ラダートゥーイングリッシュラングエージスクール(LTEL)の学校施設

LTEL School(エルテルスクール(正式名称:ラダートゥーイングリッシュランゲージスクール)は、英語を最適化(オプティマイズ)するコンセプトにした、セブ市内にある語学学校です。

科学的に正しいカリキュラム、ストレスのない学習環境、安心安全の生活環境の3つを特に力を入れています。

特に授業内容は「ご自身の業種に必要な英語を最短時間で」習得できるようカスタマイズ可能で、必要以上の無駄な授業はなくして英語を学んで「使える」よう取り組んでいます。

30歳、40歳からでも、初心者でも安心。

特にサービス業に特化した接客英会話コースでは「すぐに使える接客英語を30時間でマスターできる」を目標とし、1週間の留学でも成果が上がるようなプログラム内容になっています。

LTEL School(エルテルスクール)の3つの魅力

1. 集中できる快適なプライベート空間

基本は全室1人部屋です。留学期間中は極力日本人との接触を避けたい方はもちろん、大人の英語留学にも適した環境です。
ラダートゥーイングリッシュラングエージスクール(LTEL)の宿泊施設
*写真の部屋は二人部屋ではなく、一人で使えます。 ご家族や友達での2人以上でのご利用プランもあり、全室キッチン付きで親子等での長期滞在にも最適です。高速WIFIで日本との連絡やお仕事もスムーズ。過去に停電・断水なしの抜群のインフラ設備。周辺は静かで騒音もありません。

徒歩5分圏内に24時間営業のコンビニ、レストラン等もあり充実した環境です。

2. 無駄を極力減らした、オリジナルのカリキュラム

ラダートゥーイングリッシュラングエージスクール(LTEL)の学校施設
5000以上の最新科学論文から導き出された、科学的に正しい無駄のないカリキュラムです。

1人1人に最適な授業を提供するため、日本人マネージャーが個別にオリジナルカリキュラムを作成しています。また、サービス業に特化した接客英会話のオリジナルテキストとカリキュラムで、世界中のサービスパーソンのための英会話を提供しています。

日本人マネージャーによる日本語での授業もあり初心者も安心です。

3. 少人数制ならではの対応力

ラダートゥーイングリッシュラングエージスクール(LTEL)の学校施設
現地到着後でも、授業内容の変更・追加・相談、講師の変更、学習相談・アドバイスをその場で即座に対応します。怪我や病気の際も現地スタッフが24時間対応で安心安全です。

授業以外でも、海へのアクセス・ボランティア活動参加・各種の現地でのお仕事体験や提携店舗の視察などイベント盛り沢山です。様々な業種のフィリピン人や現地セブで働く日本人との交流もあります。

学校の立地


セブ島のASフォーチュナという大通りから徒歩3分、JDNスクエアという場所にあります。

空港からは車で30分弱、ショッピングモールのアヤラモールやSMモールからはそれぞれ30分ぐらいの距離です。

学校施設

ラダートゥーイングリッシュラングエージスクール(LTEL)の外観
学校の外観です。1階に学校、2階に宿泊施設があります。

ラダートゥーイングリッシュラングエージスクール(LTEL)の学校施設
「The Company」と書いてありますが、入り口はこちら。

扉を開けると、左に「LTEL School」、右側にコワーキングスペース「The Company」があります。

ラダートゥーイングリッシュラングエージスクール(LTEL)の学校施設
それでは学校内をご紹介します。

席の並びは個室ではなくオープンで、先生と横並びで座るスタイルです。

ラダートゥーイングリッシュラングエージスクール(LTEL)の学校施設
席は広くゆったりしているので、先生と隣に並んでも窮屈な感じは感じません。横並びの場合、周りの音は聞こえますがホワイトボードやテキストを先生と共有しやすいというメリットがあります。

ラダートゥーイングリッシュラングエージスクール(LTEL)の学校施設
実際のマンツーマン授業の様子です。

ラダートゥーイングリッシュラングエージスクール(LTEL)の学校施設
LTEL Schoolではマンツーマン授業のみ、グループ授業はないので現在こちらの部屋を授業で使うことはありません。今後親子留学やキッズキャンプを行っていくので、こちらをお子さん用のお部屋としても使用するそうです。

ラダートゥーイングリッシュラングエージスクール(LTEL)の学校施設
壁の掲示です。アクティビティ情報や生徒さん限定の割引情報など。

ラダートゥーイングリッシュラングエージスクール(LTEL)の学校施設
スタッフの方がいらっしゃるオフィスです。

講師の他に、現在日本人スタッフ1名、インターンシップ生が1名います。(2019年11月)

ラダートゥーイングリッシュラングエージスクール(LTEL)の学校施設
宿泊施設から学校内へはこの指紋認証のオートロックで24時間出入り可能です。夜間でも学校内で自習ができますよ。

LTELのWIFI

学校内で平日昼12時に測定。

インターネットは、隣のコワーキングスペースの高速なWIFIを学校内で使えます。WIFIに関してはストレスはなく、日本以上のスピードと言えます。

速い時には100MBを超える時もあるそうです。Youtubeや日本とのテレビ電話も全く問題ありません。

コワーキングスペース「The Comapny」

コワーキングスペース「The Company」
LTELの大きな魅力として、日本でコワーキングスペース会社が運営する「The Company CEBU」を利用できることがあげられます。学校の隣にあり、営業時間中(19時まで)自由に席を使うことができます。
19時以降はLTELの校舎内でもWiFiは利用できますので問題ありません。

コワーキングスペース「The Company」
一般のお客さんは1日400ペソですが、生徒さんはなんと無料です。

コワーキングスペース「The Company」
ウォーターサーバーはもちろん、コーヒーや紅茶も飲み放題。

授業・カリキュラム

ラダートゥーイングリッシュラングエージスクール(LTEL)の学校施設
LTEL Schoolの学習プランをご紹介します。

基本のコースは「ESLコース」、「インベスターコース」、「カスタマーサービスコース」の3つ。いずれも1日6コマのマンツーマン授業です。授業以外にも、単語テストと発音の時間が毎日あります。追加授業を受けたい方は、1コマ1,000円もしくは500ペソで可能です。

また、30時間でマニュアル接客を勉強する「カスタマーサービスコース」というコースがあります。セブ島の美容室と提携し、実際の店舗で先生とロールプレイングをするということも可能です。

ラダートゥーイングリッシュラングエージスクール(LTEL)の学校施設
テキストは、留学前に日本で必要なテキストを購入します。
 

1日のスケジュール
7:00-9:00:朝食
9:30-9:50:単語テスト
10:00-10:50:1コマ目
11:00-11:50:2コマ目
11:50-13:30:昼食
13:30-13:50:発音
14:30-14:50:3コマ目
15:30-15:50:4コマ目
16:30-16:50:5コマ目
コース名マンツーマングループコース説明
ESLコース50分×6コマ科学的根拠に基づいたカリキュラムで、最短時間で最大効果をあげることができます。
インベスターコース50分×6コマビジネスで海外進出をお考えの方向けコース。
※レベルテストで中級判定以上の方のみ。
カスタマーサービスコース50分×6コマ飲食・美容・その他サービス業で海外で働きたいと考えている方向けのコース。

オンライン英会話

LTEL Schoolでは、オンライン英会話の提供もしています。

現在は日本人スタッフに連絡を取り日時を決めて受講しますが、専用予約サイトも作成中だそうです。「留学前に授業を体験してみたい」また「留学後も英会話の勉強を続けたたい」という方にぴったりです。

・受付時間:日本時間10-23時
・料金:30分500円、60分1000円

詳しくは以下の問い合わせフォームからご相談してみてください。

宿泊施設

ラダートゥーイングリッシュラングエージスクール(LTEL)の宿泊施設
宿泊施設は個室。学校と同じ建物内にありますので、移動は楽です。

部屋は広めです。細長い作りで、手前からキッチン、トイレ、シャワールーム、そして一番奥にベッドがあります。

ラダートゥーイングリッシュラングエージスクール(LTEL)の宿泊施設
シングルベッドが2つありますが、LTEL Schoolでは基本は1人部屋のみです。

親子、夫婦、友達同士で申し込みの場合は、2人部屋を選ぶことができます。

ラダートゥーイングリッシュラングエージスクール(LTEL)の宿泊施設
ソファーと勉強机。

ラダートゥーイングリッシュラングエージスクール(LTEL)の宿泊施設
クローゼットも大きめのもの。

ラダートゥーイングリッシュラングエージスクール(LTEL)の宿泊施設
ウォーターサーバーも部屋内に1つずつあります。各部屋にウォーターサーバーがあるのはめずらしいですね。

冷水と熱湯が出るので、便利です。

ラダートゥーイングリッシュラングエージスクール(LTEL)の宿泊施設
シャワーは普通のタイプ。もちろんお湯は出ます。

ラダートゥーイングリッシュラングエージスクール(LTEL)の宿泊施設
冷蔵庫、大きいです。冷凍食品もたっぷり保存できます。

自炊をしたい方にもぴったり。

ラダートゥーイングリッシュラングエージスクール(LTEL)の宿泊施設
ランドリーも、部屋のバスルームにあるこちらの棚に置いておけばOK。

ラダートゥーイングリッシュラングエージスクール(LTEL)の宿泊施設
洗面台です。

ラダートゥーイングリッシュラングエージスクール(LTEL)の宿泊施設
トイレ。ウォシュレットはありませんが、シャワー(ビデ)付き。

ラダートゥーイングリッシュラングエージスクール(LTEL)の宿泊施設
自炊ができます。IHも2口タイプのもの!

ラダートゥーイングリッシュラングエージスクール(LTEL)の宿泊施設
調理器具もかなり充実。

炊飯器、鍋、フライパン、包丁、蒸し器など。

ラダートゥーイングリッシュラングエージスクール(LTEL)の宿泊施設
食器類もあります。

徒歩5分の距離に食料品スーパーもあるため、自炊をしたい方にはとてもおすすめできる環境です。

ラダートゥーイングリッシュラングエージスクール(LTEL)の宿泊施設
廊下の様子です。

食事

朝食

ゴーゴーカフェセブ
朝食は敷地内にあるGO GO CAFEで提供されます。

人気のカツサンドも食べることができます。

ゴーゴーカフェセブ

関連記事:【GOGOCAFE】セブ島の幻の路上販売のカツサンド屋がカフェオープン!

↓GO GO CAFEのメニューはこちら(クリックで拡大します)

昼食・夕食

LTEL Schoolでは昼食と夕食の提供はありません。

GOGO CAFEか、または近くのレストランや日本人経営のゲストハウスに行く方が多いです。他の学校と比べても昼休みが1時間40分と長いので、昼休みに自炊することも可能です。

周辺施設

LTEL Schoolの周辺環境をご紹介します。全て徒歩圏内(徒歩5分以内)のお店です。

ラダートゥーイングリッシュラングエージスクール(LTEL)の周辺施設
セブンイレブン、徒歩3分です。ドリンクやお菓子、簡単な日用品などを購入できます。24時間営業。

ラダートゥーイングリッシュラングエージスクール(LTEL)の周辺施設
ラーメン屋「優勝軒」。

濃厚な豚骨ラーメンやつけ麺が人気、平日でも行列ができています。

ラダートゥーイングリッシュラングエージスクール(LTEL)の周辺施設
食料品スーパー「ルスタンス」。オークリッジの中にあります。

ラダートゥーイングリッシュラングエージスクール(LTEL)の周辺施設
セブ島では高級スーパーの1つとして知られており、もう1店舗アヤラモールにもあります。野菜、肉、魚は他の普通のスーパーより良いものが売っていますので、自炊をしたい方にはピッタリのスーパーです。

ラダートゥーイングリッシュラングエージスクール(LTEL)の周辺施設
日本米や日本のインスタントヌードル、そばうどんぐらいは置いてありますが、日本食は多くはありません。日本食が欲しい方は、車で5分の距離に「町屋マート」という日本食材店があります。

ラダートゥーイングリッシュラングエージスクール(LTEL)の周辺施設
ゲストハウス「和(のどか)」

1階のロビーは宿泊者以外でも利用でき、食事も注文できます。昼休みここに来る生徒さんもいるそうです。

↓和(のどか)のメニュー(クリックで拡大します)

 
ラダートゥーイングリッシュラングエージスクール(LTEL)の周辺施設
フィリピン1番人気のファストフード「Jollibee」。

ラダートゥーイングリッシュラングエージスクール(LTEL)の周辺施設
ステーキレストラン「HANGOUT-NOBUSHI」。

ハンバーグやステーキがメインですが、ラーメンやランチメニューもあります。

ラダートゥーイングリッシュラングエージスクール(LTEL)の周辺施設
広島風のお好み焼き屋「TEPPAN」。

お好み焼き以外にも、チキンやビーフなどの鉄板焼きの定食セットがあるのでランチタイムに行く生徒さんもいるそうです。

店名ジャンルコメント
GOGO CAFEカフェ学校がある建物敷地内。留学費用にGOGO CAFEでの朝食が含まれています。
The Companyコワーキングスペース学校隣。学校と提携しているため、自習室代わりに使えます。80Mbp近いWIFI、コーヒー完備。
セブンイレブンコンビニ徒歩3分。日本と同じくドリンクやお菓子、軽食を購入できます。24時間営業。
HANGOUT NOBUSHI食料品スーパー徒歩4分。ハンバーグ、ステーキレストラン。
Jollibeeファストフード徒歩4分。フィリピン1番人気のファストフード。24時間営業。
和(のどか)レストラン・ゲストハウス徒歩5分。日系のゲストハウス。食事も提供しています。
浜風ラーメン徒歩5分。朝5時まで営業。濃厚ラーメンのお店。
BOS COFFEEカフェ徒歩4分。フィリピン産のコーヒー豆を使う、コーヒーチェーン店。24時間営業。
Rustan's食料品スーパー徒歩5分。セブ島では高級スーパーとして知られています。

留学費用

ESLコース

LTELの料金

インベスターコース

LTELの料金

カスタマーサービスコース

LTELの料金

その他留学コース、期間、費用の詳細については学校へお問い合わせください。

学校詳細情報

設立年度
2019年
規模
30人
国籍比率
日本人100%(2019年現在)
日本人スタッフ
マネージャー1名
インターンシップ1名
食事
朝食付き、昼食・夕食もご希望に応じてつけることが可能です
学校施設
教室24時間開放、フリースペース(The Company)19時まで開放、ジム利用可
宿泊施設
バス・トイレ別、エアコン・WIFI・冷蔵庫・温水シャワー・扇風機・ウォーターサーバー、自炊可能なキッチンあり
門限
20歳未満は22時、15歳未満は20時
入寮・退寮日
規定なし(何曜日でも入寮、退寮可能)
入学日
規定なし(何曜日でも入学可能)
清掃
週1回
洗濯
掃除の際に回収し後日デリバリー
主な学校規則
講師との外出は許可制、最低3人以上
学校周辺
GoGoカフェ(7時〜21時30分)、スターバックス、優勝軒(ラーメン)、サラダストップ、Machang(韓国焼肉)等
場所
セブ島マンダウエ。空港から車で30分、アヤラモールまで車で25分。

ギャラリー

学校

宿泊施設

周辺環境

セブ島留学マナビジンからのコメント

セブ島留学マナビジンのクレア

クレア
ディレクター
休職せずにリモートワークしながらセブ島で英語を勉強したい社会人の方、「LTELスクール」を検討してみてください。日系コワーキングスペースの「The Company」が目の前にあるため、授業後はすぐ仕事に戻ることができます。さらに英語に慣れてきたら隣で働いているフィリピンや外国人と会話の練習できる環境でもあります。

授業は、1日何時間でも希望に沿ってカスタマイズできるのも特徴です。入学日も月曜日以外にも、ご自分の都合に合わせて授業開始日を選べることができるのも社会人には便利な仕組みです。

体験授業をうけさせていただきましたが、教えている教材はなんと日本で発売されている日本語で書かれたテキストです。そのため英語力0のビギナーの方でも、最初からいきなり英語のプールに飛び込むのではなく、分かりやすく学ぶことができます。留学が終わって日本に帰国しても、オンラインで授業を続けることができるのも安心です。

2019年11月19日訪問

学校代表者からメッセージ

校長
「必要な」英語を、「最短時間」で、「使える」ようになる、これがLTEL Schoolのカリキュラムです。まず、無駄なことはやりません。次に必ず使うようにトレーニングします。

生活のストレスは徹底的に排除した設備環境で、良識ある日本人の社会人にとって最適となる空間での留学をぜひ楽しんで下さい。コミュニケーションのための英語を習得し、さっそく使っていきましょう。

特に接客英会話コースは、より短時間でより実践的になるように、30時間(1週間)〜で習得可能な使える接客英会話を、全てのサービス業の方へお送りしたいと思っています。

マネージャーさんに聞きました!

渡航後〜初日の流れを教えてください。
まず、ご到着日には何時の便でも空港にお迎えにあがります。その日は入寮していただき、必要であれば学校で両替対応も致します。

翌日は入学日となり、朝食が7時〜9時の間に提供され、9時30分からオリエンテーション、10時〜レベルチェックテスト、11時からはさっそく授業開始となります。オリエンテーションでは学校規則の説明、学生証の作成等を行います。授業は17時で終了し、その後は周辺のご案内も致します。

繁忙期(7月〜9月、2月〜3月)の年齢層を教えてください
10代と40代です。学生の方、親子での留学が多いです。通年では20代〜30代の社会人が多いです。
生徒の雰囲気を教えてください。
出かける人は多いです。学校のコンセプトとして最も効果的な自習も指導しますので、必要以上の無駄な自習は当校にはありません。必然的に多くの自由時間も生まれます。
外国人の比率を教えてください。
2019年11月現在では100%日本人です。
昼食後の休憩時間を、生徒はどのように過ごしていますか?
寮や教室、フリースペース、カフェ等、各自の快適な場所で自由に過ごしています。学校はWIFI等の環境が整っているので快適です。
自分の英語力アップをどのような形で測れますか?
総合では入学と卒業時にテストがあります。希望者はいつでも追加でテストを受けることができます。テストは当校のオリジナルで、レベル別、年齢別にあります。

また、毎日単語と発音のチェックテストがあり、週に1回は唯一のグループレッスンであるスピーチクラスで、全員の前でスピーキング行い、ビデオ撮影とチェックもできます。

こういうタイプの生徒さんは、当校にばっちりだという方はどんな生徒さんですか?
日本語あっても発信したい、話したいことがある人。使う英語を習得できます。リスニングを伸ばしたい人、発音矯正を経て1ヶ月以内に必ず伸びます。今のところ例外はなく、全員リスニングは100%伸びています。
逆にどういう生徒さんは自校に合わないと思いますか?
いつ、どこで英語を使うかという目標設定ができない方で、なおかつ何が好きかという質問にあまり明確な答えがない方。
留学生は平日は授業後はどのように過ごしていますか?
日本と変わりません。音楽を聞いたり映画を見たり、出かけたり、です。英語の勉強に追われることはないです。

そういう状況にならないようにカリキュラム設定されていますので、最小限で最大効果をあげる自習以外はそれぞれ自由にしています。

土日はどのように過ごしていますか?
モールへ出かけるか、海に行く方も多いです。ダイビングのライセンスを取得したり、先生と食事に出かける人もいます。また、学校主宰のイベント、シヌログ観光、バレンタイン、ハロウィン、クリスマスなどのパーティー等の参加もできます。
留学生同士で友達になる方法は何がありますか?
当校の生徒は、必ず週に1回スピーチクラスで顔を合わせますので、自然と知り合います。また、学校または先生が主体となって様々なイベントを行っていますので、参加した方はゲーム等を通じて自然と知り合います。
英会話力が上達している人は何ヶ月ぐらい留学していて、どんなコースを取っていますか?
リスニングに関しては4週間以上の留学で発音矯正と共に、例外なく上達しています。スピーキングに関しては12週間以上で成果が出やすいです。

生徒様本人の目標設定が明確であり、かつ話したい内容が具体的な方であればあるほど、短期でも上達しやすいです。

英会話力が上達した人は日々どんな過ごし方をしていますか?
特に上達したからという理由では変化はあまりないです。むしろ、いかにリズムを崩さず継続的に学習および生活をするかが鍵となりますので、上達する方ほどいつもと同じです。
授業施設と宿泊施設のそれぞれのネット環境を教えてください。
教室:下り50Mbps、上り10Mbps。宿泊施設:下り5-20Mbps、上り3-10Mbps。

フィリピンなのでスピードが安定しません、また、学校があるエリア全体が遅くなることは稀にありますが、それ以外でネットが繋がらないとか遅いというクレームはありません。お部屋でも十分動画が見れます。

留学初日によくありがちなトラブルは何がありますか?
特にないです。
金曜日に何か発表はありますか(卒業式スピーチやプレゼンなど)?
毎週1回、金曜日の最後の授業はスピーチクラスで、唯一のグループレッスンです。入学や卒業は当校はいつでもオッケーですので、特に曜日は固定されていません。
自習室はありますか?
教室は指紋認証でオートロックを解除し、24時間利用できます。The Companyさんのフリースペースは19時まで、GoGoカフェさんは21時30分まで営業しており、それぞれ利用可能です。
ジムはありますか?
あります。24時間利用可能です。
先生たちと食事に出かける事は出来ますか?
許可制になりますが可能です。2人での外出はできず、最低3人からとなります。
近くに和食レストランはありますか?
広島鉄板焼き、浜風、優勝軒、があります。
学校周りの治安状況で気をつけるべき点をおしえてください。
浜風、AA BBQなど一部のレストランにアクセスするには徒歩で道路を横断しますので注意が必要です。
教材は主に何を使いますか?
日本で一般に販売されているテキストを使います。生徒さん1人1人購入していただきますので、コピー等は一切提供しません。接客英会話コースでは当校オリジナルのテキストを使用します。
相部屋が合わない場合は部屋を移る事は可能ですか?
基本的に1人部屋です。相部屋になるのは、最初から2人でお申し込みいただくケースですので、相部屋で変更となるケースは今のところありません。
現地でコース変更はできますか?
できます。いつでも、即日対応します。
先生が合わない場合は変更できますか?
できます。いつでも、即日対応します。
日本人スタッフは何名ぐらいいますか?
2019年11月現在では、マネージャー1名、インターン1名の2人です。
シャワーは温水ですか、水圧はどうですか?
シャワーは温水で水圧は日本と同じです。
食事はどんな料理を提供しますか?
食事は朝食のみで、GoGoカフェで提供されます。日替わりのメニューですがリクエストもできます。希望があれば昼食・夕食もつけれます。
宿題はありますか?何時間分ぐらいのボリュームが出ますか?
宿題という概念はありません。暗記や復習に最適な時間帯とやり方は指導しますが、やる・やらないは自由です。
この学校が他の学校にはない強みはなんですか?
設備環境と、環境から生まれる出会いです。当校はロケーション的に非常にオープンですので、学校ではなく現地の会社や店舗の現地人スタッフとの交流機会も多く、学校の中だけでの生活にはなりません。

その意味において、教室での知識の詰め込みではなく、実践的に英語を使う環境があり、それを活かすカリキュラムがあります。

学校直接問い合わせフォーム

料金のお見積もりや空き状況など、お気軽にお問い合わせしてみてください。
*LTEL School(エルテルスクール)からすぐに、折り返しのご連絡が届きます。

↓さらに詳しい情報はこちら
こちらも読まれてます