ここでは海外留学や長期の海外旅行、出張で便利な国際キャッシュカードと、キャッシュパスポートの違いについてご紹介します。

国際キャッシュカードとは?

まずは国際キャッシュカードについて。

日本の普通の銀行のキャッシュカードは現状では海外では使えないため、海外で使う為の種類に代えなければなりません。

それが、国際キャッシュカードになります。

利用方法は同じで日本にある口座に残金があれば、ATMで引き出す事が可能です。ただ、どのATMでも引き出しができるわけではなく、PLUSやCIRRUSと提携しているATMでなければなりません。

残念なことにこの種類のATMはあまり普及していないのが現状。逆に日本でもこのATMは少なく海外の方が日本に旅行にきて国際キャッシュカードを利用できずに困る事も多いようです。

その種類のATMさえあれば、国際キャッシュカードは、現地の通貨をそのまま引き出す事が出来る為、外貨両替の手間が省け大変便利なのですが。。。。

また、一口に国際キャッシュカードといっても、銀行によってサービスの種類はまちまちです。

例えば、普通預金口座と連携しないため新たに貯蓄預金口座を開設しなければならないものや、今持っている普通預金口座に国際キャッシュカードのサービスを追加するタイプのものもあります。

ややこしいのがカード自体は海外での引き出し手数料は無料ですが、ATMの手数料が必要である場合もあります。

日本のシティバンクのカードはそのまま国際キャッシュカードとして利用できます。シティーバンクにはこういったキャッシュカートとは別にワールドキャッシュカードと言う種類もあります。

国際キャッシュカードは発行手数料1000円程度かかる場合が多く、一回の引き出しに200円程度かかるのが一般的です。

また、外貨レートが関係する為、日本の残金と引き出す外貨のレートが判りにくいのが難点です。別の問題として銀行の国際キャッシュカードは紛失や盗難に合うと海外からの手続きが困難な事があります。

そして何より怖いのが、スキミングです。

キャッシュカードは銀行連携のため、口座にある残金はすべて抜かれる可能性があります。海外ではこのようなスキミングが大変多い事を覚えておきましょう。

これらと少し違うのがキャッシュパスポートです。

これは、日本でチャージしておくと海外で外貨両替することなく現地通貨を引き落としできる、外貨専用のプリペイドカードです。

このカードはトラべレックスジャパンが発行しています。

良い点は、チャージした分しか引き出しができない為、万が一紛失や盗難にあっても、被害の拡大を防げる点です。

また、自分専用の口座を開設するわけではないため、審査なく誰でも簡単に作る事ができます。しかも1週間以内に!

これを持っていれば、海外で現金を持ち歩くことなく安心ですね。

他のメリットとして、このキャッシュパスポートは発行時に2枚のカードが発行されます。海外での紛失や盗難を考えての事です。

万が一の事があっても、カード会社に連絡だけで、2枚目のカードが利用カードに変わるので安心です。

残金がなくなった場合は、ネット補充が可能になっています。

海外で中長期の滞在の方には大変便利なカードです。また、国際キャッシュカードに比べ、利用できるATMが多いのも有りがたい事です。

海外滞在の際には国際キャッシュカードとキャッシュパスポートを両方持つ事をお勧めします。国際キャッシュカードは予備に、持ち歩くのはキャッシュパスポートと言うのが良い方法ではないでしょうか。

フィリピン留学時に便利!キャッシュパスポートの口コミ評判
僕自身も申し込みをして実際に使ってみたところ、便利な点が多々ありました。やっぱり実際に使ってみないと分かりませんからね!

詳しくはこちらでレポートしています。

https://ceburyugaku.jp/14830/

↓キャッシュパスポート公式サイトはこちら↓

以下の記事も要チェック!

フィリピン留学で使える!海外旅行保険付きクレジットカードの選び方(完全版)
フィリピンセブ島留学時に便利な「国際キャッシュカード」の選び方