セブ島オスロブジンベイザメツアー【格安おすすめ】ダイビング・シュノーケリングで最高の体験を!

ダイバーにとって憧れのジンベイザメ。ダイバーでなくても、その大きい体に斑点模様が特徴のジンベイザメが好きな方は多いのではないでしょうか?

今回紹介したいのは、セブ島観光で一番人気!といっても過言ではない、セブ島最南端オスロブにあるジンベイザメツアーです!

オスロブというのはジンベイザメが出没するところの地名で、オスロブ=ジンベイザメと誰もが口を揃えて言うくらい有名な場所です。

オスロブは、飼育されていない天然のジンベイザメが、99%の確率で見ることのできる、他の国や地域でもなかなかない珍しい場所です。セブ島へ旅行・留学したからには一度は行かないと勿体無い!というほど、かなりオススメしたいツアーです!

インターネットの検索などではあがってこない、現地在住者が利用する日本人経営で格安のツアーもご紹介します。

セブ島オスロブはどこにある?

オスロブジンベイザメ
googleマップを開く
オスロブは地図を見てわかるとおり、セブのほぼ最南端にあります。セブシティがセブの真ん中に位置しているので、わかりやすいかと思います。かなり遠いように思われますが、車でだいたい3時間〜4時間くらいの距離です。

山道、そしてフィリピンというお国柄、道路事情はかなりひどいもので、移動はかなり大変で辛いですが、それでも行ってよかったと思える場所です。

オスロブのジンベイザメウォッチングツアーは様々な旅行会社、現地ダイビングショップ、現地のオスロブ専門遂行会社など、数え切れないほど沢山のツアーがあります。

オスロブ|ジンベイザメツアーの流れ

タイムスケジュール

オスロブのジンベイザメ
オスロブツアーは朝がとても早いです。それはジンベイザメがやってくるのが、早朝の朝ごはん目当てだからです。このときを狙って地元の人が餌付けをしています。

一般的なツアー内容をご紹介します。

朝3-4時にマクタン島内またはセブシティホテルお迎え

だいたい朝3時過ぎににホテルへお迎えに来てくれます。ホテルでの朝食が食べれないと思いますが、前もってホテルのフロントに言えばお弁当を作ってくださることもあります。一度宿泊先のホテルのフロントで問い合わせてみましょう。

迎えの車に乗り、オスロブジンベイザメウォッチングに向けて出発です。車の中はほとんど皆さん就寝タイム。

朝7時過ぎ 朝食タイム

ツアーによりますが、希望があれば朝食を買えるお店へ連れて行ってもらうことができます。ホテルで朝食を食べれなかった方や、なにも持ってきていない人はリクエストしましょう。

朝8時過ぎ オスロブ到着!シュノーケル開始

30分の興奮体験!巨大ジンベイ鮫ウォッチング

寝ている間にオスロブに到着です!水着はあらかじめ着ていると思いますが、着ていない人は更衣室があります。

ノートに名前と国籍を書いた後に、日本語のジンベイ鮫についての注意書きを渡されるので読みましょう。

ジンベイザメウォッチングの注意点
・ジンベイザメに触らない
・半径2M以内に近づかない
・日焼け止めなどを塗って入らない
・フラッシュ撮影は禁止

故意にジンベイザメに触ってしまうと、ペナルティーとして罰金を取られてしまうので注意してください!また、船からジャンプして入るのも禁止です。こないだそうやって入った人が、スタッフに思いっきり頭叩かれているのを目撃しました(笑)

ジンベイ

説明を聞いたら、特に混雑していなければすぐに呼ばれるので、ライフジャケットを来てシュノーケル道具を渡されるので持って出発です♪6名前後しか乗れない小さな小舟に乗って移動します。

ジンベイザメ

移動といっても2分もかからない、すぐ近くの場所です!こんなところにジンベイザメがいるの??と不思議ですが、わんさかいるんです!!

ジンベイザメ

海に入ったら、ライフジャケットがいらなくても泳げる人は脱いで構いません。また、船からあまり離れすぎないように注意してください。スタッフがちゃんとついてきてくれていますが、帰る船を見失わないように、船の番号を覚えておくことをオススメします。

船の先端の横に番号が書いてあるのでチェックしておいてください。私は必ず番号を覚えておくようにしています。フィリピン人も船も同じにしかみえないので…。

30分の興奮体験!巨大ジンベイ鮫ウォッチング

海に入り顔を付けてみると、すぐ近くにジンベイが沢山来ていて興奮します!多いときでは視界に3匹ほど同時に泳いでいるので、必死にカメラ撮影開始です。大きいジンベイや子供のジンベイもいて可愛いです♪

水中カメラを持っていない人は、Goproのレンタルがあるので借りましょう。防水ケースに入れたスマホでも大丈夫ですが、水深があるので落とさないように注意です。

オスロブのジンベイザメ

すぐ近くにジンベイが来ているのがわかります。かなり迫ってくることも多いので、その場合は焦らず横に向かって泳いでもらえれば大丈夫です。後ろに下がってもジンベイは餌食べるのに必死で大口開けて向かってきます(笑)

餌付けのため、餌の匂いがかなり体に染みつくのが難点ですが、シャワーもあるので気にせず泳ぎましょう!

ちなみに、オスロブではスキューバダイビングもできます!

オスロブのジンベイ

ただ、私がオススメするのは断然シュノーケルです。

なぜなら、ジンベイザメはほぼ水面にしかいないので、ダイビングで潜ってしまうとジンベイザメはほぼ見えません…。特に時間はお昼に近づくと、餌の影響で水中がどんどん濁ってくるので、視界は悪くなります。

一度ダイビングをしてみたのですが、水深が10メートルはあるため、水底で見上げても影がボヤーッと見える程度。ダイビングでの急浮上の繰り返しはタブーなため、水面に上がることもできません。

なのでダイビングはオススメしません。

30分の興奮体験!巨大ジンベイ鮫ウォッチング

スタッフの方が一生懸命写真撮影してくれるので、お願いしてみましょう。カメラはスタッフのカメラもしくは、防水カメラ、防水ケースに入った携帯を渡せば撮影してもらえます。

ジンベイザメのシュノーケル時間は30分間です。どの船も一律30分と定められているので、声をかけられたらすみやかに船の上にあがり帰ります。

10時過ぎ お昼ご飯

ジンベイ

オスロブでは横に沢山の飲食店やお土産屋さんが並んでいます。ジンベイザメを見終わったあとは、水着のままお昼ご飯タイムです!

フィリピン料理やイタリアン、サンドイッチなどの軽食など沢山あります。ツアー会社によって、お昼がついていたりついていなかったりします。ランチ込みのところだと、あらかじめレストランは決められています。

ジンベイ

景色がいいところで食べるご飯は格別です!

11時過ぎ ここから先はツアーの内容によって様々です

お昼ご飯のあとは、ツアー会社の内容によって様々です。ジンベイシュノーケルのみで終わりでこのまま帰るツアーもありますし、セブシティでお買い物があるツアーもあります。

「ツマログの滝」や「カワサンの滝」という場所へ行くツアーが人気です。

また、綺麗な海が特徴の「スミロン島」というところへ行くツアーもあります。

ツマログの滝ツアー

ツマログの滝
オスロブからも近く、マイナスイオンを感じられる非常に美しい滝。自然の雄大さを感じられます。

オスロブまで行ったら、ぜひ行ってもらいたい場所です。

カワサンの滝ツアー

カワサンの滝
セブ島内最大の滝、カワサンの滝です。流れ落ちる水の迫力が半端ないです。写真は滝を上から撮影しました。滝壺だけではなく、登ることもできるのでぜひ上まで行ってみてください。

スミロン島ツアー

ジンベイザメ

スミロン島は一島一リゾートの素敵な島です!上陸できる部分は限られていますが、追加でここでシュノーケルを付けることができます。スミロン島は透明度が高いことで有名な島です。写真でわかるように、エメラルドグリーンの海が広がっています。

綺麗な海なので、時間とお金に余裕があったら、スミロン島もオススメです。

17時〜 滞在ホテルに到着 解散

渋滞にもよりますが、だいたい17時前後にホテルへ戻ることができます。

また、ホテルではなく市内のショッピングモール等に下車することもできるので、そのまま夜ご飯を食べに行ったりできます。

遂行会社さんによって、ジンベイシュノーケルのみだったり、違うところも連れて行ってくれたりと特色が出るので、色々とツアーを検討・比較して是非オスロブに出かけてみてください!

ジンベイザメツアーでの服装・持ち物

ジンベイザメツアーに参加する際に、おすすめの服装・持って行った方がいいものを紹介します。ツアー会社によってはバスタオル貸し出しのところもありますが、基本は持参です。

服装

・水着はあらかじめ着ていく
・ラッシュガードやラッシュガードのパーカー
・ビーチサンダル(滝トレッキング参加の場合は、かかとが固定されるサンダル推奨)

持ち物

・バスタオルとタオル
・日焼け防止アイテム(帽子、パーカー、サングラス、日焼け止め等)
・水中カメラやスマホ防水カバー
・酔い止め薬
・着替え
・濡れた水着を入れるビニール袋
・最低限のお金

服装に関しては、あらかじめ水着を着用します。水着の上からTシャツ・短パンを着用しましょう。その際、着替えを持っていくのを忘れないように!また、日差しが強いのでラッシュガードがあると便利です。

足元はビーチサンダルで大丈夫ですが、滝に行く場合は少し歩くので、かかとが固定されるサンダルがあると便利です。

持ち物に関しては、上で紹介した持ち物で大丈夫です。忘れがちなのが、濡れた水着を入れる袋です。ビニール袋を忘れずに持っていきましょう。また、車に乗る時間が長い上に山道を走るので、酔いやすい人は酔い止めを持ってくるかあらかじめ飲みましょう。

貴重品は最低限で大丈夫です。帰りはホテル直行で、ランチ付きのプランであれば、ツアー代金+2,000Pもあれば十分です。

シュノーケル用品は現地で貸し出しされるので不要です。ライフジャケットも貸し出しされます。

写真撮影してくれるツアーも多いので、その場合は水中カメラは不要ですが、自分で撮影したい方はぜひ水中カメラまたはGoproがあればいい写真が撮れます。スマートフォンを防水ケースにいれて撮影するのでも大丈夫です。

おすすめツアー会社

一番おすすめするのはこちらの事前に予約する方法です。

▶︎レンタカーDEセブ
日本人経営なのにセブ島最安値、貸切専用車も選べるオスロブジンベイザメツアーです。ツアー内容は、オスロブでのシュノーケリング、ツマログの滝、シマラ教会の3か所を1日でまわれます。

そのほか、おすすめオスロブツアー会社探し中です!いいのがあり次第、随時追加・ご紹介します。

自力で行く場合

私はちょっと高いお金を出してもツアーの方をオススメするのですが、それでも自力で行きたい!という人のために、自力で行く方法もご紹介したいと思います。

ただ次の理由からオススメはしません!

自力でオスロブへ行く場合は、ジンベイザメウォッチングの手続きをすべて自分で行う必要があります。

あまり知られていませんが最近ではオスロブの受付で本当は3,4時間待ちの日もめずらしくありません。特に土日は要注意です。昼過ぎにはジンベイザメは沖に帰ってしまうため、見られないことがあります。

ツアーの場合は事前に現地スタッフが並んでくれチケットを購入してくれているため、待ち時間はあまりないことがほとんどです。

バスでセブシティからオスロブへ行く

サウスバスターミナルの地図

さて、バスに乗ってオスロブへ行く場合ですが、セブシティのサウスバスターミナルへタクシーで向かいましょう。ちなみに、バスターミナルはサウスとノースの2つあるので、間違えないように注意してください。

着いたら、でかいバスが沢山止まっているので、周辺にいるスタッフに『オスロブ』または『ホワィルシャーク』と言えばそのバスまで案内してくれます。バスはエアコンありとなしの2種類で、時間帯によっては選べない可能性もあります。

バスはとても安く行けるのですが、フィリピンのバスは基本的に停留所などはありません。つまり、乗客は皆、好きなところで降りて、また好きなところで乗ってきます…。これがかなりの時間のロス!バスだと片道5時間はかかると思ってください。

座席指定は基本的になく、空いている席に座ります。行きは始発なので座れますが、帰りはオスロブから乗ると途中乗車になりますので、ほぼ座れません。。。空いたらラッキーですが、運次第です。

また、エアコンなしとありがあり、料金は実はさほど変わりはないのですが、エアコンなしは暑すぎる。窓全開なので砂埃が舞って環境最悪です。エアコンありはありで、激さむです。

チャーター車でオスロブへ行く

ツアーが嫌であれば私が次にオススメするのが、このチャーター車です。フィリピンではレンタカーを借りてもたいてい運転手付きなので、それでオスロブまで出掛けることができます。

チャーター料金は平均して5,000P-7,000Pです。これは一台の料金なので人数が多い場合はチャーター車がオススメです。

またサウスバスターミナルから大型バスではなく、乗り合いのバン車もあります。バスより高いですが、バスよりは少し快適です。

ただ、オスロブで自分で受付することには変わりないので、その点は注意が必要です。

タクシーでオスロブへ行く

交渉次第ではタクシーでもオスロブへ行くことが出来ます。

この場合は交渉で、1日いくらと運転手と決める必要がありますが、チャーター車と同様だいたい4,000P-6,000Pぐらいで1日貸しきれます。

オスロブ周辺の宿泊施設の送迎環境について

マクタン空港からオスロブ周辺のホテルまでの送迎の相場は、片道4,000P(1~4人)、6,000P(4〜8人)。もしくは人数に関係なく片道5,000Pの場合も。

注意点として、マクタン空港からの送迎は事前予約が可能ですが、その日の天気だったり、人数の制限によりツアーが組めない場合もあるので、ジンベイザメツアーの事前予約は承ってないホテルもあるので注意です。

たとえば日本人経営のルビリゾートの場合、送迎は5,200円(2,500Pあたり)です。ルビリゾートからオスロブまではまた少し距離はあるものの、ホテル側でツアーを組んでいて参加することができます。

一方、セブ市内のホテルからジンベイザメスポットまでの送迎サービスは、泊まっているセブ市内のホテルが組んでいるシャトルサービスを利用する形があります。料金は、3~4人の場合5,500P、5~8人の場合7,500P前後と割高です。ちなみにジンベイの入場料は含まれておりません。

そのほか、オスロブ周辺の宿泊先から、ジンベイザメスポットまでの送迎は、ホテルがツアーを組んでいる場合、一人当たり1,500P(送迎+入場料) 程度。ジンベイザメスポットから徒歩圏内にある宿泊先は、ツアーや送迎はありません。

そのほかの方法として、オスロブ近くのスミロン島にあるブルーウォータースミロンの場合、マクタン空港からの送迎は、片道4,500P(1-3名)または6,000P(1~8名)です。

こちらには島に渡るボート代込みです。(ボートは時間が決まっていますが、その時間外に乗船する場合は、1,500P~2,500Pの追加料金が発生します。)

オスロブへは日帰りで行けるので無理してオスロブ周辺に泊まる必要はないと私が思います。

まとめ

オスロブのジンベイザメ
間近で、しかもほぼ100%という確率でジンベイザメを見れるのは世界でもセブだけです(美ら海水族館でも見れますが、一緒には泳げませんよね)。セブに来たら絶対に行って欲しい場所です。

少し怖いと思うかもしれませんが、ジンベイはおとなしい生き物ですし、攻撃してきません。それに現地のスタッフが色々と写真を撮ってくれたりお世話してくれるので、本当に楽しいです。

コメント一覧 (13)
  1. アバター 匿名 より:

    金城です、後一つ聞きたいので、ツアー会社に通じてチケットを確保はできますか?値段はいくらですか?手配の手続きはこのサイトで紹介してもらえますか?いろいろと質問ばかりですがよろしくお願いします

    • 斉藤 淳 (管理人) 斉藤 淳 (管理人) より:

      ツアー会社で申し込みをすれば、当日ホテルにピックアップをしてもらえますし、ツアーに参加するチケットはオスロブ現地でもらえます(番号引換券みたいなものです)。
      ディズニーランドのようなファストパスのチケットはありません。

      手続き自体は上記でご紹介している、サイト(例えばタビナカ)から申し込みできます。ツアー代行会社のHP、ダイビングショップのHP、現地のホテルのコンシェルジュ、この3つが主な申込み先です。ホテルに関しては星2つ程度の小さいホテルでは、ツアー受付はほぼ行っていませんので、ご注意ください。星4つ規模のホテルでしたらツアー専用デスクがあります。
      また、マクタン島のリゾート内のホテルであれば、ダイビングショップが併設しておりますので、そこで直接話を聞くことも出来ます。
      よろしくお願いいたします。

      • アバター 匿名 より:

        金城です、いろいろお世話になりました、参考して着いてから検討します、
        ありがとうございました❗️

  2. アバター 金城 さくら より:

    こんにちは、尋ねしたいんですか?私はマンダリンプラザホテル泊まる予定です、カワサンフォール にもジンベザメと泳ぐができるって聞きました、それは本当ですか?オスロブと同じですか?サウスパスターミナル乗り合いパスで行くは可能ですか?教えてください、よろしくお願いします

    • マナビジン編集部 マナビジン編集部 より:

      金城さくら様

       

      コメントありがとうございます。
      ジンベイザメが見られるのはオスロブだけです。カワサンの滝では見られません。
      カワサンの滝は山奥にある滝で、ジンベイザメが見られるオスロブからは車で1時間ぐらいの距離です。どちらもセブ島の南部にあるため、1日で二箇所を廻るツアーがあります。

       

      カワサンの滝についてはこちらもご覧ください
      https://ceburyugaku.jp/57334/

       

      サウスバスターミナルから、オスロブ、カワサン行きのバスはそれぞれ出ています。ツアーで行くよりだいぶ安くはなりますが、難易度はかなり高いです。もし、これらが英語でできる自信がないのであれば、ツアーを申し込んだ方が良いのかなと思います。
      ・サウスバスターミナルでバス乗り場を探す
      ・バスチケットを探す
      ・オスロブ、カワサンでそれぞれチケット買う
      ・帰りのバスを必ず確保しないといけない(もしかしたらセブ市内行きのバスが満席でなかなか乗れない可能性がある。)

       

      またオスロブツアーは現在、日本人だけでなく韓国人、中国人や欧米人などを中心に大変人気で、個人で行く場合は平日でも数時間並ぶ可能性があります。ジンベイザメは昼過ぎには沖合に帰ってしまうので、オスロブへの到着が遅れると、ジンベイザメが見れない場合もございます。

      基本的には現地に到着した順番、つまり先着順で朝6時からスタートします。そのため、最近では午前2時半にセブ市内を出発するツアーもあるぐらいです(多くのツアーは午前4時前後出発)。

      とはいえここにちょっとしたショートカットがあります。実は現地と長く付き合っているツアー会社は多少融通がきき、チケットの確保を予めできる場合があるんです。
      この場合は待ち時間を大幅に短縮できるのでとても助かります。ただし、フィリピン人同士での友人の付き合いみたいなもので、ツアー会社が保証できるものではありません。

      そのため、直前でのツアー申し込みなら、「最近は現地でどのぐらい待ちますか?」とツアー会社に聞くのは手だと思います。そうでなくても、毎日運行しているようなツアー会社であれば、現地の状況もよくわかっていると思いますので、多少待ったとしてもジンベエザメは見れるはずです。

      裏を返すと、現地コネクションのない個人で向かう場合は、朝6時には現地に到着することを想定して、ご出発されることをおすすめ致します。

      • アバター 匿名 より:

        ご丁寧に教えて頂き、ありがとうございました!
        行く前にツアーを探す方が良いですか?私は平日で行くで着いてからツアーを頼むかタクシーでいくと思ったけど、個人参加は難しいですか?ちなみに私は英語が出来ないです
        すみませんお手数をかけますが、もう一度教えてください🙏

        • 斉藤 淳 (管理人) 斉藤 淳 (管理人) より:

          こちらですが。事前の申込みせずに、ついてからツアーを探すのは問題ありません。
          ダイビングショップでも、ホテルでも、ネットでも申し込みができます。値段はホテルは少し割高になるかと思います。
          個人参加は不可能ではありませんが、よほど早く現地につかない限りは、当サイトとしてはおすすめできかねる状況です。

  3. アバター bob より:

    サウスバスからタナワンまでP150っていつの料金ですか?
    エアコンでP200は掛かりますが。
    自力での案内を書くなら営業時間も書いてあげないと、行ったは良いけど閉まってるなんてなったら目も当てられませんよ。

  4. アバター ぴっき より:

    コメント失礼します。こちらのジンベイザメとツマログ滝に行くツアーはどこで申し込めばいいのでしょうか?
    初めてセブに行くので現地でのツアーの申し込みの仕方を教えてください。

    • アバター 美穂 より:

      ぴっき様
      コメントありがとうございます。タビナカのツアーを見た所、ツマログの滝付きはツアー遂行していないようです。
      なので、直接ダイビングショップで申し込みがいいと思われます。
      日系ダイビングショップ「オールブルー」ですと、
      オスロブジンベイザメツアー(トゥマログの滝付き)₱7,500(http://all-blue-cebu.com/request-form)
      です。どうぞ参考にしてください。

      • アバター 匿名 より:

        金城です、ご丁寧に教えていただきありがとうございます!
        申し訳ございませんが、もし出来るなら最近現地どのぐらい時間待ちか?聞いてくれると幸いです、また地元毎日運行しているツアー会社を紹介してくれると助けます
        今回は初めて一人で外国旅に挑戦するけど、いろいろお手数をかけます、よろしくお願いいたします🙏

        • 斉藤 淳 (管理人) 斉藤 淳 (管理人) より:

          金城様
          大変申し訳無いのですが、待ち時間は私達も予測が出来ない状況です。といいますのも、当日の状況によりますし、かつツアー会社が何時に出発するか、どのぐらい現地とコネクションを持っているかは全て調べきれないからです。

          日本から申し込むという点では弊社はタビナカをおすすめしています。それ以外ではベルトラも有名でしょうか。

          仮に待ったとしても通常は30分〜2時間以内ぐらい。レストランも複数あるので近場で朝食を取りながらゆっくり待つことが出来ますので、その点はご安心ください。

コメントを残す

関連キーワード
海観光の関連記事