れば大型のおしゃれショッピングモールにも行けるので便利な場所でした。

セブは全体的に野良犬が多いので、そこら中に犬が寝ていて最初はこわかったですが、特になにをしてくることもなく寝ている犬がほとんどだったので、危険な目にはあいませんでした。ただ狂犬病をもっている犬もいるようなので、やはり注意は必要なようです。

夜も飲みに行ったりはできますが、一人ではやはり危険なので、友人と行くことをおすすめします。また、徒歩10分の場所でもタクシーを使ったほうが安全です。
タクシーはgrabというアプリを使うと気軽に使うことができ便利でした。

関連記事:フィリピンセブ島タクシーアプリGrab(グラブタクシー)の乗り方・使い方

8,食事内容はいかがでしたか?

3食ついていましたが、味はそこそこでした。韓国人と日本人が多い学校だったので、メニューも韓国料理や日本料理に近しいメニューが多かったです。

いやだったのは、食堂に小さなゴキブリが多かったことです。机や食器にもたまについていたりして、慣れてきたものの、やはり気持ちのいいものではありませんでした。

9,インターネットの環境はどうでしたか?

一応部屋でもwifiが使える環境になっていましたが、電波はとても弱く、さらに皆が使うであろう夜の時間帯などは、ほとんどつながることがなかったです。そのため、レンタルwifiをしている人もいました。

私はSIMフリー携帯をつかっていたので、テザリングでPCをつないだりしていました。セブ島のSIMは料金が非常に安く、wifiを借りるよりもお得だと思います。

関連記事:フィリピンのプリペイドSIMカードの購入・利用方法を徹底解説!

10,その学校の最大のメリットと最大のデメリットを教えて下さい

大学が併設されており、大学生と交流するイベントなどがあるので、たくさんの現地の人と会話を楽しむ機会をもつことができます。学校内には医務室やマッサージ室もあり、格安で利用することができるのもうれしいメリットだと思います。

この学校に限ったことではないと思いますが、デメリットは先生の質によってかなり授業の質が異なることです。

まわりでも先生のレベルが低いという理由で、途中でチェンジしている友達が何人もいました。長くいる先生ほど、やはり教えるのがうまく、楽しい授業をおこなってくれると感じました。同じお金を払っているのですから、良くないと感じたら先生のチェンジをしてもらったほうが良いと思います。

11,ずばり、この学校での留学を成功させるコツとは?

日本人がそれなりに多いので、自分の中で英語を使うことを意識しないと、授業時間以外は日本語を使ってしまうことが多いと思います。とにかく英語を学ぶためにきたということを意識することが大切だと思います。

12,何か他に留学エピソードや、今後の留学生のためにお伝えしたいことがあればお願いします

セブ島にきている生徒はみな、次にオーストラリアなどのワーホリに旅立つことが決まっている人たちが多かったです。

最初の留学先として考えるセブ島は、英語に触れるのにはとっつきやすく、費用も安いので、目標をもってうまく活用すれば非常に有意義な時間を過ごすことができると思います。

CDU ESLの学校詳細はこちら

フィリピンセブ島留学の語学学校全リストはこちら
フィリピンセブ島留学【おすすめ】語学学校全154校

こちらも読まれてます