留学

準備

勉強

観光

食べる

楽しむ

学校一覧表

近日公開

留学中

留学後

見る

セブ島留学マナビジン セブ島留学の準備 留学の心構え 初心者必見!フィリピン留学で成功する7つ...

初心者必見!フィリピン留学で成功する7つのステップ

フィリピン留学をはじめ、留学から帰国した人たちには成功体験を語る人と、失敗体験を語る人が必ずいます。

成功する人と失敗する人の違いとは

ではその違いはいったい何なのか、皆さんは考えたことがありますか?これまで留学カウンセラーとして、のべ2万人の方々とお話をしてきた中で感じるのは、成功者の人たちは「出発前から明確な違い」が現れているなぁという点です。
個人個人のBefore/After(出発前/帰国後)をたくさん目の当たりにしていると、帰国した人たちの渡航準備の状況や渡航理由(バックグラウンド)が分かるので、よりいっそうその成功に結びつくまでの「成長の理由」を目の当たりにすることが多々あります。
今回は、そんな成功者の人たちが心得ていた、フィリピン留学で成功するための7つのステップについてご紹介してみたいと思います。これから出発する人はぜひ目を通していってください!

1.日本にいる時から“英会話”に触れておこう

フィリピン留学の特徴といえば、マンツーマンレッスンを設けている語学学校がたくさんあるということ。つまり、教室で先生と対峙した瞬間から英会話スタート!となります。
突然外国人と二人きりの空間で英語を話さなくてはならなくなった時、皆さんは自分が楽しんでいる様子を想像できますか?
日本で外国人の友達がいたり、自分は社交性があるので問題なし!という方以外、「きびしそう…」と感じるのではないでしょうか。でも、本来先生を独り占めできるマンツーマンの空間はとってもオイシイはず。
これを活かさない手はない!ということで、まずは日本にいるうちから「口から英語を出すこと」に慣れておくことが非常に大切です。
特に現地での滞在期間が短い人にとっては、口から英語を出すことにやっと慣れてきた(=楽しくなってきた)頃に、もう帰国!なんてことになりかねません。
実は日本で英会話に触れておくことって、フィリピン留学の成功には欠かせないポイントなんですね。

2.格安でスピーキング力をアップ“オンライン英会話”に挑戦

初心者にオススメ!フィリピン留学で成功するための7つのステップ

周りに外国人の友達がいない!という場合、日本にいながら英会話に触れるためには、やっぱり英会話レッスンがおすすめです。ただ、英会話スクールに通うためにはかなりのお金がかかりますよね。
そこでオススメしたいのが今流行りの「オンライン英会話」です!ほとんどが無料通信ソフト・スカイプを使ってネット上で会話をする方式ですが、安いところは1回100円以下でできるものがあるんです。
通学式の英会話スクールでマンツーマンを受ける場合、1回あたり5,000円~10,000円以上が相場。それと比べれば場所も時間も選ばずに受けられる上に超格安。すごい差ですよね!
オンライン英会話を提供しているところはほぼ100%「無料体験」を実施していますので、いろいろな所を無料体験だけで回るだけでもかなりのアウトプットができます。
あくまでも外国人とのマンツーマンの会話に慣れるための場と割り切って活用するだけでも、現地で大きな差ができますね!

3.自己採点で“予習・復習ができる環境”に慣れておこう

留学生活をする上で、日々自分の英語力がどんなふうに伸びていくのか、なかなか想像するのは難しいもの。でも、やっぱり「伸び方」にも個人差が出るように、現地での学び方でもその差は大きく出ると言われています。
そこで、日本にいる間に自分の英語力のバロメータを測るコツを事前に備えておくと、とても便利です!たとえば、毎日「今日の自分は何をしてどうなりたいか」をいくつか書き出してみます。
ここでのポイントは、「単語を○個覚える」とか「テキストを○ページ勉強する」といった暗記系の目標は除外すること。なぜならば、達成したとしてもそれが自分の力になったかどうかが測りにくいからです。
コツとしては、留学に直結して役に立つ「会話」にフォーカスしてみること。たとえば「○○の表現を必ず1回会話で使う」とか「相手に確認するときは“…Right?”で済まさず、きちんと付加疑問文(aren’t you?/don’t you?など)を意識的に使う」とかです。2のオンライン英会話レッスンを受けるときに意識してみてもいいですね!
この習慣を身につけておくと、留学中のモチベーションアップにもとっても役立ちます。

4.“理想と現実のギャップ”を見極めよう

留学したらどんなことが待ち受けているのか…まだ見えないからこそドキドキとワクワクで胸が高鳴りますよね!ただし、語学学校に通うとなると、そこはある意味特殊な空間であるということを意識していきましょう。
フィリピンの場合、生徒の国籍は、韓国人・日本人・台湾人などのアジア系がほとんど。滞在の水準は英語圏の語学留学と比べても低め。そこは異文化であることを受け入れた上で、日本と同じような暮らしができるとは思わないことが大事です。
また、滞在スタイルは学生寮が多い中、その設備はとってもシンプル。シャワーを使っていたら、突然水になるなんてこともたまに起こります。
こういった意味でも、事前知識というのはとても大切!中にはイメージが先行して「青い空に海!そして留学費用も安い!」と決めてしまう人もいますが、現地に行ったら頼れるのは自分ひとり。
しっかり“理想と現実”を見極めて渡航の一歩を踏み出すことも、留学成功の秘訣です。

5.時間を無駄にしない“リゾート感覚”にならないための工夫を

初心者にオススメ!フィリピン留学で成功するための7つのステップ

フィリピン留学と言えば、人気ナンバーワンの滞在地はセブ島で有名ですよね。この記事を読んでいる方も、「行くならセブ島がいいなぁ」と考えているかもしれません。
ただし、真剣に留学を考えている人ほど注意したいことが!それは“リゾート感覚”になりやすい場所、ということ。
これはどの国に留学をしても言えることなのですが、留学とはいつも「誘惑と隣り合わせ」だということを覚えておきましょう。実は、語学学校が豊富にある場所と言うのは、やっぱりそれなりに街が栄えていて人口も多い場所となります。
となると、必然的に中心地や観光地といったスポットに集約され、結果、遊べるところも盛んだったりするんですね。特にセブ島の場合はリゾート地としても有名なため、観光客もたくさん。
ビーチなどでダイビングやウインドサーフィンも楽しめたり、女性ならマッサージやネイルなど、楽しいエンターテイメントがそろっています。
もちろん、それもあわせて満喫したい!という目的であればとことんエンジョイしたいところですが、「自分はしっかり勉強するぞ!」という人にとっては、気持ち的にしっかり構えて挑む必要がありそうです。

6. “中学・高校の内容を復習した留学”で終わらないために

初心者にオススメ!フィリピン留学で成功するための7つのステップ

皆さんは、語学学校で勉強することって、具体的なイメージが持てていますか?
「留学=英語ができるようになる」という感覚で乗り込んでしまうと、「あれ?こんなことするの?」なんてことに成りかねません。というのも、基本的にIntermediate(中級レベル)では、日本の中学~高校で学んだことを英語で勉強するということがほとんどです。
そう、あの現在進行形とか過去完了形とかを、英語で勉強するんです。ある意味このあたりは日本でも復習できてしまうレベルだと感じる人も多いはず。だからこそ、限られた時間で特に注力したいことに狙いを定めておくのがポイントです!
たとえば、留学するからこそ「話せるようになりたい」という気持ちは、多くの留学生にとって何より最優先の目的ではないでしょうか。
その場合は、スピーキングに力を入れている語学学校を探してみたり、学校独自のオリジナルメソッドを展開しているところを探してみたり…と、視点を変えてみるのが吉!
ビジネス英語に特化したい人なら、そこに焦点を当てるのもいいですね。とにかく、目的をこだわり抜いて細分化することで、本当に自分が生きたい学校というのも見つかります。ぜひ改めてチェックしてみてはいかがでしょうか?

7.成功者はみんな実践!“帰国後のイメージ”を描く

初心者にオススメ!フィリピン留学で成功するための7つのステップ

留学をする上で最も大切なことと言えば、多くの留学生が一番見落としがちな“帰国後のイメージ”に対してのこだわりです。
実は、どんな国選びや学校選びよりも、はじめにイメージを決めてしまうだけでほぼあなたの留学は半分成功したと言っても過言ではないほど。
それもそのはず、目的の旗をしっかり立てることで、逆算してそのプロセスを導き出せるからなんですね。
「英語が話せるようになりたい」と言う人は、「日常会話レベル」なのか「ビジネスレベル」なのか「接客・サービス・ホスピタリティレベル」なのかによっても旗の置き場所が変わりますし、そもそも自分の滞在期間で達成できる目標なのかも見えてきます。
実は、一番NGなのは「TOEIC○○点を取る」という目的を掲げてしまうこと。点数で示すほど指針が分かりやすいため、意外と多くの人たちがやりがちな目標設定なのですが、実はこれが落とし穴になることも…。
というのも、留学での勉強はTOEICの対策コースにでも入らない限り、成果に直結しないんです。たとえば、日本にいながらTOEICに出てくるような単語を集中的に覚えて過去問を必死に1ヶ月やった人と、日常会話メインでスピーキング特化型の1ヶ月留学をした人だったら、前者の方が格段にスコアアップするのは、皆さんも予想がつきますよね。
なので、意外とTOEICの点数を目標にしてしまうと、帰国後に「思ったより取れなかった…」なんて、自分を悲観的に見始めるナンセンスな結果になってしまうこともありますので、十分ご注意ください!

まとめ

いかがでしたでしょうか。フィリピン留学を成功させるために、意外と見落としがちなポイントを集めて7つのステップをご紹介しました。
これから情報収集をしようと動き始めた方から、行く事はすでに決まっていて最終チェックをしようと考えている方まで、さまざまな角度から改めて見直してみることは大事ですよね。
皆さんの留学生活の一歩に役立てていただければ幸いです。

アバター
megumi
留学カウンセラーが教える成功留学

高校卒業後、単身でニュージーランドに渡航し、語学留学、IELTS取得、大学準備コース、大学進学を経て、5年間滞在。

挫折を多々味わいながらも、世界中の人々との交流を通してさまざまな価値観に触れ、人生の宝となる経験を得る。大学卒業後は、日本の留学エージェントに就職。

これまで2万人以上の海外留学希望者とカウンセリングを行い、自らの体験を活かしてアドバイスを行っている。

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

ピックアップ記事

初心者向け!おすすめオンライン英会話スクール20選【徹底比較】

0
この記事では初心者の方や超初心者の方におすすめできる、オンライン英会話スクールをランキング形式でご紹介します。 ...

新着記事

フィリピン【イロイロ留学】40の大学がある学園都市、治安の良さと教育環境が魅力!

0
フィリピン留学と言えばセブやバギオが有名ですが、あまり知られていない穴場の留学先として「イロイロ」があります。 聞...