マナビジン 英語勉強法ブログ 英語学習【聞き流し】は本当に効果があるのか?スペイン語に置き換えればわかる

英語学習【聞き流し】は本当に効果があるのか?スペイン語に置き換えればわかる

聞くだけで英語が分かるようになる?

「聞き流し」型の英語学習勉強法があります。

「もしも聞き流すだけで英語がしゃべれるなら・・・」

「でも、そんなに簡単にいくわけないかな・・・」

そんな二つの声が聞こえます。

本当に「聞く」ことで英語が「しゃべれる」ようになるのでしょうか?

今回は、リスニングにポイントを絞って、そもそも「聞いているだけで、英語が聞こえる(分かる)ようになるのか?」について考えてみましょう。

英語じゃなくて、スペイン語なら?!

聞きまくれば、ひょっとしたら分かるかも?

それが本当かどうかを、もっと分かりやすく考えてみる為に、ここで、「英語」を「スペイン語」に置き換えてみましょう。

ある日、スペイン語の知識が全くないまま、「スペイン語を勉強してみよう!」と思って、スペイン語のCDを聞き始めたとします。

そのまま、毎日集中して2時間、1年間。。。。

毎日がっつり勉強しているのだったら、結構な時間ですよね? もちろん、聞いているうちにうずうずして、勉強したくなってしまうとは思いますが、それも一切しなかったら。

スペイン語がだんだんわかってくるでしょうか?

それは、”No”ではないかと思います。

CDを聞いていても、スペイン語の知識がなければ、いつまでたってもスペイン語は、「よくわかない音」のまま。

つまり、英語でも同じ!聞いているだけでは、英語が「分かる」ようにはならない、と考えるのが自然です。

ここで「ブエノス・ディアス(Buenos Dias)」が「おはようございます」である、と言う事を学んだとします。

すると、よくわからないスペイン語のCDの中で、「ブエノス・ディアス」だけは、やたらと聞こえたりして。何度も耳にするたびに意味を思いだすうちに・・・発音と意味を覚えてしまった!

これはありえますね。

英語に戻ります。

要するに、「聞き流すだけで」は英語は分かるようにはなりませんが、「知っていることを聞くことで、中身が身に付く」ということがポイント。

つまり、まず最初にその音が何かを「知る」事が必要です。

知っていれば気づけるので・・・

言葉の知識を得るには、大まかに分けて二つ

1. 日常のシチュエーションから読み取る。

シチュエーションの中で、見えることと言葉をリンクさせることで、言葉はリアリティをもって身につけることができます。 

子供が母国語を理解する時がまさにここから始まりますね。
 
ご飯を食べる前に、何度も「いただきます」と言っているのを聞く。
すると、「いただきます」は、食べる前にいう挨拶なんだ、と理解していく(ちなみに、英語には「いただきます」にあたる言葉はありません。皆、おもむろに食べ始めます。クリスチャンの家庭では、神様に感謝のお祈りをする家庭もあります)。

動作が伴うものは、より理解がしやすいと思います。「食べる」、「歩く」など。

また、物の名前は、実物でも写真でも絵でも、見て理解できますよね。リンゴを差し出されて、「リンゴいる?」と聞かれたら、「あ、これリンゴか!」って分かる。

こちらの方法で覚えるには、これが可能な「環境」が必要です。一番は、英語を話す国に住むこと。

つまりは留学がこの方法のベストです。
留学に行ける方は、留学中は授業の予習・復習ももちろん真剣に取り組まなければならないでしょう。でも、その時しかないチャンス。現地の方と英語でコミュニケーションが取れる機会を求めて、どんどん外に出てください!

同様に映画やドラマ、アニメなどを「見る」ことを通して、英語の表現を理解していくのも良いと思います。イメージと一緒に頭に入ってきた言葉は、思った以上に記憶に残ります。

2. 意図的に覚える努力をする!

意味を確認して、わざわざ覚える必要があります。

母国語として英語を身につけてる外国の人は、「初めから英語話せていーなー」なんて話を聞いたことがあります。
でも、そうでしょうか。
 
私たちも小学生、中学生のころ、国語の授業で分からない単語を辞書で調べてくる、なんて宿題ありましたよね。それがテストに出てきても、思いだせない・・(汗)なんて、苦労もありました。 

つまり母国語であっても、その言語の知識を増やすには、一定の努力が必要です。 

前者の1番目が「自然と入ってくる」だとすると、後者のこれは「取りに行く」ですね。前のめりです。

結局、勉強じゃん。そんな声が聞こえてきそう。

そうなんです。タネも仕掛けもありません。語学を身につけるには、皆さん、勉強なんです。 

聞き流しは知っている事をやらないと意味がない

ここまでで、聞き流す前にやることが見えてきましたね!

聞き流しの目的はリスニングの向上にあると思います、その聞き流しを有効に活用するのであれば、英語の中身を知る。これがてっとり早い方法です。

そして、正しく言うと、「聞き流す」のではなくて、「意図的に聞く」のが語学上達への道です。

全く何も知らないスペイン語を聞き流しても、頭に全く入らないように、ほとんど英語を知らない状態で聞き流しても意味はありません。
仮にそれが日本語と英語が交互に入ってきたとしても、ただ雑音のように聞くのではなく、まずは意識的に聞く訓練が必要になってきます。

結局の所、一般的なリスニング学習と違いはありません。

スピードラーニングの効果があるか無いかは、スピードラーニングの教材自体の問題ではなく、本人がどうその教材を使って意識的にリスニングできるか、にかかっています。

ある程度英語を習った後に「復習する」の観点からなら、スピードラーニング式の聞き流し英語勉強法は活躍できそうですね。

聞き流すといえばポッドキャストも便利です。
理解しやすさ最優先!おすすめ英語Podcastランキング【27選】

マナビジン編集部
マナビジン編集部
マナビジン編集部チームでは「英語が伝わる楽しさをより多くの方へ」をモットーに英語学習や英語を使ったキャリアに関する情報発信を行っています。

引き続きお楽しみに!

おすすめ記事

PICK UP

初心者向け!オンライン英会話【おすすめ51社】比較ランキング

初心者向け!オンライン英会話【おすすめ51社】比較 -2020年後半-

0
オンライン英会話スクールは、フィリピン、ネイティブなど大小合わせて50社以上あります。 その中で初心者向けのオンラ...

新着記事