ヒルトゥガン 島

この記事ではヒルトゥガン島のアイランドホッピングツアーやダイビングについてご紹介します。

セブのマクタン島から船で30分ほどの離島。
ヒルトゥガン島の行き方(自力やパッケージツアー)やアイランドホッピングの内容、体験ダイビングやファンダイビング、シュノーケルやヒルトゥガン島に上陸したら何があるかまで全てご紹介!

アイランドホッピングでよくヒルトゥガン島って耳にするけど、どんな島?と思っている方は是非、お読みください。

マクタンから船で30分!ヒルトゥガン島の魅力

1.ヒルトゥガン島とはどんな島?

ヒルトゥガン島の様子5
上空から見たヒルトゥガン島

ヒルトゥガン島は、マクタン島から船で約30分のところにある島です。

特徴としては...

ヒルトゥガン島の特徴
・アイランドホッピングで寄ることが多い
・シュノーケルポイントで海洋保護区である
・ダイビングスポットとしても有名

上記の3つが挙げられます。

セブ島人気アクティビティであるアイランドホッピングツアーで、シュノーケルポイントとして訪れることが多いです。海洋保護区に指定されているので、魚の数も多いのが特徴です。

シュノーケルだけではなく、スキューバダイビングのポイントとしても有名な場所です。

また、ヒルトゥガン島だけで遊ぶというより、アイランドホッピングで2つか3つ島々を巡るのがおすすめです。

2.ヒルトゥガン島の場所

マップ
ヒルトゥガン島の場所はこちらです。マクタン島の海沿いにある港からはだいたい30分ちょっとで着くことができます。

他の島との位置関係は地図の通りです。ヒルトゥガン・ナルスアン・カオハガン島がお互い近い距離にあり、パンダノン島がマクタン島から最も離れた位置にあります。

3.ヒルトゥガン島への行き方

アイランドホッピングやダイビングツアーに参加

セブアイランドホッピング
ヒルトゥガン島に行きたい場合、1番手軽なのはアイランドホッピングのツアーか、ダイバーであればダイビングでヒルトゥガン島をポイント指定することです。

様々なツアー会社から「ヒルトゥガン島&○○島アイランドホッピングツアー」という風にツアーを出しています。それに参加すれば1番手軽にヒルトゥガン島に行くことができます。

船は相乗りになる場合がほとんどですが、ツアー会社によっては貸し切りプランに変更可能です。

自力で行く場合

ヒルトゥガン島の様子11
港には多くの船が停船しているので、そこで交渉することができる

アイランドホッピングのツアーではなく、あくまで個人で行きたい!という場合は、自力で行く方法もあるのですが、全くおすすめできません。

一応自力で行く方法としては...

自力で行く方法
・ヒルトンポート(モーベンピックホテルの隣)やマリゴンドンポートなど、船が待機しているエリアに直接行って交渉する
・港周辺に「アイランドホッピング?」と声を掛けてくる人がいるのでそこで交渉する

この二つの方法があります。基本的にどの港からでもOKですが、位置的にヒルトンポートだとヒルトゥガン島まで少し遠いです。

ツアー会社を通さないで船を利用すると、ライセンスを持っていない船がほとんどのため、盗難の恐れ、海上での遭難、漂流の危険性があります。一番怖いのが安全性の保証が確保されていない点です。万が一の際に、補償もなにもない可能性があるため、必ずツアー会社を利用してください。

また、2019年9月ぐらいからコーストガード(沿岸警備隊)の監視が厳しくなっているようです。つまり、ツアー会社を通さずに自力交渉はできにくくなっているということになります。

現地へ行って結局船が見つからず行けなかった・・・ということにもなりますので、ツアー会社を通して手配した方がいいです。

4.ヒルトゥガン島でできるアクティビティ

ヒルトゥガン島でできるアクティビティを紹介します。

シュノーケル

セブアイランドホッピング
ヒルトゥガン島の周りは海洋保護区となっており、シュノーケルに適した場所です。島の周りはだいたい水深5メートルほどあり、ライフジャケットを着てシュノーケルを楽しめます。

美しいサンゴ礁、カラフルな魚たちが出迎えてくれますよ!

ダイビング(ファンダイビング&体験ダイビング)

ダイビング
ヒルトゥガン島はダイビングスポットとしても有名です。島の周りは水深5メートルほどなので、体験ダイビングにも適しています。

ヒルトゥガン島の様子27
また、島から少し離れるとドロップオフになっているので、初心者から上級者まで楽しめるダイビングスポットとなっています。ヒルトゥガン島ではロウニンアジの群れやバラクーダ、カラフルな魚やウミウシ、クマノミなどが楽しめます。

マリンスポーツ(パラセーリング)

セブ島観光
ヒルトゥガン島ではマリンスポーツとしてパラセーリングができます。基本的にヒルトゥガン島に着いてから追加するというよりは、ツアーでマリンスポーツ追加オプションがあるので、そこで事前にリクエストしておきます。

上空からヒルトゥガン島の全景やみんなが遊んでいる姿を眺めたり、綺麗な海を眺めることができます。時間はだいたい15分で高さは3段階選べるところが多いです。特にセブではマグナムフライトと呼ばれる高さがあり、なんと約170mまで高くなるようです。チャレンジしてみたい人は是非、体験してみてください!

上陸(レストラン・バー・ビーチバレー)

ヒルトゥガン島の様子26
ヒルトゥガン島は基本的に島の周りでシュノーケルをしたりダイビングをしたりする島です。上陸は基本的にしないことが多いですが、上陸することは可能です。

島にはレストランやバー、ビーチバレーができるスペースがあります。特にレストラン・バーは眺めもよく、どこに座っても特等席!上陸する人もあまりいないので人が観光客がほとんどいないので、のんびりできます。

5.実際にヒルトゥガン島でシュノーケル・ダイビング・上陸してみた!

ヒルトゥガン島でのシュノーケル・ダイビング・上陸の様子を写真や動画で紹介します!ヒルトゥガン島がどんな島なのか、イメージできると思います。

シュノーケル

船でヒルトゥガンに到着したら、マスクとシュノーケル、フィンを付けてシュノーケル開始!足がつかない深さなので、心配な人はライフジャケットはつけたままにしましょう。

シュノーケル
天気がいいと海の中も明るく、綺麗なエメラルドグリーンで感動します!カラフルな魚が多く、パンくずや米を撒くと魚がたくさん寄ってきて圧巻です!

ヒルトゥガン島の様子2
スマホ用の防水ケースでも十分撮影可能です。Goproがあるともっとダイナミックな水中写真が撮れます!

関連記事:セブ島旅行で最高の思い出を!旅行プランに適したおすすめカメラまとめ

ヒルトゥガン島の様子3
ヒルトゥガン島は珊瑚も多く、その周りにはたくさんの魚たちが住処にしています。素潜りができる人は十分珊瑚の近くまで行けます。ただし、珊瑚や岩などで手を怪我しないようにしましょう!

アイランドホッピングなどのツアーではおおむね30分前後のシュノーケル時間があります。自由に泳いだり、餌をあげたりできますよ。

ダイビング

ヒルトゥガン島でのダイビングの様子です。ファンダイビングはもちろん、ダイビングのCカードを持っていなくても体験ダイビングができます。

多くのアイランドホッピングツアーでは、オプションで体験ダイビングを付けることができます。是非、リクエストしてみてください。

体験ダイビング
体験ダイビングの様子です。ヒルトゥガン島はだいたい水深が5メートル前後ですので、初めての人でも安心してダイビングできます。

海底に膝をつけて魚と同じ目線で餌をあげることができます。魚がたくさん寄ってくるのでとても楽しいです!体験ダイビングは基本20分ほどです。

ヒルトゥガン島の様子10
Cカードを持っている人はファンダイビングができます。ヒルトゥガン島ではロウニンアジやギンガメアジの群れ、バラクーダが有名です。

必ず見られるものではありませんが、運がいいと写真のように群れになって泳いでいるギンガメアジを見ることができます!

ヒルトゥガン島の様子9
群れに突っ込む!ギンガメアジは群れでいること、写真のように目の近くに黒い点があるのが特徴。

ヒルトゥガン島の様子8
ギンガメアジと一緒に撮影。シュノーケルでは味わえないですね!

ダイビング1
ちなみにこちらがロウニンアジです。ロウニンという名の通り、個体でいることが多いですけど群れを発見!

ダイビング2
写真で見るとそこまで大きくないように思えますが、かなりでかいです。アジの中でも最も大きくなる魚で、1メートルを超えます。

ギンガメアジの時は群れに突っ込んだ写真を撮っていましたが、ロウニンアジは獰猛な魚です。肉食性の魚で、小魚などを捕食するようです。体当たりされると痛いどころではないので近づいてはダメです(撮影に夢中でロウニンアジに近づいたら全力で連れ戻されました)。

その他、バラクーダにも遭遇できますし、ツバメウオの群れやクマノミ系、ウミウシも豊富です!

上陸の様子

ヒルトゥガン島に上陸したら何があるのか!?実際に上陸して来たのでご紹介します!

ヒルトゥガン島の様子12
ヒルトゥガン島には、ナルスアン島に似た長い桟橋があります。ナルスアンには負けますが、白く細長く、青い海と空に映えます。

ヒルトゥガン島の様子15
いい撮影スポットにもなりそう!

ヒルトゥガン島の様子18
ヒルトゥガン島の周辺は遠浅となっているので、シュノーケルは船からした方が良さそうです。ビーチで少し遊ぶ、という感じですね。

ヒルトゥガン島の様子29
島にあるバーを紹介します。レストランは写真がありませんが、シーフードを売りにしたフィリピン料理です。

ヒルトゥガン島の様子22
こちらがヒルトゥガン島のバーです。ビーチ沿いに建っており、眺め抜群です!

ヒルトゥガン島の様子23
四角になっているカウンターがあり、お酒はもちろんのこと、フルーツシェイクやコーヒー紅茶があります。

ヒルトゥガン島の様子38
バーテンダーさん。

ヒルトゥガン島の様子42
ウィスキー。

ヒルトゥガン島の様子34
こちらがバーメニューです。カクテルの数も豊富です。200Pほどで、高くありません。

ヒルトゥガン島の様子28
フルーツシェイクは250P、コーヒーは95Pです。サンミゲルビールは少し高い125Pです。

ココナッツであるBUKOジュース(ココナッツのフィリピン語はBUKO(ブコ)と呼ばれる)が100Pで飲めるのはいいですね!栄養も抜群なので是非飲んでみてください。

ヒルトゥガン島の様子44

ヒルトゥガン島の様子43
カウンターには用意できるカクテル一覧が書いてありました。島なので売り切れもあると思うので、こちらでチェックしてください。

ヒルトゥガン島の様子25
バーのすぐ近くは海で、その周りには寝そべることができるチェアーがありました。

ヒルトゥガン島の様子40
なんとも贅沢な時間です。ここで仲間と一緒にお酒を飲みながら寝そべってグダグダすると良さそうです。

ヒルトゥガン島の様子33
写真ではちょっとわかりにくいですが、ビーチバレーができるスペースがあります。

ヒルトゥガン島の様子39
しっかりボールもあります!満潮時にはビーチバレーというより、海バレーになっていますが(笑)むしろ砂浜は暑いのでちょうどいいかもしれませんね!

ヒルトゥガン島はそこそこ広い島ですが、他のエリアは居住区となっているため、観光客がのんびりできるところは以上です。利用しなかったので紹介できませんでしたが、シーフードレストランもあります。

上陸するのでしたら、のんびり海を眺めながらお酒を飲むのがおすすめです!

6.注意点

ここではヒルトゥガン島上陸の際の注意点や、シュノーケル・ダイビング時の注意点を紹介します。

飲食物の持ち込み禁止

ヒルトゥガン島に上陸する際の注意点として、飲食物の持ち込みの禁止が挙げられます。(カオハガン島、ナルスアン島も持ち込み禁止です)

ソルパ島やパンダノン島では上陸して持ち込んで食事ができますが、ヒルトゥガン島ではできません。

必ず島にあるレストランやバーを利用しましょう。

エントランスフィー(入場料)がかかる

ヒルトゥガン島の様子1
エントランスフィー徴収のおじさん

ヒルトゥガン島を利用するには、エントランスフィー(入場料)がかかります。これに関しては、ツアーの場合はあらかじめツアー代に含まれている場合もありますし、別途かかるところもあります。

基本的にその場で払うというより、ツアー代金と一緒にスタッフに渡すといった感じです。

ヒルトゥガン島のエントランスフィー
シュノーケリングエリア100p
ビーチエリア150p
両方行く場合は両方必要

基本的に船からシュノーケルのみでしたら、100Pのみです。上陸・上陸してシュノーケルやビーチエリアに行く場合は別途それぞれかかります。これはグループではなく、一人一人にかかる料金です。

海洋保護区でのダイビング時の手袋禁止

ダイビングの手袋
ダイビング時は手袋禁止!

ヒルトゥガン島でダイビングをする場合、海洋保護区となっているのでグローブ(手袋)が禁止となっています。ダイビングする人はグローブをはめる人も多いと思いますが、ここでは外すようにしてください。

これは、グローブにより色々なものに触れないようにするための対策と聞いています。

基本は上陸しないツアーがほとんど

ヒルトゥガン島は基本的に上陸することはほとんどありません。シュノーケルポイントとして立ち寄る場合がほとんどです。どうしても上陸したい!という人は、上陸できるツアーを探すか、貸し切りツアーでリクエストする必要があります。

今回この記事で上陸の写真を撮った際は、「ベスト・オブ・セブ・アイランドホッピング」の貸し切りプランを利用しています。

こちらのツアー会社で貸し切りにすると、島の滞在時間の調整や島の変更、上陸などのリクエスト等が可能です。

ヒルトゥガン島の売り子

ヒルトゥガン島に着いて船を停船していると、たまに船に勝手にあがってきてシーフードやココナッツを売ってくる売り子がいます。基本的にガイドが断りますが、勝手にココナッツを渡して来たり、高いお金を要求してきたりします。

ココナッツは1つ300ペソします。(普通レストランだと80ペソぐらい、離島だと100ペソぐらい)

飲みたい場合はもちろん購入して構いませんが、高いのと、見せるときは大きいココナッツを見せて、実際に渡すときは小さいのをカットして渡してきます(笑)

ココナッツはセブやマクタンのレストランや、カオハガン島、ナルスアン島でも飲むことができるので、基本断って大丈夫です。

ヒルトゥガン島に行ける!ツアー会社一覧

セブ島にあるアイランドホッピングを取り扱っているツアー会社一覧です。この他、滞在先のホテルや留学生であれば学校で手配することもできます。

ベスト・オブ・セブ・アイランドホッピング
現地の最大手アイランドホッピング会社です。
2019年にフィリピン観光省(ビサヤ地区)からアイランドホッピング会社としては唯一表彰されている、ツアー会社。

1人あたり1,799ペソ(3名申し込み)と、日系他社の半額以下の格安でアイランドホッピングを提供しています。ツアーはフィリピン人が行いますが、サイトでは日本語でのお問い合わせ・お申し込みが可能です。ボートの貸切も1グループ1,000ペソの追加料金を払えば可能です。

当サイトでも取材で頻繁に利用しているツアー会社です。いくつかの語学学校とも提携しており、毎週留学生が利用しています。

Aquamarine(アクアマリン)
タンブリにお店を構えているマリンスポーツ店です。ビーチ目の前、プールも広く自由に使えます。

JRエクスプレス
ツアーは通常アクティビティを楽しんでホテルへ送ってもらったら終了ですが、JRエクスプレスでは、少し料金は高めですが1日まるごとパックというのがあります。スパや食事、行きにくい夜景鑑賞など夜10時まで車が使い放題となっています。

タビナカ
定番から穴場まで、豊富なツアー数が揃っているタビナカです。全てのツアーが日本語ガイド対応で、日本人か日本語が話せるフィリピン人が対応します。

ショップ名OWライセンス講習代ダイビング(基本ボート、ヒルトゥガン島含)アイランドホッピング(BBQ付き)
---マクタン島エリア---
all blue2日間14,000P(別途、教科書・申請費4300P、入場料400P)マクタン2ダイブ2,500P
離島2ダイブ4,000P
体験マクタン1本3,000P
ヒルトゥガン&ソルパ3,000P
パンダノン島4,000P
レンタル器材2,000P。その他入場料400P、離島の場合は入海料別途かかる。日本人インストラクターが多く、ダイビングやアイランドホッピングのほかにマリンスポーツも出来る。
エメラルドグリーン2日間21,500Pマクタン2ダイブ3,750P
離島2ダイブ5,250P
体験マクタン1本4,000P
ヒルトゥガン島3,500P
レンタル器材1,500P。セブ大手のダイビングショップ。マクタン以外にも多くの支店があるのが特徴。
アクアスケープ2日間18,000P(別途申請代7,000円)マクタン2ダイブ5,000P
離島2ダイブ8,000P
体験マクタン1本5,000P
オランゴ&パンダノン6,500P
老舗のダイビングショップ。船が大型で快適!マリンスポーツも可能。
シーライオン2日間38,700円マクタン2ダイブ9,500円
離島2ダイブ12,000円
体験マクタン1本10,000円
ナルスアン島10,000円
海洋保護区&カオハガン11,000円
海洋保護区&パンダノン12,000円
レンタル器材4,500円。支払いは現金のほか、クレジットカード可。ヘビーリピーター必見、器材無料預かりサービスあり。
PCダイバーズ3日間18,000Pマクタン2ダイブ2,250P
離島2ダイブ4,500P
体験ヒルトゥガン1本4,500P
ヒルトゥガン&パンダノン4,500P
レンタル器材1,350P。クレジットカード可。現在フィリピン人経営だが、前が日系だったため日本語対応可。
スコッティーズ3日間23,000P(別途12%税金)2ダイブ5,300P
体験1本5,500P
*ポイント不明
ナルスアン&パンダノン5,530P
レンタル器材別途1,800P。大手リゾートホテル内に支店がある。マリンスポーツもあり。
フリークルーダイビング2日間22,500Pマクタン2ダイブ5,500P
離島2ダイブ6,500P
体験マクタン1本5,500P
海洋保護区&ナルスアン5,900P
海洋保護区&パンダノン6,300P
レンタル器材別途2,000P。ダイビング以外に観光ツアーや空港・ホテル送迎、レンタカー手配やボホール観光もあり。
ハイミーズ2日間18,000P離島2ダイブ4,700P
体験ヒルトゥガン1ダイブ5,100P
ヒルトゥガン島3,500P(4名以上)
レンタル器材1,200P。クレジットカード利用可。セブシティからもパークモール待ち合わせで送迎無料。フィリピン人夫婦が経営しているショップだが、日本語堪能。
プアヘレ3日間15,000Pマクタン2ダイブ3,500P
離島2ダイブ5,500P
体験1本4,000P
ヒルトゥガン&パンダノン4,500P
ヒルトゥガン&ナルスアン3,750P
フルレンタル1,500P。お店の目の前から出発で楽々。ダイビングは1名でも追加料金なし。
S22日間300ドル(別途申請・教科書100ドル)マクタン2ダイブ80ドル
離島2ダイブ100ドル
体験2本90ドル
ナルスアン80ドル
パンダノン100ドル
レンタル器材35ドル。表記は唯一のドル表記なので値段に注意。S2は色々な国に店舗を持つ大型店です。
KEN DIVING SHOP要問い合わせマクタン2ダイブ3,000P
離島2ダイブ3,500P
体験2本5,500P
ソルパ&ヒルトゥガン3,000P
パンダノン4,000P
レンタル器材1,500P。

7.合わせて行きたい他の離島

ナルスアン島

ナルスアン島の様子7
ナルスアン島の長い桟橋

ヒルトゥガン島から程近い場所にあるナルスアン島は、ヒルトゥガン島と同じく海洋保護区になっており、シュノーケルポイントとして有名な島です。コテージタイプのリゾートホテルやレストランもあり、上陸しても楽しめる島です。

ナルスアン島
水上コテージのレストランでフィリピン料理を堪能するのもあり、長い桟橋からシュノーケルを楽しむのもありです!

ヒルトゥガン島でシュノーケル、ナルスアン島で上陸して遊ぶプランがおすすめです。

関連記事:【ナルスアン島】セブ島で最高のシュノーケリング体験を!

カオハガン島

ヒルトゥガン島の様子6
カオハガン島全景とビーチ

「何もなくて豊かな島」として有名な島です。ここの島のオーナーは日本人で、島民数百人がのんびりと暮らしている島です。

ヒルトゥガン島の様子4
アイランドホッピングでは、上陸してお土産を購入したり、ビーチ沿いで遊ぶことができます。

宿泊施設も兼ね備えているので、HPから直接訪れることもできます。留学生向けの現地体験プランなどがあることでも有名です。

パンダノン島

パンダノン島1
美しい砂浜が人気のパンダノン島

マクタン島から最も離れた位置にあるパンダノン島は、アイランドホッピングで訪れる島でもっとも人気の島です。

パンダノン島アイランドホッピング25
白い砂浜が続くビーチが人気で、写真映えを求めて多くの人が訪れます。また、ビーチ沿いにコテージがあるのでそこでBBQを楽しんだりできます。パンダノン島は基本遠浅ビーチで泳ぐことはできないので、ヒルトゥガン島でシュノーケルを楽しんだあとは、パンダノン島へ移動してBBQ&ビーチ遊びがおすすめです。

関連記事:【パンダノン島】セブ島離島でダントツ綺麗!行き方・格安ツアー

まとめ

シュノーケルにダイビングに上陸もできるヒルトゥガン島はいかがでしたか?

マクタン島から船で30分で行くことができる身近な島です。海洋保護区なので魚の数も多いですし、珊瑚もとても綺麗です。

是非、アイランドホッピングやダイビングに行くのでしたら、ヒルトゥガン島を選択してみてください!


ヒルトゥガンシュノーケルとパンダノン島でのBBQの様子はこちらの動画をご覧ください。

こちらも読まれてます