旅行バックは一番の旅仲間!~選び方とパッキング方法~

世界一周旅行に欠かせない、荷物を入れるかばん。長期間ずっと肌身離さず、一緒に旅をする重要なアイテムです。途中で壊れてしまったり、使い勝手が悪くなってしまうのも困るので、ここは慎重に選びたいところですよね。

体力がないからキャスター付きがいいかな。でもバックパックの方が世界一周っぽくていいな…。と、ここ最近は沢山のブランドから種類も豊富に出ているので、どんなタイプが自分にあっているのか迷ってしまいますよね。

長期で何回か海外に出ている筆者も試行錯誤して、やっと現在のスタイルに落ち着きました。今回はそんな筆者が長年吟味を重ねた旅行のバックについて、ご案内します。

バックの種類と選び方、パッキング方法を伝授します!

1.サブバッグ

ボディバッグ

旅行バックは一番の旅仲間!~選び方とパッキング方法~

(引用)▶︎http://store.ponparemall.com/superfrog-pon/
体にぴったりフィットするボディバッグ。体の前面にかければ街歩き用に持つには一番防犯に優れていると思います。胸のあたりにカバンの開け口があるようにすれば、まずスリなどに会うことはないでしょう。

物が取り出しやすく、動きやすい。画像のような、500mlのペットボトルとA5版のガイドブックが入るくらいの大きさが丁度いいと思います。

ただしそれだとパソコンなどは入らないので、飛行機に乗る時はメインバッグを小さく(さらに液体物などは持ち歩かずに)するか、別のサブバックも用意する必要があります。

ショルダーバッグ

旅行バックは一番の旅仲間!~選び方とパッキング方法~

(引用)▶︎http://www.manhattanportage.com.tw/
これも物が取り出しやすく、目に付くところに開き口があるので防犯上はとてもいいです。筆者は世界一周の時に、PCなどを飛行機内に持ってはいれるように30リットルくらいの大きさのものを持っていました。

問題は、片方の肩だけに重さがかかるので重く感じる事と、それによって体のバランスが取れず動きにくい事です。ストラップが細いと肩が痛くなってしまうので、厚いパットがついているものがいいですね。体に斜めにかかるので、バックパックとの組み合わせはよくありません。

リュックサック

旅行バックは一番の旅仲間!~選び方とパッキング方法~

(引用)▶︎http://www.sanwa.co.jp
やはり、重いものを入れたときの体の負担減、動きやすさはピカイチです。しかし、背負っていると後ろからリュックを開けてものを盗まれる可能性があるので、チャックに南京錠をつけておくか、前に下げるなど工夫をしてみて下さい。

30リットルくらいの大きさであればトレッキングや、バックパックを宿において何日か別の場所に行く時も使えるのでとっても便利。ノートパソコンを持ち歩く方はPC収納ポケットがついているタイプを選ぶと、使いやすいですよ。

2.メインバッグ

スーツケース

旅行バックは一番の旅仲間!~選び方とパッキング方法~

(引用)▶︎https://pixabay.com
短期旅行者や、ビジネスマンが利用しているイメージのスーツケース。世界一周旅行者でも何人か利用している方は見たことがありますが、やはり少数派です。筆者も世界一周の時ではないですが、長期海外旅行に利用したことがあります。

頑丈なので中の荷物が壊れる心配もないですし、耐水性にも優れ、ロックもかけられる事から防犯性も高いです。しかし空港などかなり滑らかな地面の場所では一番運びやすいのですが、多少の段差や少しでも路面がボコボコしていると途端に使い勝手が悪くなります。

先進国ヨーロッパであっても石畳の道が多いので、移動の多い旅行には不向きです。

キャスター付きバックパック

旅行バックは一番の旅仲間!~選び方とパッキング方法~

(引用)▶︎http://www.valueproducts.jp/products/
キャスターがついているのでコロコロ転がす事も出来、背負うこともできるバックパック。筆者は世界一周の時にこれを使っていました。布製なのでスーツケースより軽く、ほとんどのものがチャックで開くタイプなので南京錠もつけられます。

ぱっと見た感じはそれぞれの国の地元の方が使っている旅行バックと変わらないので、長距離バスで預けるときなどはバックパックより盗まれる可能性は低いなと思いました。

さらに、基本上部からしか物を入れる事ができないバックパックと比べ、がばっと開くのでパッキングはとてもしやすいです。しかし、スーツケース同様悪路に非常に弱く、しかも歩いていて両手があかないので不便に感じました。

背負うストラップはどうしても簡易的なので長時間は背負っていられません。世界一周中に結局1度しか背負いませんでした。

バックパック

旅行バックは一番の旅仲間!~選び方とパッキング方法~

これぞ旅人!という感じですね。運びやすさ、動きやすさに特化しているので、耐久性や防犯性は低いですが、やはりこのタイプを使っている旅人が一番多いです。筆者は世界一周後に購入し、その後の長期旅行はずっとバックパックを利用しています。

荷物が重くて大変そうだからキャスター付きの方がいい・・・と思う方もいると思いますが、身長145㎝の筆者でも問題なく背負えています。

片手だけに負担がかかり、段差などでは手の力だけで持ち上げなくてはならないキャスターバックパックより、断然運びやすいです。両手も開くので、歩きながら地図を開くこともできますし、とにかく動きやすくて便利ですよ。

3.おススメ組み合わせ

旅行バックは一番の旅仲間!~選び方とパッキング方法~

ここまで様々なタイプをご紹介しました。組み合わせは何通りにもなるのですが、すべてのタイプを利用してみて、筆者のおススメの組み合わせは、バックパック+20~30リットルのリュックサック+小さめボディバックです!!

世界一周となると、軽装の街歩きから山登りなどのアクティビティなど、様々なシーンがあるので、それぞれに合わせたタイプを持って行った方がよいと思います。

さらに、すべての荷物を持って歩く場面も毎日のようにあるので、両手が開くことと、機動性の良さを重視することをおススメします。すべての荷物を持つときはボディバックは畳んでしまっておくので、なるべく軽く薄いものを選んでくださいね。

もちろん、あまりアクティブな動きをしない、ほとんど先進国だけを回る、という方はキャスター付きやショルダーバッグも、使う利点は多いですよ。

4.おすすめバックパック

photographers-1150033_640

バックパックは国内外沢山のメーカーがあり、スーツケースやリュックサックなどと違い好みも分かれるので、今まで購入したことがないという方は何で選べばいいのかと頭を悩ますと思います。

予算と機能との兼ね合いもありますが、長い時間旅をともにする物なので出発してから使いづらいな・・・なんてことがないように慎重に選びたいですよね。選ぶコツとしては、

背負い心地

なによりこれが一番大事です。世界一周中は毎日バックパックを背負っているといっても過言ではないです。どんなバックパックを利用しても荷物の重さは変わらないのですが、背負い心地によって、体感重量がずいぶん変わります。

機能

ポケットの数、開閉部分はいくつあったらいいか、どんな利用用途かなど、自分がどうしても必要な機能を具体的に決めておくと、その機能がついているものを探すだけなので、消去法で粗方選ぶ事ができます。

予算

なるべく希望に沿ったものを、とは思うのですが当然機能が良いものは高いです。世界一周に負担にならない程度で予算もざっくりと決めておきましょう。筆者としては安物を買って旅先で壊れてとても困った経験があるので、多少奮発してでもよい物を買うことをおススメします。

容量

出発前はあれもこれもと荷物がどんどん増えてしまいがちです。容量が多いバックパックだとなんでも詰め込んでしまいますが、小さければ小さいなりに厳選した持ち物だけで意外と旅はできるものです。

いくら大きめのバックパックだからと中身を増やしても運べなければ意味がありません。容量が大きければその分バックパック自体も重くなるので、あまり大きすぎない自分の体格に丁度いいものを選ぶのもコツの一つです。

以上をふまえた上で、おススメのバックパックを3種ご紹介します。

OSPREY KYTE 46

旅行バックは一番の旅仲間!~選び方とパッキング方法~

(参照)▶︎http://www.lostarrow.co.jp/store/
価格:¥21600 (税込)
容量:46リットル
重さ:1.61kg
外寸:縦70×横35×奥36cm

筆者も愛用しているバックパックです。女性専用にヒップベルトとハーネスも設計されているので、体にフィットします。背面にバックパックの高さを調整できる部分があるので、身長によって調整が可能です。

1気室、2気室切り替えができるタイプで上からも底からも荷物を取り出す事ができます。チャックが多く、特にヒップベルトには左右にチャックのポケットがあるので、小銭やスマートフォンなどちょっとしたものが入れられてとっても便利。

カラーも鮮やかで目立つので、飛行機の預け荷物にしても、受け取る時にすぐに見つけられます。さらに、レインカバーがついているので、別で購入する必要もないですし、これだけの機能でこの値段はお買い得です。

女性に特におススメですが、同じタイプでケストレルという男性用のモデルもありますよ。

GREGORY バルトロ65

旅行バックは一番の旅仲間!~選び方とパッキング方法~

(参照)▶︎http://www.gregory.jp/item/detail/
価格:¥42120(税込み)
容量:65リットル
重さ:2.3kg
外寸:不明

バックパックのロールスロイスと言われているグレゴリー。その名の通り重厚感にあふれ、丈夫さ、背負い心地も申し分のないブランドです。その分値段も張り、重さもあるのですが、良い製品を長く使いたいという方にはおススメできる、最高級のバックパックです。

65という名前ですが、61リットルのSサイズもありますよ。ハイドレーションという給水パックを入れる部分があるのですが、PC収納にピッタリで、しかも取り外しが出来るのでサブバックとしても使えます。

例えば、前述のバックパック+リュックサック+ボディバックの組み合わせで旅に出ようと思っている方は、この部分をリュックサックとして利用すれば、余分な荷物は減るのでちょうどいいと思います。

そして一番の特徴は、メイン部分が上、中、下と3方向から開閉可能。これは他ではなかなかない機能です。特に中の部分は大きく開くので、バックパックの弱点であるパッキングも楽々ですよ。

他にも細部にわたって背負いやすさを追求したデザイン、防水性のサイドポケットなどなど、ご紹介したい部分はいくらでもあるこのバックパック。使ってみて絶対に後悔しない一品です。

Mont Bell アルパインパック50

旅行バックは一番の旅仲間!~選び方とパッキング方法~

(参照)▶︎https://webshop.montbell.jp/goods/
価格:¥16500(税別)
容量:50リットル
重さ:1.62kg
外寸:高さ73×幅30×奥行き23cm

MontBellは日本のブランドだけあって、日本人の体形に合ったデザインになっています。サイズ設定も細かいので、確実に自分に合ったものが見つかります。

バックパックの体感重量の軽減に一番重要なヒップベルトの位置を上下や角度も変える事ができるので、荷物の重さを感じさせません。値段も安く、ポケットの数や丈夫さも十分です。MontBellの正規店が近くにあれば、専門の店員さんに相談できますし、安心ですよ。

5.パッキング方法

パッキング方法によって、使いやすさ、背負いやすさが全く変わってきます。ポイントは以下の3つ。

バランスよく配置する

パッキングにおいて一番重要なのが、体感重量を軽減させる事です。必要がなさそうなものはできるだけ持っていかない事は大前提ですが、重さの目安としては自分の体重の約20%以下。

一般的にはそれ以上の重量は長時間背負うのは困難とされています。背負いやすいバランスは、軽いものは底に、重いものは肩よりうえでなるべく背中に近い部分に、あとの物は左右均一な重さになるように振り分けてください。

スマートフォンの充電器や、バックパックカバーなどはすぐに取り出せるように外ポケットなどに入れると便利です。利用頻度に合わせて配置を決めましょう。

種類別に小分けする

使いやすさ、バックパック内部の整理整頓の為、物は袋に小分けしましょう。筆者は衣類は大きめの圧縮袋を2つ使い、1つは毎日使うような下着やTシャツ類、もう1つは防寒着や水着など今いる地域では使わないようなものを入れていました。

ちなみに圧縮袋は毎日利用するので劣化が激しく破れやすいです。少し値が張ってもできるだけ丈夫なものを用意することをおすすめします。他は洗面用具や電気機器など、種類別に分けます。丈夫で中が見えやすいポーチなどで分けると探しやすいです。

外袋や余分な部分はなるべくもっていかない

例えば調味料や薬の外箱など、できるだけ省けるものは省きましょう。筆者は使い捨てコンタクトの余分なプラスチックの部分をひとつひとつ切ったり、瓶に入っている薬をプラスチックケースにうつし替えたりとg単位での軽減をしています。

塵も積もれば山となる、ほんの数gでも、体への負担を軽くしましょう。

まとめ

旅行バックは一番の旅仲間!~選び方とパッキング方法~

好みのものは見つかりましたか?

ひとくちにカバンと言っても沢山の種類があり、旅のスタイル、持つ方の体形によっても選び方は様々です。

余談ですが、筆者は比較的治安が良いとされるカナダに行った時に、あけ口にチャックがついていないタイプのトートバックをもって電車に乗っていた際に、近くにいた方から盗難の危険があるのでそんなに中身が見えるカバンは危ないよ、と注意されたことがありました。

今ならわかりますが、日本にいる感覚で海外で利用するバックを選んでしまうと、やはり防犯上危ないです。かばん選びは防犯上、利用用途、いろんな場合をイメージするのも大切ですね。

世界一周でお供してくれるカバンは旅の一番の仲間です。それゆえに、選ぶときは慎重に、一番自分に合うものをじっくり探しましょう。

その他の関連記事はこちらから
▶︎用意して安心!世界一周中に役立つ防犯グッズ10選
▶︎世界一周中に大切な写真を無くさない為に!便利なオンラインストレージ4選
▶︎世界一周で役立つこと間違いなし!おすすめグッズ17選

【まとめ】セブ島にある有名・評判な語学学校の一覧表
Mii

世界一周の準備情報
世界一周トラベラー
音楽と甘いものと、カラフルなものが大好き。
ステキな海と、たのしそうなお祭りの情報がはいれば、すぐに飛んでいきます。
英語語学留学から、世界一周旅行を終えていったん日本に帰国したけど、すぐに飛び出しまだまだ旅は続きそう。
のんびりぼーっとしてるのでトラブル続きの毎日ですが、世界中のひとたちに助けられ、今日も元気に生きています。
なんとかなるっしょー!で乗り越えてきたわたしの経験談。
少しでもお役にたてればいいなと思います。

私の世界一周ルートはこちら
https://ceburyugaku.jp/40237/

この記事、あなたはどう思いましたか?ぜひご感想をください。

Please enter your comment!
Please enter your name here