AHGS

英語語学留学でマンツーマンレッスンを格安で受けられるとして、今注目されているフィリピン留学。なかでも「0円留学」は業界に革命を起こしたとして、口コミや評判でとても話題となっています。

0円留学の語学学校であるAHGS(アーグス)English Academyは、株式会社AHGSが運営する学校で、セブ島のど真ん中であるセブビジネスパークに校舎をかまえています。

英語留学のコースはいくつかありますが、アーグス最大の特徴が「0円留学」

その名の通り、宿泊費もかからなければ学費までタダで留学できてしまうという、驚異的なプログラムなのです。

でも、0円留学が口コミや雑誌などで紹介されていても、最初はどうしても怪しいと疑ってしまうと思います。怪しくないのか、なぜ0円で留学できるのか、しっかりとした学校なのか、、、

今回はアーグスの全貌に迫り、アーグスとはどんな学校でどのようにして0円留学を実現させているのか、詳しく説明していきたいと思います。中程に3ヶ月留学する場合の金額の算出、後半に実際に留学した方の体験談があります。最後まで読んでいただければ幸いです。

0円留学が出来る学校アーグスとは?

アーグス

▶︎AHGS(アーグス)の公式HPへ今すぐ行く

アーグスとは、フィリピンのセブ島にある英語の語学学校です。様々な留学プランがあるのですが、その中でも有名なのが0円で留学が出来るプランです。0円留学がメインですが、そのほかにもIT留学、ダイエット留学、ダイビング留学、2カ国留学といったユニークなプランがあるのも特徴です。

この語学学校は日本人が経営する語学学校で、生徒の受け入れも100%日本人となっています。そのためアットホームな環境で友達づくりにも適しているといえるでしょう。

さらに生徒が日本人のみということだけあって、日本人のために特別なカリキュラムを用意しています。また、超初心者の方には日本語で解説してくれる授業も一部あります。そのため、より効率的に英会話の能力を高めていくことができます。

アーグスは日本にも支店があり、コールセンターの事業をやっています。そのコールセンターの仕事をセブ島に留学に来ている学生に手伝ってもらうことで、0円で留学が出来るようになっています。

アーグスでは随時、東京本社やまたはSkypeやFacetimeなどで説明会を実施しているので、気になる方はまずは説明会に参加しましょう。

それでは、次の項目でなぜ0円で留学ができるのか、その仕組みを徹底解剖したいと思います!

なぜ、0円で留学が可能なのか?仕組みを公開

留学といえば、100万前後の多額のお金がかかります。ただし、アメリカやイギリスなどの欧米留学と比べて、フィリピン留学はその半分ほどで留学できると言われています。ですが、その場合でも3ヶ月前後留学すると航空券・滞在費・留学費トータルで60万円ほどかかります。

留学してみたいと思っていても、なかなか出来ないのが現実ではないでしょうか?お金を貯めてから…と思っていても、結局留学できずに終わってしまうと思います。

そんな、留学したくても出来ない人たちにとって最適な語学学校が、アーグスです。

ですが、タダほど怖いものはないですよね。

現地で思いっきりぼったくられるんじゃないか…危ないことをさせられるんじゃないか…。そう思ってしまうと思います。

なぜ0円で留学できるのかを解説していきたいと思います。その仕組みがわかれば安心・安全です!

1日4時間の英語授業と4時間のコールセンター業務

0円で留学出来る仕組み、それはこの4時間の授業と4時間のコールセンター業務というスケジュールをこなすことによって提供できています。つまりわかりやすくいうと、インターンシップみたいなものと思っていただければわかりやすいと思います。

インターンシップは無給で働く代わりに、色々な費用がかからないというのが特徴です。このアーグスの0円留学も、4時間コールセンターで業務する代わりに、無料で4時間の英語のレッスンと宿舎が提供してもらえるという仕組みです。

コールセンターの業務とは?

0円留学(ゼロ円留学)アーグスイングリッシュアカデミー

アーグスで0円留学をするにあたって、やらなければいけないことはこのコールセンター業務です。基本的には1日4時間コールセンターで働きます。コールセンターの仕事は色々な実務がありますが、NTTコミュニケーションズをはじめとする、大手キャリアからの委託や代理での電話応対業務です。

アーグスは日本でもコールセンターを経営している会社なので、コールセンターの仕事のノウハウがあり、それを元にビジネススキルやコミュニケーション能力、目標意識などを身につける事が出来ます。

といっても難しいことはありません。しっかりと研修もありますし、話す言語は日本語なので安心です。4時間働く代わりに、4時間分のマンツーマンでの英語レッスンとセブの滞在費が無料になるんですからお得だと思います。

英語の勉強と、コールセンターを通じての社会勉強にもなるので、大学生など就活前の留学にも最適だと思います。

1日4時間の英語のレッスン内容

0円留学(ゼロ円留学)アーグスイングリッシュアカデミー 代表「早川諒」

アーグスでは1日4時間の英語の授業を、マンツーマンレッスンで受けることが可能です。授業の内容は文法・リーディング・リスニング・スピーキングがあり、それぞれ1時間ずつ合計4時間受けます。

4時間全部マンツーマンなので、1ヶ月もあれば恥ずかしがらずに話せる様になってくるはずです。ただし、きちんと英語を話せる様になりたいのであれば、3ヶ月〜6ヶ月は必要だと考えています。

AHGS代表の0円留学を創設した想い

なぜ0円で留学可能なのかは上記で説明した通りです。コールセンターで働く代わりに、授業料と宿泊部分が無料になる仕組みです。航空券や海外旅行保険、食費や光熱費部分は実費ですが、留学で一番お金がかかる学費の部分がタダになると大きいです。

では、なぜその様な学校を作ったのか?アーグスの代表である早川さんの想いに迫ってみました。

アーグス創設者の0円留学に対する想い

0円留学(ゼロ円留学)アーグスイングリッシュアカデミー 代表「早川諒」

私がこの0円留学を始めた理由は幾つかありますが、大きく分けて2つご紹介したいと思います。

1つ目は、私自身が若い頃、お金が無くて留学が出来なかった、という悔しい想いが強烈にあったからです!

私自身が若い頃、海外への漠然とした憧れが常にあり、留学をしてみたいという想いがありました。ですが、私は前述の通り、学歴が中卒の為、15歳から社会人として働き、自分が日々生きる為の生活費を10代から何とか稼ぐ日々でした。

当然、お金に余裕がありません。全然お金がありませんでした。なので、海外留学なんて夢のまた夢、そのまた夢!

「留学というのは、お金持ちの家柄に生まれた人が、親にお金を出してもらっていくもの」

「中卒で、日々の生活費を稼ぐのがやっとの自分には、どれだけ行きたくても行ける筈もないもの」
という諦めしか無かったのです。本当に悔しかった。

留学ってお金かかるものだからしょうがない・・・

そんな既成概念をぶっ壊したい。

これからの時代にあった、新しい留学の形を我々AHGSが創り上げて、留学業界に革命を起こしたい!という強い想いで、今までこの0円留学を経営して来ました。 参照:留学業界に革命を起こした「0円留学」の真実

この記事は当サイトに寄稿されたものを一部抜粋しています。代表である早川さんは若い頃、留学したいという気持ちが大きくあったそうです。ですが、自身が中卒で働きに出たので、高額な留学に行くことが出来なかったそうです。

若い時から海外に出たり留学したりすることは、とても大きな出来事です。自分を成長させるチャンス、自分の価値観を良い方向に変えるチャンス、新たなる出逢いのチャンスなのです。

そんな留学に色々な人にチャレンジしてほしいという想いが、0円留学を作ったんですね。

いいことばかりではない?デメリットは?

0円留学は学費と宿泊代がゼロになるというプランです。お金がなくても留学してほしいという想いから出来たプランなのですが、デメリットはあるのでしょうか?いくつか私が思うデメリットを挙げました。

実際に気になること、不安なことは留学前の説明会や、カウンセリングなどできちんと聞いておいた方がいいと思います。

コールセンターの仕事は大変?

0円留学は、1日4時間英語の授業が受けられる代わりに、1日4時間コールセンターの業務をしなければいけません。実際に体験した人によると、このコールセンターの仕事はそれなりに大変だということです。特にコールセンターは得意・不得意が分かれる分野だと思います。

ですが、しっかりとした研修があるので、初めての人でも問題ありません。接客が苦手な人や引っ込み思案な人でも、多くの留学生がコールセンターで仕事をしています。

もしも、実態にやってみて自分にはやはりできないと思ったら、有料留学プランに変更することは可能みたいですので、そのあたりを説明会やカウンセリングなどで事前に聞いておくといいかもしれません。

0円は複数人部屋利用

0円で留学できるプランは複数人部屋利用のみです。1人部屋希望の場合は、月に37,800円(税込)が別途かかります。相部屋が苦手な方は、1ヶ月ごとにこの金額がかかるので、覚えておきましょう。

ちなみに複数人部屋の複数は、最大で10人部屋ぐらいになる場合があるので覚悟が必要です。若い人やバックパッカーで世界を旅している人にはいいかもしれませんが、一般の人が6〜10人部屋で数ヶ月一緒に生活するのはストレスが溜まると思います。

他人と共同生活が送れるのかよく考えて部屋を選ぶ必要がありそうです。もし無理そうであれば1人部屋を選択しましょう。また、空きがあれば現地で変えることもできます。

食事代は各自負担

7割ぐらいの語学学校は、学校で3食食事付きのところが多いのですが、アーグスでは食事は完全に別となっています。

ちなみにアーグスの有料留学プランであるダイエット留学以外でも、食事代は別なので覚えておきましょう。次の項目で3ヶ月でどれぐらい費用がかかるのか説明していますが、1番お金がかかるのがこの食費です。

セブ島の物価は安いといっても、日本人が食べる食事は1食あたり4〜500円はかかると思った方がいいです。平気な方はローカルフードの屋台では100円前後で食べられます。周りにどんな飲食店があるのか、だいたい食費は平均いくらぐらいかかるのか、説明会であらかじめ聞いておくといいでしょう。

1日4時間の授業では英語力はあまり伸びない

ここが1番留学生にとっては気になるところだと思いますが、1日4時間の授業だけでは正直いってあまり英語力は伸びません。個人差はありますが、英語が伸びる期間としては、だいたい3ヶ月留学すれば話せるようになってくるのですが、それは1日8時間の授業を受けた場合です。

では6ヶ月留学すれば話せるのかというと、それも少し疑問が浮かびます。まず留学時に大切なことはインプットです。これは留学前に出来るのでやることをおすすめするのですが、その次に大切なのはアウトプット。

1日4時間の授業なので、4時間分アウトプットする時間があるのですが、それだけでは圧倒的に時間が足りません。また、習ったことを復習する時間も留学には大切です。本来であれば2時間ほど自習の時間がほしいのですが、0円留学では仕事があります。

最初の頃は仕事に慣れずに疲れて復習できないと思うので、思うように英語力が伸びないのです。ただし、留学では英語環境下で日常を過ごせるので英語を触れる機会は多くあります。

なので、現地で仲良くなったフィリピン人や先生と率先して出かけるようにしましょう。アーグスで英語が話せるようになった人たちはみんなそうしているようです。

0円留学に向いている人とは?

0円留学の仕組みとデメリットについてお話ししましたが、ではどういった人にこの0円留学が向いているのかというと以下の人におすすめです。

・お金がないけど留学したい人
・世界一周前など、これから多額のお金がかかるため少しでも費用を減らして留学したい人
・就職前に働く経験をしてみたい人
・オーストラリアやカナダへのワーホリ前

です。実際に世界一周旅行前に、英語の勉強としてこの0円留学を利用する人が大多数です。世界一周には数百万とお金がかかるので、留学では費用を抑えたいですよね。英語も学べるし海外の雰囲気も味わえるので、世界一周旅行前の人に絶大な人気です。

その他として、大学生が就職前に英語を身につけたり、ビジネススキルを身につけるために留学するパターンです。その場合も、0円留学は向いているでしょう。

0円留学に向いていない人は、本気で英語を学びたい人です。本気で英語を学び話せるようになりたいのであれば、1日8時間以上の授業は必要になります。0円留学は、あくまでお金がないけど、英語を身に付けたいという熱意がある若い人向きだと思います。

0円留学は3ヶ月(12週間)行くと実際にはいくらかかるのか?

27990f55b4d8bad50fbb7b7fb7d9bb82_s

それでは、0円留学に行くとして、実際にいくらぐらい実費で払わなければならないのか…イメージしにくいかもしれません。

今回はわかりやすく、成田空港からセブ島へ直行便の航空券を利用し、追加料金のかからない複数人部屋を選択、3ヶ月という一般的な留学期間で金額を出したいと思います。

食費や娯楽費などの欄は、個人個人でかなり差が出る項目になりますが、一般的な平均として出しています。人によって大幅に上下すると思いますのであくまでも参考程度にしてください。

成田からセブ島へ 複数部屋利用で3ヶ月(12週間)滞在の場合

フィリピンペソに関しては、2017年5月のレートを適応し、1ペソ=2.3円で計算しています。

必ずかかるお金
項目金額日本円で概算説明
初回登録料20,000円20,000円これは入学金のようなもの。入学前に支払います。
SSP/SWP代15,000ペソ34,500円SSPは6ヶ月、SWPは3ヶ月の有効期限。それ以上長くいる場合は料金がかかります。
SSPはフィリピンで学校に通うための許可証、SWPは仕事をするための許可証です。
I-Card代3,500ペソ8,050円フィリピンに2ヶ月以上滞在する場合に必要になる外国人登録許可証。
ID代200ペソ460円これは学校に出入りするためのIDカード代です。
ビザ延長代金7,530ペソ17,319円フィリピンでは30日までの滞在はビザは不要ですが、それ以上だと滞在によってビザ代がかかります。3ヶ月は7530ペソです。
水道光熱費600ペソ×1216,560円フィリピンは電気代が高いため、光熱費は別の学校が多いです。
教材費一冊400ペソ920円英語の授業に使う教材費です。取る科目によっても教科書の有無がかわるので、一概にどれぐらいかかるかは不明です。
管理費150ペソ×124,140円管理費は、安全で過ごして行くために必要なお金です。
空港お迎え1,200ペソ2,760円深夜22時〜24時着は1,600ペソ、24時以降は2,000ペソかかります。
デポジット3,000ペソ6,900円デポジットは退去時に破損がなければ返ってくるお金です。
必ずかかる金額として、3ヶ月で111,609円です。
人によって変わるお金
航空券35,000円35,000円成田発セブ行きであれば、セブパシフィックを利用しましょう。イーツアーであればたいてい3万円前後でチケットが取れます。荷物は15キロですが、増量することも可能です。
セブパシ往復航空券が【いつでも3万円代】で取れる
海外旅行保険0円0円海外旅行保険は必ず入りましょう。3ヶ月以内の留学の場合は、クレジットカード付帯がおすすめです。しっかりと内容を確認する必要があります。できれば海外旅行保険付帯のクレジットを2枚・3枚持てば大丈夫です。ない場合は、有料のに加入しましょう。3ヶ月であればおおむね4万円前後です。

クレジット付帯の海外旅行保険と私のオススメ
食費1食200ペソ115,920円1食200ペソ=460円平均として、1日3食で3ヶ月計算した結果です。1ヶ月38,640円、3ヶ月で115,920円です。これはあくまで平均です。朝食べない人、ローカル食を食べる人、日本食食べる人によってかなり差が出ます。現地ローカル食を食べるのであれば1食100Pあれば十分なので、3ヶ月で50,000円ほどに抑えられます。
洗濯1キロ=30P828円洗濯は週に1回出す計算、1回につき1キロで計算しています。1回につき69円なので安い!

お土産代5,000円お土産は主に、ドライマンゴーがメインだと思います。1つ200Pぐらいなので、10個ほど買えばOKです!
娯楽費50,000円3ヶ月留学の場合、アイランドホッピング1回、ジンベイザメウォッチング1回は行って欲しいですね。日本人経営のツアーを使うか使わないかでかなり差がでますが、3ヶ月の場合、毎週遊ばない限りは50,000円前後持っていけば大丈夫です。
人によって変わる部分の平均金額は3ヶ月で206,748円です。
その他その他、お金がかかりそうな部分としては、移動費です。基本はタクシー移動になると思いますが、週末に往復で移動するとしてタクシー代150P×2、3ヶ月で7,200円ぐらいなので、10,000円ぐらいを移動費として見といたほうがいいと思います。
もっと安くしたいのであれば、ジプニーが1回につき7Pで乗車できるので費用を抑えられます。
トータル3ヶ月でかかる金額は、おおむね318,357円です。

私が算出した結果、必ずかかる金額として、3ヶ月で111,609円、人によって変わる部分の平均金額は3ヶ月で206,748円、3ヶ月トータルで318,357円になりました。

主に一番大きい出費が食費の部分です。この食費をどうやりくりするかによって、費用に大きく差が出そうです。今回は1食200P、1日3食食べることにして計算しています。

セブ島に来たことがない人は想像つきにくい項目だと思いますが、セブ島の食費はおおまかにわけて、レストランで食べるorローカルレストランで食べるor日本食レストランで食べる、この3つに分けられると思います。

レストランだと基本的に200Pで足ります。ローカルレストランはいわゆる屋台みたいなところで、バーベキューやチキンなどを主に食べることを指します。ここで食べるのであればだいたい100Pあれば足ります。

また、日本食レストランメインで行くとなれば、200Pでも足りずに基本的に300〜500P必要になってきます。ファーストフード、マクドナルドやバーガーキングはだいたい100Pぐらいでセットメニューが食べられます。

一般的なカフェなどはコーヒー一杯で100P前後のところが多いです。休みの日や夜にカフェによくいって勉強するという方は、食費の部分はもう少しかかると思います。

男性でローカル屋台などでも大丈夫という方は少し安く行けると思いますが、女性や年齢が高めの方はだいたい3ヶ月35万を目安に来たほうがいいかもしれません。

費用の大抵は現地でペソで払うことが多いので、日本円で現金を持って行くことをおすすめします。まれに国際キャッシュカードが使えなくて困った人を見かけるので、できれば現金+クレジットカードがいいと思います。

3ヶ月で留学すると学費の部分だけでどんなに安くても40万円ほどかかるので、その学費部分が0円になるのでアーグスの0円留学はすごいですね。その学費にかかる予定だったお金を持って二カ国留学に行くことが可能です!

AHGSのコース一覧

英会話スクール
http://www.scorp.co/english-language-courses/

アーグスでは0円留学が有名ですが、他にも様々なコースがあります。他のコースは0円ではなく通常通りお金がかかってきますが、色々な特色があり興味深いコースとなっているので紹介したいと思います。

ガチ留学

AHGS

ガチ留学とは、1日最大8時間をマンツーマンで英語のレッスンが出来るというプランです。セブ島留学の多くの学校はこれです。学校によって1日6時間だったり8時間だったり、マンツーマンとグループが混じったりしますが、ガチ留学はその名の通り全部マンツーマンです。

1日8時間のプランなら、複数人部屋で1ヶ月(4週間)139,999円、3ヶ月(12週間)414,999円です。これに航空券や食費がかかります。

IT留学

AHGS

セブ島留学で密かな人気となっているのがIT留学です。プログラミンと英語を学ぶというコースになっています。アーグスの特徴として、株式会社Framgiaと提携しており、就職に特化したコースになっています。

1日4時間の英語学習 × 1日4時間のIT学習で英語とプログラミングを両方学べるので外資系就職などにも役立ちます。希望者にはそのままFramgiaにインターンとして就職可能。その後能力次第で正社員にもなれるので、海外で働きたい方には就職への近道となるでしょう。

実際に1週間、アーグスのIT留学を体験してきましたので、以下の参照記事をご覧ください。

 

2カ国留学

AHGS

2カ国留学とは、3ヶ月セブ島で基礎英語を学び、3ヶ月オーストラリアで実践的に学ぶと行ったプランです。基本的に3ヶ月+3ヶ月になっていますが、半年は無理という方には短縮して留学も可能です。

6ヶ月留学して学費が498,000円となっています。セブ島だけではなくその後にどこか留学しようとしているのであれば、こういったプランで行くといいかもしれません。

ダイエット留学

AHGS

提携のジムでトレーナー付きでダイエットプログラムが出来るコースです。徹底した3食の食事管理もついています。

2週間で198,000円、4週間で298,000円となっています。3食ついてしかも1日4時間の英語のマンツーマンレッスンもついています。英語を学びついでにダイエットにも成功して一石二鳥です!

ダイビング留学

AHGS

セブ島といえば海が綺麗なリゾート地です。その特色を生かし、アーグスではダイビング留学というプランがあります。ダイビングをするために必要なオープンウォーターCカードを取得&合計34時間の英語の授業&アイランドホッピングとジンベイザメツアーが含まれています。

英語も勉強したいけど、ダイビングもしてみたいしジンベイザメと泳ぎたいという人にはまさにぴったりのプランです。

費用は2週間で198,000円+諸経費となっています。

以下は実際にAHGSに留学した方の体験談です

・お名前:Meow
・ご年齢:20代前半
・職業:サービス業
・通われた学校:AHGS
・滞在期間:1ヶ月

かかった費用 ¥15000+航空券+生活費など¥20000(期間などにより異なる)

1.なぜその学校を選んだのですか?

AHGSでは語学学校と同時に、同じビル内にあるコールセンターで仕事をすることが出来るため、留学費用を安く抑えることができます。また、海外で働く経験ができるというのは他の学校にない魅力だったのでこちらの学校を選びました。

2.フィリピン留学前に準備してきた事はありますか?

1ヶ月という短期間で英語を伸ばしたかったので、日本でも勉強できる文法や単語などは高校の教科書で勉強していきました。

3.フィリピン留学してから、何を準備してくればよかったと思いましたか?

日本語で書かれている参考書や教科書を持ってくれば良かったと思いました。学校でもらう教科書は全て英語で書かれている為、まずそれを理解するのに時間がかかってしまいなかなか授業が進みませんでした。基本的な文法などを復習できる日本語の参考書があれば便利だったなと思います。

4.実際にその学校についてみて施設はどうでしたか?

完全にマンツーマンのレッスンなので、ひとつの大きい教室ですが個人個人で机が仕切られている感じです。

授業中は一対一ですが、休憩の時間は留学生同士どんな授業をしたかなど談笑をしていました。私が行っていた時期には冷房が壊れていて、先生も生徒も暑さでなかなか授業に集中できないような環境だったのが残念です。

また同じフロアにはコールセンターの仕事場、上の階には食堂とコンビニもある為、暑い中外に出る必要もありませんでした。

5.授業のカリキュラム内容を教えて下さい。

コールセンターでの仕事4時間、マンツーマンレッスン4時間になります。午前勉強をするグループと午後勉強をするグループで別れていました。

レッスンはグラマー、リーディング、リスニング&スピーキングの中から自分でアレンジして授業を受けます。私は話せる事になるのが一番の目標だった為、グラマーの授業2時間とリスニング&スピーキングの授業2時間を取りました。

また金曜日はアクティビティーデイといって、授業の代わりにみんなで出掛けたりゲームをします。こちらは参加自由なのでマンツーマンレッスンの方がいい場合は先生と相談して授業をするのもオッケーです。

6.最もためになった授業と、ためにならなかった授業はどんな授業でしたか?

教科書に、似た発音を理解する為の項目が多かったのですが、先生の言ったことをただ繰り返すだけの授業で少し退屈だと感じました。

しかし、スピーキングの授業で、先生が出してくれるお題についてアドリブで3分間喋り続けるというものがあったのですが、これを毎日続けていたら頭で考えることなくパッと英語で話す能力が身につきました!

7.どんな先生が自分に合い、どんな先生が自分に合いませんでしたか?

先生も色んな方がいましたが、せっかくマンツーマンなので生徒の要望に応えて授業をしてくれる先生が良かったです。

例えば、私はセブ留学後ワーキングホリデーでレストランで働きたいと思っていたので、接客する際のロールプレイングなどをしてくれてとてもためになりました。

でもたまに、生徒にしゃべる機会を与えずに一方的な授業になってしまう先生などもいたので、その辺は自分に合った先生を見つけられるといいと思います。

8.食事内容はいかがでしたか?

AHGSでは食事は出ないため、食堂や近くのローカルのお店などで食べていました。

ただ、セブではまだ衛生面がそこまで安全ではないので気をつけていないと体調をくずして入院してしまう人も多いです。特にローカルのお店では炎天下の中、朝からずっと置いてあるものもあるので、心配な人はちゃんとしたレストランで食事する事をお勧めします。

9.インターネットの環境はどうでしたか?

寮のホテルでは、部屋によりますがあまり繋がらないため、みなさんロビーで携帯やパソコンを使っていました。

学校にもWiFiがありますが、あまり安定はしていません。使っている人数が多いと繋がらないこともあります。日本のように便利ではないですが、勉強に集中できるという点では良いかも知れません。

10.その学校の最大のメリットと最大のデメリットを教えて下さい。

AHGSの最大のメリットとしては、やはり費用の部分だと思います。

セブで働くことによって、留学の資金がそこまでない学生の方なども気軽にそして長く留学できます。セブでの生活費は本当に安いので、飛行機代と入学金などの初期費用さえあればすぐにでも留学できるところが魅力だと感じました。

しかし最大のデメリットとしては、1日のうち授業が4時間しかないということです。その他の時間は、日本語で仕事をし日本人の留学生と過ごします。英語を身につけたい!と思って来ていても、なかなか英語を喋る機会がないため数ヶ月留学しても伸びなかったという声も聞きます。

なので、英語を本気で伸ばしたいという方にはあまり向いていないかも知れません。

11.この学校での留学を成功させるコツは、どんなところにあると思いますか?

勉強やリフレッシュなど、みなさんセブに来る目的は違います。その目的をしっかり自分で分かっていないと、何も得られないままあっという間に日本に帰る日が来てしまいます。仕事と勉強の両立は予想以上に忙しいです。

充実した留学生活になるよう来る前にもう一度、何の為にセブにいくのかという事を考えられるといいなと思います。

なお、デメリットとして、英語を勉強する時間が少ないと書きましたが、英語に触れる機会を作れるかは結局自分次第です。授業以外でも予習復習をしたり、外に出て外人の友達を作ってみたり、自分なりに努力することが成功するコツだと思います。

12何か他に学校のエピソードや、その学校を検討している方にお伝えしたい事があればお願いします。

コールセンターでの仕事を、留学のおまけのような感じで考えて来ると、予想以上に大変で嫌になってしまうかも知れません…。仕事をする代わりに授業費や滞在費が無料になるので当たり前のことですが、仕事は仕事!と割りきって頑張れる方がこの学校に向いていると思います。

コールセンターの内容はどのような仕事なのか?流れなど

コールセンターでの仕事ですが、日本での業務とあまり変わりはありません。未経験でも研修があるので、心配いらないと思います。大変ではありますが、頑張った分自分の経験にもなるのでみなさん真面目に取り組んでいました。

同じく留学している方はどんな目的、年齢の方が多くて留学後はみんなどうしているのか?

生徒は大学生から主婦の方まで幅広くいましたが、1番多いのは20代前半だと思います。

比較的留学費用が安いセブで英語を学び、そのあと他の国で仕事をしたり、日本に帰って英語をいかした仕事に就く方などその後の生活も様々です。

また、勉強目的ではなくセブでのんびりしたいと思ってこちらの学校を選ぶ方も多いです。年齢や目的が違っても、みなさん仲良く留学生活を送っていました。

土日はどのように過ごしていたのか?

休日の過ごし方ですが、平日は勉強と仕事で出掛ける暇がないため、みなさん積極的に観光に行っていました。セブというと、リゾートのようなイメージがありますが、実際は残念ながらセブシティにはあまり観光できるところがありません。

シティ内ではショッピングモールは充実していますが、綺麗なビーチなどは少し足をのばして出掛ける必要があります。なので土日は友達と島過ごす人が多かったです。

ちなみに私のオススメは、オスロブという場所にあるシュノーケリング。なんとここではジンベイザメと一緒に泳げちゃいます!せっかくなので、セブでしか出来ない経験をたくさんして来てください。

まとめ

以上が、フィリピンセブ島で0円留学できる真相でした。どうでしたでしょうか?仕組みがわかっていただけたでしょうか?

筆者自体も実際にアーグスに1週間留学しましたが、アーグスでは平均100名前後の留学生、夏休みなど繁忙期ではそれ以上の生徒さんがいらっしゃいます。みなさん真剣に英語に取り組み、コールセンターで仕事をしていました。

コールセンターの仕事は不安だと思いますが、生徒同士助け合い楽しそうに仕事をしている印象でした。もしこの記事が参考になり、留学の手助けになればと思います!

私のアーグスの1週間留学は0円留学ではなくIT留学メインでしたが、その他部屋や施設、授業内容などを紹介しているのでよければこちらの記事も合わせてお読みください。

▶︎AHGS(アーグス)IT留学レポート

アーグスへのお問い合わせ、説明会の申し込みはこちら。
AHGS(アーグス)English Academyの公式サイトはこちら

アーグスの留学体験談はこちら
「0円留学でコストをかけずに留学出来るのは良かったです」セブ島留学口コミ【アーグス】

【まとめ】セブ島にある有名・評判な語学学校の一覧表

マクタン好きのプロダイバー
月1セブを目指しながら東京とセブの往復をしている美穂です。

----現在訪れたダイビングスポット----
サイパン・グアム・パラオ・プーケット・バリ島・セブ島

沖縄本島・石垣島・宮古島・奄美大島・小笠原諸島父島・大島・神津島・三宅島・八丈島・御蔵島(スノーケル)・伊豆半島・葉山

などなど...タンク本数はトータル300本前後です。
現在ダイビングCカードのランクはダイブマスターという、プロの仲間入りのランクです。
ダイビング始めて5年!まだまだ世界の海を潜り尽くしたい!

私運営のセブ島情報HPあるのでよければ見てください。
http://tabi-jyoshi.com
http://tokyo-girls.top

Facebook常時更新中!
https://www.facebook.com/tabijyoshi.miho/

この記事、あなたはどう思いましたか?ぜひご感想をください。

Please enter your comment!
Please enter your name here