英会話勉強法ならマナビジン 独学勉強法 ウェブサービス 英語記事で読む新型コロナウイルスお役立ち...

英語記事で読む新型コロナウイルスお役立ちニュース・コラム【23選】英語勉強にも最適

現在世界中に猛威を奮っている新型コロナウイルス。毎日ニュースや新聞でも報道されており、様々な情報が行き交っています。

日本語でも多くのサイトで新型コロナウイルスについて扱っていますが、英語サイトに目を向けるとその膨大な情報量に驚くことでしょう。できれな日本語で日本の情報だけを仕入れるのではなく、世界でどのように報道されているか、どのような情報が公開されているか、目を向けることが大切です。

日本の情報だけでは知ることのできなかった、様々な情報に触れることができます。

そこで今回この記事では、世界の新型コロナウイルスについて取り扱う記事の中で、役に立ちそうな情報、かつ興味を持って読めそうな内容を独自にまとめました。
英語勉強も兼ねて、英語ニュース、コラムをチェックされてみてはいかがでしょうか。

記事のURLのほか、簡単にどのような内容なのか日本語でまとめてありますので、是非参考にしてみてください。
*新型コロナウイルスの情報は日々、アップデートされているため、URL先の記事だけでなくそのサイトの最新情報をぜひご覧ください。

目次

始めに…英語記事を読むのに便利な拡張機能

今回紹介している記事は全て英語サイトで公開されている記事です。もちろん全て英語で書かれています。

特に今回は新型コロナウイルスに関しての記事です。普段使われない英単語が多く出てくるので、なかなかスムーズに英文を読むことができない方もいらっしゃると思います。

そこで案内したいのが、インターネットブラウザでの拡張機能です。

拡張機能とは、機能を追加させるということで、デフォルトの状態ではなにもないものの、拡張機能を追加するとぐんと英文を読みやすくなります。

特にGoogle Chrome(グーグルクローム)の拡張機能はとても優秀で、たくさんの拡張機能が公開されており自由に使うことができます。

翻訳機能の拡張機能を追加することで、英文の記事で出てきたわからない単語をすぐに翻訳してくれたり、英語サイトを丸ごと日本語に翻訳してくれるものもあります。

Google Dictionary2
このように単語の上にカーソルを合わせたり、ダブルクリックするだけで英単語を調べることが可能です。

今回の英文を読むにあたって、まだ拡張機能を入れていない人は是非インストールしてみてください。

関連記事:【グーグルクローム英語辞書の拡張機能5選】英語ニュースも楽しく読める!

新型コロナウイルスに関するFAQ記事2選

Water and COVID-19 FAQs

新型コロナ英文12
https://www.cdc.gov/coronavirus/2019-ncov/php/water.html

CDC(アメリカ疾病予防管理センター)のサイトの記事。

飲料水、処理された水、及び排水に関する情報が掲載されています。

内容は、ウイルスは飲料水を介して広がる可能性があるか、ウイルスは糞便にあるか、プール、スパ、水遊び場に広がる可能性があるか、下水道システムを介して拡散するか、ウイルスから身を守るために下水道事業者は特別な予防策を講じるべきであるか、水道事業者が沸騰水に関する勧告を出した場合でも水道水で手を洗うことはできるか、

など、ウイルスと水との関係についてのFAQです。

ウイルスは、飲料水中では検出されていなと記述されているので、今のところ水道水を飲んだり、水道水で手を洗うことについては大丈夫だということが分かる記事です。

Q&A on coronaviruses (COVID-19)

新型コロナ英文11
https://www.who.int/news-room/q-a-detail/q-a-coronaviruses

コロナウイルスのいろいろな質問と、その答えが書かれています。

ポイントは子どもや青年でもコロナウィルスにかかると重症化する人もいるという内容や、どうやったらコロナウィルスを防ぐことができるのか、ということを質疑応答形式でかいてある点です。

他にも、ウィルスがどのくらいの期間付着しているかについて知らせたり、食物から感染するのかということについても答えが載っています。

日常私たちがコロナウィルスについて疑問に思っていることについて、教えてくれるという点で役に立ちます。

新型コロナウイルスと社会問題に関する記事2選

Dublin Bus sees more passengers amid fears over greater public activity

新型コロナ英文7
https://www.irishtimes.com/news/ireland/irish-news/dublin-bus-sees-more-passengers-amid-fears-over-greater-public-activity-1.4236816

アイルランドの記事で人々の我慢が限界に達し、自己的な行動をする人が増えていて、アイルランドの公共交通機関の利用も増加傾向にあり、専門家が注意を促しているという内容です。

グラフを用いて死者の増加を伝えるとともに、この傾向が続いた場合のリスクと人々に課せられた責任について説いています。

具体的な数字としてアイルランドの現状が知れること、また、アイルランドの人の様子を知ることができます。専門家によるとこの状況が12から18ヶ月は続くとする推測が知れることもポイントです。

Doctor details “torture” of watching her 4-year-old son struggling to breathe while battling coronavirus

新型コロナ英文3
https://www.cbsnews.com/amp/news/coronavirus-doctor-son-battling-virus-in-the-hospital/?__twitter_impression=true#

女性医師の4歳のお子さんが、コロナウイルスに感染して闘病している状況を伝えているニュースです。
自粛でこどもが毎日家にいて大変だったりイライラしたりする事もあるかもしれないが、皆さん自分のこどもがこうならないようにしっかり見守っていてくださいという警告を発してくれています。

日本でも同じような状況で、どこの家庭も毎日こどもと一緒で、仕事への支障や保育園・幼稚園の問題など、この記事を読むことで考えを改めることができます。
今何が1番大事なのか、子供を持つ親としてしなければいけない事を考えさせられます。

新型コロナウイルスの身体への影響に関する記事6選

Detection of SARS-CoV-2 in Different Types of Clinical Specimens

新型コロナ英文14
https://jamanetwork.com/journals/jama/fullarticle/2762997

今回流行しているCOVID-19が、患者さんのどの部位から多く検出されたかについて詳細に書かれたこの論文は、どの検体を用いてPCRを行えば良いのかについての指針を示してくれています。

もちろん、このレポートだけで決めつけることはできませんが、血液や尿といった検体からはウイルスが検出されにくいということがわかりますので、今後の感染対策に役立ちます。

このレポートには便から検出されたという記述がないような気がしますが、実際には便からの検出もあるようなので、これからも新しい報告を注視する必要があると思っています。

Coronavirus and smoking: How do cigarettes, pot and vaping affect infections and outcomes?

新型コロナ英文10
https://www.latimes.com/science/story/2020-04-23/coronavirus-smoking-cigarettes-vaping-marijuana

喫煙とコロナウイルスの健康リスクに関する記事です。
日本では未だに喫煙に害がないという嘘を信じてしまっている人々が少なからずいるのが現状です。

しかし、海外の研究ではすでに喫煙が呼吸器系の働きを弱体化させ、コロナウイルスの危険性を上げるという結果が続々と出てきています。

この記事を読んで、感染症のリスクというのは、自分の間違った生活習慣によってより助長されるものであるということが再確認できます。
常に自制を保って感染症に負けない生活をすることが大切であると、改めて思い知らされました。

Why whisky could kill the coronavirus (but drinking it won’t work)

新型コロナ英文6
https://www.scmp.com/news/china/science/article/3075971/why-whisky-could-kill-coronavirus-drinking-it-wont-work

アルコール濃度40%以上のお酒で、新型コロナウイルスを不活性化できるというニュースです。

SarsやMersに比べると、新型コロナウイルスはアルコールに弱く、エタノール濃度30%以下でも不活性化できることが、ドイツとスイスの科学者による合同研究によりわかったとのことです。

余裕をみてアルコール濃度40%あれば、ほぼ完璧に新型コロナウイルスを撃退できるということ。
アルコール度数高めの蒸留酒…ウィスキー、ウォッカ、ジン、テキーラ、強めの焼酎などは、アルコール度40%以上ありますので、どうしても困ったときに、緊急避難的にはこれらのお酒が消毒がわりに使えるということです。

市販のアルコール手指消毒ジェルや、エタノールでさえ入手困難となった今、ありがたいニュースでした。
ちなみに「お酒を飲んで中から消毒することはできない」とのこと。

Endothelial cell infection and endotheliitis in COVID-19

新型コロナ英文2
https://www.thelancet.com/journals/lancet/article/PIIS0140-6736(20)30937-5/fulltext#

新型コロナウイルスは全身の血管に感染するため、血液が弱っている方が多い高齢者や糖尿病などの持病により、すでに身体中の血管にダメージを受けている方ほど感染に脆弱であるという研究結果がでたという記事です。

この研究結果はチューリッヒ大学のズザナ・ヴァルガ氏によってまとめられ「THE LANCET」に掲載されていて、生活習慣病の予防が血管の健康を保つのに1番で、普段から健康に気を使い規則正しい生活で生活習慣病を起こさないようにすることが大切だと思います。

Australia’s Mesoblast plans to evaluate its stem cell therapy in patients infected with COVID-19

新型コロナ英文18
https://www.bioworld.com/articles/433641-australias-mesoblast-plans-to-evaluate-its-stem-cell-therapy-in-patients-infected-with-covid-19

オーストラリアでは、治療方法の一つとして幹細胞を利用した臨床試験が始まっています。
日本ではアビガンのような既存の薬を活用して治療を試みているのが主流かと思いますが、この記事を通して、それ以外の治療方法について知ることができました。

幹細胞治療だと薬と違って副作用が出にくいようです。
これが世にでれば、薬の投与が何らかの状況で使えない患者さんなど、多岐に渡って色んな患者さんに使用できる新たな方法で画期的だと思われます。

Coronavirus death rate is SIX TIMES lower in countries that use the century-old tuberculosis BCG vaccine

新型コロナ英文17
https://www.dailymail.co.uk/sciencetech/article-8197247/Coronavirus-death-rate-SIX-TIMES-lower-countries-use-BCG-vaccine.html

BCGの予防接種を含む広範なワクチン接種プログラムを実施している国では、コロナウイルスによる死亡率はそれを使用しない国よりも約6倍低いことが研究で明らかになっています。

アメリカなどの死亡率が高い国は、このBCGの予防接種をしていないのが影響しているのではないかと思わせる記事です。

ネットの一部では、イランとイラクの死亡率が違うのは、このBCGの接種が影響していると言われたりしています。
日本はこの日本株のBCGワクチンを幼い頃に接種している人が多く、それが死亡率の低さに好影響しているのではないかと説明しています。

新型コロナウイルスと各国の実情に関する記事8選

F.A.Q. on Stimulus Checks, Unemployment and the Coronavirus Plan

新型コロナ英文16
https://www.nytimes.com/article/coronavirus-stimulus-package-questions-answers.html

この記事は、ニューヨークタイムズのアメリカ国民向け給付金制度の内容です。
コロナウイルスの影響によって失業した人や、一時的に給料が減額になった人が多いためアメリカ国民がもらえる給付金について詳しく書かれています。

アメリカでは、昨年納税申告をした人には、一定の条件のもと、自動的に各納税者に支払われるようになっています。給付される額は昨年の収入額、非婚者、既婚者、学生などの条件下で少しずつ変わってきますが、条件がシステム化されているので、アメリカ国民も納得しています。

日本でも給付金の申請が始まろうとしているのですが、その給付条件が国民にとってはっきりしない部分もあります。
国民を納得させるためには、他国の例を参考にするのも一つの案だなと思いました。

At least 150 Italian doctors have died from coronavirus

新型コロナ英文15
https://www.google.co.jp/amp/s/amp.cnn.com/cnn/world/live-news/coronavirus-pandemic-04-24-20-intl/index.html

コロナのニュースは日本のマスコミと海外のマスコミではフォーカスする場所が違っていて、国内のニュースだけだと情報が偏ってしまうので、まんべんなく海外のニュースも読んで事実確認することが重要。

このCNNのニュースは、政治的なバイアスもなくヨーロッパの現場を細かく伝えています。
イタリアはヨーロッパで一番被害が大きく最初に感染拡大した場所なので、ここで起こった医療崩壊の現状を現地の医師の目を通して知ることは、今後の日本の医療のいく末を考える上でもとても大事です。CNNは特に情報が早いので、頻繁にチェックしてみましょう。

As governments fumbled their coronavirus response, these four got it right. Here’s how.

新型コロナ英文9
https://www.cnn.ph/world/2020/4/16/coronavirus-response-lesson-learned.html

コロナウイルスが出現し感染拡大が進行していく中、多くの国は始めはその事実を否定し、ダラダラとあがいた後に結局はロックダウンという流れが共通のパターンでした。
感染爆発の初期段階でその被害を緩やかに止めるチャンスがあったにもかかわらず、そこから学びを得た国は僅か。

そんな中、台湾、アイスランド、韓国、ドイツの4か国は独自の対策によりその感染を抑えつつあるという記事。
日本国内のニュースでは、最近やっと海外のコロナに対する対策や姿勢が一部報道され始めましたが、その内容は表面的なものにすぎず、そこから何かを学ぼうという姿勢は残念ながら感じられないのが事実。

自らの身を守るためにも、この記事を通して今の生活に取り込める策を探し独自に対策することが可能ではと感じさせられました。

Coronavirus pandemic: Tracking the global outbreak

新型コロナ英文5
https://www.google.co.jp/amp/s/www.bbc.com/news/amp/world-51235105

このサイトでは世界地図によって感染者の数が表示された表が毎日更新されており、かつ感染者や死者の人数を国別に線グラフで表示してくれたりと、文字で書かれている詳しさだけでなく、視覚的にもコロナが広がってしまっていることが一瞬でわかるグラフや表が多く使われており、とてもわかりやすいサイトです。

Coronavirus (COVID?19)

新型コロナ英文1
https://www.australia.gov.au/

オーストラリアの政府から、オーストラリアの人達に対して、コロナウイルスをどうやって防げば良いかを示した内容です。日本よりも厳しくて、握手やハグ、キスもしないでくださいと呼びかけていることが、徹底的に人との接触を避けて、社会的距離を保たせようとしているところが勉強になります。

それだけではなく、こういう店は開いていますよとか、こういうボランティアのサービスはありますという情報、電話やオンラインで人とのかかわりを持ってくださいという、メンタルにも配慮した呼びかけがなされていることが、日本でも役に立つと思います。

Sensitivity of Chest CT for COVID-19: Comparison to RT-PCR

新型コロナ英文23
https://pubs.rsna.org/doi/full/10.1148/radiol.2020200432

新型コロナウイルスに対して、日本ではPCR検査件数の少なさが取り沙汰されていて、PCR検査を受けたいのに受けさせてもらえなかったという患者さんの悲痛な叫びをよくニュースなどで目にします。

PCR検査をやってもらえないことが、コロナが治らないと同じような意味で語られていることもあり、個人的に違和感と危機感を感じています。
しかし、この報告ではPCRの感度はおよそ70%であり、CT検査の方が感度が良かった(98%)と報告されています。

実際に医療現場でもPCR検査の感度の悪さは問題となっていて、臨床所見ではどう考えてもコロナ陽性なのにPCRが陰性という症例も散見されています。
今蔓延している「PCR信仰」を壊す意味でも、このような文献を個人的に読んでしっておくことは大切です。

Canada COVID-19 app

新型コロナ英文22
https://www.canada.ca/en/public-health/services/diseases/coronavirus-disease-covid-19.html

カナダ政府の公式の発表で信頼性もあり、最新の情報が更新されているサイトです。
州ごとの感染者数、死者数、カナダ政府としての対応(経済政策、旅行の制限と免除などは国境制限など)、実際に症状が出た場合の対応、治療方法、予防方法(社会的距離、衛星、クリーニング、マスクなど)、各項目ごとに詳しく説明してあり公式なもので日々更新されるので役に立ちます。

Unite Against COVID-19

新型コロナ英文21
https://covid19.govt.nz

NZは日本と同じような周りを海に囲まれた地形でありながらコロナの脅威から復活しようとしているそうなので、どのように対策を取れるのかということが参考になります。

英語を喋らない移民や子供が多く、そのような人にもわかりやすくするために簡単な英語で丁寧に書いてあるので、何か単語でつまづいてしまっても意味が推測しやすくスラスラと読み進めることができるのが特徴。自粛するときにどのように買い物に行くのかという点が一番わかりやすいですね。

新型コロナウイルス全般についてまとめられている記事5選

Coronavirus (COVID-19)CDC

新型コロナ英文20
https://www.coronavirus.gov/

米国のCDC(疾病対策予防センター)のサイトです。
一般の方がコロナウイルスについて疑問に思うことが簡潔にまとめられています。

例:コロナウイルスで重篤になりやすいのはどんな人?やTVやニュースで聞く社会的距離(ソーシャルディスタンシング)って何?といった質問等です。

特に、FAQのページに関しては秀逸です。非常に多くの想定質問と回答が記載されております。

想定質問は大枠で21項目あります。コロナウイルスそのものに関する事項もですが、経済に関すること、水道や動物への影響まで網羅されております。基本的にCDCのサイトを見れば、私たちがコロナウイルスに関して疑問に思うことが解決される可能性が高いと思います。

JPHMP Direct

新型コロナ英文19
https://jphmpdirect.com

様々な専門家たちの、違った視点や切り口からの新型コロナウイルスへに関する記事が掲載されており、色々と勉強になります。専門性が高い記事なので、同じような専門家の方や学生の方向けになってしまうかもしれません。

ただ、記事数や執筆している専門家がたくさんいることと、トップページの題名から関心のある記事を探すことができるので、専門家の考えを題材によって読むには役に立つと思います。コロナウイルスそのものについての記事から、パンデミックにより変化してしまった人間の社会生活に関する考察まで幅広く読めるます。

Coronavirus symptoms: What are they and how do I protect myself?

新型コロナ英文13
https://www.bbc.com/news/health-51048366

記事のタイトル通り「コロナウイルスは一体どんな感染症なのか」そして「どうやったらコロナ感染を防げるのか」といったコロナに関する基礎知識から始まり、コロナ予防対策を詳細に説明しています。

「どのようなタイミングで病院に行くのか?」の記事を読むと、日本の対処法としてある「熱が37.5度以上の熱が4日以上で相談する」ような記載がなく驚くと同時に、本当に日本のような対処法が正しいのか甚だ疑問に感じさせられます。

日本で言われているような対策をそのまま鵜呑みのするのではなく、英語圏のコロナ関連の記事を読み、何が本当に正しいのか見極めることが大事だと気づきます。
また、コロナ感染時に出る身体的症状、正しい体温計の測り方、正しい手の洗い方や咳が出るときの対処法を画像付きで説明しており、一層理解が深まります。目や鼻、口を触るのはいかに危険なことか。とても参考になる記事です。

Advice for Caregivers

新型コロナ英文8
https://www.cdc.gov/coronavirus/2019-ncov/if-you-are-sick/care-for-someone.html

新型コロナウイルスに感染してしまった人の看病をする人に対するアドバイスや注意点がとても細かく載っているので、役に立ちます。

現在家族に感染者がいなくても、いざというときに慌てないために、頭に入れておくといい知識だと思います。世界最高峰のCDCが発表しているアドバイスなので、日本で発表されているものよりも、信憑性があります。

感染者は自宅隔離と言われても、同じ家で生活していたら、どのようにすれば移されずに看病できるのかわかりません。
しかし、このサイトはそこを細かく記載しているので、対応がわからない時に調べるのに最適だと思います。

CORONAVIRUS RESOURCE CENTER

新型コロナ英文4
https://coronavirus.jhu.edu/

これは世界の感染者が今何人なのかというのが、ジョブズホッキンズ大学が独自に統計しているチャートです。(特にニュース記事ではありません)

はじめは中国のみででしたが、世界に広がるにつれわかりやすく世界も表示されています。
また、とても正確で、いつでもオンタイム集計により時差はあるのにその時の最新の数字が出ています。世界などこの国が増えているか、今何人なのか、どの地方なのか、見やすく表示されています。こちらは某ニュース番組でも参考にされている事もあり、信用できます。

その他のおすすめ関連情報

合わせて読みたい→今すぐ役立つ【英語】新型コロナウイルス関連YouTube15選

マナビジン編集部
マナビジン編集部
マナビジン編集部チームでは「英語が伝わる楽しさをより多くの方へ」をモットーに日々情報発信を行っています。

私達は自分たちが経験してきた「フィリピン留学」「セブ島生活」「英語学習」を通じて、新しい楽しみをあなたにご提案したいと思います。

引き続きお楽しみに!

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

イベント情報 / 8月22日開催

PICK UP

初心者向け!オンライン英会話【おすすめ51社】比較ランキング

初心者向け!オンライン英会話【おすすめ51社】比較 -2020年後半-

0
オンライン英会話スクールは、フィリピン、ネイティブなど大小合わせて50社以上あります。 その中で初心者向けのオンラ...