セブブルーオーシャンアカデミー(Cebu Blue Ocean Academy)は、2001年からフィリピンのバギオで運営しているスパルタ校として有名なPINES(パインス)が新しくオープンさせた、韓国資本の語学学校です。

主な特徴はセミスパルタ校である事、オプションを含めた学習時間が長い事、そして何と言ってもセブ島のリゾート内にある事でしょう。
セブブルーオーシャン公式サイトはこちら

セブブルーオーシャンはこんな方におすすめ!

・セミスパルタの環境で勉強したい
・ホテル、プール、スパ充実!リゾート内の環境で勉強したい
・韓国人、台湾人も含めた多国籍な環境で勉強したい
・マンツーマン、1日最大9時間受講したい
・土日に海系のアクティビティを楽しみたい

セミスパルタ校とは?
フィリピン留学において「スパルタ校」とは平日外出禁止、授業欠席ペナルティ、拘束時間が非常に長い(自習含めた義務学習時間が長い)などが挙げられます。セミスパルタ校はそのスパルタ校を緩くした校則を持つ学校です。
セブブルーオーシャンの場合は、平日の門限は10時まで、金曜日と土曜日は深夜0時まで(申請して延長可能)、授業数を選べる、といったスパルタ校に比べると比較的自由がある学校です。

立地場所

セブブルーオーシャンアカデミー

googleマップで開く

セブブルーオーシャンがある場所はセブの中でもマクタン島にあります。マクタン島は一言で言えばリゾートエリア。空港からは車で約20分「EGIリゾート」内にある語学学校です。

セブブルーオーシャンアカデミー

EGIリゾートは3つのプール、ビーチ、コンドミニアム、スパ、レストラン、ダイビングショップまで併設された、セブ島でも比較的大きめのリゾートとして人気があります。

セブブルーオーシャンアカデミー

その中で、セブブルーオーシャンアカデミーはEGIリゾートのゲートを入ってすぐの所、一番手前にあります。

上記の写真の建物はセブブルーオーシャンの教室、ジム、カフェラウンジ、食堂、オフィスが入った複合施設で、写真だけでなく実際も本当にキレイです。

というのもこの建物、ゼロから作り始め、2015年に出来たばかりの学校だからです。そのため、外観だけでなく内装もピカピカ!

以下で見てみましょう。

学校施設

1階はカフェ・食堂、ジムなどになっていますので、先に2階の教室とオフィスからご紹介します。

セブブルーオーシャンアカデミー

2階への階段を登るとすぐに、掲示板があります。ここで主なインフォメーションをチェック。授業に無断欠席すると、名前を貼りだされるかも(?)

セブブルーオーシャンアカデミー

そのとなり、受付・オフィスです。オフィスは常時、日本人(3名)、韓国人、台湾人スタッフがいます。日本人スタッフは日本人が30名~50名前後と考えれば十分でしょう。

コラム:国籍の比率について

セブブルーオーシャンアカデミーでは毎週「国籍比率と空き状況」といった連絡メールが、各エージェントさんや当サイトのようなメディアサイトに届くのですが、それを見ている限り国籍の比率は、日本人が30%~40%、韓国人25%、台湾人25%、残り10%にタイ、ベトナム、中国、スペインといった感じが平均になっています。
常時5ヶ国以上はいる学校です。また、夏休みや春休みは日本人比率が高まりますが、現状ではそれでも半数以上にはなっていません。日本人以外の方と交流する機会を増やすのであれば、チャンスのありそうな学校ですね。なお、定員数は120人です。

続いて各教室を確認しましょう。

セブブルーオーシャンアカデミー

各教室の壁は真っ白。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

教室は個室型になっており、マンツーマン授業をする際に使います。他の方に自分の英語を聞かれるのが苦手な方は特に安心して授業が受けられるでしょう。

セブブルーオーシャンアカデミー

先生と生徒。机が少し大きめなので、スペースを広く使うことが出来ます。

セブブルーオーシャンアカデミー

こちらは親子留学で来ている生徒さん。

コラム2:韓国人の英語勉強事情

多くの韓国人を見てきているセブブルーオーシャンのマネージャーさん曰く、日本人で親子留学される方はまだまだ少ないですが、韓国人は親子留学を通じてフィリピンで勉強するスタイルが当たり前になっているとの事です。

最近はフィリピン留学する韓国人が減ってきていると聞きますが、その要因として経済の影響だけでなく、この写真の子のように子供の時にフィリピン留学をしている方が多く、大学生の頃は欧米留学をする傾向があるようです。こういう話を聞くと英語教育に関しては韓国は、日本の一歩先を進んでいると言わざるをえませんね。。。セブブルーオーシャンで一緒に勉強することで、彼らから得られることも多いのではないでしょうか。

セブブルーオーシャンアカデミー

とうわけで韓国系の語学学校は、子供用のカリキュラムも充実している学校も多いです。

セブブルーオーシャンアカデミー

こちらはグループクラスの様子。グループクラスは最大4名で行います。韓国資本でありがちな、「グループクラス=10名などの大人数」ではなく日系と同じように最大4名までで行います。

実はセブブルーオーシャン並びにPINESのオーナーは、経営者育ちではなく大学教授!そのためか、カリキュラムや授業形態、生徒の学習力へのこだわりが強く、随所にそれが表れています。

授業カリキュラム

セブブルーオーシャンアカデミーのカリキュラムはこちら。

セブブルーオーシャンアカデミー

一般英会話コースの1日の授業数は5時間~9時間。マンツーマン数は3,5,7,9コマの中から選ぶことができます。それ以外にもビジネスコースとファミリーコースがあります。最も人気なのはGeneral ESLやIntensive ESLなどの7時間コース。

特徴は以下

①フィリピンで15年以上の実績校が作るカリキュラム

フィリピン・バギオにあるPINES(パインス)の授業カリキュラムとメソッドをそのままセブ島に持ってきました。15年以上運営しながら改善してきたノウハウです。

②バギオから来ている先生が7割

バギオは大学が多数あることから教師の質が高いと言われています。セブブルーオーシャンの開校時は、その中でも既に実績のあるPINESの先生たちをセブ島に連れて来ました。現在でも7割の先生が残って働いています。全く経験のない先生ではなく、既に力のある先生に教えてもらえるのが強みです。なお、それでも合わない場合は先生を変更することも可能です。

③オプションクラスに注目

上記のカリキュラム表を見ると「オプションクラス」と記載があります。セブブルーオーシャンの一般授業は朝8時~夜6時で完了しますが、朝7時からと夜の夕食後に参加自由のオプションクラスがあります。主なカリキュラムは「初級発音、中級スピーキング、中級グラマー」のグループクラス。

バギオのパインス校では3点セットで有料販売しているものを、こちらのセブブルーオーシャンだと無料提供!グループレッスンといっても最大4人までのクラス。そのため、単純にグループレッスが無料でついてくる事になるので、かなりお得感があります。

④深夜0時まで自習スペースを開放

自習室がない代わりに各マンツーマンスペースやグループクラスのスペースを深夜0時まで使うことができます。複数箇所あるため、騒がしくなって勉強に集中出来ない・・・といったことがありません。

宿泊施設

セブブルーオーシャンアカデミーの宿泊施設は、EGIホテル内の8階~10階を利用します。

EGI|外観

こちらの左側がEGIのホテル、右側は別のコンドミニアムです。

EGI|ラウンジ

1階はEGI内のレストラン。

セブブルーオーシャンアカデミー

宿泊施設の様子、こちらは二人部屋です。

セブブルーオーシャンアカデミー

クローゼット、勉強机、エアコン、冷蔵庫完備

セブブルーオーシャンアカデミー

トイレとシャワールーム。なんとお風呂に入れます。

セブブルーオーシャンアカデミー

部屋からベランダに出てみると・・・

セブブルーオーシャンアカデミー

真下にEGIリゾートのプールとビーチ

セブブルーオーシャンアカデミー

オーシャンビューの部屋であれば、晴れた日はこのようにビーチと海を一望できます。

コラム3:EGIはどのクラスのホテル?

EGIリゾートのホテルがどのクラスのホテルかというのは、アゴダ(ネットでホテルを予約出来るサイト)を見るのが良いかもしれません。アゴダでは6000円前後で提供しているので、そのぐらいの価格帯のホテルだと認識しておきましょう!

ちなみに、近隣のホテルに5スターリゾートの一つ「J Park Island」があります。お子さん連れの方の土日の過ごし方として、こういったリゾートホテルをビジターとして利用する方も多いようです。

コラム4:洗濯物、ランドリーはどうなってる?

セブブルーオーシャンアカデミー

洗濯物は学校内のランドリーコーナでお願いできます。スタッフが洗濯・乾燥・たたみまでまでやってくれ、100ペソです。午前中出すと、午後には受け取れます。

セブブルーオーシャンアカデミー

乾燥まで出来る洗濯機。メーカーはやはり韓国資本の学校なだけにLGですね(笑)。
 

食事内容

続いて食事。セブブルーオーシャンでは平日、土日問わず3食出ます。

セブブルーオーシャンアカデミー

1階の食堂の様子です。

セブブルーオーシャンアカデミー

その日の献立と翌日の献立がこのように貼りだされますので、これを見て外食する日を決めても良いかもしれませんね。なお、実際に私もランチを食べさせてもらいましたが、食事は中々イケましたよ!

日本人担当者に話を聞くと、以前はあまりこだわっていなかったようですが、日本人留学生の増加に伴いクレームが発生し、今ではしっかりと食事に予算を回すようになったそうです。

ジムが使えます

セブブルーオーシャンはジムも完備!

セブブルーオーシャンアカデミー

EGIリゾート内にはジムがないので、留学生の方はここを利用します。ランニングマシーンから・・・

セブブルーオーシャンアカデミー

フリーウェイトもあり!

セブブルーオーシャンアカデミー

ダンベルもしっかりありますので、色々なトレーニングが可能ですね。(あ、もちろん軽いのからありますので女性の方もご安心ください。)

「ジムは別に必要ではない」と思う留学生も多いかもしれませんが、留学中は1日6時間~9時間の勉強をします。ほぼ座って授業を行うため、勉強しはじめると、意外とストレスがたまるんですね。学校内にジムがあるありがたさは、留学してから分かるかもしれません。

カフェ

セブブルーオーシャンアカデミー

1階にWiFiが強めの学習スペース&カフェがあります。

セブブルーオーシャンアカデミー

パソコンも使うことが出来ます。

セブブルーオーシャンアカデミー

カフェというだけあって、飲み物や食べ物をここで購入することも出来ますよ。マンゴーシェイクが美味しいです!

WiFi環境

現状でセブブルーオーシャンのWiFiは、メールは問題なし、動画は微妙なぐらいの強さだそうです。

現在、部屋にWiFiが通るような工事もスタートしているとのことですので、皆さんが留学する時は改善されていると思われます。

ただ、いずれにしましても過度な期待はしない方が良いでしょう。必要な場合は上記のカフェテリアで使用するのがおすすめ!

セブブルーオーシャンのその他のメリット

授業の合間にもプールに入れる

セブブルーオーシャンアカデミー

セブブルーオーシャンのカリキュラムは朝8時~夕方6時までの10時間です。9時間マンツーマンコースを入れた場合は全く空きがありませんが、7時間コースの場合はどこかで2時間の空きが出来ます。こういった場合に、プールを利用してリフレッシュをする方も少なくないようです。

通常、学校のプールだと授業の合間に入るのって、何となくためらってしまいますよね?でも、ここのプールはEGIリゾートのプール。そのため、留学生側からすると一般の観光客も入っているため、比較的入りやすいようです。プールの場所も授業施設から少し離れているため、他の生徒からの目線も気になりません。プールに入らなくても海辺やプールサイドでリラックスをしながら自習すれば、脳への良いリフレッシュになるでしょう。

校則があるため、夜に出歩く生徒が少ない

平日の門限は10時、金曜日と土曜日は12時まで。朝は8時から授業がスタート。無断欠席はペナルティー。こういったセミスパルタの校則があるためか、留学生は勉強熱心で夜まで勉強する方が多いようです。食事も3食付いているというのも、出かける方が少なくなる理由の一つでしょう。

真面目に勉強するには良い環境です。(なお、ピークシーズンではない平均年齢は28歳と意外と高め)

海が近い

セブ島留学中の土日の過ごし方といえば、海!っと思う方も少なくないはず。

セブブルーオーシャンは海沿いのリゾートのため、海へのアクセスが良い学校の一つです。EGIリゾートの中でも遊べますし、いくつかの島をめぐるアイランドホッポング、ウォータースポーツ(バナナボート、パラセイリング)は近場の安い所まで徒歩でいけます。お子さんの土日の過ごし方としてもおすすめ!

また、ダイビングショップも併設しているので、ライセンスを取りたい方には便利でしょう。

周辺の環境も比較的便利

周辺はレストラン、マッサージ(これはEGI内にもありますが)、スーパー、両替所などが整っています。
セブブルーオーシャン公式サイトはこちら

セブブルーオーシャンの口コミ体験談

私が今回このアカデミーで得たものはコミュニケーション力です。私は、以前から人と話すことが苦手で自分を表現するのに苦労していました。最初は、先生に対して緊張してしまい、毎度のようにリラックスして、食べたりしないからと声をかけられていました。しかし、最後の週、4週目には友達かのように話せるようになっていました。また、ルームメイトが日本人ではないため、英語で会話をすることで、英語での会話力向上につながるとともに友達の幅も広がりました。(K・Aさん)

私がこの学校を選んだのは、海が近くてホテルに滞在できると知ったからです。最初はこんな理由でこの学校に決めましたが、3ヶ月ブルーオーシャンで英語を学び、ロケーションはもちろん、先生の質が良く、とても満足しています。
来る前フィリピン人はかなり英語の訛りがあると聞いていましたが、私はまったく感じませんでした。みんな親切で、熱心で、先生と仲良くなって、英語で会話するのがとても楽しかったです。この学校の設備もまたキレイで、快適に3ヶ月過ごすことができました。3ヶ月という期間は私にとってあっという間で、もっとここで勉強したいと強く思いました。(A・Kさん)

細かい内容まで心配りのある素晴らしい学校でした。使用したテキストも私にはちょうどよく、レベルチェックのフィードバックも的確で驚きました。先生方も大変しっかりとした人ばかりで、勉強になりました。
カフェやホテルも使いやすく、快適でした。食事は少し心配していましたが、思ったよりもずっと美味しく満足できるものでした。
もし、またセブ留学ができるなら、この学校に来たいと思います。(T・Tさん)

その他、当サイト内の体験談
「旅行気分も満喫できて、勉強もできる環境が整っている学校でした!」

日本人スタッフに直接聞きました!

2019年1月現在の情報です。

繁忙期(7月〜9月、2月〜3月)の年齢層を教えてください。
日本人の生徒の場合は大学生35%〜40%ぐらいです。韓国人は8月だともう大学生は少なく、社会人がメインになります。2〜3月も一緒ですね。
外国人の比率を教えてください。
日本人4割以下、韓国30前半、台湾15〜20、中国、ベトナム、モンゴルは常時、その他スペイン、ベラルーシ、ウクライナですね。
よくあるクレームはどんなものがありますか?
WiFiの弱さを指摘される事があります。宿泊施設は比較的問題がないのですが、授業施設は休憩中は生徒さんがみんな一緒に接続するので、スピードが遅くなることがよくあります。
昼食後の休憩時間を、生徒はどのように過ごしていますか?
休憩時間は1時間です。カフェでくつろぐ方、部屋に戻る方、また、ホテルとキャンパスの間に涼む木陰があるので、そこにいる方もいます。
こういうタイプの生徒さんは、当校にばっちりだ!というのはどんな方ですか?
目的意識を持っている人に合っていると思います。8月は大学生が多いので雰囲気が変わりますが、それ以外は全体的に真面目です。セミスパルタなのもポイントですね。
どういう生徒は自校に合わないと思いますか?
遊びに来ている人は厳しいです。というのも当校はセミスパルタ校で、休んだら休んだ時間分の補習(自習)をしなければいけません、その週の中で。それをサボると警告がでます。警告を3回もらうと退学の可能性があります。

誰が何日、何時間の補習がのこっているかを毎日アップデートして、掲示板に張り出します。補修に来たかどうかも、先生が出席をチェックしているので分かります。

もちろん体調不良の場合は休んで問題ありませんが、それも当校の専属ナースがOKを出してからです。休んでOKが出ない場合は、サボりとみなしますので補習対象です。

「お金払っているのだから、自由にしてよ」という風におっしゃられるのも分かるのですが、当校は勉強する雰囲気を大事にしているので、そのようにさせてもらっています。

自分の英語力アップをどのような形で測れますか?
レベルが10段階に分かれており、隔週でテストを受けてもらいます。ギュッとはなっていますが、スピーキング、リスニング、ライティング、リーディングが全部揃っていますので、それで判断できます。基準は今後セファールにあわせていく予定です。
留学生は平日は授業後はどのように過ごしていますか?
夕食が18時〜19時、19時からはオプションクラスを取っている方が多いですね。オプションクラスは約1時間です。

そこから24時まで空いている自習室で勉強する方や、バーにいく方、ジムを使う方も多いです。いずれにしても門限が10時なので、平日は2時間〜3時間ぐらいの自由時間があると思っていてください。

土日はどのように過ごしていますか?
土曜日はセブ島らしい観光アクティビティに出かける方が多いです。日曜日は自習する方が多いですね。
渡航後〜初日の流れを教えてください。
土曜日に到着(ピックアップの時に会話している)→終わり→日曜日の午後レベルテスト→はじめまして→両替・買い物など→解散(ここで晩御飯を一緒に食べているパターンが多い)→月曜日の朝オリエン(国籍毎に分かれる)→昼ごはんのあとからレッスンスタート。

オプションクラスとか(なにか一つはとる)。最初の金曜日は短縮授業40分→少しだけ早く終えて、何かしらイベントをやっているといった感じです。

外国人と友達になる方法は何がありますか?
渡航日は学校主催の市内観光ツアーがあるので、そこで友達になりやすいです。あとは週末のイベント。一番はグループクラスでしょうね。
英会話力が上達している人は何ヶ月ぐらい留学していて、どんなコースを取っていますか?(具体的な例があれば)
劇的に変わった」と、目に見えるのは3ヶ月以上の留学生が多いです。以前、日本人留学生で英検5級程度の方(最初のスピーキングの練習でほとんど発声できないレベル)が、6ヶ月の留学で2級以上の英会話力まで上がりました(アジア人との英会話なら問題なく出来るレベル)。

その方は当校卒業後、そのままセブ島の5スターホテルであるJパークアイランドのフロントスタッフの仕事についています。ほとんどゼロからでも半年間真剣に英語に取り組めば、英語を使う仕事に就けるとう一例です。

彼女は5時間マンツー+2時間グループを当校で受け、土日もフィリピン人の先生とよく英会話をしていました。

英会話力が上達した人は日々どんな過ごし方をしていますか?
日本人同士でつるまない人が多いです。台湾人や韓国人と仲良くなったり、先生と仲良くなる人は英会話力が向上するケースが多いですね。

当校では異性の先生と一対一での外出は禁止ですが、多人数や同性同士なら問題ありません。先生と時間を過ごしたりして引っ込み思案にならず、(多少恥ずかしいかもしれないけど)そういう状況に立ち向かっていける人は伸びます。

レストランや観光アクティビティ以外では、教会によく行く方も多いです。おすすめはJモール、3階の更に一つ上にある教会です。ここは英語で話をしてくれますので。

この学校が他の学校にはない強みはなんですか?
渡航前にイメージするセブ島、そのままがこの学校です。
金曜日に何か発表はあるか、卒業式スピーチやプレゼンはありますか?
フィリピン留学では珍しいと思いますが、全体での卒業式はありません。しかしながら、その週の金曜日に卒業する方から参加者を募って、休み時間に構内アナウンスを使い卒業式のスピーチを行います。受付で行いますが、そこではいつも多くの先生たちが見ているので、良い緊張感の中出来ると思いますよ。
プールは何時から何時まで使えますか?
朝8時から夜の8時までです。
先生たちと食事に出かけても良いですか?
1対1の場合は同性限定。複数名であれば特に問題なし。ただし、先生へのお酒の提供は禁止しています。
近くに和食レストランはありますか?あるとしたら、どのぐらいかかりますか?
徒歩圏内に3つの和食レストランがあります。
海は泳げますか?
入れます。ただしプールと違い、あまり期待しないでください。海は沖に出た方が断然キレイです。
オスロブのジンベイザメを見たいのですが、ツアーは学校で組んでくれますか?
学校でツアーは組んでいませんが、パンフレットは置いてあります。
アイランドホッピングの格安ツアーはありますか?
アイランドホッピングも同じく、パンフレットは置いてあります。
学校周りの治安状況で気をつけるべき点をおしえてください。
客引きには注意。安いからといって、安易について行かないこと。大きな問題は起きていませんが、「最初に言ってた金額異なる」というトラブルは発生しています。

旅行客が多いので安全性は高いです。車に気をつけるぐらいでしょうか。あ、野良犬や野良猫はいますので、念のため不用意に近づかないでください。

相部屋が合わない場合は部屋を移る事は可能ですか?
空いていれば可能です。
現地でコース変更はできますか?
できますが、コースによって難しい場合もあります(既に先生がセットアップされているため)。
先生が合わない場合は変更できますか?
中1日で可能です。

流れとしては、生徒が要望をスタッフに伝える→ヘッドティーチャーと先生でフィードバックし授業の改善を図る→改善されているかいないかを翌日生徒がチェック→それでも変更がない、生徒が満足出来ない場合は変更。

日本人スタッフは何名ぐらいいますか
2019年1月時点で3名です。
シャワーは温水ですか?また、水圧は強いですか?
温水、水圧ともに大丈夫ですが、たまに不具合があるとの連絡が入ります。
3食の食事は主に何を提供しますか
バラバラですねー。色々とバリエーションのある食事を提供しています。
日系よりも韓国系を選ぶメリットはどんな点がありますか?
私は日系も韓国系も両方の学校を経験していますが、韓国系の方が管理されていることが多い印象です。例えば、出席状況をチェックする、門限を作るなど。日系の学校は総合的な顧客満足度を重要視する傾向がありますが、韓国系は生徒の英語力向上度を重要視する傾向にあると思います。

そのため、授業をうけてもらわないことにはちゃんと評価されないし、生徒の英語力の向上も測れません。当校の校長は教育に対して熱意を持っており(元々教授)、新しい決めごとをする時は「それは生徒の英語力向上に役に立つのか」という点で判断しています。そのため、英語力向上を目的とする留学生にとって、最適な学校の一つだと思っていますよ。

公式サイトへ

更に詳しい情報や予約状況は、公式サイトから直接確認してみてください。

おすすめ関連記事はこちら