RICO'S LECHON(リコズ・レチョン)

皆さんレチョン(Lechon)を知っていますか?

子豚の丸焼きのことで、セブ島留学中の方なら先生に「一番有名なフィリピン料理は?」と聞くと、おそらく「レチョン!」と答えてくれるはずです。

セブは特にフィリピンでもレチョンが美味しい地域として有名で、わざわざマニラからレチョンを食べに来るフィリピン人もいるとか。

それでは、セブ島でオススメのレチョン専門店「RICO’S LECHON(リコズ・レチョン)」をご紹介します。

RICO’S LECHONとは

RICO’S LECHONはフィリピンで初めてスパイシーレチョンを販売したお店として有名なお店です。レチョンだけでなく、フィリピン料理も楽しむ事ができます。

昨年2017年まではセブ市内にも3店舗あったのですが、現在はマクタン島の空港近くの1店舗のみとなってしまいました。

今まで俺セブではRICO’S LECHONのレチョンをNo1 レチョンとして推していたのですが残念です(泣)


マリーナモールからは歩いて3分ぐらい、徒歩圏内です。マリーナモールは両替やお土産が買える中規模のショッピングモールです。

RICO'S LECHON(リコズ・レチョン)の外観
こちらが外観です。店内に入らず、外からお持ち帰りのレチョンが帰るようになっています。

レストランは朝10時開店ですが、お持ち帰りは朝6時から可能。夜は22時までです。

RICOS LECHON(リコズ・レチョン)
この日は金曜日の夜、結構混んでます。お店もそんなに広くないので、週末夜なら予約をしてから行った方がいいかなと思います。予約しないと待つかもしれません。

予約方法は最後にご紹介します。

RICOS LECHON(リコズ・レチョン)のキッチン
キッチンもガラス越しに見えるようになっています。

RICOS LECHON(リコズ・レチョン)
店内の写真を撮っていたらちょうどレチョンが届きました。炭火で数時間かけて焼くため、さすがにこのサイズを店内で焼くのは難しいようです。しかもこのレチョンはかなり大きいです!

ちなみにRICO’S LECHONに限らずだいたいどこでも予約すれば一匹丸々購入もできて、小さいサイズでは3,000ペソぐらいからですが、このサイズだと1万ペソ以上はすると思います。

RICO’S LECHONのメニュー

それではメニューをご紹介します。


レチョンは1/4kg、250gからオーダーできます。その他にも代表的なフィリピン料理はだいたいあります。

RICOS LECHON(リコズ・レチョン)のレチョン
まずはOriginal Lechon 1kg(645ペソ)です。
RICO’S LECHONに来たらレチョンは絶対オーダーしましょう!

塩加減もちょうど良く、ジューシーで美味しいです。脂身も多くなく、肉の味をしっかり楽しめます。

RICO’S LECHONはスパイシーレチョンが有名なんですが、これが結構辛いです。なのでオススメはオリジナルですね。スパイシーも試してみたいという方には、オリジナルにプラスして少量注文することをオススメします!

RICOS LECHON(リコズ・レチョン)のGarlicky Squid Balls
Garlicky Squid Balls(185ペソ)
イカを白身の団子状にして揚げた料理です。バターガーリック味で、食べたら病みつきになります。

RICOS LECHON(リコズ・レチョン)のCaldereta Na Kanding
Caldereta Na Kanding(390ペソ)
カルデレータというフィリピンの煮込み料理です。牛肉と人参、じゃがいもをトマトベースのソースで煮込んでいるので、日本人にも食べやすい味。フィリピンは牛肉が高いのでしょうがないのですが、ちょっと割高かなと思います。

ここではレチョンを食べることをオススメします!(笑)

RICOS LECHON(リコズ・レチョン)のMonngos
Monngos(190ペソ)
モンゴスという緑豆を煮込んだスープ。フィリピンでは一般的な家庭料理ですが、好き嫌いが分かれる味かもしれません。

RICOS LECHON(リコズ・レチョン)のBulalo
Bulalo(499ペソ)
Bulaloはタガログ語で「膝」のこと、牛の膝の肉を煮込んだスープです。関節のところだけでなく、周りの骨も一緒に煮込んでるのでコラーゲンたっぷりのスープです。お肉はそんなに量はないですが、スープは6人分以上はあります。

牛肉や野菜のダシが効いていて美味しいですが、ちょっと塩っぱいですね。あと黒胡椒がそのまま入ってるのでピリッときます。

あと、今回は注文しませんでしたがDinuguan(ディヌグアン)もあります。豚肉を豚の血で煮込んだスープです。意外とイケます。血生臭さはなく濃厚なシチューといった感じ。フィリピン料理店でも新鮮な豚肉を扱っているところでしか食べられないので、気になる方は是非!

RICO’S LECHONの周辺

先ほどもご紹介したようにマリーナモールのスタバから少し空港に近いところにあります。モールではなく10店舗ぐらいのお店が集まっているのですが、ここはなぜかレチョンのお店が5店鋪あります。

なので、他のレチョンのお店も外観だけご紹介します。

RICOS LECHON(リコズ・レチョン)近くのZUBUCHON
ZUBUCHON(ズブチョン)です。SMモールやマリーナモールなど、他にも多くの支店があるお店。ただここは持ち帰り・お土産専門店です。マリーナモール店はレストランです。

お土産用にチチャロンという豚の皮を揚げたスナックや冷凍のレチョンを購入できるのですが、日本には検疫の関係で持って帰れないので注意してください。

他にもローカルのレチョン専門店があります。持ち帰りがメインで、お店で食べる場合は屋外席しかありません。

セブ島で一番美味しいレチョン

カルカルのレチョン
実はセブ島で一番美味しいレチョンが食べられるのはカルカルと言われています!!


ただ、遠いんです。セブ市内から南に50kmほど、カルカル(Carcar)というところです。セブに住むフィリピン人はみんな知っていて、レチョンと言えばカルカル、カルカルと言えばレチョンというくらい有名(笑)

以前、こちらの記事でもご紹介しました
▶︎【シマラ教会】セブ島最大規模!願いが叶う奇跡のパワースポット

レストランではなく、パプリックマーケットの中に写真のような専門店が数店舗あります。1kgでだいたい300ペソぐらい、味は確かに美味しいですね。豚肉の味がしっかり感じられ、肉質はしっとりして食べ応えがあります。セブ島で一番美味しいというのには納得、しかも安い!

もしカルカルに行く機会があれば、ぜひ寄ってみてください。

CNT LECHON

CNT LECHON
セブ市内で美味しいレチョンのお店なら、CNT LECHONがオススメです。
本店はグアダルーペという少しセブ市内から離れたところにありますが、アヤラモール4階のフードコートにも出店しています。


CNT LECHONの場所はこちら

RICO’S LECHONのまとめ

こんな方にオススメ
・美味しいレチョンが食べたい方。
・空港近くでレストランを探している方。
・マリーナモールから徒歩3分で、両替・買い物・マッサージも楽しめる。

・住所:Mactan Promenade, Lapu-Lapu Airport Rd, Lapu-Lapu, Lalawigan ng Cebu
・時間:10時から22時(毎日)、テイクアウトは朝6時から。
・電話:(032) 231 5580
・FB:https://www.facebook.com/RicosLechonOFFICIAL/

予約は、電話またはFBのメッセージで可能です。

関連記事
▶︎セブのマクタン島限定!おすすめグルメレストランBEST30

↓↓ここから選べば間違いなし!↓↓
>>セブ島留学 おすすめ語学学校はこちら<<
斉藤 淳
当サイトの管理人 2012年に初めてセブ島に留学。以降、今までに複数の語学学校に留学&訪問。フィリピン留学を通じて「英語が伝わる楽しさ」をより多くの方に体験してもらいたいと思い、このサイトを立ち上げました。 英語留学前の方はもちろんの事、留学中の方、留学後の方にも役に立てる情報の提供を目指しています。 ・TOEIC(R):805点(L 430 R 375) ・TOEIC SW:280点(S 130 W 150)

この記事、あなたはどう思いましたか?ぜひご感想をください。

Please enter your comment!
Please enter your name here