Tsay Cheng

TSAY CHENGはセブ島中心部、Grand convention center内にある中華料理店です。

*追記あり。

場所はこちら

TSAY CHENG | セブ島Grand convention center内の中華料理店

こちらが入り口。このまままっすぐ進んでもらえれば、TSAY CHENGですよ。

TSAY CHENG | セブ島Grand convention center内の中華料理店

この看板が目印ですね。

TSAY CHENG | セブ島Grand convention center内の中華料理店

こちらが内装。非常に豪華!

TSAY CHENG | セブ島Grand convention center内の中華料理店

スペースも広いため、少人数から大人数まで対応しています。当日、ここで催されている大型のパーティーでもない限りは予約なしでも問題ないでしょう。

TSAY CHENG | セブ島Grand convention center内の中華料理店

2014年に出来たばかり

TSAY CHENG | セブ島Grand convention center内の中華料理店

料理メニューです。すいません、メニューの写真を撮り忘れたため、この一枚のみです。サイズがS~Lまでありますが、基本的にSで4名ぐらいまでカバーできます。

TSAY CHENG | セブ島Grand convention center内の中華料理店

いくつかオーダーしたら、早速料理が運ばれてきました。

TSAY CHENG | セブ島Grand convention center内の中華料理店

前菜の盛り合わせです。

TSAY CHENG | セブ島Grand convention center内の中華料理店

中華料理は大抵、料理がどんどん運ばれてくるため、最初に来たスープは後回しになりがち。そしてそのまま忘れ去られ余る。。。。なので、スープをオーダーする時は1人1杯分ぐらいの分量がおすすめですよ。5~6名ぐらいだったらSサイズでも十分かもしれません。

TSAY CHENG | セブ島Grand convention center内の中華料理店

しゅうまい、小籠包などのディムソン類はどんな高級な中華料理店でも、安くてコスパが良いので是非オーダーしておきましょう。(このテクニック、ウォーターフロントの中華で役に立ちますw)

TSAY CHENG | セブ島Grand convention center内の中華料理店

なぞの中華料理(ディムソンの一つっぽい)

TSAY CHENG | セブ島Grand convention center内の中華料理店
エビマヨ。写真の見た目も美味しそうに見えますが、味もめっちゃ美味しかったです!

エビマヨっぽいのは2種類あります。一つは冷菜のエビマヨ、もう一つがこちら。温かい方を店員さんに聞いてオーダーしてください。(肝心の料理名を忘れてしまいました。。。)

TSAY CHENG | セブ島Grand convention center内の中華料理店

チャーハンと肉料理です。チャーハンも美味しかったのでオススメです。

TSAY CHENG | セブ島Grand convention center内の中華料理店

VIPルームもありますので、大事なお客さんを接待する時はこちらで。

2018年3月に再訪問したので、追記

セブ島のベスト中華レストランの1つである【Tsay Cheng】に、2018年3月再訪問したので追記します。
Byクレア

Tsay Cheng

相変わらず清潔感のある入口です。

Tsay Cheng

店内は、中華料理屋としては珍しく赤や金色ではなく、ホワイトを中心に金の差し色が入っているインテリアです。華やかさはもちろん高級感が漂う空間です。

Tsay Cheng

中華料理と言えば、真ん中が回転する円卓が思い浮かびますね。【Tsay Cheng】は4人掛けのテーブルより6~12名まで座れるテーブルの方が多いので、大人数で訪れても席の確保は難しくありません。

この日は平日のランチタイムだったので、店内は比較的に空いていましたが、ディナータイムはやはり混んでるようです。

Tsay Cheng

壁側のテーブルでは、カーテンを利用して半個室を作ることも可能です。

Tsay Cheng

そしてこちらのように本格的な個室、もしくはVIPルームもありますので、宴会やミーティングにも使えます。

それでは、料理をチェックしてみましょう。

Tsay Cheng

こちらは、Chicken and Sweet Corn Soup (Mサイズ、480ペソ、約990円)です。
鶏ミンチとスイートコーン、溶き卵が入ったトロトロした温かいスープです。とても円やかで甘味があり、お子様も食べやすいですし、食前料理としてぴったりなメニューです。

Tsay Cheng

次は、XIAO LONG BAO (90ペソ、約190円)です。
日本で「小籠包」と呼ばれる人気の中華料理ですね。こちらでは3つ入りのせいろが90ペソという安さ!スープは少な目でしたが、その分、具がぎっしりと詰まっていてボリューム感がありました。美味しかったです。

Tsay Cheng

こちらは、Sauteed Polonchay with Whole Garlic (Sサイズ、280ペソ、約580円) という野菜料理です。「ポロンチャイ」とは中国のホウレンソウです。炒めてもシャキッとした食感が抜群で、ニンニクの豊かな香りはお味を更に引き立ててくれます。中華は野菜料理があまり美味しくないという偏見を無くしてくれた、おススメのメニューです。

Tsay Cheng

Lemon Chicken (Sサイズ、280ペソ、約580円) です。
薄く伸ばした鶏の胸肉をチキンカツのように揚げてスライスし、レモンベースの甘味がある爽やかなソースをかけた料理です。2~3つぐらいならビールのおつまみとして良いかもしれません。

Tsay Cheng

こちらは、Ying Yang Rice (Sサイズ、360ペソ、約740円)です。名前の通りに2つのソースで「陰陽」を表現した炒飯なんです。発想は独特で面白かったですが、お味は残念ながらあまりでしたので、おススメはしません。

Tsay Cheng

次は、Fried Spare Ribs (Sサイズ、280ペソ、約580円)です。ポークリブをカリッと揚げた物ですが、中身はビックリするほど柔らか!リブをこういう風に揚げることもできると初めて知りました。こちらもおつまみとして良しです。

Tsay Cheng

最後ですがこちら!皆が一番美味しかったと言っていたHot Prawn Salad (Sサイズ、480ペソ、約990円) です。上げた麺を器にして、フルーツカクテルをトッピングしたエビマヨです。

海老の方はシュリンプより大きなプラウンを揚げていたので、とてもプリプリし、歯ごたえがありました。本当に美味しいので是非頼んでもらいたい逸品です!

TSAY CHENGのまとめ

アヤラモールから近い、安い、うまい!の33秒師揃ったお店です。

場所もとても分かりやすいので、タクシードライバーが迷うことはないでしょう。

フェイスブックページはこちら

https://www.facebook.com/GrandCon

Archbishop Reyes Avenue
セブ
+63 32 260 8000
営業時間
本日11:00 – 14:00, 18:00 – 22:00

同じ建物内にブッフェとあと、こちらのシーフードレストランがありますよ。

Isla Sugbu Seafood City|セブ島で最も美味しいシーフードが食べれるレストラン

セブ市内の他の中華料理レストラン

ベストはこの3つ!

Tin Gow | 社会人セブ島留学生におすすめ!ウォーターフロント内の高級中華料理店

luy’s classic tea house | セブ島SMモール隣(ラスベガス真下)にある人気の中華料理レストラン

Ching Palace(チンパレス)|セブ島にある中華料理の名店!大人数でいくと楽しめるレストラン

ちょっと下のランクになると・・・

FUNG’S バニラッドクロスロードにあるリーズナブルな中華料理レストラン

バニラッドタウンセンター内のChoi City(ページはフェイスブック)

パークモールの隣(タイムズスクウェア内にある)David’s tea house(ページはフェイスブック)

この辺がおすすめ。

なお、中華+エスニックならここ!

SpiceFusion|BTC近くのセブ島留学生に便利なエスニック系レストラン

▶︎マップで見るセブ島観光スポット

↓↓ここから選べば間違いなし!↓↓
>>セブ島留学 おすすめ語学学校はこちら<<
斉藤 淳
当サイトの管理人 2012年に初めてセブ島に留学。以降、今までに複数の語学学校に留学&訪問。フィリピン留学を通じて「英語が伝わる楽しさ」をより多くの方に体験してもらいたいと思い、このサイトを立ち上げました。 英語留学前の方はもちろんの事、留学中の方、留学後の方にも役に立てる情報の提供を目指しています。 ・TOEIC(R):805点(L 430 R 375) ・TOEIC SW:280点(S 130 W 150)

この記事、あなたはどう思いましたか?ぜひご感想をください。

Please enter your comment!

Please enter your name here