セブ島【SMモール】に行くべき9つの理由とおすすめレストランTOP10

SMグループといえばフィリピン最大の財閥であり、フィリピン全土に「SMモール」という巨大なショッピングモールを展開してます。セブ島にも2つあります。

今回ご紹介するのはそのうちの一つ、1993年にオープンした「SMモール(SMシティ・SM CITY)」です。

セブ島には他にも、アヤラモール、ロビンソンガレリア、SMシーサイドなどのショッピングモールもありますが、今回はその中でも「SMモールに行かなければいけない9つの理由と、おすすめレストラン」を皆さんにご紹介します。

CONTENTS ⇒

SMモールの場所


SMモールはセブ島で誰もが知っているとても有名な場所ですので、タクシーで行く際も困ることはありません。

ただ2015年にセブシティ郊外に「SMシーサイド」がオープンしたので、タクシードライバーさんに「SMモール」と伝えると「シティー」なのか「シーサイド」に行くか聞かれることもあります。

SMモールには、たくさんの入り口があります。全部で7つ。主に使われるのは1番のメインエントランスと、7番の「North Wing」入り口です。

SM CITY
ちなみに、セブシティの5つ星ホテル「Radisson Blu(ラディソン ブル)」も5番出口と繋がっています。

Radisson Bluについてはこちらの記事をどうぞ
▶︎【ラディソンブル】SMモールへ徒歩30秒!セブ島にある5つ星ホテル

SMモール内でお土産を買うならココ

Kultura(クルチューラ)

Kultura(クルチューラ)
場所:ノースウイング1階。ユニクロとナショナルブックストアの間にあります。

販売品:ドライマンゴー、ココナッツオイルや石鹸、ジャムとココナッツシュガー、バナナチップス、モリンガパウダー、セブ島デザインのTシャツ、ウクレレ、ジプニーの模型、フィリピン産のチョコレート・コーヒー、ココナッツのお酒、貝殻の食器や工芸品、真珠のアクセサリー、マグカップ、トラベルピロー、キーホルダーなど。

Islands souvenirs(アイランドスーべニア)

Islands souvenirs(アイランドスーべニア)
場所:地上1階、モール中央のマクドナルド向かい側。

販売品:トロピカル石鹸、セブ島デザインのTシャツや帽子、カバンなどの衣類品、マグネティックなど。

食料品スーパー

食料品スーパー
場所:地下1階、中央。

販売品:ドライマンゴー、パパイヤの石鹸、バナナチップス、トロピカルフルーツのジャム、ヘアーオイル、メンソールオイルなど。

関連記事:セブ島お土産おすすめベスト10【SMモール編】

SMモール内 トップ10おすすめレストラン

ここからはSMモールのトップ10レストランをご紹介します!

アヤラモールの客層が中~高所得者層なのに対して、SMモールは中間層がメインです。そのため、レストランの平均価格もアヤラモールに比べると安く、リーズナブルなお店が多いのが特徴です。

*SMモールは一部1階が上下2つに分かれているため、下の方をB1、上の方を1Fにします。

KUYA J(クヤJ)

セブ SMモール kuyaj

SMモール内で一番オススメ出来るフィリピン料理レストラン。「KUYA Jからお金貰っているんじゃないか」というぐらい、当サイトではいつも激推ししています。

KUYA J
Baked Scallopやporkbelly, babyback ribs, ampalaya(ゴーヤ)の炒めもの、Tokwa’t baboy、Mango Pandanなどがおすすめ。

場所:Radison Blu Hotel側の入り口を入ってすぐ左手1F
予算:200peso~400peso
▶︎KuyaJ|セブ島留学中の留学生に、最も行って貰いたいフィリピン料理店

Spice Fusion(スパイスフュージョン)

セブ SMモール spicefusion

Spice Fusionは中華料理をベースにしたアジア・エスニック料理のレストランです。元々BTC(Banilad Town Center)にありましたが、SMモールにもオープンしました。

BTC spice-fusion(スパイスフュージョン)|セブ島留学マナビジン

日本人からの評判も大変良いです!

場所:NorthWing1F(メインゲート入ってすぐ右)
予算:300peso~500peso

Royal Krua Thai(クルア タイ)

セブ SMモール krua thai

アヤラモールにあるタイ料理「SIAM」と同じオーナーの別ブランド。SIAMよりも若干安めの価格設定。

RoyalKruaThaiレストラン セブ|セブ島留学マナビジン
料理内容は異なるがこちらも大抵美味しい。基本的にオススメを聞いておけば間違いなし。SIAMと違ってよりタイっぽい雰囲気のある店内です。スペアリブ、かぼちゃのスープ、野菜炒め、フライドライスが覚えている限りでは美味しかったです。

場所:Radison Blu Hotelの方のエントランス(真ん中)1Fにあります。B1にあるフードコートの上ぐらいかな。
予算:250peso~500peso

Chika-an(チカアン)

セブ SMモール chika-an

クヤJと同じぐらいかそれ以上に人気があるフィリピン料理店。価格がKUYA Jよりも若干安いです。

chika-an|店内の様子

席数はそれなりにあるが、ここは早い段階で満席になる。個人的に味は「KUYA J」の方が好きですが好みによるかなと思います。

場所:Krua Thaiと同じくRadison Blu Hotelの方のエントランス(真ん中)1F
予算:200peso~350peso

PAOLITO'S

セブ SMモール paolito's
当サイトでもオススメのSTK ta BAYの2号店。ガーリックチャーハンとマグロのカマの炭火焼きで人気のお店。

CHOOBI CHOOBI(チョビチョビ)

セブ SMモール choobi choobi
エビが人気のフィリピン料理店。KUYA Jなど比べると安めの料金設定です。

Little NONKI(呑ん気)

セブ SMモール 呑ん気 nonki

NONKIはセブ島にある日本食レストランの中でも、多くの支店を持っている人気店です。

SMモールで和食を食べるならここですね!

場所:Krua Thaiと同じくRadison Blu Hotelの方のエントランス(真ん中)1F
予算:250peso~400peso

Golden Cowrie(ゴールデンカウリー)

セブ SMモール golden cowrie
アヤラモール内での名前はHukad。フィリピン料理レストランの中でも最も有名なブランドの一つです。価格が安いことと、Unlimitedライスな事が人気の理由。

Golden Cowrie(ゴールデンカウリー)
味はそれなりでしょうか。極めて一般的なフィリピン料理を提供しています。

Majestic(マジェスティック)

セブ SMモール majestic
SMモール内の本格的な中華料理店。悪くはないがここに行くなら個人的には、Spice FusionかSMモールの隣apm付近にあるLuy's tea Houseに行くことをオススメしたいです。

場所:3F(中央)
予算:300peso以上
▶︎【MAJESTIC 大華】セブ島アヤラ新館にあるお手軽中華料理

VIKINGS(バイキング)

セブ SMモール viking's
フィリピン人に大人気のビュッフェレストラン。フィリピン料理からウエスタン、和食まであります。休日のランチタイム、ディナータイムは並びます。

場所:Northwing2階
予算:800peso前後(曜日によって異なる)
▶︎【Vikings】ホテルビュッフェを超えた!SMに長蛇の列が出来た噂のお店

その他のレストラン

Bigby's(ビックビース)

セブ SMモール bigby's

アメリカ料理ベースで、味が濃い。ハンバーガー、パスタ、ステーキなどがメイン。

一部フィリピン料理のGumbas(エビチリみたいなもの)などもメニューにあります。

場所:NorthWing1F(メインゲート入ってすぐ左)
予算:300peso~400peso
▶︎BIGBY’S |セブ島アヤラモールでリブが美味しいレストラン

Lamesa grill(ラメサ グリル)

セブ SMモール lamesa grill

こちらも特にオススメではない、フィリピン料理レストラン。KUYA JやChika-anがおすすめ。

Cafe Laguna(カフェラグーナ)

セブ SMモール cafe laguna

個人的に相性の悪いレストランなので、推奨なし。

Cabalen(カバレン)

セブ SMモール cabalen

300ペソ前後のフィリピン料理ビュッフェ。値段相応ですが、フィリピン料理を一通り食べてみたいという方にはおすすめ。

場所:Northwing1階
予算:300peso前後

Ayer's Lechon(エイヤーズ レチョン)

セブ SMモール ayer's lechon

フィリピン料理の名物レチョンを提供しているお店。

ただここはファストフードと言って思いますが、味もイマイチ。レチョンなら地下1階のZUBUCHONの方がオススメです。

セブ島のレチョン有名店は「CNT」、「Rico's Lechon」、「ZUBUCHON」そしてこの「Ayer's Lechon」です。個人的には「Rico's Lechon>CNT>>ZUBUCHON>その他のレチョン」です。

関連記事:一度は食べたい豚の丸焼き!セブ島名物【レチョン】が美味しい専門店5選

場所:3階中央
予算:150peso~300peso

Tempura(テンプラ)

セブ SMモール tempra

名前の通り和食のテンプラを主としたお店。

看板が怪しすぎてあまり縁のないお店。テンプラ以外にもカリフォルニアロールやラーメンバーガー(麺をフライして肉を挟んでいる)もあります。フィリピン人は日本食のテンプラというと高級なイメージを持っているようで、テンプラは人気なんですよね。

だから、ビュッフェでテンプラがあると好んで食べる傾向にあります。

場所:B1F
予算:249pesoから

Rai Rai Ken(ライライケン)

セブ SMモール rairaiken
日本食。(オーナーは日本人ではない)

Sunburst(サンバースト)

セブ SMモール sunburst
フィリピン人に愛されている、フライドチキンの店。 衣が厚め。

Harbour City(ハーバーシティ)

セブ SMモール harbour city
シュウマイ系に強い中華料理店。アヤラモールにもあります。

Mooon Cafe(ムーンカフェ)

セブ SMモール mooon cafe

リーズナブルな価格で美味しい料理を提供しているため、フィリピン料理店を抜かせばカサヴェルデの次ぐらいに有名なチェーンレストランです。

Mooon cafe(ムーンカフェ)の料理
メキシコ料理店のはずですが、フィリピン料理やアメリカン的なものも提供しています。店舗によって若干味が変わるので(意図的ではないと思いますがw)、食べ比べてみるといいかも。

場所:B1真中付近
予算:150peso~300peso
▶︎Mooon Cafe(ムーンカフェ)|セブ島屈指の人気メキシコ料理店!

YOSHINOYA(吉野家)

SM CITY
スーパーの近くには、日本の「吉野家」が入店しています。

味は日本とはかなり違います。特に米がフィリピンの米なのでサラサラしていて、あまり牛丼には合っていないです。。。

場所:B1中央
予算:100peso~250peso

OSAKA TAKOYAKI(大阪たこ焼き)

セブ SMモール 大阪たこ焼き
今フィリピンで人気の大阪たこ焼きです。たこ焼き以外に、お好み焼きや焼きそばもあります。

Sbarro(サバロ)

セブ SMモール sabarro

アヤラモールにもある(2F)イタリアンのファーストフード。特別美味しいというわけではないのですが、ちょっとした軽食に使えるお店です。

ピザは1切れずつ提供。パスタや他の料理もあります。自分がカウンターに並び、目の前にあるピザやパスタをチョイスして最後に会計するフードコートスタイルですね。

場所:B1中央(食料品スーパーへの入り口)
予算:150peso~250peso

 

SMモール近くのおすすめ店

Luy's Classic Tea House(ルイスティーハウス)

ルイスクラシックティーハウスLuy's Classic Tea House
photo:Cebulocal.com

Luy's Classic Tea HouseはSMモールの隣にあるapmという場所の近くです。

セブ島中華料理店 luy’s classic tea house|セブ島留学マナビジン

ここ結構安いんですが、美味しい中華料理です。席数もそれなりに多くて入りやすいのもあります。

セブ島中華料理店 luy’s classic tea house|セブ島留学マナビジン

小籠包は特におすすめ。

Bayfront Hotel Buffet(ベイフロントホテル)

CafeBreeze Buffet| SMモールの隣、BayFront Hotel内にある格安ビュッフェ

SMモールのNorthWingから徒歩5分にある比較的新しいホテル。ここではランチも夜もビュッフェを楽しむことができます。

CafeBreeze Buffet| SMモールの隣、BayFront Hotel内にある格安ビュッフェ
ランチ価格は350peso、夜でも500peso前後なので、ちょっとゆっくり食事したい方はこちらがおすすめ。タクシーを呼ぶにしても、予め呼んでおいてレストランで座っていましょう。

▶︎CafeBreeze Buffet| SMモールの隣、BayFront Hotel内にある格安ビュッフェ

SMモールに行くべき9つの理由

1. ショッピングしやすい「North Wingエリア」

SM CITY
SMモールのメイン入り口は「エントランス1」ですが、私は2007年に拡張オープンした「ノースウィング」の入り口が好きです。

他のエリアより比較的新しいので、とても綺麗で洗練された雰囲気です。聞き慣れている洋服のショップも密集していて、ショッピングする際の動線が短くて済みます。

SM CITY
エントランス左側には、シンガポール発祥のインターナショナルベーカリー「Bread Talk」があり、目印となります。

SM CITY
中に入ると、真正面にはSMグループの自社の百貨店である「THE SM STORE」が見えます。フィリピンの大型ショッピングモールの特徴は、モールの中に自社直営の百貨店があるということです。

SM CITY
「THE SM STORE」から眺めたエントランス側です。

SM CITY
2階から見下ろす巨大なホールの様子です。普段はイベントスペースとしても使われていますが、クリスマスシーズンになると巨大なクリスマスツリーが飾られ、記念写真を撮るための長蛇の列ができたりもします。

SM CITY
私たちも知っている洋服や靴、雑貨などの店舗は、だいたい「North Wing」エリアの1階と2階に密集しています。迷路のようなモールの中をくるくる回ったり、迷ったりする必要なく、効率的にショッピングを楽しむことができます。

SM CITY
今年に入って新しくオープンした「SUNNIES STUDIO(サニーズスタジオ)」というお店です。

左側はメガネショップ、右側はコスメティックショップです。ピンク色をベースにしながらも未来志向的なインテリアが気になって中に入ってみました。

SM CITY
「SUNNIES STUDIOS」は、もともと通販およびSMモールやアヤラモールの通路に小さな販売ブース出店していた、サングラスの専門店です。1,000円ほどで可愛いデザインのサングラスが買えるので、コスパの良いアイテムとして人気を集めていたのです。

SM CITY
この度SMモールにもに正式なショップをオープンしました。サングラスだけではなく、メガネなども販売しています。

SM CITY
アイウェアから、リーズナブルな値段のコスメティックラインまで手がけています。リップやチックなどがメインアイテムのようです。

SM CITY
1階のエントランスから入ってすぐ右側の突き当たりまで行くと、大型のH&Mショップがあります。女性・男性・キッズ・下着類まで幅広く揃っています。

SM CITY
H&Mの反対側、1階のエントランスから左側に曲がった突き当たりには、日本のグローバルブランド「ユニクロ」があります。

季節に合わせてヒートテックや手袋、厚めの靴下などの冬物も販売するため、冬に帰国される留学生にも役に立ちます。

SM CITY
「North Wing」エリアには「スターバックス」・「Coffee Beans」などのカフェやサンドイッチなどの軽食が美味しい「abaca Bakery」、ジェラートの専門店の「gelatissimo」などがあり、お買い物途中に休憩を取るにも良いです。

それでは、2階に上がってみましょう。

SM CITY
結婚式や卒業パーティー、クリスマスパーティーなどイベントやパーティーが多い、フィリピン。ロングドレスを着用するフィリピン人女性も多いです。「SM STORE」2階のレディースコーナーには、色んなデザインのパーティードレスを販売しています。

特にパーティーだけではなく出費が多い年末に備えて、クリアランスセールが開催される7月に前もってお安くドレスを購入する女性も多いそうです。

SM CITY
「SM STORE」の向かい側には「FOREVER 21」の大型ショップがあります。1階はメンズ、2階はレディースや雑貨コーナーになっています。とても広いですし、シーズンによっては冬着も並びます。

SM CITY
特にこちらのショップには、「PLUS SHOP」という、可愛いデザインはそのままながら、大きいサイズの洋服を扱っているコーナーもあり、とても便利です。

「North Wing」エリアなら、セブ島留学中に必要な洋服や水着、下着などを手早く揃えることができます。皆さん、買い物に迷ったらどうぞ、こちらへ!

2. クオリティの高いお土産ショップ「Kultura」

SM CITY
「ユニクロ」のすぐ隣には、SM系列のモールに出店しているお土産専門店の「Kultura」があります。

SM CITY
Tシャツ、マグカップ、タンブラーなど他のお土産ショップに置いてある物はもちろんのこと、フィリピンならではの雑貨や洋服、ジュエリーなども買うことができます。

SM CITY
ドライマンゴー、バナナチップスなどスーパーでも見かける定番のお土産も、一通り揃っています。

SM CITY
もちろんココナッツオイルやパパイヤの石鹸などもありますよ!

SM CITY
フィリピン産の天然材料だけを使う「PILI&PINO」ブランドのジャムやシロップ、グラノーラなども手に入ります。クオリティが高くて可愛いパッケージは、ギフトとしても申し分ないです。

SM CITY
フィリピンはハンドメイドのラタン(籐)工芸品も有名です。「Kultura」のラタンプレートマットやコースター、ペン立てなどは自分で使いたいぐらい魅力的な物でした。

SM CITY
またセブ島は貝殻を使った工芸品でも有名です。よくある黒い下地の貝殻細工ではなく、カニやヤシの木、バナナの葉っぱなどが描かれている食器は、可愛いながらもトロピカル感があります。

SM CITY
貝殼を使った写真立てやティッシュ箱などは、華やかさと共に高級感さえも感じられます。

SM CITY
ココナッツの葉っぱを編んで作られた可愛いミニバスケットに入っているナプキン。環境に優しそうなラッピングで、心も温まります。

SM CITY
こちらは麻(リネン)素材の爽やかなアクセサリー入れや写真立てです。

SM CITY
フィリピンを代表する交通手段のジプニーも、アンティーク風のオシャレな雑貨として販売しています。

SM CITY
カラフルなウクレレや、ハンドメイドのキーホルダーなども見逃すことはできません。

SM CITY
フィリピンは真珠が沢山とれることでも有名です。「Kultura」では、天然真珠のアクセサリーから、低価格の養殖真珠まで幅広い製品があります。お母さんへのプレゼントとしていかがでしょうか。

SM CITY
これは「バロン」という麻繊維で作られたフィリピンの伝統衣装です。正装なので、結婚式などの重要な行事に着ることが多いです。様々なデザインのバロンを見るのも楽しさの一つです。

SM CITY
正装だけではなく、フィリピンの国旗が入ったジャージやTシャツなども販売しています。

本当に魅力的な物を多種多様に揃えているので、買わずに見るだけでも楽しくなります。クレジットカードも使えるので便利です。店内にはギフト用にラッピングしてくれるブースもあります。是非立ち寄ってみてください。

3. 可愛い日用品が盛り沢山「MINISO」

SM CITY
SMモールの2階には 「シンプル、ロープライス、良質」をコンセプトにしている「ミニソー」という雑貨店があります。日本のデザインを採用したと宣伝し、今は世界に展開していますが、実は中国の企業です。

SM CITY
当初は「DAISO」のパクリ(?)疑惑もあったので、私もあまり利用しなかったですが、今回SMモール店に行ってみて、そのアイテムの充実さ可愛いデザインにビックリしました!

SM CITY
特に美容グッズが素晴らしい!電動ブラシは、わずか399ペソ(850円)!日本から持ってくる必要ありません。

SM CITY
また男性の方には馴染みのない商品ですが、これらは最近流行っているシリコン製の水に洗える防水電動クレンザーです。

SM CITY
マッサージグッズや小顔作りに効果があるという美顔ローラーなどもあります。

SM CITY
ユニークなデザインのマスクや可愛いデザインのアイマスク。

SM CITY
ジムに行かずに部屋で簡単に体を鍛えられるホームトレーニンググッズも色々と揃っています。

SM CITY
ボディー作りに欠かせない体重計も399ペソから!

SM CITY
勉強に使えるグッズもありました。お部屋の電気が暗かったら、これらの卓上ランプが役に立ちそうです。

SM CITY
ノートPCに繋いで使えるUSB付きランプもありす!

SM CITY
ピンクやホワイト、ピスタチオ色のミニキボードとマウスのセット。

SM CITY
外出時の必需品、ポータブル扇風機もわずか499ペソ(約1,050円)です。

SM CITY
食器や弁当箱などのキッチングッズはもちろん、ミキサー、コーヒーマシン、ジューサーも販売していてビックり!

SM CITY
猫顔のキュートな蓋が付いたこの可愛いマグカップは、真ん中の魚にお茶っ葉を入れることができます。

SM CITY
ぬいぐるみやミニカーなどの玩具も揃っています。

SM CITY
誕生日パーティーなどの飾りグッズも!

SM CITY
その他にも留学中に役に立ちそうな物が沢山ありますので、是非チッェクしてみてください!

4. コスパ最強のビュッフェ「VIKINGS」

SM CITY
「VIKINGS」は、美味しい洋食と中華、和食やデザートまで思いっきり食べられるビュッフェレストラン。「North Wingエリア」の2階にあります。

SM CITY
料金は平日のランチなら税抜きで688ペソ(約1,450円)、平日のディナー、週末や祝日のランチやディナーは888ペソ(約1,850円)です。

しかも、ビールまで含まれた料金なのでとてもお得!

SM CITY
店内は広いですが平日のランチでも混んでいるので、予約して席を確保することをおすすめします。

SM CITY
ジュース類も色々あり、とても可愛いです。

SM CITY
チーズの種類も豊富!

SM CITY
ローストチキンやターキー、ポークリブなども美味しそうです。

SM CITY
オーダーメイドで食べられる中華麺の具材も色とりどり。

SM CITY
子供達に大人気!シーズンによってはお菓子の家もあります。

SM CITY
近くには今年オープンし注目を集めている「MACAO IMPERIAL TEA」というミルクティーのお店もありますので、食後にはこちらもチェックしてみてください。

より詳しくはこちらへ
▶︎【Vikings】ホテルビュッフェを超えた!SMに長蛇の列が出来た噂のお店

5. サイバーゾーンはセブの電気街

SM CITY
同じく2階、「VIKINGS」から出て左側、そして「MACAO IMPERIAL TEA」の向かい側にあるのは、スマホやパソコン関連のショップが集まっている「CYBER ZONE」です。

SM CITY
アップル社直営の「Apple Store」ではありませんが、iPhone、MacBookなどのアップル社の製品を扱っている「iStore」が入り口近くにあります。

SM CITY
ここでは「SONY」「SAMSUNG」「DELL」「HP」「ASUS」「Acer」などのパソコンやノートPCの購入、および修理の受付などができます。

SM CITY
スマホのアクセサリーやメモリーカードなどのアクセサリーショップも多いので、きっと必要な物が見つけると思います。

SM CITY
最近話題の「HUAWEI」の売り場も!


「REPUBLIC OF GAMES」はゲーム専用のパソコンやノートPC、キーボードなどを扱っているショップもありますので、ゲーム好きの方はチェックしてみてください。

6. フードコートがすごい

SM CITY
セブ島のほどんどのショッピングモールにあるフードコート。100ペソちょっとで1食が食べられる上に、料理を待つ時間も短くてとても便利です。

SM CITY
ただ私は少しごちゃごちゃしているイメージがあったので、今まであまり利用しなかったです。

しかし、このSMモールの地下1階(LG)にあるフードコート! 2017年の11月にリニューアルオープンしてとても快適になりました!

SM CITY
壁に沿ってお店が並び、テーブルが置かれている真ん中の好きな席で食べれば良いです。食事が終わったらフードコートのスタッフがテーブルを片付けてくれるので、食べ終わったお皿を片す必要はありません。

SM CITY
フィリピン料理に、日本食、中華、韓国料理、イタリアン、最近流行っているケバブなどのラップもあります。どれを選べば良いか悩んでしまうほどです。

SM CITY
注文する際は、左下にあるトレイを取って、ガラス越しに並べてあるメニューを言ってください。料理名が分からない時は、指差しでも大丈夫です。

そしてその場でお会計をします。

SM CITY
美味しそうなフィリピン料理がたくさんあるので、全部チャレンジしてみたいです(笑)

SM CITY
シュウマイなどが食べられる点心コーナーも。

SM CITY
ご飯と料理が鉄板のお皿に出てくるシーズリングコーナーもリーズナブルなお値段です。

SM CITY
チーズたっぷりのピザやパスタなどが食べられるイタリアンもあります。

SM CITY
フードコートの中には、フルーツジュースやミルクティーなどを販売するブースもありますよ。飲み物も充実しています。

SM CITY
様々なお店がありますが、私が選んだのは、和食専門店の「Okinawa Heat」です。セブ市内に2店舗を展開している有名店のフードコート店舗です。

SM CITY
豚カツ、お好み焼き、うどん、カレー、牛丼やラーメンまでリーズナブルな値段で食べられます。ちなみに、サンミゲルなども缶ビールも置いています。

SM CITY
199ペソのチキン南蛮です。揚げたてのチキンカツが美味しいです。タルタルソースも、玉ねぎの甘みや卵の旨味が絶妙なバランスで本当に絶品です!

シャキシャキのキャベツまで付いていて嬉しい!これはオススメです。

SM CITY
さて、フードコートの一番奥の壁側に不思議な空間があります。その中にはどんな世界が広がっているのでしょうか。

SM CITY
入り口のすぐには華麗な電飾のメリーゴーランド。

SM CITY
そうなんです。フードコートの奥側にはゲームセンターがあったのです!

SM CITY
意外と本格的でバンパーカーも楽しめます。

SM CITY
小さなお子様たちがお仕事体験のロールプレイングできるコーナーもあります。

他にも多様多種の設備が揃っていますので、是非お子様連れの方はチェックしてみてください。

SMモールのその他のキッズランドはこちらの記事をどうぞ
▶︎SMモール内【キッズランド】5つ星ホテルの隣にある多様な遊び場

7. IMAX映画が楽しめるSM CINEMA

SM CITY
SMモールの3階には「SM CINEMA」という映画館があります。8つのシアターがあります。

SM CITY
アヤラやロビンソンガラリアなどの有名なモールにも映画館がありますが、SMモールでは「IMAX」の映画も観ることができます。


「IMAX」とは、 通常の映画で使用されるフィルムよりも大きなサイズのIMAXフォーマットで撮影された映画のことで、より臨場感の溢れる映画鑑賞ができます。

SM CITY
チケット料金は、一般映画が240ペソ(約500円)、IMAX映画が350~400ペソ(約800円前後)です。IMAX映画でも、日本より半額以上の安い値段で楽しめます。

SM CITY
売店では映画館の定番スナックである、ポップコーンやポテチなどのおやつを販売しています。外部から買ってきたハンバーガーやピザなどは持ち込み禁止なので、気をつけてくださいね!

SM CITY
映画館のチケット売り場近くには、マッサージチェアーがあります。利用料金は6分で20ペソ、15分で50ペソ、そして30分で100ペソととても安い!

映画が始まるまで時間が余ったら利用してみてはいかがでしょうか。

8. ボーリング場でストレス発散

SM CITY
SMモールの3階、映画館の隣にはボーリング場があります。

SM CITY
料金レートは、1人あたり(1ゲーム)
・月曜日〜木曜日は120ペソ(約250円)
・金・土・日は130ペソ(約275円)
で、とても安いです。シューズは50ペソでレンタル出来ます。

SM CITY
店内には1時間200ペソ(約420円)で楽しめる、ビリヤード台もあります。ストレスを発散したい方や友達とゲームしたい方はSMモールの3階へ行きましょう!

SM CITY
同じく3階にはお子様たちが楽しめる場所があります。

「Astro’s Space Park」は、宇宙をモチーフにした新感覚のプレイルームです。

SM CITY
利用料金は、30分で175ペソ、1時間に250ペソ、2時間に400ペソ、3時間に500ペソです。

SM CITY
またその隣には、「TOY KINGDOM」という大型のオモチャ屋があります。

SM CITY
入り口の両サイドには、映画に出てきそうな等身大のロボットがガードマンして飾られており、お子様だけではなく、通行人の足を止める写真スポットになっています。

SM CITY
女の子向けのお人形セットや、男の子向けのロボットや車、レゴブロックやガチャガチャなどまでアイテムも充実しています!

9. 日本食材も買える

SM CITY
セブ島に滞在していると美味しいレストランも沢山あるので食には困りませんが、どうしても日本の味が恋しくなる時があります。

SMモールの地下1階(LG)にあるスーパーには、日本食材もたくさん揃っています。

SM CITY
スーパーの正面にはフィリピンのお菓子を販売しているブースがあります。揚げたバナナや葉っぱで巻いたお餅など、色々あるのでチェックしてみるのだけでも面白いです。

SM CITY
ドライマンゴーやバナナチップス、オタップという焼き菓子などの人気のお土産もここに。

それでは、スーパーの中をチェックしてみましょう。

SM CITY
25番の「ASIAN PRODUCTS」コーナーには日本の食材がぎっしり!

カレールーやインスタントラーメン、カップ麺やカップ焼きそば、うどん、ふりかけやお菓子、めんつゆまであります。

SM CITY
日本の食材が簡単に手に入ると想定していなかった方には嬉しい情報ですよね!

SM CITY
お土産コーナーもあります。ドライマンゴーだけではなく、パイナップルやココナッツなどドライフルーツが沢山あります。何を選べばいいか悩んでしまうほどです。

SM CITY
そして虫除けのローションの「OFF!」。山や海などにお出かけの際の必需品です。

SM CITY
ところで、スーパーマーケットがある地下1階(LG)には、モールの中で使えるベービーカーの貸出所があります。小さなお子様づれの方も安心。

英語では「Baby Stroller(ベービーストローラー)」と言います。

SM CITY
スーパーでお買い物を終えると、荷物が重たくなりがちです。そんな時は1階メインエントランスやノースウィングのタクシー乗り場まで行く必要はありません。地下1階の3番出口にもタクシー乗り場がありますよ。

SM CITY
ここはあまり混んでないので、長い時間並ばなくて済むのも嬉しいです。もし配車アプリの「Grab」を使う場合は、待ち合わせ場所を「エントランス3」に指定してくださいね。

Grabについてはこちらの記事をどうぞ
▶︎セブ島タクシー・Grab(グラブ)完全攻略!捕まえ方・配車アプリ・ぼったくり対策まで

まとめ

効率よくショッピングなら「North Wing」、クオリティの高いお土産を買いたいなら「Kultura」、地下1階にあるゲームセンターでゲームを楽しんだり、コスパの良い「VIKINGS」でビュッフェやフードコートでサクッと食べることもできますよ。

留学中の方は、可愛い日用品を「MINISO」で購入し、「CYBER ZONE」で最新のモバイル機器やアクセサリーを見つけたり、映画館でIMAX映画を観たり、隣にあるボーリング場でストレスを発散するのはいかがですか?

帰りには地下1階にあるスーパーに寄って日本のカップ麺やお菓子を買って帰るのもお忘れなく!

セブ島のもう1つの人気ショッピングモール、アヤラモールの記事はこちら
▶︎【アヤラモール完全攻略】スーパー、タクシー、ATM、レートの良い両替所まで