マナビジン英会話独学・自習YouTubeMLB英語実況を解説【#5】大谷選手オールスターゲーム「I ...

MLB英語実況を解説【#5】大谷選手オールスターゲーム「I can ever describe what this young man has done on the year.」」

follow us in feedly

follow us in feedly

こちらの動画は、大谷翔平選手がオールスターゲームの1回3イニングにピッチャーとして登場した時の動画です。

対するはTatis Jr., Muncy, Arenadoなど有名選手揃い!レジェンド揃いの面々なので、野球解説者は選手のバックグラウンドや実力の高さについても言及しています。

大谷翔平選手についても様々に解説していますので、ご紹介していきます!英会話で使えるフレーズもありますので、是非最後までお読みくださいね。

1. I can ever describe what this young man has done on the year.

こちらは大谷選手が登場序盤に解説者が大谷選手の功績について感想を述べたものです。
何と言っているのか見ていきましょう!

I can ever describe what this young man has done on the year.

まず、「ever~」で「これまでに〜ない・決して〜ない」と訳すことができます。また「describe」は「説明する・言い表す」という意味を持つ単語です。

つまり「I can ever describe」は「私は決して言い表すことができない」という訳ができますね。

次に「what this young man has done on the year.」について見ていきましょう。

What以下で何がdescribe(説明)できないのかが言い表されています。

「has done」で「〜した」と訳すことができるので、「this young man has done on the year.」を直訳すると「この若い男がこの年にしたこと」と訳すことができます。

これらを踏まえて全文訳すと、「私はこの若い男がこの年にしたことを決して言い表すことができない」となりますよね。

これで大体言いたいことは分かると思いますが、もっと意訳して「若い大谷選手が今年度やったこと(功績)について、私はとても言い表す事ができない(ほど感心している)」と解釈するのが適切です。

ところで「Can」というのは通常「〜できる」のときに使うので、今回の使用方法はちょっと普段どおりではないですよね。

しかし実は日常会話でよく使う方法!

Canのあとに打ち消し表現(never,everなど)をつけると「〜できない」という意味に変わります。分かりやすいところでいくと「Can not〜」などですよね。頭の片隅に入れておくと便利です。

2. You know people wanna compare with Otani to Babe Ruth.

こちらは試合にてピッチングを初めたばかりの大谷選手について人々が何と言っているかを言及したものです。使える表現がそのまま会話に生かされていたので、早速紹介していきます。

You know people wanna compare with Otani to Babe Ruth.

まず是非覚えておいていただきたいのが「compare to~」で「〜と比較する・例える」と訳することができること。また、「wanna」ですが、こちらは「want to」のスラング的表現です。

両方ともすごく使い易いので是非活用してみてください。

こちらを踏まえて訳すると、「知っての通り人々は大谷選手とベイブ・ルースを比較したがります」と解釈することができますね。

3. He’s doing in one sport is co-brand to a Bo Jackson with doing in football and baseball,power and speed.

こちらは解説者が二刀流である大谷翔平選手を同じく二刀流であったボー・ジャクソンに例えてその実力を説明しているものです。
詳細を見ていきましょう。

He’s doing in one sport is co-brand to a Bo Jackson with doing in football and baseball,power and speed.

まず「co-brand」ですが「2つ以上のブランドを市場に出す」という意味があります。つまりここでは「二刀流」ということですよね。

次に「Bo Jackson with doing in football and baseball,power and speed.
これを直訳すると「フットボールと野球、パワーとスピードをやっていたボー・ジャクソン」となりますよね。

これだと不自然なので意訳すると「フットボールと野球の二刀流やパワーとスピードの両方を持ち合わせていたボー・ジャクソン」と解釈するのが妥当です。

これらを踏まえて全訳すると「大谷選手は1つのスポーツ(野球)をプレイしている中で二刀流を披露しており、それはフットボールと野球の二刀流やパワーとスピードの両方を持ち合わせていたボー・ジャクソンのよう(に打者と投手の2つの実力やパワーとスピードの能力を持ち合わせた人物)だと例えられる」と意訳するのが分かりやすいと思います。

4. I made decline he’ll be one of the best hitman and pitcher in American league.

こちらは名打手相手にストライクやアウトを奪取する大谷選手について解説者が考えを述べたものです。褒めているのは確実だと思いますが、何と言っているのでしょうか?

見ていきましょう。

I made decline he’ll be one of the best hitman and pitcher in American league.

まず、「decline」ですが「衰退する・減少する」などの意味をもつので一見今回の野球解説には不釣り合いな単語に見えるかもしれません。

しかし実は「(ていねいに)断る・辞退する」という意味を持ち、これを念頭に置くと「I made decline」は「断っておくと」と解釈できます。

be以下の英文ですが、「one of the~」で「〜の中のうちの一つ(一人)」ということを表すよく使う表現がつかわれています。

そうすると「彼はアメリカンリーグにおいて最高の打者と投手になる」と訳すことができますよね!

以上を踏まえて全て訳すと「まず(恐れながら)断っておくと、大谷選手はアメリカンリーグににおいて最高の打者と投手になるでしょう」と解釈することができます。

日本語で言う「恐縮ですが〜」のような表現に近いですね!

5. We got a chance to meet Shohei Otani before tonight’s game, here is an aura with his 27 year old.

こちらはアイコンタクトを取りながらにこやかにピッチングをしている大谷選手の人柄について解説者が言及したものです。
何と言っているのか見ていきましょう!

We got a chance to meet Shohei Otani before tonight’s game, here is an aura with his 27 year old.

まずここにおいては「get to~」で「〜の機会を得る」と訳すことができます。

すると「We got a chance to meet Shohei Otani before tonight’s game,」で「私達は今夜の試合の前に大谷翔平に会う機会を得た」と理解できますよね。

次に「here is~」で「〜がある」と表現することができます。

つまり「27歳の彼にはオーラがあった」と解釈できますね。

この「here is~」は英会話においてよく使うので是非覚えてみてください!「Here’s some cookies so you can take it!(クッキーがあるから持っていっていいよ!)」などのような感じで気軽に使えます。

全文を訳すと「私達は今夜の試合の前に大谷翔平に会う機会がありましたが、27歳の彼にはオーラが有りましたよ」と理解できますね!

まとめ

今回はオールスターゲームに登場した大谷選手を捉えた動画をご紹介しました。

オールスターゲームですから、気になる選手の実力や人柄など事細かに解説されていましたよね。

例えが多く理解するには難しいところもありましたが構文やフレーズをちょっと覚えておくだけで「比較しているんだな」、「例え表現しているな」くらいはすぐに分かるようになると思います。

ちょっと分かっておくだけでも動画の流れの理解等は全然変わってきますよ!

また今回紹介した中には日常会話で使用するのに便利な言い回しなどもあるので是非活用してみてください!

follow us in feedly

follow us in feedly

follow us in feedly

blank
sunnysky
【経歴】 短大卒業後、米国州立大学編入卒。

・都内特許事務所において海外事務部門(特許、商標、意匠)にて、ビジネス文書作成等 ・外資系企業(監査法人)等勤務。

その後、米国にて子育て中心生活。
現地小学校ボランティアなどに携わる傍ら、カレッジにて英語学の学びを深める。
フォニックスや英語絵本やワークブックの研究など。

帰国後は、小学校や地域でのボランティアなど。(読み聞かせ、米国文化紹介など)
子の中学受験等の経験等を経た後、某大学ダイバーシティ部門立ち上げ業務に従事中。

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

著者の他の記事

同じカテゴリー内の記事

Pick Up

オンラインで受講可能なTOEIC講座【15選】zoom、skypeを使った短期TOEICセミナーまとめ

オンライン英会話はたくさんあるものの、TOEICに特化して勉強したい!という方も多いのではないでしょうか。 新型コロナウイルスの影響で対面式のTOEIC対...

カテゴリー

人気記事ランキング

英語の【文法用語一覧表】noun verb adjectiveなどの意味139用語

英会話レッスンを受けている最中、 「文法に関する質問をしたいけど、そもそも英語でなんて言うのかわからない!」 ...

無料で遊べるオンライン英語勉強サイト【10選】パソコン、mac対応

独学での英語勉強方法といえば、アプリやポッドキャスト、市販の英語教材を使って学習するのが一般的ですが、それ以外にもPC(...

最新記事

RSSに登録して最新情報ゲット!

follow us in feedly