クラーク留学とは?行き方からメリット・おすすめの学校・観光情報まで

フィリピンにはセブ島の他にも英語留学ができる場所があることをご存知でしょうか。

現在のフィリピン留学の発祥地である「バギオ」、フィリピンの首都であり大都市の「マニラ」、そして「ドゥマゲテ、バコロド、イロイロ、ダバオ」などと言った地方都市でも英語を勉強することができます。

今回皆さんに紹介したい場所は、マニラから北方面に車で2時間の距離にある「クラーク(Clark)」です。

セブ島と違うクラーク留学の特徴、クラークにある英語学校などについて興味のある方は最後まで読んでくださいね!

クラークってどんな所?

経済特区

クラークの地図
Google Map

首都のマニラから北西に約80kmの地点にあるクラーク。正確には、ルソン島パンパンガ州内に位置したフィリピンの経済特区の1つです。

アメリカの国外にある米軍基地では最大規模だったクラーク基地は、1903年に建設され1991年にフィリピン政府に返還されるまでアメリカの管轄でした。かつてはアメリカ軍を始め15,000人の人口を抱え、商業施設や住宅街などが整備されていたフィリピン内のリトルカルフォルニアとも呼ばれていました。

それが1991年に、クラーク基地からわずか20km離れていたピナトゥボ山の火山活動が感知され、それによる被害を懸念したアメリカは基地の撤退を決定。フィリピンに返還されたクラークは、基地の趣を持ったまま経済特別区(CSEZ) となります。

経済特区内は、道路やインフラが整備され、特に治安が良いエリアと言われています。その反面物価は少し高く、また大型のショッピングセンター「SMモール」をはじめショッピングやレストランは、経済特区の外に行くことが多くなります。

語学学校は、この経済特区内にある学校とそうでない学校があるので、気になる方は確認してみてください。

天気

クラークの天気
クラーク、フィリピン留学で有名なセブ島、そして東京の天気を比較してみます。

クラークは一年を通して30度以上。特に4月から7月にかけてはかなり暑いです。

クラークの天気
注意点としては、雨が多い時期があるということです。

6月から9月にかけて雨が多いのが、クラークの天気の特徴です。この時期は台風が来ることもまれにあります。

ベストシーズンは、雨が少なくそこまで暑くもない12月から3月です。

注目されているニュークラークシティー

ニュークラークシティー
画像引用元:NEW CLARK CITY公式FACEBOOK  
現在フィリピン国内外から「クラーク」が注目されているキーワードがあります。それは、「ニュークラークシティー」の建設です。

フィリピンのドゥテルテ大統領は、現在1,300万人に迫り、既に飽和状態に直面しているメトロマニラの人口を分散し、渋滞や汚染などの都市問題を緩和するために、現在のクラーク空港から15キロ離れた土地に行政機能を移転する新都市建設を進めています。

それだけではなく、空港拡張や高速鉄道および高速道路などのインフラ施設の建設など、総額140億ドル(約1兆5千億円)をかけて200万人規模の新都市を見込む超巨大プロジェクトなのです。

ニュークラークシティー
画像引用元:NEW CLARK CITY公式FACEBOOK  
11月30日には、主催国のフィリピンを始め、シンガポール・ベトナム・インドネシアなど11カ国が参加する東南アジアンゲームが開催されます。そのメインスタジアムや選手村が建設された場所も、「ニュークラークシティー」です。

クラークへの行き方

成田と大阪から直行便がある

成田と大阪からのクラークへの直行便
以前日本からクラークに行くには、マニラの空港から車で2時間移動するか、セブなどでクラーク行き便の国内線に乗り換えて行く方法のどちらかでした。

2019年11月現在、日本からクラークに飛ぶ直行便は、成田空港からはセブパシフィック航空が月・水・金・日の週4回、関西国際空港からはジェットスターが火・木・土の週3回就航しています。

韓国の仁川空港からは、LCCを含めて7社の航空会社から1日6〜9便のクラーク行きの便が飛んでいますので、仁川を経由する方法もあります。

関連記事:セブパシフィック航空完全ガイド!座席指定、セール、チェックイン、機内食、安全性まで

クラークの観光スポット3選

クラークの近郊には様々な観光スポットがあります。

ピナトゥボ火山

クラークの観光スポット
1991年に20世紀最大の噴火があった「ピナトゥボ火山(Mount Pinatubo)」は、山頂のカルデラ湖までトレッキングすることができます。

ピナトゥボ火山はクラークから車で約3時間の距離です。またその地熱で温めたお湯の「プニング温泉(Puning Hot Spring)」もあります。

アクアプラネット

AQUA PLANET
画像引用元:AQUA PLANETの公式FACEBOOK

2018年にオープンした、38のウォータースタイダーがあるフィリピン最大規模のウォーターパーク「アクアプラネット(Aqua Planet)」などが有名です。

クラークは内陸に位置しておりセブ島のように海に囲まれてはいなく、海までは車で約1時間かかります。

かつてアメリカの海軍基地があった「スービック(Subic)」経済特区があり、ここはクラークと同じく過去アメリカの管理だったためしっかりと整備されていて、フィリピンのローカルビーチより快適に過ごすことができます。

ゴルフ

クラークのゴルフ場
7つものの大型ゴルフ場があり、ゴルフを楽しむために海外から多くの観光客が訪れています。

1998年に伝説のプロゴルファーのタイガーウッズがフィリピン大統領とプレイしたことで有名な「ミモサカントリークラブ(Mimosa Golf and Country Club)」もあります。

クラーク留学のメリット3つ

お手頃なネイティブマンツーマンクラス

お手頃なネイティブマンツーマンクラス
90年近くアメリカ管轄の米軍基地だった土地柄で、アメリカ軍が撤収した後も本国に戻らずにクラークに残ったアメリカ人およびその子供たちがたくさん暮らしています。そのため、フィリピンの他の地域に比べて英会話学校で働いているネイティブスピーカーも多いのです。

学校によっては、例えば、マンツーマン3時間、グループクラス3時間をネイティブ講師のみの授業が受けられるコースを設けている所もあり、料金も4週間で約2,000~2,400ドル前後ですので、そこまで高いわけでもありません。

セブ島の学校の場合、フィリピン人講師のみでネイティブ講師はいない学校が多く、いても1~2人程度がほとんどです。主に中級レベル以上のグループクラスを担当している場合が多いです。

フィリピン人講師と比べてネイティブクラスのメリットとデメリットはあるので、必ずしも全員にネイティブクラスがおすすめというわけではありません。

セブ島でもGenius Englishのように4人もネイティブ講師が勤務しており、1日1コマはネイティブマンツーマンの授業が取れるコースもある学校もあります。

英語圏への留学を考えている学生なら、まずフィリピン人講師にしっかりと基礎を学んで英語へのアレルギーを克服し、次にネイティブクラスを受講してネイティブの発音や言い回しなどに慣れてから英語圏に留学やワーホリに行くのも一つの戦略になるかと思います。

日本人がまだ少ない

日本人がまだ少ない
フィリピン留学のメジャーな都市はセブ島。フィリピンにある154の語学学校のうち60%がセブ島にあります。

その次にバギオやマニラなどで、クラークはまだその知名度が高くありません。そのため、日本人が少ない環境での英語留学を望んでいる方にはクラークも選択肢になるかと思います。

多国籍、日本人が少ない学校を探している方は、問合せの時に学校に聞いてみると良いです。

英語とゴルフが同時に学べる

英語とゴルフが同時に学べる!
クラークと言えばゴルフ観光とも言えるほど、有数のゴルフ場が沢山あります。それだけではなくアクセスの良いゴルフ練習場も約5箇所ほどあります。

英語学校と提携し、学生割引が適用される練習場もあるので、放課後のアクティビティとしてゴルフを学ぶにも良い環境です。特にビジネスのために英語やゴルフを同時に学びたい方、ゴルフが趣味のシニアの方にオススメポイントとなります。

クラークやその近隣にある英語学校6選

それでは、クラークにある主な英語学校を簡単に紹介します。(アルファベット順です)

CIP

CIP
韓国資本の学校。10カ国以上の様々な国からの留学生。ネイティブマンツーマンやIFGというアメリカの大学・カレッジへの進学を保証するコースなどを設けています。

CIP公式HP

クラークフィリピン留学院

クラークフィリピン留学院
日本資本の日本人多めの学校。クラークのJocson大学内に併設された校舎・全講師がネイティブなので学費は他校と比べて高め。

クラークフィリピン留学院公式HP

EG Academy

EG Academy
2013年新築の韓国資本の学校。ネイティブマンツーマン、ゴルフと英語を同時に学べるゴルフコースがあり、TOEICにも強い。

EG Academy公式HP

Global Standard

Global Standard
2005年に開校した韓国資本のスパルタ校。1万坪の敷地に500名規模で日本人は5%程度と少ない。

Global Standard公式HP

HANA Academy

HANA Academy
2008年に開校し、2019年に現行の名前になりました。コスパの良いネイティブマンツーマン、ジュニア向けのプログラムが充実。

HANA Academy公式HP

HELP クラーク校

HELP クラーク校
創立20年の老舗の韓国資本のスパルタ校。平日は外出禁止。四人部屋があるなど、経済特区内にありながらコスパが良い。

HELP クラーク校公式HP

クラーク留学の注意点

フィリピン最大の歓楽街には要注意

フィリピン最大の歓楽街には要注意
1点注意が必要なところもあります。クラークのすぐ隣にあるアンへレス(Angeles)市。英語ではエンジェルスですが、スペイン語の発音ではアンへレスと読み、天使の都市という意味を持っています。

実はここに、フィリピン最大の歓楽街とも言われる「ウォーキングストリート(Walking Street)」があるのです。その規模は小さいですが、まるで歌舞伎町2丁目のフィリピンバージョンのようです。日本より物価も安いので、誘惑に負けないように注意しましょう!

まとめ

日本からの直行便ができたことで、今までは経由便やマニラからの車移動だったクラークにも行きやすくなりました。

大型のゴルフ場が多いことから、特に留学をしつつゴルフも楽しみたいという方におすすめのフィリピン留学先です。

あわせて読みたい:フィリピンセブ島留学【おすすめ】語学学校全154校 2019年版

こちらも読まれてます