TARGETの留学体験談

このコーナーではフィリピン留学をした方の体験談をご紹介します。

今回のセブ島留学生

・お名前:tanakaさん
・ご年齢(留学前):22歳
・ご職業(留学前):大学生
・通われた語学学校:TARGET ENGLISH ACADEMY(ターゲット)
・留学滞在期間:1ヶ月

1,なぜその学校を選んだのですか?

他の学校よりも価格が安かったのと、放課後のアクティビティが充実していて楽しそうだと思ったためです。

また、比較的生徒さんの国際色が豊かだと聞いたので、TARGETを選びました。

2,フィリピン留学前に準備してきた事は何ですか?(勉強やアイテムなど)

【参考書や勉強】
参考書はかさばりますし、あまりたくさん持っていっても現地で教科書を買うだろうと思いましたので、文法書、単語帳、筆記用具、ノート、付箋、電子辞書などを持って行きました。

事前学習として特別に英語に取り組む時間があまりありませんでしたので、事前に勉強をしっかりしていくことはできませんでしたが、現地ではいろんな方に話しかけて積極的に英語を喋って行こうという心の準備はしておきました。

【アイテム】
シャンプーやボディーソープなどのお風呂用品や、話のきっかけになればと思い、日本のお菓子などを空港で買って持って行きました。

中国のルームメイトの方に卒業時日本の化粧品をあげたら非常に喜んでくれました。

3,フィリピン留学してみて、準備が足らなかったものは何ですか?

洗濯をしていただけるサービスがあったのですが、返却までに三日ほどかかります。場合によっては他の方の洗濯物と混じって紛失してしまうものもありましたので、洗濯物を溜めてから出すとTシャツや下着が足りなくなったりしました。

勉強に関しましては、留学前の事前学習として覚えれるだけ単語を覚えておけばよかったと思いました。

出発する前は忙しく、特別に英語を勉強する時間が取れないまま留学に行く形になってしまったのですが、事前学習によってどれだけ知識が身についているかがその後の伸びにかなり重要だと感じました。

4,学校の施設はどうでしたか?

学校には寮がいくつかあるのですが、他の寮から移動してきたルームメイトによりますと校内にある寮はパンフレットの写真のイメージとはかなり差があったようでした。

私の場合、宿泊部屋は綺麗でしたし教室に関しましても少し冷房が効きすぎる部屋があった以外は特に気になった部分はありませんでした。問題があるとすれば食事をするダイニングルームはエアコンが効いておらず、暑がりなこともあって食事のたびに汗だくになっていました。

サービスに関しましては、オフィスの方々の対応がとても親切で素晴らしかったです。お部屋のお風呂はトイレとシャワーが一つのお部屋にあるのですが、シャワーを浴びるとトイレ、洗面台の方まで水浸しになってしまうような形でした。

ルームメイトの”シャワーカーテンをつけて欲しい”という要望にも迅速に応えていただき、商品が到着し次第取り付けていただけるとのことでした。

また、部屋に帰ると部屋の天井が割れて雨漏りで床が水浸しになっていたこともあったのですが、これにも迅速に対応してくださいました。

5,授業のカリキュラム内容を教えて下さい

マンツーマンクラス6コマ、グループクラス2コマの計8コマを1日に受けていました。1日に最大8コマ受けれますのでフルコマということになりますが、正直かなりきつかったです。

マンツーマンクラスの内容は、グラマー、ボキャブラリー、リスニングを1コマずつとスピーキングを3コマです。

グループクラスには、conversationと呼ばれるお題をもとにクラスメートと会話をしたりディベートをするものと、role playと呼ばれるある特定の役になりきって台本を読むものの2コマを受けていました。

role playの授業はその後グラマーのグループクラスに変更しました。

6,最もためになった授業と、ためにならなかった授業を教えて下さい

マンツーマンクラスの科目は、最初の授業で担当の先生とチェックテストの結果を元にどこを伸ばしたいか、どこが弱いかを話し合いながら決めるので、どのクラスも非常に楽しく、勉強になりました。

スピーキングのクラスでなくても、もちろんすべての会話が英語ですのでその科目だけでなく苦手分野であるスピーキングのスキルも会話を通して向上させることができました。

グループクラスでは生徒さんの人数によってグループクラスの人数も変わるようで、私の場合クラスメートは10人ほどでした。人数も多いので仕方がないのですが、他の方が考えていたり話している間の待ち時間がかなり長く退屈な部分もありました。

7,周りの環境、治安はいかがでしたか?

都心だったこともあり、一歩外に出ると現地の方の家がたくさんあり交流を楽しむこともできました。

ショッピングモールも歩いて行けるほどの距離でしたので非常に利便性は高かったのですが、道に汚水なども流れており正直臭いがきついと感じることが多かったです。

いわゆるセブ島らしい綺麗なビーチなどは近くに存在しませんので、行きたい場合はかなり時間がかかります。

夜に外出したこともありますが、私の場合は学校周辺では特に危険な目には遭わなかったです。

タクシーで外出した際に、メータを使って欲しいと伝えてもメーターを使ってもらえず通常より多い金額を請求されたので、途中でお金を払って降ろしてもらったことがありました。私もつい熱くなってしまい、相手によっては激しい口論になっていた可能性もあります。

現地の先生にも怪我をしたり命を失っては元も子もない。危ないから今後は口論になるくらいならお金を払ったほうがいいと言われました。

全員が全員いい人だとは限りませんのでやはりタクシーなど乗り物を乗る際には注意が必要だなと改めて感じました。

8,食事内容はいかがでしたか?

平日は三食付き、土曜日は朝御飯と昼御飯が合体した形のブランチと夕飯で、日曜と祝日はご飯なしでした。

朝、昼ご飯は美味しかったのですが、夜ご飯は正直食べるのがきつい時もありました。食事には気を使って改善を図られているとのことでしたので、今後も期待できると思います。

食事の内容は日によって様々ですが、基本的には白米、汁物、メインのおかず二種類ほどとデザートといった感じで、昼には丼と汁物のときもありました。個人的には朝御飯に出るゆで卵とソーセージが好きでした。

9,インターネットの環境はどうでしたか?

現地で滞在中、かなりインターネットに繋がりにくく苦労したのですが、これは当時の自分の携帯の調子が悪かったことが原因として大きいと思います。

ルームメイトは問題なく使えると言っていましたし、電話をしている方もおられました。

教室によってはwifiが繋がりにくいところもあるようなので、単語を調べる時用に電子辞書は常に持参していました。

10,その学校の最大のメリットと最大のデメリットを教えて下さい

現地の先生の人格がとても魅力的で楽しいことだと思います。また教育熱心な先生が多いと感じました。英語だけでなく価値観など様々なことを教えてもらいました。

授業外でも外出したり遊んでくれましたので非常に楽しく留学生活を送ることができました。卒業するときはとても寂しかったですが。

また、多人数部屋では極力全員国籍が一緒ということが無いようにしているようでしたので、部屋でも英語を使う機会があります。何より全然違うバックグラウンドを持つ方々と友達になるのはとても楽しいです。

11,ずばり、この学校での留学を成功させるコツとは?

日本の方だけでなく先生や違う国の友達とも仲良くなることだと思います。

授業外でも一緒に外出したり遊んだりすることでとても刺激を受けます。英語を使う機会も劇的に増えますし、モチベーションの維持にも繋がると思います。

日本資本の学校なので、日本人の方がかなり多いです。特に夏休みの時期は団体で大学生がたくさんいました。

この中で海外の友達を見つけるのは少し難しいかもしれませんが、放課後に受けることができる参加自由のナイトクラスに積極的に参加することも一つの手かと思います。

授業によってはかなり生徒数も少ないので親密になるチャンスかと思います。

12,何か他に留学エピソードや、今後の留学生のためにお伝えしたいことがあればお願いします

私が今回留学に行った月は毎週月曜日が祝日で嬉しいような嬉しくないような思いをしました。可能であれば祝日なども調べておくのもいいと思われます。

この学校で2校目のフィリピン留学でしたが、毎回とんでもない刺激とモチベーションを与えられます。何度でも訪れたくなる場所です。

TARGETの学校詳細はこちら

フィリピンセブ島留学の語学学校全リストはこちら
フィリピンセブ島留学【おすすめ】語学学校全154校

facebook限定で最新情報をお届け!

この記事が気に入ったらフォローしよう

Twitterでフォローしよう

こちらも読まれてます