タンブリシーサイドリゾート&スパ【宿泊レビュー】緑にあふれるモダンなホテル

0
tambuli-resort1

この記事では、2019年11月30日にオープンした5スターリゾート候補の1つ(?)である、Tambuli Seaside Resort and Spa(タンブリ シーサイドリゾート&スパ)についてご紹介します。

早速ご紹介する前に、セブ島の5スターリゾートを見てみましょう。

1,シャングリラリゾート
シャングリラリゾートセブ
シャングリラリゾートはセブ島で最も有名なリゾートの一つ。セブ島のリゾートで一番きれいなビーチを持っています。初めてセブ島にお越しになる方におすすめ。

2,クリムゾンリゾート
クリムゾンセブ空撮1
こちらはコテージ型の部屋に泊まれるリゾートで、コンパクトながらビーチもプールもキッズ用の遊び場も用意。夜のバーライトアップが美しいです。

3,モーベンピック
モーベンピック
モダンなデザインの5スターリゾート。敷地面積は大きくないですが、海沿いのレストラン・バーであるIBIZAが大人気。

4,プランテーションベイ
プランテーションベイ2
広大なラグーンがあるリゾート。南国のイメージするリゾートを再現。

5,ジェイパークアイランド。

5つの巨大なプールが楽しめる、家族連れにおすすめのリゾート。利便性も高い。

6,デュシットタニ
Dusit Thani Mactan Cebu Resort
向いている方面が他のリゾートと真逆のため、朝焼けと夕焼けがきれいに見える唯一のリゾート。晴れた日のプールからの眺めがすごすぎる。

そして今回の、このタンブリリゾートは7つ目の5スター(になる可能性がある)リゾートだと思います。

Tambuli Seaside Resort and Spa(タンブリ)

タンブリシーサイドリゾートの場所

場所はこちら、マクタン空港から約30分前後で行ける、マリバゴというエリアです。

実はホテルは20年以上前に作られており、当時の価格は3,000ペソぐらいの比較的安い緑の多いリゾートだったようです。

ですが、その後リノベーションで大幅にリニューアルして、2019年の11月30日にオープンした形になっています。

現在、100室ぐらいあるようで、私が泊まったのはコンドミニアム型でした。

ホテルというよりキッチンやお皿、大型の冷蔵庫、あとは洗濯機も付いていたりして、コンドミニアムをリゾートとして使っているというイメージです。

また、タンブリリゾート自体の敷地面積は、恐らく他の5スターリゾートに引けを取らないぐらい巨大です。

まだ100%開発し終わったわけではなく、建設している部分が幾つかあったので、1年後、2年後はすごく楽しみです(現時点ではそこまで大型のリゾートではないです)。

タンブリシーサイドリゾート内の施設

ロビー・エントランス

タンブリ1
こちらがエントランス・ロビーエリアです。
タクシーで来る際は、まだタンブリリゾートがリノベーションをして新しくなったことを知らないドライバーもいます。なので出来るだけ正確なネーミングを伝えてください「Tambuli Seaside Resort and SPA」が正式名です。

タンブリ2
中央部分に緑があります。歩いていて気がついたのですが、段差がなくなだらかな傾斜になっており、お年寄りやお子さん連れに優しい設計になっていました。

階段も急なものがほぼなく、なだらかになっておりますし、メインのリゾート部分は1階と2階しかありません。

タンブリ3
池には鯉も泳いでいます!

タンブリ19
白と青を基調とした爽やかでモダンな印象です。
余談ですが、セブ島ではこの色の使いのデザインはパシフィックセブリゾート(星3つ)、モーベンピックリゾート(星5つ)が他にあります。

タンブリ22
こちらがフロント。

タンブリ4
チェックインやデイユースも扱っているのでカウンターで手続きをします。
デイユースは1800ペソで、そのうち650ペソが食事代として使えます。

タンブリ20
ウェルカムドリンク。

プール

タンブリ5
タンブリの最大のおすすめポイントはプールとこの緑!

プールは大きく分けて3つ、細かくわけて7つのエリアに分かれています。

タンブリ14
個人的にこのタンブリがすごく良いと思ったのが、1歳から3歳ぐらいのお子さんが楽しめるよう浅いプールがきちんと用意されている点です。

一言で子ども用のプールといっても、1歳と3歳、3歳と5歳では入れるプールが全然異なります。

このタンブリシーサイドでは、プールが1フィート、2フィート、3フィートというふうに深さが分かれています。

しかもカラーもちゃんと違っているので、大人からしてもどこまでいったら危ないかがわかりやすい!*1フィートは約30センチ

タンブリ10
お子さんが安心して遊べるというのは嬉しいですね!

タンブリ33
もちろん、プールエリアにはきちんと監視員がいるので安全です。

タンブリ32
深いエリア(といっても最大4フィートなので、約120cm)も多くあるので、大人でも十分に遊べます。とにかく広いのでプライベート感があってとても良かったです。

タンブリ38
ジャグジーも複数ありました。

タンブリ62
こちらはプールエリアにあるバースペースです。

タンブリ67
このように片側は普通にイスに座って飲むスペース、反対側はプールに浸かりながら飲むスペースになっています。

タンブリ68
とってもおしゃれでリゾート感満載です!暑い日はプールに浸かりながらトロピカルシェイクがおすすめです。

タンブリ43
ドリンクを作ってくれたスタッフの笑顔!が眩しい!

タンブリ56
しかもカクテルをパフォーマンス付きで披露してくれました。眺めているだけで楽しいです!

タンブリ17
タンブリシーサイドリゾートのもう一つの特徴は、緑が多いところです。

プールやビーチ周りに木がたくさん植えられています。これはオーナーさんがネイチャーフレンドリーなリゾートにしたいということで、作られたそうです。

実はセブ島は日中の日差しが強いので、日中にプールに入る人やリゾートを散策する方はあまりいません。でも、ここは違います。

木のおかげで日陰が結構あります。なので散歩もできますし、日陰で子どもが日中からプールにも入ることができるんです!

タンブリ90
暗くなるとライトアップされて幻想的な雰囲気になります。

ビーチエリア

タンブリ39
タンブリのビーチエリアです。ライフガード(監視員)もプール同様しっかりといます。

タンブリ24
ビーチはこのような感じです。ビーチに入っている人はこの時はいませんでしたが、綺麗に整備されています。他の5スターに比べるとビーチは弱い気がしましたが、現在きれいにしている途中とのことでした。

タンブリ88

タンブリ7
ライフジャケットやシュノーケルの貸し出しもあります。デイユースは30分借りれます。

タンブリシーサイドリゾートの部屋

お次にタンブリの部屋を紹介します。
価格帯は、プロモ期間で7,000ペソから1万5,000ペソです。日本円にすると、1万5,000円から3万円ぐらいです。

今回泊まったのは1番高い3万円のお部屋をご紹介します。

タンブリ40
お部屋までの移動はこちらのカートに乗ります。

タンブリ25
お部屋まではスタッフが案内。荷物も持ってくれるので楽チンです。

タンブリ8
今回は3階のお部屋、3Gというところです。

タンブリ86
お部屋は2DK、ベッドが二つ、キッチン、シャワー室が二つ、トイレが二つある部屋タイプでした。

テレビに洗濯機、食器、そしてベランダもありとても過ごしやすい部屋です。

ここの部屋は最大6人まで泊まれるのが特徴。
一般的なフィリピンセブ島のリゾートは、2人〜4人ぐらいまでが一つの部屋に入れる人数です。要は家族4人で、両親、そして子ども2人で泊まるというパターンを想定してつくられています。

それ以上、3人のお子さんがいるとか、4人のお子さんがいるという場合、追加料金を払うか、もしくは部屋を2つ取る必要があります。

しかしながら、ここは6人まで泊まれます。なのでお子さんが3人、4人いらっしゃる方も問題ありません。

ちなみに、ここでWi-Fiを利用した時は50M以上出ていたのですごく速かったです!

タンブリ83
一つ目のベッド。テレビとソファー付き。

タンブリ64
電気ポットと無料のコーヒー。

タンブリ53
こちらがメインのベッドルーム。奥はエキストラベッドを入れています。通常はありません。

部屋については記事の一番下で動画を用意していますので、ぜひそちらをご覧になって頂くとイメージしやすいかなと思います。

プレイルーム・キッズルーム・ジム

タンブリには、1階に子供たちが遊ぶスペース、2階が大人たちも遊べるホッケーやビリヤード、ゲームなどがあります。2階は有料です。

タンブリ84
こちらがビリヤード。

タンブリ79
プレイステーションもあります!

タンブリ75
ホッケー。

タンブリ41
ボードゲーム類もあります。

タンブリ26
こちらはチェス。

タンブリ55
キッズスペースにはたくさんの本やおもちゃが置いてあります。

タンブリ76
キッズスペースといえど、とても広い!

タンブリ71
レゴが沢山置いてあります。

タンブリ80

タンブリ65
こちらは敷地内にあるジムです。

タンブリ54
ウォーキングマシーンや筋トレマシーンなど、ある程度揃っている印象です。
*現時点では、デイユースの方はジムは使えないようです。

レストラン

最後にタンブリのレストランを紹介します。
お伺いしたときはオープン間もないことから、レストランは現在一つしかありません。おそらく今後拡張されると思います。

タンブリ13
こちらがレストランです。

タンブリ48
店内スペースです。席数も多くゆったりとくつろげます。

タンブリ51
プール周りのテラス部分にも席があります。昼間は暑そうですが、木々も生い茂っていて影になっていますし、パラソルもあるので昼間でもそこまで暑くありません。

レストランでオーダーした料理です。アラカルトではハンバーガーが激おすすめです!!
*朝食も撮影したのですが、後ほど整理してからご紹介できればと思います。

まとめ

今回はタンブリシーサイドリゾートアンドスパをご紹介させていただきました。

まだリノベーション途中なので、ウォータースライダーやレストランも一つのみだったりと、まだ未完成な部分もあります。

しかし、幾つか5スターリゾートに実際に泊まったり、デイユースに訪れている筆者ですが、本当にここはおすすめできるリゾートだと思います!

人が少なく、自然が多く、スタッフも明るくてリラックス出来るリゾートです。

ぜひ一度、ここを訪れてみてはいかがでしょうか。


宿泊時に撮影したタンブリシーサイド リゾートの動画です。ぜひこちらをご覧ください。

前の記事英語を使う仕事【外国人研究者の生活サポート】海外経験なしでも英語を使う仕事に就けた理由
次の記事英語を使う仕事【ネイチャーガイド2/3】インバウンドの動向とガイドに求められる英語力
斉藤 淳
セブ島留学マナビジンの編集長

2012年に初めてセブ島に4ヶ月留学。
フィリピン留学を通じて「英語が伝わる楽しさ」をより多くの方に体験してもらいたいと思い、2013年にこのサイトを立ち上げました。

以降、複数の語学学校に留学。確かな情報を提供するために、現在はセブ島に半月以上住み、出来る限り学校に訪問したり、オーナーと話をする機会を作っています。

英語留学前の方はもちろんの事、留学中の方、留学後の方にも役に立てる情報の提供を目指しています。

留学経験はフィリピン、ハワイ、オーストラリア。

株式会社レミニス 代表
フィリピン英語学校協会 会長
セブ日本人会 理事

ご質問、ご意見、ご要望がありましたら、私の記事にコメントもしくは、メールを頂ければご返信致します(問い合わせフォームからもご連絡頂けます)。
私、斉藤個人へのメールはこちら:jun@reminisce.jp

あなたのセブ島留学が、人生で最高の留学体験になることを願っています。

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here