皆様、はじめまして。
「セブ・ホームステイ」の富樫と申します。
私は大学卒業後、デザイン会社を設立しその後売却。2010年にセブ島のリタイアメントVISAを取得し、今は子どもたちと一緒にセブ島に住んでおります。
親子3人セブ滞在4年目に突入いたしました。現在、長男Ryo中3、次男Rei小6になります。インターナショナルスクールに通うごく普通の男の子です。
これから「お子様を海外のインターナショナルスクール通わせたいと思っているが、どうしたらいいかわからない」という方のために情報を発信していければと思います。

Why セブ?

シャングリラビーチリゾートマクタンの写真(部屋・ビーチ・レストラン・ウェディングチャペル)

セブ島への移住のきっかけは長男Ryo小1の時、日本の某インターナショナルスクールに入学したのが始まりでした。
2年ほどお世話になりましたが、年間100万円以上の学費に対する効果に疑問を抱くようになり、一念発起しセブに移住することにしました。
2010年の時点でRyoは小3で、Rei年長の時、右も左もわからぬままセブに出発しました。
幸いなことに現地のインターナショナルスクールの試験は無事2人とも合格することができました。一応2年間日本のインターナショナルスクールに通っていた成果はあったようです。Reiはその時点では英語と縁はありませんでしたが、何故か(?)合格しました。

通常、英語がゼロレベルの場合は半年ほど家庭教師をつけ、自宅で毎日勉強し簡単な英会話ができるようにならないと入学できないようです。

 

Ryo&Rei英語進捗度

2年を経て日本に一時帰国したときためしに英検を受けてみました。
Ryo小5、Rei小2の時です。
Ryo2級、Rei3級に合格しました。一般的に2級は高校生、3級は中学生くらいのレベルと言われています。
驚いたのは合格したことではなく2人ともリスニングが満点だったことです。ちょっとだけセブに来たことに確信を持てた瞬間でした。
私の転勤でベトナムに2年ほど行くことになり再びセブに戻ってきたのがRyo中1、Rei小4の時です。
Ryo中1の時、ためしにTOEICを受けてみました。

セブ島子供留学 インターナショナルスクールへ

結果はL:485 R:385 TOTAL870
Lisning485点には驚きました。100問中3問しか間違えてないことになりますね。
Readingの方は内容が経済とかビジネスの長文読解になるので、中1のRyoにはほとんど理解ができなかったのでは思われます。ですから点数はこんなもんでしょうか。
高校生になればReadingの内容も理解できるようになり満点もとれるのではないかしら、とふと感じた瞬間でした。
現在Ryo中3、Rei小6になりました。
2016年度第一回英検の結果です。
セブ島子供留学 インターナショナルスクールへ

セブ島子供留学 インターナショナルスクールへ

Ryo準1級、Rei2級に合格しました。

Ryoの進学について

さてここからが本題です。
そろそろRyoの進学について親として真剣に考えなければなりません。
高1から日本に戻るかそれとも大学から戻るかです。
必死で調べました。。。
結論:大学からにしよう。
なぜなら英語1科目で大学受験ができるからです。
慶應大学経済学部/法/商(帰国子女枠)ビリギャルで有名になった総合政策/環境情報学部、または早稲田大学国際教養学部などまだまだたくさんありますが、どうせ行くなら早慶を目指そうと。
英語1教科に集中できるわけですから複数科目勉強しなければならない受験生に比べて楽なのは、いうまでもありませんね。中学受験をして進学校に行き、なおかつ6年間必死に勉強して早慶レベルの大学に行けるのはほんの数%の子供たちです。
受験戦争を勝ち抜くことにも将来間違いなく意味はあると思います。
否定をするつもりもありません。
ただ私は今回、普通の子でも無理せず早慶レベルの大学に行ける方法があるということをシェアしたいし、実践することが難しいご家庭のお手伝いをしたいと考えています。
そこで今回実は・・・
1. 英語習得のため海外のインターナショナルスクールにお子様を通わせたい方
2. 帰国子女枠を利用してお子様の受験をお考えの方
こういった事をお考えの方向けに「セブ・ホームステイ」を立ち上げることにしました。

ホームステイ概要

1.住まい

セブ島子供留学 インターナショナルスクールへ

Sto Nino Village(サントニーニョ・ビレッジ)の1戸建てです。

セブ島子供留学 インターナショナルスクールへ

Sto Nino Village(サントニーニョ・ビレッジ)とは、とても閑静な住宅街のことです。ゲートには24時間警備のガードマン、共用の運動場もあります。
セブの中では外国人専用の高級住宅街になります。
また徒歩5分圏内にインターナショナルスクール(ブライトアカデミー)がありとても便利な場所です。
ヘルパーも住み込みで働いているので掃除・洗濯・食事の心配はありません。
このあたりの環境については、今後いくつかのお写真をセブ島留学マナビジンさんにアップさせて頂きますので、随時ご紹介したいと思います。

2.学校

セブ島子供留学 インターナショナルスクールへ

学費は日本の1/5程度です。しかしながら英語力への効果は、日本のインターナショナルスクールに通うより、5倍ぐらい差があります。だって日本のインターナショナルスクールは生徒の半分は日本人ですから。。。
セブ島のインターナショナルスクール、「英語が喋れないけど学校に入学できますか」とよく聞かれます。
答えはできません。
個人差はありますが、3-6カ月ほど家庭教師とマンツーマンで英語の勉強をしていただきます。あとは学校に入学し、ひたすら英語のシャワーを浴びるだけで英語の実力は100%上がります。
セブ島子供留学 インターナショナルスクールへ

3.費用

月額15万円(水道・光熱費・食費含む)。
上記金額に含まれないものとしましては、家庭教師代・学費・お小遣い・VISA延長代金etc

セブ島子供留学 インターナショナルスクールへ

1BRの個室をお子様に貸与いたします。
セブ島子供留学 インターナショナルスクールへ
富樫

おすすめ関連記事

英語力ゼロ親子のセブ島留学記 ~セブ島旅行からの留学決意~

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.