フィリピン留学時、往復の格安航空券が安い時期と相場

0

いつがベストか!?

フィリピンの留学をお考えなら、現地で過ごしやすいシーズン、留学を多く募集しているシーズン、また航空券が安いシーズンなどを考慮して決めるとよいでしょう。
現地で過ごしやすいシーズンとなるとやはり、11月から3月あたりがベスト!
フィリピンは日本に比べ、南国に位置する場所にありますから、冬の時期でも十分な暖かさがあり、過ごしやすい時期が長いのが特徴です。
また、もう1つ選ぶタイミングとして留学の募集が多い時期というのが挙げられます。
やはり日本の夏休みや冬休み、春休みに該当する7月や8月、あるいは12月、3月なども募集が多くなります。
そういった時期を狙うと、格安のプランの留学も用意されていて、よりリーズナブルに留学体験を受けることが可能!
しかし、留学のプランが安くても航空会社が安い時期とかぶるというわけではありません。
やはり、日本の夏休み等は利用する人も増えますから、航空チケット料金が上がる傾向にあります。
そういったことを考慮すると最適なシーズンは4月か9月あたりがおすすめ!
4月は春休みも終わり、フィリピンへの旅行者が落ち着く季節。
逆に9月は夏休みが終わり、旅行客が毎年減る月として知られています。(それでも大学生などはこの時期も休みのため案外留学生は多いのですが・・・)
1年間の中でフィリピンへの航空券の相場が上がる時期は、夏休みや年末、春休みなどが挙げられます。
7、8月の相場はANAやJALの場合は15万円以上。フィリピン航空でも直前なら10万円以上します。
また、少数ですがスペシャルプランも用意されていて、往復で4万円ほどの格安プランもありますが、席に限りがあるので、これは、なかなかゲットするのが難しいでしょう。

9月のフィリピンまでの往復の飛行機代はいくらなのか?

ANAやJALでは、フィリピンまで15万円以上が往復で掛かることが多いですが、9月の平日であれば15万円を切ってくることもあります。
しかし、直近での予約となると、割高になってしまうケースが多いので、2ヶ月先などあらかじめ早い段階で予約を取っておくことがお勧め!
その他LCCでの料金を比較していくと、往復3万円から6万円程度が相場といえるでしょう。
単純にLCCとJALやANAでは、料金が3倍ぐらい違うと考えて、よいのではないでしょうか。
セブ島行き、直行便のフィリピン航空ならば8~10万円前後でしょう。
また、フィリピンへの留学を行う際に、片道の航空券だけではなく、往復の航空券を購入する必要がありますよ。
プランなどで、航空券がすでに手配されている分には問題ないと思われますが、自分で購入する場合は必ず往復を購入してください。
なぜならば、出国日が、分かっていないと税関で止められるケースがあるからです。
目的をはっきりとして、入国手続きがスムーズに行うようにすることがポイント!
できれば平日のチケットを購入して、格安で済ませたいところですが、日本と同じようにフィリピンの語学学校もで月曜日から始まることが多いので、平日に行くと、それまでの間ホテル代なども必要で、結局お金がかかってしまうということもありますので、理解しておきましょう。
こちらがお勧めの旅行代理店です。

その他おすすめ記事「衛生状況&体調管理」

セブ島でかかりやすい病気とは?病気対策と緊急連絡先

なぜセブ島でお腹を壊す!?典型例5パターンと腹痛を防ぐ体調管理法とは

セブ島留学中に体調を崩さないよう、未然に防ぐいくつかの方法

体調を崩さない方法&崩してしまった時の対処法

フィリピンセブ島留学「治安状況」

セブ市内とマクタン半島の治安情報をお伝えします。

セブ島で最も危険なダウンタウン!本当に危ないのか『夜』調べてきました。

セブ島留学前に治安確認!モールだからといって安全なわけではない!

フィリピンセブ島留学「留学前の小ネタ」

セブ島留学のコツ!事前に何をするべきか?

【完全網羅】フィリピンセブ島留学・旅行時の持ち物リスト

マクタン空港の様子。タクシーを捕まえるまで

留学する際は直前かそれとも数日前から準備か

セブ島空港のスーツケース対策

フィリピンセブ島留学「女性ならではの話」

セブ島での化粧品や生理用品について byMOKA

フィリピンセブ島、公衆女子トイレの使い方 byMOKA

フィリピンセブ島留学「セブ島で対応可能な事」

日本製コンタクトレンズを購入する方法

ビザ延長!イミグレーション(Immigration)での手続き方法

セブ島でのランドリーの利用方法

フィリピンセブ島留学「お金の準備」

お金の引き出し方!フィリピンセブ島でのATMの使い方とは?

国際キャッシュカードとキャッシュパスポートの違い比較

フィリピン留学時に便利!キャッシュパスポートの申し込みから実際に使う所まで

「カテゴリートップ(留学準備と生活環境)」に戻るならこちらをクリック!

前の記事TOEICの解き方を変えれば、スコアも英語力も獲得できる!(3)
次の記事ファーストイングリッシュでは発音が授業内に組み込まれています!なぜなら・・・
斉藤 淳
セブ島留学マナビジンの編集長

2012年に初めてセブ島に4ヶ月留学。
フィリピン留学を通じて「英語が伝わる楽しさ」をより多くの方に体験してもらいたいと思い、2013年にこのサイトを立ち上げました。

以降、複数の語学学校に留学。確かな情報を提供するために、現在はセブ島に半月以上住み、出来る限り学校に訪問したり、オーナーと話をする機会を作っています。

英語留学前の方はもちろんの事、留学中の方、留学後の方にも役に立てる情報の提供を目指しています。

留学経験はフィリピン、ハワイ、オーストラリア。

株式会社レミニス 代表
フィリピン英語学校協会 会長
セブ日本人会 理事

ご質問、ご意見、ご要望がありましたら、私の記事にコメントもしくは、メールを頂ければご返信致します(問い合わせフォームからもご連絡頂けます)。
私、斉藤個人へのメールはこちら:jun@reminisce.jp

あなたのセブ島留学が、人生で最高の留学体験になることを願っています。

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here