セブ島の動画

セブ島留学

セブ留学準備

セブ基本情報

セブ5大観光

セブの楽しみ

セブレストラン

マナビジン 英語資格試験 TOEIC TOEICお悩みQ&A / 700点対策「TOEIC...

TOEICお悩みQ&A / 700点対策「TOEIC600点を超えてから伸び悩んでいます。次にすべき事はなんでしょうか?」

この記事ではTOEIC勉強法の悩みに、既にその目標点を取得した方にお伺いし、口コミ・アドバイスを掲載しているコーナーです。
TOEICの勉強方法に迷っている方、伸び悩んでいる方は必見です!

TOEIC700点以上を目指す、ご質問者の相談

Q:600点を超えてから点数が伸び悩んでいるので、ある程度点数が取れるようになった段階で次にすべきことは何なのか聞きたいです。リスニングに力を入れるべきか、語彙、単語数を増やすべきか、それともTOEIC特有のテクニックを磨くべきか、知りたいです。
27歳女性、目標:700点

TOEIC700点以上取得した方からのアドバイス

1人目:TOEICの出題傾向を学んで得点を高めよう

toutouさんの回答、22歳男性 / 820点

TOEICには試験で出題されやすい単語やシチュエーションがあるので、公式問題集や専用の単語帳などを活用してTOEICで点数を稼ぐためのテクニックを身に付けることが大切です。

ある程度点数が取れるようになった段階であれば、自分が苦手としている分野の得点率を上げることが必要でしょう。おそらく問題を解いていて思ったよりも上手く点数が取れないパートがあるのではないでしょうか。

たとえばリスニングのPart3やPart4といった長めの音声を聴いて問題に答えなければならないパートが苦手という場合は、何度も演習を積むことでリスニングで集中力を切らさないようにしたり、問題の出題形式に慣らすことが有効なのではないかと思います。

語彙や単語数についてはTOEICに特化した単語帳に書かれている単語の意味をほとんど全て覚えられているのであれば、追加で新しい単語を覚える必要はないと思います。

単語帳に載っている単語をあまり理解できていない場合は、ノートに書いたり声に出して読むなどして確実に単語を覚えることをおすすめします。

TOEICで高得点を取るには、純粋な英語力よりもTOEICの出題形式や傾向をよく知っていることが重要になると考えています。毎日TOEICの問題を解くことを習慣化するのも良いのではないでしょうか。

リスニングで素早く応答するために英語を聞きまくり、高校レベルまでの文法、単語、語彙力をきちんと身につける

さくらもちさん、44歳女性 / 810点

TOEIC700点を目指すためには、リスニングセクションで素早い応答ができるようになることと、高校レベルまでの文法、単語、語彙力が必須だと思います。

まず、TOEICの場合はリスニングの方が短期間の学習でも点数が上がりやすいように思います。というのも、リスニングでは難解な単語や表現はまず出題されません。そのため簡単な英語でも「聞き慣れていること」が大事です。

TOEIC特有のリスニングの出題スピードについていくこと。そのためにTOEIC用のリスニング教材や英会話CDなどを何度も繰り返し聞くことをおすすめします。可能であればビジネス英会話の音源でも訓練すると、実際の出題パターンにより近い学習ができると思います。

リーディングセクションでは、高校レベルまでの英語をきちんと理解していることが必要です。特に短文・長文の穴埋め問題は出題数が多いわりにパターン化されているため長文問題よりも学習がしやすいです。

高校レベルの文法、単語、語彙をしっかり身につけておけば穴埋め問題の正答率はかなり上がるはずです。ここでしっかり点数を稼いでおけば、最後の長文問題に少々苦戦しても700点オーバーは可能でしょう。

ちなみに質問者様はすでに600点を超えているようですので、TOEIC特有のテクニックを磨くことは必要ないように思います。

2人目:リスニング力のアップに重点を置きつつ、できるだけ多くの英文に触れましょう。

goldensheepさんの回答、64歳男性 / 860点

個人的な経験からは、リスニングに力を入れることをお勧めします。TOEICのリスニング問題は聞き取れさえすれば内容的(難易度的)にはそれほど難しいものではないと思いますので、点数を稼ぎやすいところがあります。

また、リスニングの勉強をするにあたっては、長文のリスニングについて書いてある文字を見ながら行なうことも取り入れてみてはどうかと思います。こうすることで長文の読解力も併せて鍛えることができますのでリーディングの点数増にも繋がります。結局は良く言われるとおり、なるべく多くの英文や英語表現に触れることが上達の近道だと考えます。

なお、これもあくまで個人的な経験からの見解ですが、正しい前置詞を選択するなどの文法問題は悩むことが多く、後から正解を教えてもらっても「へえそうなの」的なところがありました。ところがネイティブに言わせると全て即座に正解を選択できる問題だそうです。結局は日本語でも「学校に行く」と「学校へ行く」はほとんど同じ意味でも文脈によって使い分けることがあるように、微妙な使い分けがネイティブであれば苦も無くできるのだと思います。

ただし、この部分も先ほど述べたとおり、できるだけ多くの英文、英語表現に触れることでネイティブの感覚に少しでも近づくことができると思います。

3人目:継続は力なり!焦らず毎日コツコツと!長い目で見て取り組めば、きっと結果はついてきます!

ホットチョコレートさんの回答、42歳男性 / 730点

初めてTOEICを受けたときの点数は、680点でした。それから、1ヶ月後に再び試験を受けたときに、730点になっていました。

その1ヶ月で上がった点は、リスニングによるものでした。試験の内容もよくわからず、友人に付き合う感じで受けた初めてのTOEIC試験で、その試験の問題量と時間に慌てながら問題を解いていて、余裕もありませんでした。

そこで、時間配分もしっかりしないといけないなと思い、迷っている時間などを減らせるように、手元にあった大学受験時の英語の参考書を何度もやり直しました。

リーディングに関しましては、文法や単語、読解どれに関しても、大学受験までの知識でそこそことれると思います。

そして、リーディングですが、会話には慣れていたのですが、テストでの英語の音声は日常使っていた会話とはまた違い、慣れていないと聞きにくい部分がありました。そのため、友人に録音してもらったTOEIC用のリスニング音声を毎日寝る前に必ず聞いて、テスト音声に慣れるようにしました。

さらに、英語ニュースを毎日聞いて、スピード感にも耳を慣らして行きました。そうして毎日過ごしているうちに、成果が出たのか、50点アップに繋がったんだとおもいます。いまは、問題集も豊富で、公式問題集もあり、YouTubeなどたくさん英語に触れる機会があり、便利な時代になっているとおもいます。

このコロナの自宅待機中に、私は毎日YouTubeでアメリカやイギリス、オーストラリアのニュースを字幕なしで聞きまくっていました。

そのように毎日音楽を聞くような感じでニュースを聞いていたら、いまではCNNニュースなトランプ大統領の会見も単語ひとつひとつ聞き取ることが出来ています。ここまで来るともはや楽しくてたまりません。ニュースなどの英語は苦手だった私ですが、いまではそれご楽しくなっています。

TOEICのリスニング音声も聞いてみたら、なんとほとんどわかるようになっていて、試験を次に受けたらリスニング満点取れるんじゃない?
ってくらいに変な自信がついています。

何事も一気には上がらないとおもいます。越えられない得点の壁は各個人それぞれでしょうが、何事も諦めずに、こつこつと努力すること、その積み重ねが長い目で見たときに結果となって表れてくるはずです。

TOEICを受けるかたの理由は様々あるでしょうが、とにかく参考書を購入したならば、それを最後までやりとおし、そして何度も何度も繰り返してやることです。必ずや結果はついてきます。頑張りましよう。

4人目:集中力とスピードを意識しながら勉強をしよう。

モモカリンさんの回答、47歳男性 / 770点

リスニングは集中力。リーディングはスピードが大切です。この2つを磨くことで700点の壁は超えられると思います。

まず、リスニングの集中力についてですが、リスニングの45分間はなかなか集中力が持ちません。集中力が落ちると、パート2で大切な冒頭の疑問詞や主語が聞き取れなかったりして問題を落とします。パート3、4も集中して聞かないと音の流れに乗れず、頭に入ってこなくなります。なので集中力が大切なのですか、これは言い換えると、耳の体力だと思っています。

45分間は聴き続ける体力を養うには、同じ時間の模試を繰り返し行なったり、普段から英語を聞き流すのではなく、時間を決めて精聴することで耳の体力を向上させることができると思います。

次にリーディングのスピードですが、これは特にパート7の長文読解で必要となります。600点台ですと、パート7の問題は時間内に最後まで解けずに、10問ぐらいは当てずっぽでマークしているのではないでしょうか。これはやはり英文を読むスピードが遅いからです。スピードをあげるには当然単語力や文法力も必要ですが、ちゃんと時間を計って解く練習をしてください。

時間を意識することで一つの問題に何分もかけてしまうことがなくなります。これも数をこなすことをお勧めします。時間の1ヶ月前から集中してやるようではダメで、もう少し長い期間、意識してやる必要があると思います。集中力とスピード、どちらも普段からの意識した勉強をすれば必ず身につきます。

合わせて読みたい→オンラインで受講可能なTOEIC講座【13選】zoom、skypeを使った短期TOEICセミナーを随時更新

マナビジン編集部
マナビジン編集部
マナビジン編集部チームでは「英語が伝わる楽しさをより多くの方へ」をモットーに日々情報発信を行っています。

私達は自分たちが経験してきた「フィリピン留学」「セブ島生活」「英語学習」を通じて、新しい楽しみをあなたにご提案したいと思います。

引き続きお楽しみに!

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

PICK UP

初心者向け!オンライン英会話【おすすめ51社】比較ランキング

初心者向け!オンライン英会話【おすすめ51社】比較ランキング

0
初心者向けのオンライン英会話スクールは、フィリピン、ネイティブなど大小合わせて50社以上あります。 その中でご自身...