ジェットスターVSセブパシフィック!フィリピン航空券の購入

LCCを利用するなら・・・・

フィリピンへの航空券を出来るだけ安く購入するには、ジェットスターか、セブパシフィック航空がおすすめです。

どちらも格安の航空会社として知られていますが、両方とも日本の航空会社ではありません。

ジェットスターは、オーストラリアのメルボルンに本社を置く航空会社。

一方、セブパシフィック航空は、フィリピンのセブ島やマニラに拠点に置く航空会社。

どちらも日本からの発着便が多数あるので、利用している人も多いことでしょう。

単純に価格だけで比較していくとジェットスターの場合は最安値で、東京からマニラの片道で1万5000円程度で行くことが可能。

もちろんシーズンやタイミングによって異なるので、多少の変動はあります。

一方のセブパシフィックですが、東京からセブ島までの片道は安いタイミングだと1万6000円程度で行くことが可能(同じぐらいですね)。また、より近い関西からだとさらに安くなります。

時期やタイミング、キャンペーン期間によっては1万円を切るということもあります。

どちらも格安の航空会社ですが、アフタ-ケアを考えると、日本語での対応の充実度があるジェットスターの方がお勧めでしょうか。ただし、ジェットスターはマニラまでしか運行していません。

もしフィリピンのマニラではなくて、セブを検討しているなら「セブパシフィック」を使う必要があります。

セブパシフィックの方は、航空券の手配方法に関して保険や遅延の場合のルールなど、事細かに理解しておくには英語を理解していないとやや厳しいといえるでしょう。

もちろん、ある程度、英語を理解しているのであれば問題ありません。

また、どうしてもセブパシフィックにこだわりたいという方は、代理の旅行会社などもありますので、そちらを利用するとスムーズにいくでしょう。

また、セブパシフィックはやはりフィリピンの航空会社ということもあり、乗り換え便も多数用意されていて、マニラ以外の行き先も多数用意されています。

具体的にはバコロド、ボラカイ(カティクラン)、ブトゥアン、カガヤンデオロ、カミギン、 カワヤン、セブ、クラーク、コロン(ブスワンガ)、コタバト、ダバオ、ディポログ、ドゥマゲテ、ジェネラルサントス、イロイロ、カリボ、ラオアグ、レガスピ、マニラ、ナガ、オサミス、パガディアン、プエルトプリンセサ、 ロハス、サンホセ(ミンドロ)、シャルガオ、スリガオ、タクロバン、タグビララン、タンダグ、タウイタウイ、ツゲガラオ、ビラク、サンボアンガ、の計34カ所もあります。

最近ではマニラやセブ以外にも留学先として、招致しているところがあるので、アクセスの良さを考慮するとセブパシフィックも非常にお勧めです。

ただし!!

フィリピン・マニラ空港まででしたらLCCを使うことは問題無いと思いますが、セブ島へ行くのであればLCCは気をつけなければいけません。

というのも、マニラ乗り換えは最低でも3時間以上見ておき、かつ空港でトラブルが発生する可能性もあるため、事前の対処法を知っていないと面倒なことに巻き込まれるからです。

そうならないためには、フィリピンに詳しい旅行代理店に頼むとよいでしょう。

その他おすすめ記事「衛生状況&体調管理」

病気・衛生対策まとめ(狂犬病、食中毒、デング熱など)

フィリピンセブ島でお腹をこわさない体調管理方法

セブ島留学中に体調を崩さないよう、未然に防ぐいくつかの方法

体調を崩さない方法&崩してしまった時の対処法

フィリピンセブ島留学「治安状況」

セブ市内とマクタン半島の治安情報をお伝えします。

セブ島で最も危険なダウンタウン!本当に危ないのか『夜』調べてきました。

セブ島留学前に治安確認!モールだからといって安全なわけではない!

フィリピンセブ島留学「留学前の小ネタ」

セブ島留学のコツ!事前に何をするべきか?

【完全網羅】フィリピンセブ島留学・旅行時の持ち物リスト

マクタン空港の様子。タクシーを捕まえるまで

留学する際は直前かそれとも数日前から準備か

セブ島空港のスーツケース対策

フィリピンセブ島留学「女性ならではの話」

セブ島での化粧品や生理用品について byMOKA

フィリピンセブ島、公衆女子トイレの使い方 byMOKA

フィリピンセブ島留学「セブ島で対応可能な事」

日本製コンタクトレンズを購入する方法

ビザ延長!イミグレーション(Immigration)での手続き方法

セブ島でのランドリーの利用方法

フィリピンセブ島留学「お金の準備」

お金の引き出し方!フィリピンセブ島でのATMの使い方とは?

キャッシュパスポートについて

国際キャッシュカードとキャッシュパスポートの違い比較

フィリピン留学時に便利!キャッシュパスポートの申し込みから実際に使う所まで