Brighture English Academy(ブライチュア)の口コミ・評判の体験談

このコーナーではフィリピン留学をした方の体験談をご紹介します。

今回のセブ島留学生

・お名前:YYさん
・ご年齢:32歳
・ご職業:退職後
・通われた語学学校:ブライチャー(Brighture English Academy)
・留学滞在期間:2019年夏(1ヶ月)

1,なぜその学校を選んだのですか?

2019年秋より海外大学院への留学を予定していたため、留学直前に4週間ほどブライチャーに留学しました。

学校を選択する際は、コストパフォーマンスの観点からフィリピンに焦点を絞った上で、数ある語学学校の中でもカリキュラムがしっかりと考えられており、かつ一定レベル以上の英語力を持つ社会人中心に在籍していると判断されたこと、そして宿泊場所がホテルとなっていたブライチャーを選択しました。

ブライチャー代表の松井博さんは一部界隈で有名なようで、実際に松井さんのtwitterを見てブライチャーに決めたという方も多いようですが、私自身は松井さん自体の存在を知らず、googleで「フィリピン 語学学校 社会人」などのキーワードで検索した際にブライチャーを発見したと記憶しています。

なおサウスピークも検討しましたが、TOEICのスコアUPに重点が置かれているように思われたため、選択肢から除外しました。

2,フィリピン留学前に準備してきた事は何ですか?(勉強やアイテムなど)

【参考書や勉強】
大学院に出願する際、IELTSでOverall7.0を獲得していたため、フィリピン留学のための勉強は特にしていません。なお事前アセスメント終了後、事前課題(ライティング)が出されるとともに、レベル別のおすすめ教材が記載されたウェブページのリンクが送られてきました。

【アイテム】
フィリピンは野菜不足になると聞いていたため、青汁、ビタミン剤を1か月分日本から持参しました。それ以外にも、一般的な薬(風邪薬、胃腸薬等)は持っていきました。

参考書も数冊持参しましたが、日々の宿題と復習で精一杯だったため、持参する必要は無かったかと思います。

3,フィリピン留学してみて、準備が足らなかったものは何ですか?

日常生活では特に準備が足りないものはありませんでしたが、勉強道具として、単語カードを持っていけば良かったと思いました(セブの大きいモールでも探しましたが、見つかりませんでした)。

4,学校の施設はどうでしたか?

完全個室で、エアコン・扇風機がついていたためとても快適でした。モダンなデザインで統一されていて、おしゃれなホテルのよう。

ミニキッチンもついており、卓上コンロ・冷蔵庫・調理器具など一式揃っていたので、自炊もできます。

ユニットバスですが、水回りもしっかりと清掃がされていて清潔感がありましたが、シャワーヘッドが浴槽の外に向いてしまうなどのハプニングもありました。(海外らしいですね笑)

5,授業のカリキュラム内容を教えて下さい

ブライチャーはJセンターモールというショッピングモールの中に入居しており、宿泊場所はモール直結の東横インだったため、大変便利な環境でした。

教室は、発音やディスカッションの授業はドア付きの個室、それ以外の授業は各自の個別ブースで授業を受けることとなっており、時間になると先生が自分の席まで来る仕組みです。留学期間中、個別ブースは常に同じ席のため、筆記用具等は置いて帰ることができます。

日本人スタッフの方も数名勤務しており、良い方ばかりでしたが、正直申し上げると業務面では疑問符を付けざるを得ません。

例えば、パスポートを預けることとなっていたものの、預けた日付を書き忘れていたことがありました(それ以降、パスポートはホテルの自室の金庫に入れ、預けるのは止めました)。

また毎朝の発音体操は必須という説明を受けていたものの、実際には欠席している生徒も多く、それでも特に注意はしていないようでした。他の生徒の方とも話しましたが、日本人スタッフの対応は要改善という意見で一致しました。勿論、何かあれば相談に乗ってもらえます。

6,最もためになった授業と、ためにならなかった授業を教えて下さい

個人的にはListening&Speaking1という授業が最もためになりました。前半でListeningを行い、音源に関する質疑応答を行った後に関連するテーマが与えられ1分間で準備、2分間のスピーチをするものです。

スピーチ内容は全て先生がディクテーションし、文法や発音のミスを指摘していただける他、内容や構成についても指摘が入ります。時間がある場合には、指摘を踏まえ、スピーチを再度行います。

テーマも多岐に渡り、答えづらいものもありましたが、留学3週目ごろからは徐々に2分間で内容のあるスピーチができるようになりました。

イマイチだったのはSocialConversationです。入学前は最も期待していた授業だったのですが、50分間雑談に近い形で終わってしまう場合もあり、授業の効果がよくわかりませんでした。

なお文法や発音のミス等はLS1同様、授業中にメモが取られており、授業終了後に先生より指摘されます。

7,周りの環境、治安はいかがでしたか?

前述したとおり、ブライチャーはJセンターモールに入居しており、平日は外に出なくても生活できます。

ただし、Jセンターモール自体は比較的ローカルなショッピングモールのため、グローバルブランド(例えばGAP、Starbucksなど)は殆ど入っていません。

飲食店はフードコートの他に、定番のフィリピン料理(Jollibee、Mang INASAL等)からマクドナルド、韓国料理、ギリシャ料理、中華料理など、20店以上は入居しています。

またショッピングモールすぐ隣に、日本人向けの洋食屋や焼肉屋があり、飲食にはあまり困りませんでした。

治安についても大きな問題はありませんでしたが、Jセンターモール前にストリートチルドレンもおり、周辺を歩いてみようという気にはなりませんでした。

8,食事内容はいかがでしたか?

朝食は東横インで毎日出ます。シティホテルの朝食とはいきませんが、ご飯、野菜炒め、卵料理(日替わりで目玉焼き等)、肉系(日替わりでソーセージ等)、サラダ、スープ、フルーツ等がバイキング形式で食べられます。

アジア系料理が好きなため、個人的には満足でした。

昼食、夕食は各自です。なお昼食については、Jセンターモール内の和食レストランからの仕出し弁当を注文することもできました。

9,インターネットの環境はどうでしたか?

学校内は問題はありませんでしたが、接続が不安定な方もいたようです。ホテル内も大きな問題はありませんでしたが、スピードは期待しない方が良いです。また時折接続できない時もありました。

10,その学校の最大のメリットと最大のデメリットを教えて下さい

最大のメリットは、留学されている方のバックグラウンドの多様性とモチベーションの高さかと思います。

社会人、学生問わず皆さん様々な経験をされており(起業、転職、留学、海外就職etc)かつ英語レベルも一定以上の方が多いため、話をしているだけでも刺激を受けました。

11,ずばり、この学校での留学を成功させるコツとは?

初心者の方も大丈夫とのことですが、中学校レベルの文法が怪しい方にはコストパフォーマンスが良くないと思います。

中学校で習うレベルの文法知識を身に着け、英作文ができるレベルであれば問題ないでしょう。

12,何か他に留学エピソードや、今後の留学生のためにお伝えしたいことがあればお願いします

4週間はあっという間でしたが、楽しい日々でした。留学を迷っている方はぜひ経験されてみることをおすすめします。

ブライチャーの学校詳細はこちら

フィリピンセブ島留学の語学学校全リストはこちら
フィリピンセブ島留学【おすすめ】語学学校全154校

facebook限定で最新情報をお届け!

この記事が気に入ったらフォローしよう

Twitterでフォローしよう

こちらも読まれてます