DMM英会話でネイティブ特化コース登場!「プラスネイティブプラン」とは?

0

以前「駅前留学」などといった言葉が流行したように、従来の英語学習方法と言えば語学学校へ通学するパターンが一般的だったのではないでしょうか。ですが今では格安でオンライン英会話を利用することができますよね。

オンラインというとインターネット上でのつながりしかなく不安な要素もあるかと思いますが、今ではそのレッスンのクオリティーも確かなものとなってきています。

さて、そんなオンライン英会話の中のひとつDMM英会話、僕も(最近はサボりまくっていますが)以前はかなり利用していました。そのDMM英会話から今回「プラスネイティブプラン⇒」というネイティブ特化コースが登場しましたのでご紹介したいと思います。

ところで・・・DMM英会話とは?

今更ですが、DMM英会話はスカイプを利用したオンライン英会話です。このタイプのオンライン英会話は他にもありますが、DMM英会話ならではのメリットといえばまずは24時間365日受講可能なところでしょうか。

オンライン英会話ですので通学型と比べるとどこも早朝から深夜までレッスンを行っているという特徴がありますが、DMM英会話の場合には日時を気にせず受講できる点が人気の理由のひとつであるようです。

講師の国籍が60カ国以上!

そしてもうひとつ大きなメリットと言えるのが講師の国籍はなんと60カ国以上にも及び、その中にはネイティブ講師もたくさん在籍しているということなのです。格安をうりにしているオンライン英会話ではたいていフィリピン人が講師であることが多いのですが、DMM英会話は多国籍であるのが特徴的です。

昨今のグローバル社会ではネイティブの英語を学ぶだけでは物足りなくなってきているのが実際です。

その点DMM英会話ではたくさんの国籍の英語を聞くことでより力が養われ、また同時に文化を学べるという利点がありますね。またこうして非ネイティブ講師とともに培った英語力を発揮する場として、ネイティブ講師がスタンバイしています。

そこで気になるのがDMM英会話で学ぶことでどれだけのスキルアップを期待できるのかということですが、体験談などを聞いてみると毎日忙しい会社員や子育て中の主婦といった方たちの利用も多く、そのような人たちが実際のビジネスや旅行などの場面で習った英語を使うことができ、さらにはTOEICのスコアもかなりアップした様子をうかがうことができます。

 

「プラスネイティブプラン」とは?

さらにDMM英会話では「プラスネイティブプラン」と呼ばれるプランが新設されました。

実はこのプランには人数制限があり、現在は追加募集の開始待ちという状態であるほどの人気ぶりを見せています(僕も待ってますw)。

プラスネイティブプランは、その名の通りネイティブレッスンに特化したプランです。

従来のレッスンでは60カ国という幅広い国籍の講師のレッスンを受けることができましたが、ネイティブレッスンを受けるのは困難でした。(受けれない事はないのですが、結構早く埋まってしまう事が多かった。)

そのためこのプランを新設することで、受講者の人数制限を設け、さらにネイティブ講師の数を増やし、従来とは比較にならないほどのネイティブレッスン受講が可能となったというわけなのです。

このプランの開設にあたり、プラスネイティブプラン専任の講師として160名を採用しています。

これまで以上に予約しやすくなったため、非ネイティブ講師と文法などのスキルを磨き、ネイティブ講師と会話、発音、リスニング、表現力などを養うといった学習方法もおすすめかもしれませんね。(プラスネイティブプランでは、ネイティブ講師だけでなく非ネイティブ講師のレッスンも受講可能)

さらに!!

従来のプランでは124円からという超格安価格でレッスンを受講することができましたが、ネイティブ講師のレッスンとなってもやはり485円から・・・とかなり安い料金設定になっています。(2016年4月現在)

現在は定員に達し満員ということで追加募集の開始待ちの状態ですが、メール登録することで事前にお知らせメールが届くようになっていますので利用してみるとよいでしょう。

このプラスネイティブプランの誕生により、より魅力的になったDMM英会話。DMM英会話は無料体験レッスンも2回まで受講できますから、ぜひ最大限に活用してみてください。フィリピン留学後の英語力を試すのに最適です!!

ただしプラスネイティブプランでも無料体験では、ネイティブ講師のレッスンは受けられませんので注意しましょう。

DMM英会話の公式サイトはこちら

なお、QQEnglishのオンライン英会話も以前と比べると管理画面が使いやすくなり、人気の高い教師が一発で分かるようになりました。なので、以前苦手だった方も再度挑戦してもいいかもしれません。

QQEnglishオンライン英会話公式サイト

QQEnglishオンライン英会話

欲を言えば一発の検索で表れる教師数を、6名じゃなく倍や3倍ぐらいに増やしてもらえると助かるのですが・・・
斉藤

前の記事大迫力!セブ島ジンベイザメツアー【オスロブ】
次の記事つまらない授業は罪!Ceblish(セブリッシュ)®が講師とのマッチングに最大限の注意を払っている理由
斉藤 淳
セブ島留学マナビジンの編集長

2012年に初めてセブ島に4ヶ月留学。
フィリピン留学を通じて「英語が伝わる楽しさ」をより多くの方に体験してもらいたいと思い、2013年にこのサイトを立ち上げました。

以降、複数の語学学校に留学。確かな情報を提供するために、現在はセブ島に半月以上住み、出来る限り学校に訪問したり、オーナーと話をする機会を作っています。

英語留学前の方はもちろんの事、留学中の方、留学後の方にも役に立てる情報の提供を目指しています。

留学経験はフィリピン、ハワイ、オーストラリア。

株式会社レミニス 代表
フィリピン英語学校協会 会長
セブ日本人会 理事

ご質問、ご意見、ご要望がありましたら、私の記事にコメントもしくは、メールを頂ければご返信致します(問い合わせフォームからもご連絡頂けます)。
私、斉藤個人へのメールはこちら:jun@reminisce.jp

あなたのセブ島留学が、人生で最高の留学体験になることを願っています。

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here