学校一覧表

近日公開

留学中

留学後

見る

セブ島留学マナビジン フィリピン留学 ニュース フィリピンに残る日本人留学生&在住者の帰...

フィリピンに残る日本人留学生&在住者の帰国支援に関して【4/7 12:00 更新】

※更新:4月7日12時
以下、セブ日本人会発表の情報です。

【帰国をご希望の皆様】
これまで7便の臨時チャーター便で、約1,400名の帰国希望者の方が無事ご帰国されました。
しかし、今現在もご帰国を希望されている方がいらっしゃるということで、最後の1便を運航できるよう、調整を行っています。

当初9日を目標に調整を進めておりましたが、日本側の着陸許可が出ず、延期となってしまいました。

その後、フィリピン航空より、直近で着陸許可が出る日程を確認していただきましたことろ、4月15日に成田到着の許可がでる可能性があります。現時点で確定はできませんが、仮に4月15日(水)にセブ→成田便を運航した場合の希望者リストを再度作成いたします。
※日程がずれ込む可能性もあります。

現状としては、成田空港が1日あたりの入国人数の制限をしている関係で、着陸許可人数は、15日の予定は100数十名となる予定です。より多くの方に、1日も早くご帰国いただけるように、動いておりますので、皆様のご協力お願いいたします。
※前回同様、現時点では確定ではありません。また、希望者が規定人数に達しない場合も、フィリピン航空側で運航ができなくなります。 
逆に規定人数を超えた場合は、先着順でご案内となります。

<4/15分登録フォーム入力のお願い>
何度も申し訳ありませんが、常に最新のリストを作成する必要があり、改めて15日の搭乗をご希望の方のご登録をお願いします。

(注意) 4/15に運航可能となった場合、必ず航空券をご購入される方のみ、ご登録ください。正確な名簿が必要です。
こちらのリストは、9日正午に一旦締め切らせていただきます。

登録フォームはこちら
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSciQPQZ-f8oIzuA_M7npSZWiOymFTGFfueFby_ke0qf_Hn5Eg/viewform

<成田空港到着後の対応について>
注)現在、日本の水際対策強化のため、帰国の場合は以下の対策がとられます。
・帰国者全員に対して、PCR検査の実施
・帰国後国内での公共交通機関の利用禁止
・帰国後14日間の自主隔離
(自家用車、レンタカーなどで空港に迎えが来ている人のみ、自宅に帰れます。それ以外は検疫所の指定のホテルで隔離となります)  

【お願い】
現在150名以上の方とのメールのやり取りを、1人で行っております。
ご質問メールに関しては、下記のQ&Aをご確認の上、ご不明な点がございましたらホットラインにご連絡ください。
ご質問等は下記ホットラインにお願いします。
ホットライン: 09951426804

※担当者は本業もありますので、電話に出れないこともございます。折り返しの電話はできませんので、少し時間を空けて再度ご連絡ください。テキストメッセージには対応しておりませんので、ご注意ください。

【よくある質問】
Q:チケットが高くて買えません。安くなりませんか?
A:臨時チャーター便は、片道を空で飛ばしているため、価格が高くなってしまいます。またチケットの販売はフィリピン航空が行っているため、こちらでは価格の交渉はできません。
エコノミー:約1,100ドル
ビジネスクラス:約1,800ドル

Q:クレジットカードは使えますか?
A:はい。使えます。現金の場合は米ドルとペソでお支払いいただけます。

Q:飛行機は関空・名古屋には飛びませんか?
A:現時点では、臨時チャーター便は成田行きのみです。

Q:チケットを買いに行ったり、空港に行くための交通機関がありません。
A: はい。チケットの購入の際、および空港へ向かう際の交通手段の手配も現在調整中です。
そのため今いらっしゃるご住所と電話番号もお聞きしております。登録フォームに必ずご記入ください。

Q:VISAが切れているのですが大丈夫ですか?
A:滞在が1年未満の方は、観光ビザの更新及びECCについても空港で延長手続きが可能です。 
※詳細は、日本人会FBをご覧ください。

Q:成田空港から、移動手段がないのですが、どうすればいいですか?
A:公共交通機関の利用が禁止されているため、自家用車やレンタカー以外での移動はできません。
 移動手段のない方は、PCR検査結果待ち、またその後14日間の隔離期間は、近くの空港検疫指定のホテルに宿泊いただくことになります。

Q:4月15日以降のチケットを持っていますが、飛びますか?
A:フィリピン航空は、4月末までの国内線・国外線全線をキャンセルすることな決まりました。
セブパシフィック航空は、公式発表を出していないため、正式には言えませんが15日から20日までは既に一般販売もされていない事実があります。

Q:マニラからはまだ日本行きが出ているようですが、マニラに行くことはできますか?
A:マニラへも現在国内線は飛んでおらず、マニラでのトラブルや、マニラ→日本への突然のフライトキャンセルなどがあった場合の対応などが出来ないことからも、私たちから進んでご案内しておりません。

Q:VISAの更新待ちで、手元にパスポートがありません。 
 その他、VISAやパスポートに関する細かなご質問。

A:在セブ日本領事事務所にご相談ください。
○在セブ領事事務所
 住所:7th floor, Keppel Center, Samar Loop cor, ardinal Rosales Ave., Cebu Business Park, Cebu City, Philippines
 電話:(市外局番032)231-7321
 FAX:(市外局番032)231-6843

何度も、フォームへのご記入をお願いしてしまい、申し訳ありませんが、日比双方の状況が日々変化していく中で、臨時チャーター便を運航するためには、確定された正確な名簿が必要になります。
皆様のご協力、よろしくお願いいします。

————————-
以下古い情報になります。

フィリピンから日本にご帰国をご希望の皆様へ

3/28までに約1400人分の臨時チャーター便を出し、留学生や在住者の多くはご帰国されたかと思いますが、現在フィリピンに残っている日本人帰国希望者の人数を把握し、領事館やどういったサポートが必要なのかを日本人会側で検討させて頂きます。

つきまして、帰国希望者がおりましたら以下のフォームから、登録をお願い致します(留学生もこちらにお願いします)。
https://docs.google.com/forms/
*現在、セブはロックダウン(外出禁止)の状況にあります。そのため、今後すぐに臨時チャーター便の依頼をフィリピン航空側に要請することは、大変難しい状況であることをご理解ください。何か新しい情報が入りましたら、ご登録頂いたメールアドレスへご連絡させて頂きます。

————————-
以下古い情報になります。

3/27 7:00 更新
3/27日、3/28日のチケットに関して

元々27日のみの販売予定でしたが、多くの方がご登録を頂いたため、急遽フィリピン航空側にかけより、
2便に調整してもらいました。

昨日の段階でどちらの便も満席になったため、航空券の販売を終了しております。

————————
以下古い情報になります。
27日(金)便でセブー成田特別チャーター便にご搭乗をご希望の皆様

いよいよ明日、チケットの販売となります。
皆様ご存知の通り、現在セブ州の対応が非常に厳しくなっております。
フィリピン航空ゴロルドチケットセンターに、多くの日本人が集まってしまいますと、指導が入る可能性があります。

その為、現在購入をご希望の方のリストを整理し、時間を区切ってご案内させていただく予定です。
そこで皆様ににお願いがございます。

①このメールを受け取っていて、27日に搭乗を希望されない方は、こちらにお名前をいれてご返信ください。
※少しでも多くの方にご搭乗いただけるように、席数の調整をしております。ご協力お願いします。

https://docs.google.com/…/1FAIpQLSeTlN4AtNeMnqgUw8…/viewform

②本日の18時ごろまでに、明日の販売時間をそれぞれの方にご案内いたします。
 時間を区切らせていただきますので、必ずそちらの時間を守ってください。
 人が集まりすぎると、販売を中止しなければいけない可能性もあります。
※ご搭乗をご希望で、18時までにご連絡がない方は、その旨をメールでご連絡ください。

先日フィリピン航空より、国際線が全便26日以降飛ばないというニュースがありました。
こちらをご覧になり、お問合せをくださる方が多いのですが、これはあくまでも定期便の話であり、
私たちがご案内しているのは、元々臨時チャーター便ですので、これには該当しません。

本日もフィリピン航空に確認済みです。
政府がすべての空港を閉鎖しない限りは、27日便は運行します。

では、また詳細については本日午後にメールでご連絡させていただきます。
何かご不明な点がございましたら、ホットラインまでご連絡ください。

日本人会のホットライン
番号:09951426804

※こちらは、携帯電話一台1名で受けておりますので、つながらない場合は話し中や、他の対応中ということです。
 折り返しでお電話で切る余裕がありませんので、つながるまでかけてください。

——————————-
以下、古い情報になります。

明日、24日にフィリピン航空が運航を予定しておりました便に関しましては、すでにキャンセルが発表されています。
次回、こちらで確実にご案内ができる便は、27日(金)です。

こちらのチケット購入は、26日(木)にフィリピン航空ゴロルドオフィスで行います。時間につきましては、混雑緩和のために、時間帯を区切って販売させていただきます。
※現在、日本人が多く集まることは非常に危険視されており、先日もDOHより指導が入りました。

さらに、現在は学生や60歳以上の方の外出が原則禁止されておりますので、余計に建物の前でたくさんの方々が集まるのは危険です。既にペナルティーが発生するようになっているという情報もあります。

リストにご登録いただき、ご案内をさせていただきました皆様には、確実にチケットをご購入いただけるよう、こちらで管理いたします。混雑緩和、トラブル回避のため、こちらのご案内に沿ってご行動いただけるよう、お願いいたします。

詳細は、改めてご連絡させていただきます。

【ドマゲッティーにお住まいの方へ】
現在、ドマゲッティーからセブにご移動が必要な方に対して、特別な手配を調整中です。詳細は、すでにメールでご案内させていただいております。
こちらは、私たちのような民間団体ではお手伝いが難しい問題ですので、在セブ日本領事館が皆様をご案内させていただくこととなりました。こちらからお送りいさせていただきましたメール内容をよくご確認いただき、ご出発のご準備をお願いします。詳細は、在セブ日本領事館よりご案内させていただきます。

【ボホール島にお住まいの方】
現在、少しずつ人数が集まり始めております。皆さんのデータを集約し、まとまって行動いただけるようにアレンジができれば、特別許可書の発行をフィリピン航空と領事館に依頼し、24時間以内のチケットがなくても、セブへの移動ができるように動いております。まずは、周囲にお声掛けいただき、データの集約にご協力ください。

【ダバオにお住まいの方へ】
ダバオにお住まいの方は、すでにご連絡させていただきました通り、在ダバオ総領事館にご相談いただくよう、通達を受けております。よろしくお願いします。

セブ以外にお住まいの方も、最後の臨時チャーター便は27日になります。
それに向けて、明日中にはデータの集約が必要です。周辺にご帰国をご希望の方がおりましたら、情報を提供するのではなく、必ずリストにご入力いただけるようお願いします。特別許可書には、1人1人のお名前が必要ですので、リストにお名前のない方が、安全にセブにご移動いただくことが難しくなります。
ご協力のほどよろしくお願いいたします。



以下は過去の内容になります。

※更新:3月22日23時

フィリピンセブ島から日本にご帰国をご希望される皆様へ

日本人会と有志一同では、ご帰国を希望される方々が無事にご帰国できるように、お手伝いをさせて頂いております。

すでにご存知の通り、定期便は全てキャンセルされており、直行便での帰国が難しい状況です。
さらに、本日より65歳以上の方、学生の外出が原則終日禁止となりました。

本日までに5本の臨時チャーター便を運航し、約900人の方が無事にご帰国されました。
しかし、現時点でもご帰国をご希望される方からのお問い合わせが入っております。
*臨時便であればリスト整備など必要ないのですが、実質はフィリピン航空側からリスト提出を要請受けておりましたので、臨時チャーター便と呼ぶ事にします(日本人会より)

そこで、改めてご帰国をご希望の方のリストを作成し、再度フィリピン航空への依頼を行う予定です。

ご依頼

私たちは、チャーター便を満席(199席)にする責任があります。そのため、正確な人数把握がなければ、依頼ができません。

リストには、現在ご帰国を希望される方のみ、ご登録お願いします。

語学留学生は、学校スタッフに登録依頼をお願いします。(留学生用のフォームが別にあります)
前回重複の登録があり、確認作業に非常に時間がかかりました。

前回のリストにはご登録いただいた方でも、まだご帰国できずに、帰国便をお探しの方は、お手数ですが再度ご入力をお願いします。

https://docs.google.com/…/1FAIpQLSeTlN4AtNeMnqgUw8…/viewform

ホットライン
番号:09951426804
9:00〜17:00

金額について

金額は一人エコノミー1061ドル、ビジネス約1800ドル。
支払いはクレジットカード、現金ペソ・ドルになります。

これは過去の臨時チャーター便の場合でも一緒です。この金額はフィリピン航空(セブ側)が提案した金額です。
値段は下がる事はまずありえません。前回、ほぼ翌日のフライトが決まっていたにもかかわらず、フィリピン航空(日本側)が「高すぎる」とクレームを入れたため、フィリピン航空(セブ側)が「じゃあ飛ばないよ」と言って、危うく1便も飛ばなくなりそうだった経緯があります。

そのため金額交渉はほぼできません(そもそもこの金額は帰りの便で誰も乗せることが出来ないことを考えれば、決してべらぼうに高いわけではないはずです)。

逆に言えば、値段をきっちり払い、ほぼ満席にすれば、フィリピン航空側も飛ばしてくれる可能性があるということです(加えて、国交省や成田からの許可が必要ですが)。

セブ島や近隣の都市に残された日本人留学生の支援について

セブ島でもまだ残留している日本人留学生(帰国希望の方)がいることを知っております。
加えて、ドゥマゲッティやその他の都市にも日本人留学生がおり、国内の移動手段がないため、国際線のある空港までたどり着けず、帰国できないという状況があることを聞いております。

そのため、現在その総数や各都市にどの程度の日本人留学生がまだいらっしゃるのかを、語学学校伝いで把握しようと心がけております。最終的にはそのリストを元に領事館に働きかける予定です。こちらの件も現在、進めております。


※更新:3月21日21時
本日19時、ゴロルドオフィスでの22日の便チケットを販売終了しました。
ほぼ帰国希望されている留学生は、帰国できたかと思われます。

明日は、8時に1便が運航します。ほぼ満席となりましたが、数席の残席がありますので、明日空港で購入が可能です。

販売先:セブマクタン国際空港ターミナル2 フィリピン航空チケットセンター(※チェックインカウンターではありません)
オープン時間:早朝6時(ただしチケットを購入される場合はその前に並んでおく必要があります)
残席:エコノミー8席・ビジネスクラス5席(19:00現在)

完全先着順となりますので、ご購入をご希望の方はお早めにチケットセンターにお並びください。

【フィリピン航空ゴロルドオフィス営業状況】
明日22日(日)はフィリピン航空ゴロルドオフィスはお休みになりますので、お気を付けください。

今後の便について
ネットでは24日(火)の販売や月末での販売をしていたようですが、本日フィリピンエアラインからそれらの予定日での、「セブ→成田便は飛ばない」との話を受けています。
ただし、帰国希望者が多数集まれば先方側も検討するようです。具体的な数字は聞けませんでしたが、おおよそ150名前後の帰国希望者が必要かと思われます。そしてそのリストを元にPAL側に交渉に入る必要があります。

現時点で今回のような帰国者リストが必要かどうかが分かりませんので、後ほど検討します。

※更新:3月21日8時
セブ島にいる在学者の方々へ
3月22日(日)のチャーター便がほぼ決まりました。
ご購入をご希望の方は、下記のとおりです。

日時:2020年3月21日 10:30
場所: フィリピン航空ゴロルドチケットオフィス

Address:QC Pavillon, Gorordo Avenue, Cebu City.
Phone: (32) 260-5635 / (32) 260-5632

https://goo.gl/maps/QzNP4YnAZ18rvk2F6

【持ち物】

・オリジナルパスポート

・パスポートの顔写真のページのコピー

・最新のフィリピンの入国スタンプが押されているページのコピー

・お支払い用のクレジットカード

・または現金ドルもしくはペソ 

エコノミー1,000ドル+チャージ(60ドルくらい)=1060ドル

ビジネスクラスは1,800ドル+チャージ(80ドルくらい)=1,880ドルくらい

(ビジネス希望の人は、別枠なので声掛けください)

これ以降のチャーター便は、現時点で決まっておりません。

皆様にご無事にご帰国いただきたいと思いますので、周辺にお困りの方がおりましたら、お声掛けいただき、お気をつけてお越しください。

※更新:3月19日23時
お知らせいたします。

本日20日10AM成田行きのチャーター便の手配が完了し、留学生を明日日本へお送りする手続きが完了しました。
留学生様はお熱い中、数時間も待っていただく事になり大変申し訳なかったと思います。成田側からの着陸許可を待っておりました。

また、合わせてフィリピン航空側が臨時便をご用意してくれたようで(突然当日発表されたためこちらでは対応できず)、そちらへの乗客も見込んでいます。

また、現在21日分のチャーター便の手配も、フィリピン航空側からの許可をもらうことができ、2便ほどの予定です。ただし、確定ではございませんことにご注意ください(何度も変更になっております)。
そのため、セブ在住者側と留学側の2便に振り分けて、それぞれ緊急性の高い方、未成年の方、ファミリーなどを優先的に手配するように心がけております。

繰り返しますが、すべての帰国希望の留学生を日本に帰す事ができるよう、フィリピンエアラインやその他の機関と最大限の調整をしております。
留学生やセブ在住の方々におかれましては、今しばらくご連絡をお待ちいただけることをお願い申し上げます。

もしまだリストに記載がない場合は、留学生は対象の学校へのご連絡、留学生以外はこちらのシートにお書きください。
セブ在住 日本人帰国希望受付リスト(留学生以外)

※更新:3月19日10時

<フィリピンならびにセブ島の規制について>
度重なるフィリピン政府の規制とセブ島での規制により、国内線の閉鎖や国際線の取りやめなどで、留学生の中で帰国をしたい方がチケットが取れなかったり、キャンセルされてしまっている方が出てきております(特に3月20日以降)。

<対応>
現在、セブ日本人会および有志により、セブに滞在されている帰国希望者の全体把握に努めております。(在住者、旅行者、留学生)

・留学生について
既にほとんどの語学学校様に連絡をリーチし、それぞれの学校にいる日本人総数とその中で帰国を希望されている方々のおおよその人数を把握しております。

・それ以外の方々について
在住者や旅行者に関しては日本人会を中心に集めていますが、もしまだフォームに入力できていない「セブ島にいる在住者」の方は以下のフォームから、書き込みをお願いたします。

<臨時便について>
最新情報といたしまして、フィリピン航空側で、臨時便を出すという連絡がありました。(※現時点で確定情報ではありません)
こちらの便に関しましては、フィリピン航空様の意向により、チケットカウンターにて一般の方に販売されるため、料金および座席数は不明です。

日程: 3月20日 11:30AM発
セブ・マクタン国際空港―成田国際空港
(チケット販売オフィス)
場所: フィリピン航空チケットオフィス

Address:QC Pavillon, Gorordo Avenue, Cebu City.
Phone: (32) 260-5635 / (32) 260-5632

※ 繰り返しますが、料金不明、残席不明です。詳しいお問い合わせは、フィリピン航空に直接お問い合わせください。

<お知らせ>
今回特に、語学留学生の帰国希望者が顕著に多かったことから、フィリピン航空様、旅行会社様のご協力により、20日の午前10時に語学留学生チャーター第一便がセブー成田間で飛ぶことになりました。
こちらは語学学校で人数を取りまとめて、すでに搭乗者が決定しております。

<追加チャーターについて>
フィリピン航空から、さらに追加のチャーターを出すことが可能との連絡をもらっております。第一便のチャーターを終えてもなお、相当数の帰国希望者がおりますので、現在21日土曜日出発で、第二便を要請準備しております。緊急性の高い方を最優先に、順次ご案内させていただきます。

<緊急帰国を要する方々へ>
病気や疾患をお持ちの方、緊急に帰国を必要とするかたは、セブ日本人会まで直接ご連絡下さい。優先して対応するように致します。
ホットライン: 0995-142-6804 平日9:00~17:00
E-mail:cebunihonjinkai@gmail.com

<ご帰国ご希望の方々へ>
チャーター便の増便の要請や、その後の連絡などに、リストがとても大切になります。ご帰国をご希望のかたは、必ずこちらのシートにご記入ください。

セブ在住 日本人帰国希望受付リスト(留学生以外)
*留学生は書き込む必要はありません。重複すると正確な人数が把握できませんので、現在留学中の方は書き込まないようお願い致します。

<今行っていること>
現在、フィリピンエアラインにこちらのリストをご覧になっていただき、現在帰国希望者のための便を出してもらうように要請中です。
現時点で反応はありますが、完全に確定するまで明確な事は避けたいと思います。

<特別連絡のお願い>
命に関わる病気をお持ちの方、疾患持ち、妊婦様がいらっしゃいましたら、 info@ceburyugaku.jp までご連絡をお願い致します。最優先させて頂きます。

もしくは、直近でお困りの方は、こちらの日本人会ホットラインにお電話ください。
ホットライン(番号:0995-142-6804 平日9:00~17:00)

いずれにしましても、水面下で留学生様、在住者様、旅行者様の全員が、ご無事に帰国できるように、全力であたっておりますので、皆様のご協力どうぞ宜しくお願い申し上げます。

マナビジン
斉藤

斉藤 淳
斉藤 淳
セブ島留学マナビジンの編集長

2012年に初めてセブ島に4ヶ月留学。
フィリピン留学を通じて「英語が伝わる楽しさ」をより多くの方に体験してもらいたいと思い、2013年にこのサイトを立ち上げました。

以降、複数の語学学校に留学。確かな情報を提供するために、現在はセブ島に半月以上住み、出来る限り学校に訪問したり、オーナーと話をする機会を作っています。

英語留学前の方はもちろんの事、留学中の方、留学後の方にも役に立てる情報の提供を目指しています。

留学経験はフィリピン、ハワイ、オーストラリア。

株式会社レミニス 代表
フィリピン英語学校協会 会長
セブ日本人会 理事

ご質問、ご意見、ご要望がありましたら、私の記事にコメントもしくは、メールを頂ければご返信致します(問い合わせフォームからもご連絡頂けます)。
私、斉藤個人へのメールはこちら:jun@reminisce.jp

あなたのセブ島留学が、人生で最高の留学体験になることを願っています。

8 コメント

  1. 21日二便、22日二便の合計四便が飛ぶことになりました価格は未定のようですが、ほとんどの方々が乗れると思いますので、騒ぐ必要はないと思います

  2. このサイトではチャーターと書かれていますが、少なくともチャーター便ではありません
    フィリピン航空の臨時便です
    チャーター便は簡単に飛ばすことはできませんし、要請によって出されているなどはデマです。
    21日二便、22日二便は決定です(約800名分)
    おかしな情報に惑わされず、落ち着いて行動してください

    • セブ関係者様
      まず情報に関しては21日に2便、22日に2便は確定はそのとおりです。
      ただ、チャーターの事実は違い臨時便とチャーター便の両方が出ています。そしておっしゃられると通りチャーター便の許可は本当に大変でした。

      語学学校様向け、一般の日本人会のリストを作ったのも私達です。PAL側に交渉し、チャーター便を手配したのも事実です。そして、それはすべての学校と多くのエージェント様の周知の事実です(なので情報が間違いということは無いと思いますよ)。

      いずれにしてもそこが問題ではなく、臨時便だとしてもチャーター便だとしても、現時点では、確実に飛ぶ便が22日までだという事実です。
      本日確実に帰国希望者はお越しになってください。その後にもしまだ帰国希望者が多いにも関わらず、帰国できない場合に24日火曜日にフィリピン航空に飛ばしてもらうよう、交渉にあたる必要があります。

      追記:現時点で24日のフライトはまずないことがPAL側からのお答えです。

      • 皆さんのご尽力のもとに帰国できている方々がいらっしゃるのは十分に理解できます。

        斉藤様がおっしゃるチャーター便は、臨時便の席を購入されたということだと思います。
        21日のPAL便はPR5434,PR5436で臨時便の便名です。
        元々PALが飛ばす臨時便をチャーターという名称を使うのはまずいと思いますので。

        斉藤様の、”なので情報が間違いということは無いと思いますよ”ですが、チャーターは契約を前提に行うもので、”思いますよ”などという回答はありません。

        私は19日夜の時点で、21日、22日に臨時便が2便ずつ、計4便(約800名分)が飛びます、と連絡しています。的確な情報を出すようにお願いします。

        • なお、明日の二本目のPR5436はフライトキャンセルです。
          前便のPR5434で全員帰れる様子です。

          帰国される皆様、お気をつけてお帰りください。

        • セブ関係者様
          おっしゃられるとおりです。ご指摘ありがとうございます。言葉修正させて頂きます。

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

ピックアップ記事

初心者向け!おすすめオンライン英会話スクール20選【徹底比較】

0
この記事では初心者の方や超初心者の方におすすめできる、オンライン英会話スクールをランキング形式でご紹介します。 ...