3D ACADEMY(3Dアカデミー)の口コミ・評判の体験談

このコーナーではフィリピン留学をした方の体験談をご紹介します。

今回のセブ島留学生

・お名前:みさきさん
・ご年齢(留学前):26歳
・ご職業(留学前):大学院生
・通われた語学学校:3Dアカデミー(3D ACADEMY)
・留学滞在期間:2019年10月〜(4週間)

1,なぜその学校を選んだのですか?

集中して勉強に取り組める環境を作ってくれていることと、少人数生のクラスとそうでないクラスや、スピーキング重視の授業やプレゼンテーションの授業など、様々なクラスがあるのがとても良いと思いました。

部屋タイプを選べる寮があり、部屋決めも含め留学に関する様々な準備ごと、煩雑な手続きがワンストップの窓口で済ませられるのが良かったです。

また、留学中に何か起きた時や相談したいことができた時、事前に確認ごとが必要になった時なども考えて、日本人スタッフのいる日系の学校が良いと考えました。

だいたいどこでも日本人スタッフはいましたが、日本人経営ということでこの学校を選びました。

2,フィリピン留学前に準備してきた事は何ですか?(勉強やアイテムなど)

【参考書や勉強】
今はフィリピンに留学に行く人が多く、様々な体験記やブログがインターネットにあふれているので、できるだけ新しい記事を選んでそれを読んでいました。

ある程度の情報はそれでまかなえていたと思います。早めに色々調べ、留学保険の手続きや飛行機チケット手配、歯科治療など余裕を持って安くすませるようにしました。

わたしはTOEICスコアをあげたいという目的で留学しました。実務や大学で英語を使う機会はあまりなかったため、ずっと続けていたTOEIC受験のスコアを上げて、さらにTOEFLやIELTSなどにチャレンジしたいと考えていました。

そのため、渡航前の勉強もTOEIC受験のための勉強とあまり変えずに取り組んでしました。高校時代から使っている参考書(ユメタン、速読英単語、DUO)とTOEICの公式問題集を引き続き使い、リスニングやスピーキングには多少自信があったため、主に文法や単語など基礎の知識がために時間を使いました。

【アイテム】
留学保険はかけていましたが、それとは別に海外旅行保険付帯サービスが厚いものを念のため契約しました。

留学中なのであまり意味がないだろうとは思いましたが、日本での生活と完全に財布を分けておきたかったのでフィリピンでの現地カード決済は全てこのカードですませ、留学終了後しばらくして解約しました。

あらかじめ留学資金をまとまったぶん用意できる人は、このやり方が良いと思います。留学関係の引き落としが一元化されるので、最終的にいくらかかったのかが非常に把握しやすかったです。

基礎化粧品、服、下着などは全て日本から持って行きましたが、それ以外の生活用品はほとんど現地調達しました。

消耗品や小さな家電もです。安いですし、現地で処分してしまえば持って帰るのもかさばりますし。1ヶ月程度なので日本食などの準備もあまりしませんでした。

3,フィリピン留学してみて、準備が足らなかったものは何ですか?

やはり基礎固めをしておいてよかったと思いましたが、もっとやっておけば良かったとも同時に思いました。

英語を習い始めた中学時代に学校で教わる英文法の基礎の基礎は、意外と抜けてしまっています。ここを埋めておくと、留学中の授業の理解度が大きく違います!

1ヶ月程度の留学なので日本食などの準備はしませんでしたが、お気に入りのおやつなどはある程度日本から持って行けば良かったなあと思いました。

寮では自炊ができなかったのでそもそも調味料などは持って行くつもりはなかったですが、毎日お菓子をたべる生活をしていたので、やはり馴染みの味があった方が良かったです。

4,学校の施設はどうでしたか?

施設は新しくはなく大きくもないが、手入れが行き届いており快適でした。ちょうど閑散期でもあったので、寮は一人部屋を選ぶことができ快適に過ごせました。

マンツーマン用の部屋はとっても小さくて、すごい至近距離で先生と向き合わなくてはなりません笑

それもすぐになれましたが。3Dアカデミーは学生に食事が1日3食提供されます。これがすごく良かったです。シンプルな食事ですが、ブッフェとお弁当タイプが都度選べるのでその時の予定に合わせて食事ができ、勉強に集中するには最適な生活環境でした。

部屋は寮でしたが、エアコンや扇風機などもきちんと備えてあり、快適でした。また、自習室や体を動かすためのジム、スポーツができるところはたくさん用意されていました。のびのび過ごすことができると思います。

5,授業のカリキュラム内容を教えて下さい

ネイティブESLというコースを受講していました。フィリピン人のマンツーマン授業に加えて、ネイティブ講師のグループ授業が受講できるコースです。

ちなみにネイティブ講師は3Dアカデミーには3人だけです。が、フィリピン人講師でも何も問題なく安心して受講できます。

ネイティブESLはマンツーマン授業が1日200分、グループ授業が150分です。

グループ授業でも受講者数は多くなく、せいぜい6~8人くらいでこじんまり、わきあいあいとやっていました。とても雰囲気が良かったです。その他、受けたい時にはディスカッションの授業を受けていました。

6,最もためになった授業と、いまいちだった授業を教えて下さい

無料オプションでつけていたディスカッションの授業が本当によかったです。マンツーマン授業も大事ではありますが、本当に身につくのは大勢の中で話をすること、聞くことだと痛感しました。

毎日マンツーマンはなかなか大変です。200分も集中力は続きませんし、良い意味でも講師とお互い慣れ合いがでます。まったく期待していなかった無料オプショナル授業であるディスカッションが一番ためになりました。

7,周りの環境、治安はいかがでしたか?

街中で交通量も多いためかすごく悪い、危ないということはなかったです。寮生は門限が一応ありましたので、頻繁に夜の街をふらつくということはしませんでしたし。昼間はとても安全に過ごせる街だと思います。

8,食事内容はいかがでしたか?

1日3食、シンプルな食事ですがしっかり提供されます。ビュッフェスタイルとお弁当スタイルが選べるのが良かったです。

日本人学生が多いせいか、日本人にも食べやすいシンプルな味付けでした。天ぷらっぽいものや、日本のルーカレーもでたことがあります笑 南国らしく、デザートにフルーツなどがよく出ていましたがとても嬉しかったです。

9,インターネットの環境はどうでしたか?

wifi環境が整っています。寮の各部屋にも無線LANが完備されています。速度も十分出て、快適です。

留学当時は社会人大学院生で、大学の先生とスカイプで面談したり、籍を置いていた会社の仕事を在宅勤務に切り替えてやったりしていましたが、通信面で困ったことは1度もありませんでした。

10,その学校の最大のメリットと最大のデメリットを教えて下さい

学習に集中できる環境を作ってくれること!

最低限自分で必要な渡航に関わる手続きすらしてしまえば、あとの手続きや準備は学校でまとめてできました。これがとても便利で助かりました。また、厳しくはないですが、生活に関する規則などを整えてくれているところが私にはあっていました。

食事が1日3食でることや授業のボリューム、それに対する受講者数の少なさ、充実した設備を考えると、とてもコスパのよい学校だと思います。

11,ずばり、この学校での留学を成功させるコツとは?

学習に集中すること!

学校がそのような環境を作ってくれるのでそれは生かした方がいいです。できるだけたくさんのグループ授業を受講すると良いと思います。個人差があると思いますが、わたしはグループ授業の方が自分の力になることを実感しました。

個人学習の時間も大事にしながら、ぜひたくさんの人と交流を積極的にして行くことが成功の秘訣だと思います!

12,何か他に留学エピソードや、今後の留学生のためにお伝えしたいことがあればお願いします

短い留学だと、自分の学習スタイルを定着させるのは難しいかもしれませんが、1日1日丁寧に学習に取り組めば、1ヶ月くらいの留学でもしっかり身につくものは身につきます。

勉強ばかりで引きこもるのもよくないので、できるだけ色んな人と話をして、有意義な時間を意識的に作っていくことをオススメします。

日本人は多いですが、アジア圏の留学生もちらほらいます。彼らともぜひおしゃべりしましょう!一生の友達になれるかもしれませんし。

3Dアカデミー(3D ACADEMY)の学校詳細はこちら

フィリピンセブ島留学の語学学校全リストはこちら
フィリピンセブ島留学【おすすめ】語学学校全154校

こちらも読まれてます