マナビジン 英語資格試験と目標設定 5年海外赴任したのにTOEIC720点!...から半年後900点取り転職に成功し...

5年海外赴任したのにTOEIC720点!…から半年後900点取り転職に成功した私の勉強法

今回の記事は社会人の方で元々TOEIC720点、そこから900点まで一気に伸ばした方の英語学習法と、その他2人の高得点取得者の体験談をご紹介します。

1. なぜTOEICで高い点数を取ろうと思ったのですか?

私には、外資系企業に勤め、5年程海外赴任をしていた経験があります。当然英語で仕事をし、英語で生活をしていたので、英語力には相当自信がありました。

とある事情で帰国してから、いざ転職しようと思い、フラッと受けてみたTOEICのスコアは、衝撃の720点。

自分でも驚きました。

しかも海外赴任する前より、スコアは下がっていたのです。

残念ですが、転職するために、エージェントのプロフィールには、720点と正直に記入しました。

ですが、私には、外資系企業に勤めて海外で生活して来たキャリアがあります。現地の社員とも、英語で会話をして、英語で仕事をしてきました。ドーンと構えていたものの、どこの転職エージェントの担当の方も、

「TOEICのスコアがねえ・・・」

と顔を曇らせ、当時リーマンショックの影響もあってか、冴えない求人ばかりを進められました。

そこで悟ったのは、いくら海外経験があっても、外資系企業に努めていても、日本では、TOEICのスコアがものを言うということです。

自分は、英語でのコミュニケーションは問題なくとれるのに、それを認めてもらえない悔しさ・・・。

しかし、英語でコミュニケーションがとれても、TOEICには反映されないという現実。

それはつまり、TOEICには、独特のハイスコアを取得するためのテクニックが存在するのでは?と思い、ならばそのテクニックを習得さえすれば、きっとハイスコアが取得できるかもしれないと、猛勉強を始めました。

日本においては、TOEIC取得が大変重用視されている昨今、それは転職するのに、どうしても必要な資格だったのです。

TOEICでハイスコアを出すという事は、自分が「英語のできる人間である」と証明するための、唯一手っ取り早い手段なのではないのでしょうか。

2,当初の計画は?

TOEICの勉強始めてから、半年後くらいに、次のTOEICを受験することを決め、それまでには100点アップの820点を取得することを、目標としていました。

3,最もやって効果があったものを教えてください。

TOEICの勉強をするにあたって効果的だったもの。

それはまず、良い参考書選び。

そして、タイムマネジメントを覚えるための実践です。

この2つを押さえる事で、大幅なスコアアップに繋がったのではないでしょうか。

まず、良い参考書選びについてですが、Amazonなどのインターネットで、その参考書の口コミを調べたり、実際に、本屋に足を運んだりして、効果がありそうな参考書を、徹底的に探すことから始めました。

特に、私が良いと感じた英語の参考書は、問題文が少なく説明文が多いものです。

一つの問題について、なぜそうなるかの詳しい理由や知識、また使われているテクニックが、詳細に記載されている参考書が、効果的なのではないでしょうか。

ただ、TOEICの勉強をするにあっては、実践が必ず必要となってきますので、演習のテキストは、別に購入しました。

ここで、ご紹介させていただきたい参考書です。

新TOEICテスト直前の技術
(ロバート・ヒルキ/ポール・ワーデン/ヒロ前田 共著)
この本で著者は、自称「200点アップ請負人」と書いていました。

そして、私が実際に受験したときのスコアは、180点アップ!

本当に驚きました。

この本は、一般的な文法解説等の参考書とは違い、TOEICでスコアアップするのに、効果的なテクニックを紹介する本となっています。

初めてこの本を手にしたときは、驚きと感動の連続で、ページを進めるたびに毎回、目から鱗状態でした。

これまで、イディオムや難しい英単語を、必死で覚えようとしていた自分のTOEIC勉強法。

それを、まさに180度変えてくれた魔法の参考書だったのではないでしょうか。

特にこの本のおかげで、リスニングパートは、ほぼ満点がとれるようになったのです。

英語に限ってではないですが、何かの勉強をするにおいて、一つの参考書を何度も繰り返しやるというのは、大変効果的だと思います。

私はこの参考書を、3回通りこなしました。

私は、この参考書によって、ただがむしゃらに英語を覚えるという学習スタイルから、TOEICに限っては、テクニックを身に付けて問題を解くということを、学ぶことが出来たと思います。

そして次に、タイムマネジメントを覚えるための実践ですが、これはとにかく、本番攻略模擬テストを買い込み、きちんと時間を計って、本番さながらに解いてみるということです。

また一番最初に、どのパートを大体何分くらいでこなすというタイムマネジメントをしっかり作って、臨むことが大切です。

そして、そのタイムマネジメントは、いくら聞き取れなかったり問題が解けなかったりしたとしても、崩してはなりません。

私の場合は、先ほどご紹介した、「新TOEICテスト直前の技術」に書かれてある、タイムマネジメントのテクニックをそのまま参考にしました。

また、自宅での模擬テストは、10回以上は行ったと思います。

そして、その模擬テストの復習もまた3回ほどやり、徹底的にウィークポイントを潰すようにしました。

TOEICテストでは、体でタイムマネジメントを覚えておかなければ、本番で集中力が途切れたり、最後の問題を解く事なくタイムアップすることがあります。

あらかじめその環境になれておく事が、本番でスムーズにTOEICの問題を説き進めていくのに、大切なのではないでしょうか。

4,最も効果がなかったものはなんですか?

TOEICで高得点を取得するために、とにかく英語漬けの環境に慣れようとして、英文で書かれたヤフーサイトや、英語の雑誌などを、手当たり次第読んでいました。

しかし、TOEICに出題される英文の種類とは全く違うので、あまり参考にはなりませんでした。

5,TOEICのスコアをとってどう変わりましたか?

当初のTOEIC取得の目的。それは、転職に成功したいということ。

私は、TOEICで高得点を取得する事で、この目的が見事達成されました。

それによって一番変わった事は、求人の幅が広がったということです。

これまで渋い顔をしていた、転職エージェントの方々が、手のひらを返したように、多くの求人を持ってきてくださるようになりました。

また、TOEIC高得点取得者への求人案件は、賃金が他より高めに設定されているものが多く、優遇されています。

また、TOEICで、ハイスコアを取得しているということは、

「自分は英語ができる人間である」

という証明書を持っているようなもの。

それは、自分の一つの強みや自信に繋がったと思います。

まとめ

一題一題、ゆっくり読んでみたら、あまり難解な問題はないTOEIC。

問題を解くための、テクニックを習得さえすれば、スコアアップするというのは、間違いありません。

TOEIC取得のために、当然ベーシックな文法力、語彙力は必要となりますが、近道となるテクニックを身につけることで、さらなるスコアアップを、目指せると思います。

また、語彙力は、継続しなければすぐに、スキルが落ちてしまいます。日常的に英語の勉強も続けて行き、TOEICも、定期的に受験しましょう。

TOEIC取得は、そのスコアが高ければ高いほど、日本社会で評価され、多くの企業への就職・転職の道が開けていきます。

留学経験なしでTOEICのスコアを885点まで伸ばした勉強法

・年齢 30歳
・性別 女性
・取得している点数 885点
・主に使用したテキスト 
新TOEIC公式問題集(国際ビジネスコミュニケーション協会)
TOEICテスト新・最強トリプル模試2(The Japan Times)

1,なぜTOEICで高い点数をとろうとおもったのですか?

高い点数を取りたいなっと思った理由は大きく2つあります。
 
1つ目は、キャリアアップ
前職で英語講師をしていた経験があり、キャリアアップということで、職場からTOEICの点数を求められたから。

TOEICの点数が860点以上を超えたころから、本当に少しですが、給与にも反映されましたし、英語を指導する上でも、お客様(生徒や保護者様)から信頼を得ることができました。

加えて、授業のコマ数、教える対象学年、教える内容など、任される仕事の幅が広くなったように思いますね。

2つ目は、転職の際に有利になるから。
同じ業界で転職するのであれば、資格としてTOEICの点数が高ければ高いほど、職探しに不利になることはない、むしろ有利にはたらくので、高い点数を取っておいて損はないでしょう。

業界の先輩からは、TOEICの点数がすべてではないけど、講師経験とTOEICの点数、他にも英語の資格があれば、採用の際に、必ずチェックする項目の一つだ、と言われました。

この業界で、プロとしてやって行きたい場合は、最低でもTOEIC900点以上と教科の指導経験が求められることが多いので、私自身はもっと勉強しないとなっと思います。
 
まとめると、TOEICで高い点数を取りたいと思った理由は、

1,職業柄、よりよい待遇や仕事を得るために、高い点数が必要だった。
2,転職に有利になるから。

ということになるでしょうか。

2,当初の計画ではいつぐらいまでに、何点ぐらい取る予定でしたか?

TOEICを受け始めて3年間くらいで、900点代の中盤くらいの点数を目指していました。でも、現実はというと、そう上手くもいきません。

私の場合、2007年時点で700点前半、そこからコツコツ積み上げて、2013年にやっと885点ですから、決して優秀とは言えない成績です。私はどうもTOEICのための短期集中型の試験勉強というのが得意ではなかったようです。

インターネットや一般に売られている書籍で、「1年間で100点アップ!」とか「3か月でTOEIC600点代から、945点に!」のような、羨ましい方の経験も参考にしました。

でも、性格上あまりプレッシャーをかけながら勉強するのが得意でないし、基本的に飽き性なので、仕事をしながら苦しい思いをして勉強を続けることが辛く感じることも多々。

なので、自分の欠点を考えたうえで、短期でなく、長期的に時間をかけてゆっくりと英語力を培うことに決めました。

3,最もやってて効果があったものを教えてください。

TOEICの点数に直結している対策として一番効果があるかなっと思うのは、過去問や模擬問題をしっかりやること。

まずリスニングでは、一度、本番と同様に問題を解いてみて、自分の得意不得意パートを確認して、そのあと、自分の不得意パートを中心に間違い直しをしながら、しっかり復習。

その際、なぜ聞き取りにくかったのかを必ず分析します。

例えば、単語がわからなかった、表現自体を知らなかった、英語が早すぎて音のまとまりとして理解できなかった等。

その後、聞き取りにくかった理由を踏まえて、音声を音読、オーバーラッピング、ディクテーション、暗唱したりしながら、CD音声と同じくらいのスピードで言えるように練習しました。

自分が声に出してアウトプットできる英語は、聞き取ることのできる英語に比例すると思うので、頑張りたいところですね。

理想としては、これらすべてを練習することですが、仕事で忙しかったりすると、いつも中途半端になっています。でも、やらないよりやるほうがいいと思うので、無理のない程度にコツコツやっていくことをお勧めします。
 
あと、リスニングには問題を読む力が必要になってきます。
これが無いと、どれだけ聞き取れても時間内に解答することができないです。

練習方法としては、過去問、模擬問題を解きながら、問題文に慣れる。そして、問題でよく使われる表現や単語はなからずチェックする。

TOEICの問題集以外では、読む力を養うために、最近多読も始めました。私自身も問題を読むスピードが遅いのが課題です。

リーディングも同じで、まず過去問を解いて自分の得意不得意を明らかに!そして自分がなぜ分からなかったかを分析します。

語彙、表現、文法、内容理解など、自分が間違えた理由を理解した上で対策することがお勧めですよ。

私の場合、語彙が弱いのですが、単語本なので覚えていくのは苦手なので、過去問や模擬問題集で知らない単語や表現をチェックして、同じ問題集を何度も解いていきます。

いろんな問題集に手を出す時間もないので、1冊と決めてやりました。

4,最も効果がなかったものはなんですか?

効果が無かったというか、自分にはどうも合わなかったやり方についてなんですが、TOEIC専用の単語本を覚えることはとにかく苦痛でした。

そもそも単語だけを覚えていくことが苦手なうえに、もうそんなに記憶力がよいという年齢でもないので。
私の場合、いかに自分の仕事で使うか、そして、過去問を何回もやりながら、問題上で覚え、学習するかを意識しました。

そちらの方がはるかに効率的で、記憶に残りやすいと思います。

5,TOEICのスコアをとってどう変わりましたか?

冒頭で述べましたが、仕事上での信頼度がほんの少し上がったということでしょうか。

私の業界では、基本的に900点以上が最低限求められるレベル。今の点数ではまだまだなので、あまりおおっぴらに言うこともできませんが・・・。

あとは、800点後半をとってからは、TOEICの点数は自分の英語力を客観的に知るためのツールだと冷静に思えるようになりました。

今までは、早く何点を取りたい、早く高得点を取りたいと思って、点数至上主義のように必死になって、とった点数に一喜一憂していました。でも今は自分の英語力がどんなものなのかを知るために、つまり自分のレベルを客観的に知るために受験していると思います。

今後は、やはり満点を目指したいですね。

そうなると、基本的に小手先の対策でどうにかなるものではなく、英語の力が必要になってくるので、かなり長期戦。でもTOEICで満点を取ることができれば、今以上の英語力は着実についていることになるので、コツコツ頑張ります。

最後に、これから勉強する方へのアドバイスやメッセージをお願いします。

TOEICを勉強するためには、なぜそれを勉強するのかをしっかり知ることがとても大事。

それをしっかり意識して、一つずつ具体的に目標を立て、実行、修正していけば、必ず結果は出るはず。

一年後にTOEICを何点とらないと昇進できない、就職先で何点以上が求められている、自分が何点以上とって満足したい、など、兎に角、なぜそれをしたいのか、するのか、を明確にして、それを達成するために具体的な目標をしっかり立てて、自分に合ったやり方でやっていくのがよいのではないでしょうか。

結果については、短時間で結果を出せるかたもいらっしゃいますし、私のように時間がかかる人間もいます。

でも、何事もあきらめたら達成できないので、自分の意義、目標、行動、結果などを振り返りながら、たとえ失敗しても、それを次に活かして学習を継続していけるよう、一緒にがんばりましょう!

大学時代にTOEIC925点を取り、就職や配属で有利になった

・年齢 26歳
・性別 女性
・取得している点数925点
・主に使用したテキスト:CD付 即聴即解! TOEIC(R) TEST 990奪取 改訂新版 (即聴即解! TOEIC(R) TESTシリーズ)

1,なぜTOEICで高い点数をとろうとおもったのですか?

就職活動をする際にTOEICのスコアが高い方が有利になると思ったので。

また、会社に入ってからも海外とのやり取りがある部署を希望していたので、人事部に配属決定の際に考慮して貰える様にTOEICの高得点がほしいとも思っていました。

2,当初の計画ではいつぐらいまでに、何点ぐらい取る予定でしたか?

大学3年生の夏休み明けには900点を越えようという目標をたてました。

これは、私の時の就職活動で、実際の面接等が始まるのが秋口頃からだったからです。

3,最もやってて効果があったものを教えてください。またどうやって勉強しましたか?

普段からどの位触れているかという事が大切な要因だと思います。

なので、特にTOEIC対策という訳ではないですが、普段からCNN Englishの教材を使ってリスニング・ボキャブラリー共に学習していたのは大きかったと思います。

また、イギリスの音楽が好きなので普段から英語の音に触れていたことはたぶん大きかったですね。
CNN Englishの教材では、毎月CNNで放送されたニュースがピックアップされリスニングCDとスクリプトがついています。CDではネイティブスピード・ゆっくりスピードの両方を聞く事ができます。

そこで私は、

1,まず、ネイティブスピードで一通り聞く⇒分らなかったら何度か聞く
2,それでも分らなかったらゆっくりスピードで聞く
3,そこで分ったらもう一度ネイティブスピードに戻る

という手順で学習しています。

これを繰り返したことで、高得点を取る為の基本的なリスニング力がついたと思います。

テクニック的なことを言うと、「CD付 即聴即解! TOEIC(R) TEST 990奪取 改訂新版 (即聴即解! TOEIC(R) TESTシリーズ)」という本がよかったと思います。

この本ではTOEICの高得点に対象を絞って練習をすることが可能なので、その点が短期間で高得点を取得したかった私には役に立ちました。

どの本でも構わないと思うのですが、自分の取得したいレベルをターゲットにした問題集を実施するのが易し過ぎず、難し過ぎずでちょうどいいと思います。

4,最も効果がなかったものはなんですか?

単語を一つ一つ英語と日本語で対応させて覚えて行くのには限界があるかなと思いました。

色々な単語帳や単語アプリを試しましたが、単語のリストを覚えて行くのは苦痛、かつそれだけだと効果が薄いです。

単語のリストを覚えると、その単語が文の中で出てきた時に「あ!この単語見たことある。確かこういう意味・・・」と頭の中のリストと照らし合わせて言意味を考えることはできますが、果たしてその労力が報われているのかは謎です。

したがって高得点を取る人というのはある程度語彙力のある人だと思うので、あとは文脈の中で新しく出てきた単語を覚えて行くしかないんじゃないかなと思います!

5,TOEICのスコアをとってどう変わりましたか?

TOEICの高得点のお陰でかどうか一概には言えませんが、新卒の就職活動の際に第一次選考(履歴書・志望動機諸での選考)は問題なく通る事が多かったです。

ちなみに面接の際にも「TOEIC高得点だけど、どうやって勉強したの?」等と聞かれアピールポイントを増やすことができたと思います。

また、入社後、配属先は国際的な部門とは直接関係のない部署でしたが、入社2年目で、国際部と行う短期間の仕事を任されました。

これは入社2年目ではなかなか任せて貰えない仕事だったので、TOEICで高得点をとっておいてよかったと思いました。

あとは、自分の英語に自信が持てる様になりました。もともと英語は好きでずっと勉強してきましたが、そもそもとてもシャイで、間違いをするのをとても怖がる性格だったので、分っていても話せないという事が多々ありました。

しかし、TOEICのスコアを取ってからは、一応これだけ分っているという保証があるんだから、恐れずにやってみよう!と思えるようになりました。これが私にとっては一番大きな変化かもしれないですね。

最後にアドバイスをお願いします

よく聞き流すだけで英語力があがる!だの、たった○日間で!などという宣伝文句を聞きますが、そんなに簡単にいくはずがありません。

言語は毎日やってなんぼです。

だから毎日少しずつでも時間を作って触れる様にしていって下さい。

忙しくて思ったよりできなかったとしても、落ち込まないでとりあえず毎日続ける・・・そうすると、気付いた時には力がついているのではないかと思います。

短期間で100点アップ!効率よく学習するのであれば講座が一番おすすめです。
コスパの良いオンラインTOEIC講座!6日間の短期で100点アップが狙えるワケ

ゲストライター
ゲストライター
当サイトに不定期で寄稿しているゲストライターさんの記事です。

様々な職業や経験を持ち合わせた方から寄稿頂いているので、ぜひチェックしてみてください。

おすすめ記事

PICK UP

初心者向け!オンライン英会話【おすすめ51社】比較ランキング

初心者向け!オンライン英会話【おすすめ51社】比較 -2020年後半-

0
オンライン英会話スクールは、フィリピン、ネイティブなど大小合わせて50社以上あります。 その中で初心者向けのオンラ...

新着記事