フィリピン留学用の航空券を買うならJALかANAかLCC?

0

日本からフィリピンへ留学として航空券を買うなら、どこの航空会社がお得で、利便性はどこが良いかというのは、気になる問題です。

まず、価格面に注目して見ていきましょう。

例えば、東京からマニラ行きのチケットで、適当な平日の日付を選定して2ヶ月先の予約を取るとします。
するとJALの場合は15万3910円、ANAの場合は14万7910円。
やはり日本が誇る優秀な航空会社ですから、価格もLCCに比べて格段に上がってしまいます。
LCCでフィリピンまでの費用を見てみると、同じ条件で検索すると、デルタ航空で5万1110円という破格の料金設定をしている航空会社が見つかりました。
他には、フィリピン航空で約6万円、マレーシア航空で約5万7000円、ベトナム航空で約8万円、スカイチームで約5万円などがあります。
しかしその中でもナンバーワンの安さを誇っているのがジェットスター!
日本でもなじみのある航空会社で、利用したことある方もいるのではないでしょうか。
同じ条件で検索したところ、最安値は約3万円!
ここより安い航空会社を見つけるのは、なかなか困難な作業といえるでしょう。(同様の価格はセブパシフィック)

ジェットスターは乗り心地がよいのか?

ジェットスターに乗ったことがある方なら、わかると思いますが、JALやANAに比べて、乗り心地が落ちるというのは言うまでもありません。
席自体が狭く、前の席との間隔もJALやANAよりも間隔的に30cm程度短いイメージです。
そして、安いということで、全体的な客層も、それほどよいというイメージがありません。
また、乗務員の接客も落ちると言わざるを得ないでしょう。
他の航空会社に比べ、機内の与圧の影響を受けやすいつくりになっていて、耳の痛みを感じる方もいるかもしれません。
このように実際にJALやANAを普段から利用している方であれば、違いを感じ、やや不満を抱く乗り心地といえるでしょう。
しかし細かいことに気にしないのであれば、何と言っても圧倒的に格安料金ですから、選択肢の1つとして考えてもみるのもアリです。
また、乗り心地以外で考慮すると、定刻通り、運行している割合がJALやANAに比べて落ちます。
欠航は4%程度と低いのですが、定刻より遅れる事は3割ぐらいはあるので、どうしても決まった時間に絶対に間に合わせたいという方はあまりお勧めは出来ません。

50分ぐらい遅れたりすることもよくあることです。

なぜこのようなことが起こるかというと、他の航空会社に比べ、飛行機の本数が少なく、搭乗予定の到着機の遅れが主な理由です。
時間に余裕がある方なら、ジェットスターでも問題ないと思いますが、タイトなスケジュールの方はあまりお勧めは出来ません。
このように価格が安いということは、それなりにデメリットがあるということを理解しておくことが重要です。
また、マニラだけでなく、セブ島へ旅行するためのより詳しい情報はこちらで紹介しています。
ご参考になさってください。

その他おすすめ記事「衛生状況&体調管理」

セブ島でかかりやすい病気とは?病気対策と緊急連絡先

なぜセブ島でお腹を壊す!?典型例5パターンと腹痛を防ぐ体調管理法とは

セブ島留学中に体調を崩さないよう、未然に防ぐいくつかの方法

体調を崩さない方法&崩してしまった時の対処法

フィリピンセブ島留学「治安状況」

セブ市内とマクタン半島の治安情報をお伝えします。

セブ島で最も危険なダウンタウン!本当に危ないのか『夜』調べてきました。

セブ島留学前に治安確認!モールだからといって安全なわけではない!

フィリピンセブ島留学「留学前の小ネタ」

セブ島留学のコツ!事前に何をするべきか?

【完全網羅】フィリピンセブ島留学・旅行時の持ち物リスト

マクタン空港の様子。タクシーを捕まえるまで

留学する際は直前かそれとも数日前から準備か

セブ島空港のスーツケース対策

フィリピンセブ島留学「女性ならではの話」

セブ島での化粧品や生理用品について byMOKA

フィリピンセブ島、公衆女子トイレの使い方 byMOKA

フィリピンセブ島留学「セブ島で対応可能な事」

日本製コンタクトレンズを購入する方法

ビザ延長!イミグレーション(Immigration)での手続き方法

セブ島でのランドリーの利用方法

フィリピンセブ島留学「お金の準備」

お金の引き出し方!フィリピンセブ島でのATMの使い方とは?

キャッシュパスポートについて

国際キャッシュカードとキャッシュパスポートの違い比較

フィリピン留学時に便利!キャッシュパスポートの申し込みから実際に使う所まで

前の記事目的別、タイプ別TOEICに対する姿勢と取り組み方(4)
次の記事フィリピン留学・セブ留学でビジネス英会話を学ぶならココしかない!
斉藤 淳
セブ島留学マナビジンの編集長

2012年に初めてセブ島に4ヶ月留学。
フィリピン留学を通じて「英語が伝わる楽しさ」をより多くの方に体験してもらいたいと思い、2013年にこのサイトを立ち上げました。

以降、複数の語学学校に留学。確かな情報を提供するために、現在はセブ島に半月以上住み、出来る限り学校に訪問したり、オーナーと話をする機会を作っています。

英語留学前の方はもちろんの事、留学中の方、留学後の方にも役に立てる情報の提供を目指しています。

留学経験はフィリピン、ハワイ、オーストラリア。

株式会社レミニス 代表
フィリピン英語学校協会 会長
セブ日本人会 理事

ご質問、ご意見、ご要望がありましたら、私の記事にコメントもしくは、メールを頂ければご返信致します(問い合わせフォームからもご連絡頂けます)。
私、斉藤個人へのメールはこちら:jun@reminisce.jp

あなたのセブ島留学が、人生で最高の留学体験になることを願っています。

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here