留学

準備

勉強

観光

食べる

楽しむ

学校一覧表

近日公開

留学中

留学後

見る

セブ島留学マナビジン フィリピン留学 留学生へインタビュー 「旅行気分も満喫でき、勉強もできる環境が...

「旅行気分も満喫でき、勉強もできる環境が整っている学校でした」セブ島留学体験談【セブブルーオーシャン】

このコーナーではフィリピン留学をした方の体験談をご紹介します。

今回の留学生

・お名前:みか
・ご年齢:20代後半
・ご職業:離職後、留学
・通われた語学学校:セブブルーオーシャンアカデミー
・留学滞在期間:2016年4月から2ヶ月間

1,この学校を選んだ理由

❶セブにありながら、語学留学で有名なバギオ出身の先生を採用している。
❷施設が綺麗で、滞在先がホテルである。
❸基本の授業以外にもオプション授業があり、1日10コマ(1コマ50分)近く受講可能。

2,フィリピン留学前に準備してきた事

仕事をしながらの留学準備でしたが、高校時代に使用していた単語帳を一冊暗記しました。また基本英会話の文章についても、決めた一冊だけある程度勉強していきました。
留学前1か月は、スカイプを使った英会話も週に3回(1回25分)程度でしたが、受講しました(私の場合、カリキュラムを勉強するというよりは、それによって英語を口から出すことに少しでも慣れようという目的で行いました)。

3,実際留学してみて準備が足らなかった事

もっとすぐに使える単語・熟語量を増やしていけばよかったなと思いました。それがあれば、会話の質が深くなったような気がします。

4,学校の施設について

宿泊の部屋は3人部屋を選択しました。私の場合、運良く全員違う国出身だったので、部屋の中でも英語を使わなければいけませんでした。これも英語力の向上に役立ったと思っています。
ただし、人によっては全員同じ国の人(特に日本人と韓国人はそういった場合が多いと思います)の場合もあり、そればかりは運なのかなーと思います。
部屋の設備については決して良くはありませんし、よく故障もしますが、スタッフに伝えると当日か遅くても翌日には修理してくれます。
教室は綺麗です。各部屋にホワイトボードもあり、隣の教室も近いので、マンツーマンと言っても活気がある授業という感じです。
先生は本当にたくさんいます。先生によっても当たり外れがありますが、その場合日本のマネージャーさんに相談ができ、場合によっては先生の変更もできます。
毎日門限の時間にはガードマンによるチェックがあります。門限を何回も破ると、実際に罰金をさせられている子もいました。あと学校敷地内の入口にも常時ガードマンがいて、学校の敷地内は安心して移動できます。

5,選んだ授業のカリキュラム内容と感想

カリキュラムは1日7コマ(マンツーマン5コマ、グループ2コマ)ですが、さらにオプション授業を2コマつけた9コマでスタートしました。ただし1週目で疲れてしまって、そのあとは基本の7コマに1コマだけプラスした状態で進めました。
私の場合、授業後は自習室も空いていたので、朝か夜に1〜2時間勉強しました。
授業内容は、カリキュラムはあるものの、どこを重点的に勉強したいかをしっかりと初めに先生に伝えた方が、満足度が高い授業を受けられるかと思います。

6,最もためになった授業

マンツーマン授業の方がやはり意味があったように感じます。その中でも、リーディングの授業はとても役立ちました(発音や文書の読み方などを勉強しました)。
※先生の当たり外れはありますが、その場合はできる範囲で変更可能です。

7,周りの環境、治安の様子

周りには、飲食店やスーパーもあり非常に便利でした。普段生活するには全く問題ありませんし、少しショッピングしたいということであれば、タクシーで30分くらいで大きなモールにも行けます。
タクシー代もかなり安く、全く気になりませんでした。学校周辺はセブシティと比べると少し田舎ですので、クリーンなイメージで行くと戸惑います。
治安に関しては、やはりいいことはありません。物乞いをする子供も歩いていました。ただフィリピンの方は基本的に親日家ですし、害を加えてくることはありませんでした。一人でふらっと買い物に行く程度でしたら、全く問題はありません。
あとは、できるだけ危なそうな人には近づかない・・・などの最低限の注意は必要かと思います。

8,日々の食事内容

基本的にはバイキング形式で、韓国風の味付けが多かったです。たまに日本料理風のものも作ってくれます。ご飯は美味しいとは言えないけれど、それも数週間すれば慣れます。
あと、料理のスタッフの感じがとても良いです。仲良くなれば名前を呼んでくれたり、とてもアットホームな感じでした!

9,インターネットの環境について

私は、日本で使っている携帯を持って行き、WiFiのみで過ごしました。ルーターも最後1ヶ月だけ借りましたが、それでも繋がり方は日と時間帯によります。
セブはWiFi環境が悪いようです。学校のフリーWiFiは朝みんな使ってないときは繋がったりしますが、基本繋がらないと考えておいたほうがいいです。ただ、調子のいいときはラインで電話もできましたし、運が良ければ!という感じです。

10,この学校の最大のメリット

あくまで自分でメリハリをつければですが、遊びや旅行気分も満喫できて、勉強もできる環境が整っていることだと思います。
カリキュラムはしっかりしているし、先生の質も他の学校よりも、聞いている限りとても良い。その上、ホテルからは海も見え、ホテル内にはプール、近くには激安オイルマッサージ店、海も近い、セブシティも近い!
私の場合、平日はご飯に行ったりする日以外は勉強漬け、休日はいろんな人と海へ行ったり外出することで、英語を実践で使うという日にしていました。

11,私が考えるフィリピン留学を成功させるコツ

まず行く前に準備をして、英語力をアップさせておくということが大きなキーポイントだろうなと感じます。私の場合、2ヶ月目から急激に英語力が伸びたのは、準備をしていたことが良かったかなと思っています。
それでもまだまだ準備が足りなかったと思うことはありましたが・・・
次に、「英語を勉強したかったら、勉強よりも話すことが大事」という言葉に惑わされないということだと思います。
正直勉強しなくても、会話はジェスチャーで進められますし、周りには英語のできる日本人の友達もいる、また結局相手も英語を勉強しに来ているので、話すスピードもゆっくりだったりして、英語圏で話すのとは全く違います。
それよりも先生と仲良くなったり、一人で勉強した上でそれを実践で使うという繰り返しが良いかなと思います。
最後に留学終了後、実際に英語圏に行くのがいいと思います。私の場合、そのあとオーストラリアへ行きましたが、学校の質はフィリピンの方が良かったものの、普段から英語に触れるという意味では、圧倒的にオーストラリアの方が役立ちました。
フィリピンはやはり若い人が多く、遊びに来ているという雰囲気が強いです。

12,その他

フィリピンには本当にたくさんの語学学校があり、私も行くまで非常に悩んでいました。けれど、結果この学校を選んでよかったなと心から思っていますし、多分他の学校を選んでいても同じことを思っていただろうとも思います。
結局は自分の留学の目的をしっかりと持ち、そこで自分が周りの雰囲気に流されず、どこまでやれるかだろうと思います。けれど、日本とは全く違う環境で、絶対にいい経験になると思います!悩んでいるなら、絶対行った方がいいと思いますよ。
セブブルーオーシャンの学校詳細はこちら
フィリピンセブ島留学の語学学校全リストはこちら

フィリピンセブ島留学【おすすめ】語学学校全154校 2020年版

ゲストライター
ゲストライター
当サイトに不定期で寄稿しているゲストライターさんの記事です。

様々な職業や経験を持ち合わせた方から寄稿頂いているので、ぜひチェックしてみてください。

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

ピックアップ記事

初心者向け!おすすめオンライン英会話スクール20選【徹底比較】

0
この記事では初心者の方や超初心者の方におすすめできる、オンライン英会話スクールをランキング形式でご紹介します。 ...

新着記事

フィリピン【イロイロ留学】40の大学がある学園都市、治安の良さと教育環境が魅力!

0
フィリピン留学と言えばセブやバギオが有名ですが、あまり知られていない穴場の留学先として「イロイロ」があります。 聞...