フィリピンのプリペイドSIMカードの購入・利用方法を徹底解析!

皆さんは、フィリピンに行った際のデータ通信はどうしていますか?

いまや生活に欠かせなくなったスマートフォン。海外へ行く場合はどうやってデータ通信をすればいいか悩む方も多いと思います。

日本からあらかじめ海外で使えるポケットWi-Fiを契約するか、今使っているキャリアの海外パケホーダイを使うか、現地で提供されているフリーWi-Fiを使うか、現地のSIMカードを購入するかのパターンになるかと思います。

今回この記事では、フィリピンのSIMカードについて詳しく解説していきます。

フィリピンでSIMカードを購入して自分のSIMフリースマホに挿して使いたい!という方は参考にしてみてください。

目次

1.なぜフィリピンでSIMを購入するべきなのか

SIMカード

筆者がフィリピンのセブ島でSIMを購入し使い始めて2年ほど。それ以前は主に日本からポケットWi-Fiを借りていました。ただ、私は2週間以上滞在することが多いので料金が高くなるんですよね。毎回痛い出費でした。

私が思うフィリピンでSIMを購入するべき理由は3つあります。

データ通信料を気にせず使える

フィリピンのSIMは、日本でいうパケ放題という制度があります。正確には1日800Mまでの制限付きですが、ラインもFacebookもネット閲覧も問題なくスイスイと見れます。

YouTubeや動画配信を見続けなければ800Mを超えることはあまりありません。動画は帰ってホテルのWi-Fiを使ってみましょう!

また、制限を超えても使えなくなることはなく、速度が制限されるだけです(ただし激遅)。

スマホで常にネットが接続できる

SIMがない場合は、ホテルやレストランなどWi-Fiを提供しているところで接続して…という手順だと思います。場所によってはパスワードがかかっていて店員さんに聞かなければいけないところや、ID・パスを入れてログインするところなど様々で少し面倒。

タクシーなどの移動中や観光地でネット接続はほぼ出来ません。ですが、SIMカードがあれば常にネットに接続できるのがメリットです。

ホテルやレストランにWi-Fiが設置されていなくても問題なし!日本にいるときと同様に快適にいつでもどこでもネットに接続できます。観光地で写真を撮ってそのままSNSにアップすることが出来ます。

速度が快適

SIMカードは現地の通信会社を利用しているので、速度も4G・LTEが出てとても快適です。

補足:ただし1週間程度の滞在では必要ない?

SIMを購入するべき理由を書いてきましたが、実はそれは中長期滞在者向けです。1週間以内の滞在であれば、日本でポケットWi-Fiを借りた方が早いです。

しかも1週間程度であれば差額も3,000円程度なので、SIMを買って設定して…という手間を考えればポケットWi-Fiの方が使い勝手がいいです。特に次もフィリピンに行く予定がないのであれば、SIMを購入する必要性はあまりありません。

CMでもよく宣伝しているイモトのポケットWi-Fiをセブで使ったことがありますが、問題なく使えていたので1週間以内の滞在、かつ次にフィリピンに行く予定がない方はポケットWi-Fiをおすすめします。

または、世界100国・地区以上対応しているGlocalMe(グローバルミー)というポケットWi-Fiを使うのも一つの手です。
Amazon販売ページ

そのほか、HISでは手持ちのSIMカードに貼るだけで海外で使えるようになる「変なSIM」というサービスも。現在iosは使えないようですがAndroidスマホをお持ちの方はこちらも検討してみてはいかがでしょうか。

HISの変なSIM紹介ページ

最後に、海外のあらゆる国で使えるプリペイド式のSIMもアマゾンで販売されています。
グローバルSIM販売ページ

1週間以内の滞在かつ、次にフィリピン渡航の予定がなければ今紹介した別の方法も是非検討してみてください。

2.フィリピンSIM通信会社の大手キャリアを紹介

http://philippine.cebuedu.com/cellphone/

http://philippine.cebuedu.com/cellphone/より引用

・SMART (スマート)
・Globe(グローブ)
・SUN(サン)

この3つを押さえておけば大丈夫です。特にスマートとグローブがおすすめです。SUNは安さで勝負しているらしく、現地フィリピン人に人気のようです。電波は弱い場合が多いので、日本人の皆さんにはあまりおすすめしません。

電波を考えるなら、日本人はスマートかグローブを選びましょう。スマートの方がグローブより通信環境が多少良いらしいですが、。一部のスマホでテザリングの不具合があるのを確認しています(2018年12月時点で管理人のスマホiOS12のiPhoneX。ただし同条件でも使える可能性があるのであくまで可能性)。

ちなみに私はグローブのSIMを利用しています。グローブでも問題なく使えていますので、どちらを選んでも問題ないと思います。ただ、通信会社が同じ同士だと通話がタダだったり安くなったりと色々あるので、長期滞在や仕事で使うのであれば周りの人と合わせるのも手です。

3.1ヶ月約2,300円でネットが使える!

フィリピンのSIMでは1ヶ月あたり約2,300円でネットが使えるようになります(SIM代60P +プレイペイドカード代1,000P)。

イモトのポケットWi-Fiを30日借りるとなんと23,000円!!それが10分の1の値段の2,300円で使えるのですから、中長期滞在者はやはりSIMを購入した方が安上がりです。

ただし、1ヶ月2,300円といってもちょっとした注意事項があるのできちんと覚えておきましょう!

注意点①:購入するだけではダメ、手続きは必要!

SIMカードを購入するだけではダメです。プリペイド式なのでプリペイドカードを購入して入金し、さらにデータ通信定額の設定を行う必要があります。

まずは、プリペイドカードを1,000P分購入し、SIMにチャージをします。チャージしただけですとどんどんと消費していくだけなので、使い放題設定をします。

その後、即反映されるのでそこから使い放題になるといった流れです。

データ通信定額のやり方、プランについてはあとで詳しく説明します。

注意点②:電話代は別

チャージをしてデータ通信定額にしても、電話をする場合は別途かかります。1,000P分をチャージして1ヶ月定額は999Pなのでほぼ残りません。電話をする予定もある方は、プラスでチャージをする必要があります。

また、空港で買うあらかじめデータ通信が定額契約されたSIMカードはデータ通信のみの場合がほとんどなので、電話が使えるSIMは別途購入または最初から電話もデータ通信も使えるSIMを購入する必要があります。

といっても私たち観光客は電話をする機会はほとんどなく、友人同士ですとLINE電話やFacebookのメッセンジャー、Skypeといった手段があるのでそれで電話をした方がお金がかかりませんし楽です。

レストランの予約等も、ホテルのフロントに頼んだ方が正確ですしチップは必要ですが安上がりです。

参照:英語で予約電話をする際のテンプレート(レストラン・スパ用)

4.SIM・プリペイドカードの購入方法inセブ島

それでは実際にどこでSIM・プリペイドカードを購入すればいいのか、気になりますよね。セブ島では購入できる場所は主に2カ所、現地空港とショッピングモールです。プリペイドカードはそのほかにコンビニや路上にあるサリサリストアなどでも購入可能です。

現地空港出口付近のSIM販売カウンター

日本から直行便でセブの現地空港に到着する場合は、ターミナル2を利用します。ターミナル2の場合は、空港を出てタクシーレーンの待合スペースにあります。

マクタン空港

出口手前に両替所があるので、現地通貨を持っていない場合はそこで両替します。SIM購入時はクレジットカードは使えないので注意してください。

フィリピンSIM(スマート)

フィリピンSIM(スマート)

フィリピンSIM(スマート)
写真はスマートとグローブのカウンターです。

空港で購入する場合のメリットとしては、自分の滞在日数に準じて使い放題プランを提案してくれるところです。大抵の観光客はここで購入するため設定も手馴れています。

ショッピングモール内で購入

空港では送迎が来ていたため買えなかった、混雑していて買えなかったという人は、アヤラモールやJセンターモール、ガイサノマクタンなどの大型ショッピングモールでも購入できます。

Jセンター

フィリピンSIM(スマート)
モールではこのようなローディングステーションと呼ばれるお店があります。ここでSIMカードやプリペイドカードが購入できます。

場所はモールの通路に設置されている場合が多いので、警備員やお店のスタッフなどに「Excuse me?Where can I buy SIM?」などと聞いて案内してもらいましょう。

また、スタッフに頼めば定額設定もやってくれるので、空港で買えなかった場合はとりあえずモールへ行ってみましょう。

コンビニ(セブンイレブン等)

Jセンター

セブンイレブンやミニストップなどのコンビニでは、プリペイドカードを購入することができます。SIMは確認していませんが、販売していないはずです。

中長期滞在で追加チャージが必要な場合は、コンビニでプリペイドカードを買ってチャージできます。ただし、種類や金額の在庫がバラバラなので、ない場合も多いとか。あったらラッキー程度ですね。

注意点

フィリピンSIM(スマート)
SIM・プリペイドカードを購入する際にあたっての注意点として、きちんと4G・LTE対応のSIMか確認すること。

フィリピンSIM(スマート)
また、プリペイドカード購入時は使っているSIMの通信会社のプリペイドカードを確認することです。

グローブのSIMなのにスマートのプリペイドカードを買ってもチャージできません。

プリペイドカードは100P、300P、500Pの3種類あるので、自分のプランの金額に合ったのを選びましょう(例:999Pなら500P×2枚)。

5.ネット使い放題プランの種類

使い放題のプランが多すぎてどうしようという話なのですが…。

実はフィリピンのSIMは、フィリピン人向けに作ってあって、1日単位の定額通信でも30Mまで、70Mまで、1ヶ月とかだと、1Gまで、3Gまで、5Gまで等々…。

細かすぎる!イライラしてきちゃいます。ですが、日本でも通信量を選べるから同じことですね。

私はグローブしか使ったことないのでグローブのプランを一部ご紹介します。

グローブはsupersurfという定額プランで1日、5日、30日と選べます。1日で50P、5日で200P、30日で999Pです。それ以外の日にちはあるか不明です。一応スタッフにはないと言われていますが真偽は不明

ちなみに今回紹介したのは、supersurfというやつですが、グローブには他にもGO SURFと呼ばれるものもあります。公式サイトではsupersurf載っていませんでした。今ではGO SURFが主流のようです。私が使い始めた頃はsupersurfだったので、今でもそちらを利用しています。

詳しいプランは、SIMを購入するときに冊子に詳しく記載してあります。そちらをご覧ください。

また、空港でSIMを購入する場合はプランのことは特に考えなくて大丈夫です。自分の滞在する日数以上のを買えばOKです。

プランも1日から3日、5日と細かく分かれていますが、2週間以上滞在するのであれば値段も大して変わらないので1ヶ月999Pプランを設定した方が早くて楽です。

(smartは995P。)

やり方は以下で説明します。

6.自分でロード&データ通信を定額するための手順

プリペイドカードを購入してロードし、ネット使い放題にするための手順を紹介します。慣れれば数分で設定ができるので、頑張ってみましょう!
通信会社ごとに設定方法は異なってくるので、自分の購入した通信会社の方をご覧になってください。

globe編

①プリペイドカード裏面のスクラッチを削る

フィリピンSIMカード

コインで銀色の部分を削りましょう。そうするとこのように番号が出てくると思います。

②電話をかける

次にロードしたいSIMが入っているスマホから電話をかけます。

フィリピンSIMカード

『*143#』と打って電話をかけましょう。

③番号を打ち込む

フィリピンSIMカード

このように表示されるので、返信というボタンを押します。

フィリピンSIMカード

最初は2番のマイアカウントという項目なので、写真の通りに2と打ち込んで返信ボタンを押します。

フィリピンSIMカード

次は3番のロードコールカードという項目なので、3と打って返信を押します。

フィリピンSIMカード

すると次に10の番号を打ち込めと出てくるので、返信ボタンを押してスクラッチをした部分の最初の10の数字を打ち込みます。

フィリピンSIMカード

こんな感じに打ち込んで返信ボタンを押します。

フィリピンSIMカード

次は6の番号です。スクラッチしたカードの後半部分を打ち込みます。

フィリピンSIMカード

こんな感じです。

④SIMにそのプリペイドの金額が入金される

フィリピンSIMカード

間違えずに打ち込むとこのようにチェージされて今いくら入っているよと表示されます。この場合は500Pチャージして合計606P入っていることになります。

フィリピンSIMカード

メッセージに一番下に書いてあるように500P入りましたと届きます。

1000P入れたい場合は、これを2回繰り返します。

おっと、まだ終わりではありません。あくまで入金されただけです。電話のみお使いの人はこれで電話ができます。通信も再開されますが、時間や容量制なのでガンガン減っていきます!

急いで、ネット通信を定額にするようにSIMに指示をしましょう!

⑤テキストメッセージを送る

フィリピンSIMカード

次にテキスト(iPhoneの人はメッセージというアプリ。要は電話番号でメッセージを送るショートメールのこと)で「8080」宛に、「SUPERSURF50」と打ち込んでください。大文字です。

フィリピンSIM

そうすると、すぐに写真のような返信がきます。いついつまで、定額で開始しました!という文面が来たら完了です。

SUPERSURF50は1日のみの定額通信です。SUPERSURF200は5日間の通信、SUPERSURF999が1ヶ月です。ただし最近ではGOSURFが主流みたいですが、私はSUPERSURFを使っています。

それぞれが利用したいプランの名称を、メッセージで打ち込んでください。

フィリピンSIM

定額通信が終わると、上記のようなメールが届きます。その場合は、また定額通信を再開させる必要があります。

smart編

お次にsmartのSIMの説明をします。基本的にはglobeと手順は変わりません。スクラッチを削って番号を入力して、データ通信定額設定をします。

フィリピンSIM(スマート)
smartのプリペイドカードはショッピングモールやセブンイレブンなどで購入できます。

フィリピンSIM(スマート)

フィリピンSIM(スマート)
1ヶ月のデータ定額(995P)をするため、500Pを2枚購入。

① プリペイドカードの裏面のスクラッチを削る

フィリピンSIM(スマート)
まずはプリペイドカードの裏面、PINと書いてある横の銀のスクラッチ部分をコインで削ります。

フィリピンSIM(スマート)
削ると番号が出てきます。

②データ通信をオフにしておく

スマホのデータ通信がオンになっていると、チャージされている金額がどんどん減っていきます。それを防ぐために、データ通信はオフの状態にしておきます。

フィリピンSIM(スマート)
アイフォーンですと。モバイル通信のところです。

フィリピンSIM(スマート)
モバイルデータ通信がオンになっているので

フィリピンSIM(スマート)
オフに切り替えておきます。データ定額通信が終わったら再びオンにするのを忘れないようにしましょう。

③1510+PINの番号を入れて電話をかける

フィリピンSIM(スマート)
プリペイドカードに戻ります。削った番号の頭に1510をつけて電話をかけます。必ずチャージしたいSIMカードをスマホに入れるのを忘れないようにしましょう。

フィリピンSIM(スマート)
このような感じでOKです。これをプリペイドカードの枚数分繰り返します。

④ データ定額通信の設定をする

フィリピンSIM(スマート)
最後にデータ定額通信の設定をします。

30日間定額通信したい場合は『SURFMAXPLUS995』を入力します。

宛先は9999、本文にSURFMAXPLUS995。

フィリピンSIM(スマート)
送信ボタンを押してすぐにメッセージが届きます。

フィリピンSIM(スマート)
30日間定額通信が開始されましたというメッセージです。1日800Mまで快適に通信できます。

30日過ぎたらまたロードをして定額設定をする、の繰り返しです。

globeもsmartも以上の方法でロードできますが、Grabアプリからロードする方法があります。以下で説明します。

また、smartに関しては専用のsmartアプリからロードすることも可能です。

My Smart Account

My Smart Account
開発元:Smart Communications, Inc.
無料
posted withアプリーチ

Grabアプリからロード

フィリピン旅行で必須のタクシー配車アプリの「Grab」アプリからでも、SIMにロードすることができます。

①LOADボタンを押す

グラブアプリでロードチャージ
グラブアプリを起動するとこのような画面になります。まずはLoadというボタンを押します。

②電話番号を入力してロード金額を選ぶ

グラブアプリでロードチャージ
次にこのような画面になるので、モバイルクレジットの方になっているか確認。そして手持ちのSIMの電話番号を入力(グラブで登録した電話番号が勝手に表示されるので確認)、ロード金額を選択してNextを押します。

③Cash inでクレジットからチャージ

グラブアプリでロードチャージ
ロードするためには、一旦grab payというのにチャージをして、そこからロードを買うという手順になります。そのため、まずはクレジットでチャージするので、カード&ウォレットを選択します。

④チャージ金額、クレジットを選択

グラブアプリでロードチャージ
次に一旦チャージする金額を選択または入力します。1000P程度でいいと思います。

グラブアプリでロードチャージ
そして支払い方法を選択します。すでにタクシー配車でカード払いにしている方はそのクレジット情報が出てくるので選択します。

グラブアプリでロードチャージ
500P分のチャージがgrab payにチャージされました。ちなみにこの金額はタクシー支払いの時にも使えます。

⑤grab payでロードを支払う

グラブアプリでロードチャージ
チャージが終わるとさきほど選択したロード分の支払い画面になります。100P分のロードをgrab pay(残高500P)で支払います。100P分が95Pで買えるので、普通にプリペイドカードを買うよりお得です。

グローブ
*現在は100P分のロードは100Pかかります。キャンペーンだったようで現在は終了しています。

グラブアプリでロードチャージ
無事にロードが完了するとこのような画面になります。

グラブアプリでロードチャージ
同時にSMSに100Pロードしましたというメッセージが来ます。これでロード完了です。

このままでは定額通信の設定はされていないので、上で説明した通り、SMSで設定のメッセージを送るか、

グラブアプリでロードチャージ
Loadの赤で囲ったモバイルデータを選択すると定額通信の設定も可能です。

注意事項

あらかじめモバイル通信は切っておくことをおすすめします。そうしないとデータ通信が行われた場合どんどん金額が減っていくので、1000Pチャージしたと思って999Pデータ使い放題設定しても足りないので申し込みできない!という事態に。

そのため追加で100Pのプリペイドを買ってチャージする…ということを管理人はしたことがあるようなので、モバイル通信は切っておきましょう!(笑)

また、定額プランの名前も今回はSUPERSURF50と、大文字ではないと反応しません。ですが、プランによっては小文字だったりするかもしれません。

あくまで今回は私の場合のロード方法です。他のキャリアやプランをご利用の場合は、違った場合があります。

SIMカードは一定期間利用がないとストップされて使えなくなります。長期間使っていなかった場合は買い直しが必要です(だいたい半年〜1年使ってないと使えなくなるようです)。

操作に自信がない人、よくわからない人は、アヤラモール3階のプリペイドカード売り場(路上の売店)で、チャージをしてくれます。

その場合は、プリペイドカードを購入し、何日間定額か伝えましょう。

7.残高確認方法&チャージ分を分け合う方法

残高確認方法

いま、いくらチャージされているかの確認方法を紹介します(こちらの方法はグローブのSIMです)。

フィリピンSIM

確認方法は簡単で、「223」宛にBALと送信すればOKです。

フィリピンSIM

そうすると、写真のようなメールが届きます。一番下の文面で、257P入っているということがわかります。

チャージ分を分け合う方法

裏技として、自分の持っているチャージ金額を他の人に分け与えることができます!もしくは、一つのSIMに500P分を入れて、他のSIMに50Pだけあげるということも可能です。

これはテキスト(ショートメール)で、宛先をあげたい人の電話番号の0を取り、そこに数字の「2」をつけます。

フィリピンSIM

次に本文にあげたい数字「50」を入力して送るだけです。ただ、一回で送れる金額が決まっています。

確か、100Pぐらいだと思います。それ以上送りたい場合は、何回かにわけておくります。

この方法はグローブです。また、同じキャリア同士である必要があります。グローブからスマートへは出来ません。

フィリピンSIM

次に受け取る側か送る側忘れましたが、「YES」とショートメールに送れば受け取れます。友達同士で分け合うのに便利です。

まとめ

かなりごちゃごちゃと書いてしまいましたが、なんとなくおわかりいただけたでしょうか?

結論としては、

1.まず、日本にいる時点で持っているスマホを、SIMフリー化する。またはSIMフリースマホを購入。

2.空港でグローブかスマートのカウンターでSIMを買う。旅行期間によって最適な日にちを選びましょう。

3.空港で買うとすべて設定をやってくれるので、その場ですぐに通信ができるようになります。

長期滞在の方は、定額通信が終わったらアヤラモールなどでプリペイドカードを購入、ロードをして定額通信を再開させます。

旅行者や短期の語学留学生などは特にそこまで考える必要はありません。とりあえず空港で買って、必要があればロードしてください。在住者や長期滞在者の方は、LTEや容量など、何回か試してみて一番自分にあったSIMカード、容量を探してみてください。

また、現地在住者に聞くのが一番てっとり早いです。どのSIMやキャリアがいいですか?など、聞いてみましょう!キャリア同士だと通話が無料の場合もあるので、よく連絡を取る人と同じキャリアを選択するのもいいかもしれません。

留学生の場合は、学校の先生やスタッフに聞くのもいいと思います。

SIMフリースマホだけではなく、SIMフリールータでも活用可能です。ルータは日本から持って来ても、セブ島でも売っています。本体は1,000P(2,300円)前後です。

また、ルータのみではチャージすることが不可能なため、パソコンからチャージまたはモールでチャージ操作してもらう必要があります。

ルータは複数機器接続できるメリットがあります。友人や家族での旅行であればルータもおすすめです。

現地ポケットWi-Fiについては、機会があれば別記事で紹介したいと思います。

ルータ以外に、現地でスマホを購入することもおすすめです。現地スマホはほぼSIMフリー機で、安くて一万円前後で購入可能です。

ただし、日本語表示できない機器が多いのがデメリットです。

関連記事はこちら

コメント一覧 (8)
  1. アバター k より:

    現在フィリピンにいるのですが電波が悪いと思い電源を落としてつけてみたら、simカードにロックがかかってしまい、今使えない状態です。番号を聞かれるのですがその番号がわからないんですけどどこかに書いているんですか?

    • アバター 美穂 より:

      K様、コメントありがとうございます。
      SIMの電話番号でしたら、購入したときの台紙に書いてあります。また、スマホから電話アプリ→連絡先で自分の番号というところに表示されている番号がそのSIMの電話番号です。もう一度買った時の台紙、またはご自身のスマホから確認してみてください。

  2. アバター 匿名 より:

    日本からSMART製のwifeルーター(チャージを自分で行う物)をレンタルしたのですが、SMART製の物だとプリペイドカードではチャージを行う事は不可能ですか?
    可能で有ればその方法もお願いしたいです…何卒宜しくお願い致します

    • アバター 美穂 より:

      コメントありがとうございます。

      smart製のルーターを日本でレンタルして、日本で事前にチャージするということでお間違いないでしょうか?その場合は日本であらかじめチャージすることはできません。

      smart製のルーターを事前にお持ちの場合、チャージする方法は

      1.現地空港のsmartカウンターで日数分のチャージをしてもらう
      2.自分でロード分のプリペイドを購入して自分でチャージ、定額プランを自分で設定する

      のふた通りです。ただし、2の場合はSIMフリーのスマホから電話をかけてチャージするので難しいと思います。1番簡単なのは、smartのカウンターでチャージと定額プランを設定してくださいとお願いするのが早くて楽です。

      定額は5日間や30日などあるので、滞在する日数を店員さんに伝えてください。

      どうぞよろしくお願いします。

      • 斉藤 淳 (管理人) 斉藤 淳 (管理人) より:

        こちら補足ですが、セブ島の各モール内にもSIMやプリペイドカードを販売しているカウンターがありますので、空港以外でも設定してもらえます。大抵小さいカウンターで見つけづらいと思いますので、インフォメーションセンターや各ショップの前に立っている店員さんに、場所を聞かれるのがよろしいかと思います。

  3. アバター 美穂 より:

    お読みいただきありがとうございます!
    SIMカードですが、その方法でもいいと思いますが、私は実際やったことないので不明ですが、すでに499ペソ分入ったSIMを街中で買えるかがわかりません。
    グローブの専門店に行けばもちろん出来ますが、お店は常に混んでいるので時間がかかります。また、グローブ専門店も大きいモールなどにいかないとありません。空港に行けばありますが、毎回空港に行くわけにもいかないと思います。
    私が街中のモールで売っているSIMを見ると、SIMカードのみか、プリペイドチャージ用のみです。なので、チェージをしていったほうがいいと思いますが、ルータとなると一旦スマホか別の機械に入れ替えないといけないのでそれも面倒ですが。
    また、ルータですが実際のところルータのほうが電波を拾いやすいとかそういったことはほぼないと思います。むしろルータ利用者のほうが、電波が悪いなどと言っているのを聞きます。
    スマホでキャリア以外のSIMでもテザリングが出来る機械をお持ちであれば私はスマホの方を強くおすすめします。

    • アバター TAKA bilie0730@yahoo.co.jp より:

      早速の回答ありがとうございます。
      ルーターのほうが電波を拾いにくい可能性があると言う話には正直びっくりしました。
      やはりスマホSIMフリーを購入したほうが、無難そうですね。
      非常に参考になりました。
      ありがとうございます(^^)

  4. アバター TAKA bilie0730@yahoo.co.jp より:

    フィリピンのプリペイドSIM購入・ロード・利用方法を徹底解説!
    楽しく読ませて頂きました。そこで、2,3点ほど質問があります。
    良かったら回答頂ければ幸いです。
    セブに長期出張になる予定があり、SIMフリーのWIFIルーターを持っていこうと思っています。
    それをテザリングで自分のスマホを利用しようと思うのですが、WIFIルーターに差し込むSIMを
    例えばGROVEのGOSURF499 のSIMを購入した場合、使い切ったら、また同じGOSURF499を購入して
    差し替えるだけでいけますよね?
    プリペードチャージの選択肢もあるけど、その都度SIM購入で入れ替えで問題ないですか?
    結局WIFIルーターなので、SIMの電話番号が変わっても関係ないのかな?と思ったんで...
    それとも、WIFIルーターを購入せず、SIMフリーの携帯購入のほうが良いですか?
    WIFIルーターを持ってたらなんとなく電波の弱そうなところでも、ルーターが力を発するかな?とか
    素人考えを持っていて...
    実際どんな感じか教えてください。

k にコメントする コメントをキャンセル

関連キーワード