皆さんも一度は「ワーホリ」という言葉を聞いたがあると思います。これは「ワーキングホリデー」という制度の略称なのですが、「聞いたことはあるけど、どの様な制度かは知らない」という人もたくさんいるのではないでしょうか?

それではまず「ワーキングホリデー」という制度についてご紹介していきます。

ワーキングホリデーとは?

d02516ca8e6fce4337730d5d645d948e_s

この制度はある2か国間の間で、18歳~30歳(25歳の場合もあり)までの若者が異文化に触れながら、就労することも認められるという制度です。

例えば「学生ビザ」で入国した場合、滞在期間中は学校へ通うという名目のビザなので、就労できる時間はとても制限されてしまいます。

しかし、「ワーキングホリデービザ」は許可がおりた期間中であれば、生活費を稼ぐ為に仕事をしても良いですし、その国の観光地を旅行することも、学校に通って勉強することも、本人が決めることができるビザなのです。

簡単に言ってしまえば、「ワーキングホリデー」のビザを取得していれば、その国で好きなところを旅行しながら、生活費を稼ぎ、異文化に触れることができるという素晴らしい制度なのです。

中でも代表的な国はカナダ、ニュージーランド、オーストラリア、イギリスなどですが、他にもフランス、ドイツ、香港、韓国などと幅広い国が日本と協定を結んでいます。

「ワーキングホリデービザ」が許可されるのは各国に対し、一回までと定められていて、ほとんどの国で「ワーキングホリデービザ」の滞在可能期間は1年間とされています。

しかし、オーストラリアでは一定の期間、牧場や農場などの過疎地で就労すると、「セカンドワーキングホリデー」という2年目の滞在が許可される制度があります。

私もオーストラリアでこの「セカンドワーキングホリデー」制度を活用し、2年間異国の文化に触れ、日本では到底体験できない生活を堪能してきました。

さて、「こんなにいい制度があるなら、私も海外に行きたい!」と思う人もたくさんいるのではないでしょうか?

しかし、海外で長期の間、一人で暮らすというのは当然のことですが、楽しいことばかりではありません。「行ってみたい!」という気持ちとは裏腹に、たくさん不安も出てくると思います。

そこで、私や「ワーキングホリデー」で海外に行ったことのある友人達の経験から、オーストラリアでの「ワーホリ生活で困ったこと」をいくつか紹介していきたいと思います。

ワーホリ生活で実際に困ったこと

1.英語

英語の発音

なんと言っても、まずは言葉の壁が不安になることだと思います。当然のことですが、海外で生活するということは、周りで暮らす人達とのコミュニケーションは英語でしなければなりません。

日本人は英語に対して抵抗が大きく、学校の勉強だけでは話せる様になることはとても難しいです。私自身、小学校の頃から英語を学び、中学生の夏休みにはアメリカへホームステイに行きました。

その後も英語は一生懸命勉強し、学年では成績は上位でしたが、いざ海外で暮らしてみると、周りの人が何を言っているのかさっぱりわかりませんでした。

海外で暮らしている内に段々耳が英語に慣れ、自分の気持ちも相手に伝えられる様になってくるものではありますが、それまでの間は苦労することがたくさんありました。

しかし、ここを乗り越えなくては楽しい海外生活は手に入りません。「ワーキングホリデー」制度がある国ならば、必ず日本人もたくさん暮らしています。まずは現地で日本人の友達を増やし、生活に必要な情報を教えてもらいましょう。

初めはみんな異国の地での苦労を経験しているはずなので、語学の壁を乗り越える為の手段を知っているはずです。海外で暮らしているだけあって、日本に暮らす日本人より友好的な人が多いので、気軽に話しかけてみましょう。

また、費用がかかってしまいますが、初めの数ヵ月は語学学校に通うなどするといいかもしれませんね。友達も増え、英語でのコミュニケーションにも慣れていきます。

海外生活をサポートしてくれるエージェント会社もたくさんあるので、日本にいる内に話を聞きにいったりして準備しておくのも、とても効果的です。エージェントによっては、日本にいる間に英語学習をサポートしてくれる会社もあるようです。

2.治安

世界遺産記事

海外での生活は日本生活と比べると、安全ではありません。特に置き引きには要注意です。空港に到着して、ホッとして少し目を離したら、荷物が無くなっていたという話はよく聞きますよね?

他にも、飲食店で椅子の下に置いておいた荷物が帰る時には無くなっていることなどもあるようです。日本でも物騒な事件がありますが、海外では様々な文化の人々が暮らしていて、貧富の差も当然あります。

日本では「そんなことする人いないだろう」と思うことでも、海外では平気で起きてしまうのです。物を取られるだけなら、まだいい方かもしれません。特に「日本人は警戒心がない」と思われているので襲われやすいのです。

中には危害を加えられることも当然あります。私が学生時代にイギリスに滞在していた頃の話ですが、黒人に夜道で襲われたことがあります。幸い、財布も携帯も所持しておらず、たいした物は取られませんでした。

その後、周りの友人にも相談してみたら、ほとんど日本人が何かしら襲われた経験があることに驚きました。ある人からは「それも海外生活の1つだよ!襲ってくる方も襲う相手を選んでるから、日ごろから警戒心を持っていれば大丈夫だよ」と言われたことがあります。

要するに襲う側も痛い目を見たくないので、こちら側が襲われにくい状況を作れば良いのです。

簡単に言えば、「夜道を一人で歩かない」、「貴重品や大金を持ち歩かない」、「荷物から目を離さない、手放さない」など少し気を引き締めるだけで、危険は回避できるものなのです。

3.医療費

世界一周の定義 地球を一周するとはどういうことか?
http://cielosinfin.com/viajar/latinoamerica2016/vaccination2016/

日本では保険証を持っているので、みなさんが病院で診療を受けてもさほど高額ではありません(診療内容にもよりますが…)。しかし、海外では日本の保険証は使用できないので、医療費も高額になってしまいます。

「ワーホリ」に行く際には海外保険に必ず加入しておきましょう。滞在期間中に病気やケガになってしまうことも十分あり得ます。その際に保険に加入していないと高額な医療費がかかってしまい、せっかくの海外生活を楽しんでいる場合ではなくなってしまします。

また、歯医者の治療は保険でカバーできないので、「虫歯」や「親知らず」がある人は、日本にいる間にしっかり完治させておきましょう。当然のことですが、海外の薬は英語で表記されており、成分なども日本のものとは違うかもしれません。

私は現地で捻挫をしてしまったことがあるのですが、なんと湿布がありませんでした。現地の市販の塗薬を使用しましたが、「湿布の方が治りが早いよな~」とボヤいたことを覚えています。最低限の薬類は日本から持参することをお勧めします。

4.ルーズな文化

http://blogs.yahoo.co.jp/pulutin63/14213235.html
http://blogs.yahoo.co.jp/pulutin63/14213235.html

「日本人は真面目で勤勉」と、海外からもとても好印象です。日本での公共機関は必ず時間通りに到着しますが(例外もありますが…)、海外では遅れるのが当たり前と言ってもいいぐらいです。特にこれから現地で仕事をしようとしている人には致命的ですね。

また、その様な感覚の文化なので、仕事をするにしてもルーズさが出てきます。私は現地でツアー関係の仕事をしていましたが、お客様がお店に集まっても従業員は平気で昼食を食べていて、お客様を待たせることに抵抗が全くない様でした。

こんなこと日本ではあり得ませんよね?しかし、それが彼らの文化なのです。もちろん全ての人がルーズなわけではありませんが、そういった人も多いということです。

これは自分が客側の立場になっても起こってしまうことですが、「これがこの国の文化なのだ」と受け入れ、初めからそういう心構えで向き合えば、さほどイライラすることもなくなります。

必要なことならば、相手が対処してくれるまで、何度でもお願いしましょう。「言われないから、やらなくていいんだ」と思われてしまうと、何も進めてくれません。

5.宿泊施設

3d academy宿泊施設
初めての海外生活、住む場所も探さなくてはなりません。海外では日本の様にビジネスホテルの様なものがあちこちにあるわけではありません。

代表的なのが」は「バックパッカー」と呼ばれるものですが、これは同じ部屋に複数の見ず知らずの人達が寝泊まりする宿泊施設です。様々な文化の人と同じ部屋で暮らす訳ですから、当然いさかいも起きてしまいます。

部屋を空けている間に私物がなくなってしまったり、勝手に自分が購入した調味料を使われたりと散々です。こういった問題を防ぐためにも、貴重品はスーツケースにしまっておき、しっかりカギをかけておきましょう。

多少のことは「海外だからしょうがない」という気持ちで向き合えば、異国の人たちと同じ部屋で暮らすというのも良い経験に感じてきます。

6.外食の値段

9bc10926f795622a8892d898aa9dee77_s
そもそも外食は高いものですが、海外の外食は日本以上です。お昼にサンドイッチや牛丼程度のものを食べても1000円ぐらいかかってしまうことも珍しくありません。特に男性は日本では「料理なんてすることもなかった」という人も多いと思います。

だからと言って、毎日外食を続けていてはとてもじゃありませんが、生活費が足りなくなってしまいます。海外でも日本のスーパーの様に食材を売っているお店はあるので、自炊して生活費を節約していきましょう。

それでなくても、海外生活はお金に困ることがあるので節約するにこしたことはありません。簡単なものや、自分の好物は日本にいる間に作り方を覚えておくと良いかもしれませんね。

7.パーティーピープル

世界中で友達を作る方法
5項で紹介した「バックパッカー」でも暮らせますが、ずっとそこで生活するわけではありませんよね?仕事を見つけ、環境にも慣れてくると、本格的に住む部屋を探すことだと思います。

みなさんも「シェアハウス」という言葉を聞いたことがあると思います。これは一つの家もしくは、部屋を数人で「シェア」して暮らすというもので、家賃を節約することができます。

部屋を選ぶ際、できれば「オウンルーム」(自分だけの一人部屋)を確保したいものですが、その時の状況や金銭次第では叶わないこともあります。

しかし、「オウンルーム」が確保できても、キッチン、トイレ、リビングなどは共同ですので、「バックパッカー」の時ほどではないにしろ、いさかいはあります。日本人にとって苦痛になってくのが「パーティーピープル」と呼ばれる人たちです。

文字通りパーティーを繰り広げる人たちですが、ルームメイトがパーティーに出掛けた後、夜中に友達を引き連れ「シェアハウス」のリビングで酒盛りを始めることも少なくありません。

彼らは基本的に陽気で友好的なので、「一緒に飲まないか?」と誘ってきます。あなたもパーティーが好きならば問題はないですが、時には仕事で疲れていたり、静かに考え事をしたい時もあると思います。

そんな時、夜中にどんちゃん騒ぎをされたら苦痛に思いますよね?これも海外ならではと受けいれる事は大事ですが、あなたの意見や悩みを相手やオーナーに伝えることもとても重要です。

彼らは「言われないから、騒いでもいいんだ」と解釈してしまうので、まずは自分の気持ちを伝えましょう。

まとめ

いかがでしょうか?まだまだ海外へ行くことに不安はあるとは思いますが、困ったことが起きても必ず解決方法があり、それは「ワーホリ」経験者のみんなが乗り越えてきた壁なのです。

興味をもった方は、まず色々と調べてみましょう。全く英語が話せず、貯金もないまま「ワーホリ」行った人もなかにはいます。

「ワーホリ」とは異文化に触れるというだけではなく、様々な問題を自分の力で乗り越えていくということでもあるのです。

そして、その経験はあなたの今後の人生においても、大きな力となっていくことでしょう。

その他、関連記事はこちらから
▶︎失敗しないワーキングホリデー、知っておきたい10の事柄
▶︎ワーキングホリデー5ヶ国一括比較!費用・期間・年齢・ビザ条件など

▶︎セブ島留学×ワーキングホリデー完全ガイド

【まとめ】セブ島にある有名・評判な語学学校の一覧表
シェア
当サイトに不定期で寄稿しているゲストライターさんの記事です。 様々な職業や経験を持ち合わせた方から寄稿頂いているので、ぜひチェックしてみてください。

この記事、あなたはどう思いましたか?ぜひご感想をください。

Please enter your comment!
Please enter your name here