マナビジン articles クロスロード留学体験談「生き方の選択肢を知ることができます」

クロスロード留学体験談「生き方の選択肢を知ることができます」

このコーナーではフィリピン留学をした方の体験談をご紹介します。

今回のセブ島留学生

・お名前:Ryukiさん
・ご年齢(留学前):23歳
・ご職業(留学前):大学生
・通われた語学学校:旅人たちの英会話スクール CROSS×ROAD(クロスロード)
・留学滞在期間:2019年7月(4週間)

1,なぜその学校を選んだのですか?

大学を休学して、2019年7月から世界一周の旅に出かけました。その世界一周の最初にセブ島留学して少しでも英語力を伸ばし、この先の旅に役立てたいと思い立ち、それに見合う学校を探していたところこのクロスロードを見つけました。

この学校はただの語学学校ではなく、世界一周を実際に経験した日本人ご夫婦の方が経営されていて、そのためか世界一周したい人や経験済み、あるいはワーキングホリデーを志すなど色んな意志を持った色んな人たち、いわば旅人が集まります。

その特殊性に魅かれ、またネットやSNSの評判もかなり良く、英語の勉強とともにこの学校に集う人に出逢いたい、そう思い立ちこの学校を選びました。

2,フィリピン留学前に準備してきた事は何ですか?(勉強やアイテムなど)

【参考書や勉強】
英語の語彙力や文法については大学受験でひたすら勉強して身についていたので、特にこれといった集中的な準備勉強はせず、高校の時に使っていた「ターゲット英単語帳」や「ネクステージ」をさらっと見返していた程度でした。

【アイテム】
卒業後そのまま世界一周に旅立つつもりだったので、旅関連のアイテム、留学関係に関してはあまり清潔ではないと聞くフィリピン生活のために、いくつか用意しました。南京虫などが怖かったので、虫除けスプレーなどです。

3,フィリピン留学してみて、準備が足らなかったものは何ですか?

一番後悔したことは、インスタント系の日本食を持ってこればよかったと思いました。最初の方こそ、あまりフィリピンの食事に慣れることができず、しょっちゅう日本食が恋しくなりました。味噌汁などインスタントをもっと持ってくるべきでした。

また英語学習の目的をはっきりさせておくべきでした。自分はどこまでできれば満足なのか、ネイティブ並に話せることなのか、それともとりあえず相手の言いたいことを把握することなのか、自分の中でしっかりと決めておかないと毎日ただだらだらと勉強するだけになってしまい、留学が無駄になってしまいます。

セブに来てからは何かと忙しくなったり、新しい環境に疲れてしまうなどそんな余裕はなくなるので、日本にいる間に考えておくべきだったと思います。

4,学校の施設はどうでしたか?

いくつかの棟から成り立っていますが、どれもすぐ近くなので移動には困りません。

宿泊部屋は4人部屋から個室まで料金によって選ぶことができます。エアコンや扇風機も常設されているので、暑さの厳しいフィリピンでも特に寝苦しいなどはありませんでした。しかし、エアコンは使いすぎると超過料金が取られるので調整しましょう。

各部屋に備え付けのシャワーに関しては、お湯も水圧も申し分ないです。ただお湯を出すための元栓が部屋の外にあって、日中は常に開栓されているのですが、夜中は閉められるので深夜にシャワーを浴びるときはその開閉をしなくてはいけないのが少し面倒でした。

また学校があるのは高級住宅街エリアなので、騒音に困ることもなく、落ち着いて留学生活に励むことができます。どの棟にも無料のウォーターサーバーのサービスがあるので、フィリピンの蒸し暑さにも耐えることが可能でした。(水道水はあまり清潔ではないので飲まない方がいいです)

また、トイレットペーパーは常備されていないので自分で用意していきましょう。近くのショッピングモールでも購入することができます。

5,授業のカリキュラム内容を教えて下さい

フィリピン人の先生とマンツーマン、1授業50分制です。留学前に自分で選ぶコースによって1日の授業数は異なり、少ない人で午前中だけ、多い人で朝から晩まで人によって1日の授業スタイルが違います。

プランは授業数の少ない順から「ライト」「スタンダード」「スーペリア」の3つで、自分は「スタンダード」プランでした。1日6コマでちょうどよかったです。留学最初にチェックテストなるもの全員受け、その結果に応じて、スタッフの人と相談しながら授業で理由するテキストを2冊選びます。授業は基本その2冊を使いながら進んでいく形です。

6,最もためになった授業と、いまいちだった授業を教えて下さい

先生方はとてもユニークな方ばかりです。しかしマンツーマンの先生によっては相性がかなり違います。私は一度、その先生のやる気があまり感じられずチェンジをお願いしました。

その後の先生の授業はとても素晴らしくて、ユニークでお茶目な面から授業の楽しさを見出し、さらにテキストに記載されていることだけでなく実際のアウトプットで使える豆知識なども教えてくれて、とてもためになりました。

また自分が選択していた「世界一周準備コース」では、実際にバックパッカーが旅先で使える単語やフレーズ、たとえば空港や飛行機の中、ホステルのチェックインなど、いわゆる「バックパッカーイングリッシュ」がとても面白く、本当にためになりました。

7,周りの環境、治安はいかがでしたか?

市街地からは少し外れた住宅街にある学校ですが、特に治安の悪さは感じなかったです。その住宅街の入り口に24時間駐在の警備員さんもいるので、特に危険な目には合いませんでした。

ただやはり夜の一人歩き、特に女性の方は危ないそうで、窃盗やひったくりなどに合わないようにタクシーを利用する人が多いです。

8,食事内容はいかがでしたか?

お世辞抜きでご飯は本当に美味しいです。もちろん3食きちんと提供されるし、バリエーションも豊かだし、何より住み込みのフィリピン人のお母さんたちの手料理は本当に飽きなくて、毎日の食事が楽しみでした。

おかわりもできるので特に空腹に困ることはありませんでした。おそらくセブの学校の中で一番ご飯が充実していると思います。

9,インターネットの環境はどうでしたか?

自分は特に不便を感じませんでしたが、住む棟や部屋によっては弱い部分もあるらしく、友人は困っている様子でした。スタッフさんに相談すれば、部屋を変えてくれるなど対応してくれるので安心です。

10,その学校の最大のメリットと教えて下さい

【メリット】
とにかく色んな世代、背景、価値観を持った人たちが集まる、いわば変な学校です。だからこそ「英語を上達させる」という目的だけでなく、そんな色んな人たちと出逢い、話をすることで、生き方の選択肢を沢山知ることができます。

世界一周したい人、ワーホリに行きたい人、海外就職したい人などは特にこの学校が向いていると思います。

【デメリット】
生徒は日本人しかいません。それゆえに英語を上達させることができるのは授業の時だけで、それ以外の時間は日本語が飛び交います。

その時間も英語のアウトプットができたらいいなと思ったので、本気で英語を上達させたい方、日本語に一切触れたくない方は外国人も留学している学校をおすすめします。

11,ずばり、この学校での留学を成功させるコツとは?

一つ注意していただきたいのが、クロスロードはスパルタ学校ではありません。門限もなければ、人によっては授業より余暇の時間の方が多いなんてこともざらにあります。

だからこそ自律心をしっかりと持っていないとだらけてしまい、せっかくの留学生活が無駄になってしまうかもしれません。留学を成功させたいのであれば、自分に厳しくすることをおすすめします。

また、英語を上達させたいのであれば、最低3ヶ月の留学をおすすめします。これはおそらくセブ留学全般に言えることだと思いますが、1ヶ月そこらでは思っている以上に伸びません。

同じ学校でも3ヶ月以上留学していた人のほとんどが、実際に上達の実感を湧くのは3ヶ月が過ぎた頃からだったと言っていました。

12,何か他に留学エピソードや、今後の留学生のためにお伝えしたいことがあればお願いします

セブは物価も安く、自然の宝庫です。ぜひ週末は仲間と一緒に離島やダイビングに出かけてみてください。そのサポートや相談も学校は喜んでしてくれます。最高の思い出になると思います。

留学先で出会う生徒やスタッフ、先生方など本当に魅力的な人間が集まる学校なので、ぜひ独りよがりにならずにたくさんの人と交流してみてください。

フィリピンセブ島留学の語学学校全リストはこちら
フィリピンセブ島留学【おすすめ】語学学校全154校

編集部
編集部
マナビジン編集部チームでは「英語が伝わる楽しさをより多くの方へ」をモットーに英語学習や英語を使ったキャリアに関する情報発信を行っています。

引き続きお楽しみに!

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

おすすめ記事

PICK UP

初心者向け!オンライン英会話【おすすめ51社】比較ランキング

初心者向け!オンライン英会話【おすすめ51社】比較 -2020年後半-

0
オンライン英会話スクールは、フィリピン、ネイティブなど大小合わせて50社以上あります。 その中で初心者向けのオンラ...

新着記事