英会話勉強法ならマナビジン 英語資格試験 TOEIC TOEICリーディングパートが弱いなら複...

TOEICリーディングパートが弱いなら複合名詞を極めると点数が一気に上がるかも!?

TOEICは複合名詞を極める!

「TOEICのリーディングパートがなかなか伸びない!」
「時間内にリーデングパートがどうしても終えられなくて最後は塗り絵状態になってしまう。」

というTOEIC受験者が本当に多いと感じます。

自分自身も実際そうでした。

どうにかして読むスピードが上がらないかと文章を読む際、スピードダウンするところを分析してみたら、原因の一つに複合名詞がありました。

複合名詞とは「名詞+名詞」の形をとり1つの名詞として使われ、前の名詞が後ろの名詞を修飾する形容詞のような役割を果たすもの。

例えば、 application + form  で  application form(申込用紙)といった具合。

簡単なものならパッと意味が取れても、馴染みのない単語なら意味が取れず急激に読むスピードが落ちてしまう、意味がぼやっとしたまま読み進めても全体的にクリアではない、、、、、

故に再度戻って読む羽目になり結果的にリーディングに掛ける時間が足りなくなる。

書かれた文章の場合、日本語でもそうですが冗長な文章より簡潔な文章の方が好まれます。

英語の学習を進めていくと複合名詞はバンバン登場します。避けては通れないのです。

TOEICのパート5やパート6では複合名詞を知らないと答えられないものもあります。

パート7では複合名詞を得意にしておくと読むスピードがぐんと上がります。

TOEICの勉強をしていて複合名詞に出会ったら、是非辞書で似たような複合名詞がないかチェックして覚えてください。

1つの単語からつくられる複合名詞の意味は似通っているので覚えるのにそんなに労力を必要とはしません。

よくTOEICで出る複合名詞の例を挙げてみると

【JOB】
job interview (就職面接)
job openings  (就職口、空きポスト)
job seeker   (求職者)
job opportunity (雇用機会)
job bank    (就職あっせん所)
job description (職務説明書)
job satisfaction(仕事から得られる満足感)

【SAFETY】
safety standards (安全基準)
safety belt   (シートベルト)
safety regulations(安全規則)
safety measures  (安全措置)
safety precautions(予防措置)
safety procedures (安全手順)

【PAYMENT】
cash payment (現金払い)
monthly payment  (月払い)
installment payment(分割払い)
down payment    (分割払いの頭金)
deposit payment  (頭金の支払い)
【CANDIDATE】
qualified candidate (ふさわしい候補者)
preferred candidate  (選ばれた候補者)
presidential candidate(大統領候補)

他にも efficiendy, standard, strategy, consumer など、良く目にする単語の複合名詞を覚えることでかなりの単語数を増やせることになります。

複合名詞を得意分野にしてリーディングの点数アップを目指しましょう!

おまけ:TOEICの語彙を確実に身につけるテクニックはコレ

TOEICで高得点を獲得するにあたって語彙の暗記は避けられない作業ですよね。
巷では様々な暗記術が溢れていますが、実際長続きさせて成功したという例はそんなに聞きません。

それはきっと正直言って暗記という作業が面倒なものだからでしょう。私たちの脳は物事を忘れるようにできています。

心理学者のエビングハウスの忘却曲線が有名ですが、物事を記憶してから1日の間の忘却率はとても高く、その後緩やかに忘却していくそうです。

私自身その忘却曲線を参考にしながら単語の暗記にしばらく取り組んでみました。

新しく覚えた単語を単語帳に書き写し、1日の中で2,3度それらを読み返します。そして次の日も読み返し、1週間後、1か月後、2か月後と定期的に確認作業を続けます。短期記憶から長期記憶へと変えるためです。

これを1年程続けました。

この暗記法を完全否定はするつもりはありませんが、やはりどうしても覚えられない単語がたくさんあることに気が付きました。

どうしても脳に引っかかってくれないのです。

そこで、暗記方法をガラッと変えることにしたのです。

1つ1つの単語を深くしっかり調べ、自分自身に親しみの持てるような独自の例文を作り、家じゅうを英語学習の為に使います。(可能ならオフィスでもOK)

これは!という例文が出来たらよく目にするところに例文を書いた紙などを貼り付けます。

毎朝、毎晩目にするところがベター。

例えば、洗面所、トイレ、キッチン、冷蔵庫、パソコン周辺など。

例えば、perishable (腐りやすい、滅びやすい)という単語があります。

我が家の冷蔵庫にはこんな例文が貼り付けられています。

We must remember that fish is perishable and should be refrigerated until ready to be cooked.
(魚は腐りやすいから、調理するまで冷凍させておくのを覚えておこう)

キッチンにはこんな例文も。

焼酎 is an acquired taste like 納豆.
(焼酎は、だんだんと好きになる味だね、納豆みたいに。)

1つ1つの単語に手間暇は掛かりますが、ずっと記憶に残るように工夫された単語を時々目にしていれば、記憶は強固なものになります。

強いイメージとして、自分に関わりあるものとして単語を覚えましょう。

遠回りに感じるでしょうが結果的には近道になるでしょう。

短期間で100点アップ!効率よく学習するのであれば講座が一番おすすめです。
コスパの良いオンラインTOEIC講座!6日間の短期で100点アップが狙えるワケ

マナビジン編集部
マナビジン編集部
マナビジン編集部チームでは「英語が伝わる楽しさをより多くの方へ」をモットーに日々情報発信を行っています。

私達は自分たちが経験してきた「フィリピン留学」「セブ島生活」「英語学習」を通じて、新しい楽しみをあなたにご提案したいと思います。

引き続きお楽しみに!

イベント情報 / 8月22日開催

PICK UP

初心者向け!オンライン英会話【おすすめ51社】比較ランキング

初心者向け!オンライン英会話【おすすめ51社】比較 -2020年後半-

0
オンライン英会話スクールは、フィリピン、ネイティブなど大小合わせて50社以上あります。 その中で初心者向けのオンラ...