発展途上国の事を知るのは、これからの日本人にとって必要な事

▶前回の記事:フィリピンセブ島留学の「出会い」で、人の人生は変わるか!?

朝からハイテンションっ!!!
ファーストイングリッシュのボランティア活動|セブ島留学マナビジン

セブにある小学校訪問。子どもたちの笑顔は最高だよね。
彼らに明るい未来をつくっていきたいって本当に思う。

日本人が世界にどんどん出て行くことによって、こういった笑顔がたくさんつくれるんだなって思います。

日本人は最も世界で好かれている人種。

道徳もあり、向上心もあり、人を騙したりすることもない。本当に素晴らしい民族だ。

そんな僕達が世界に出て行って、どんどん活躍をしていければ、こういった笑顔もたくさんつくれると思う。明るい未来を日本人がつくっていくことができる。

だから僕たち、英語学校の仕事はとても重要。日本人が外に出ていくための道具である英語をマスターさせていくんだから。誇りを持って、この学校を繁栄させていきたいと思います。

ファーストイングリッシュが行っているボランティア活動

以前にこういった記事で、ファーストイングリッシュが行っているボランティア活動についてご紹介しました。

No21 セブ島で月に1度のボランティア活動を通じて得られる事

今回はその月に一度、ボランティア活動について具体的な様子をご紹介します。

ファーストイングリッシュのボランティア活動|セブ島留学マナビジン
子どもたちと一緒に歌を歌ったり、ゲームをしたりします。月に一度なので、それを楽しみにしているフィリピンの子どもたちもたくさんいます。
ファーストイングリッシュのボランティア活動|セブ島留学マナビジン
↑とっても可愛いでしょ?

こういったボランティア活動のことを Outreach Programと言います。

人って暖かさを感じると、人に暖かさを与えたくなる。逆に人に冷たくされると、ギスギスして、人に冷たくしてしまう。

だれも最初から犯罪者になりたくはないんだよね。そんな人生を誰も望んでいない。だけれども、犯罪に手を染めてしまう人がいる。

人は自分だけでは生きていくことは出来ないよね。人は人の為に働くんだよね。人は人によって磨かれるし、暖かさももらえる。

その人に冷たくされると、冷たくしてしまうもの。だから暖かくしていきたい。

僕自身はフィリピンに来て、価値観が大きく変わりました。

ここフィリピンでは貧富の差も大変大きくあります。

ここでは仕事もあまり多くはありません。働いていない人、働けない人もとても多いです。

ここで僕ができることは何か?

その一つは仕事をたくさんしていき、強い日本人をつくっていくこと!

そして、もう一つはこういった地元ボランティア活動などなどです。

ファーストイングリッシュのボランティア活動|セブ島留学マナビジン

子どもたちのこういった笑顔を見てとても感じることがあります。
みんなの笑顔のために仕事をしていきたいなって。本当の幸せを感じてほしいなって思います。
日本人も、フィリピン人も、国内にいるだけでは、こうやって触れあう機会はあまりありません。

ファーストイングリッシュのボランティア活動|セブ島留学マナビジン
普段の生活をしていたら、こんな機会は本当にないよね。

First English global Collegeでは、人間の成長というところに焦点を当てています。だから、こういったボランティア活動も月に一度は行っていくんです。

最初はお互いが戸惑うこともあるけど、子供同士、また、大人でもすぐに打ち解け合う。そして、機会があれば、家の中にもあがらせてもらいます。彼らの質素な生活ぶりを肌で感じることになります。

日本の贅沢さや、いかに国に守られているのかを実感する。

海外に来て本当にいろいろと見てみないと分からないことが多くあります。
実際に触れてみないと、テレビの画面を通して見ているだけでは分からないこともたくさんある。

ここフィリピンならではの経験をみんなにもしてほしいと思います。

フィリピン留学の魅力

フィリピン留学が人気なのは金額が安くて、マンツーマンが出来て、英語の質が高いということ。

First English global Collegeでは授業は8時間、最大9時間のマンツーマンクラスがあるから、他の欧米の留学に比べて、はるかに上達度が早い。
だけれども、それだけではないんだよね、フィリピン留学の魅力って。

こういった自分たちとは全く違った生活を見ることができるのも、フィリピン留学の大きなポイントの一つ。

特に若い世代の人たちは感性が豊かなので、きっと気づくはず!

彼らは、病気になっても、病院に行くことができない。お母さんが重病になっても、どうすることも出来ない。ただ、死を待つだけの人もいます。
そんな彼らの生活と僕達の生活の違いは大きなものがある。

先進国ばかりではなく、こういった発展途上国のことを知っていくのは、これからの日本人にとっても必要なことであると思います。

ぜひ、フィリピンに来て、実際に自分の目で見て、鼻で嗅いで、口で味わって、自分の耳で聞いて、肌で感じてほしいと思います。

First English global College
代表 本多 正治

▶続きはこちらNo30 ファーストイングリッシュのハロウィンパーティー


↓より詳しい情報はこちらで↓