留学

「海外に留学に出て英語を勉強して、ビジネス英語を話せるようになってから帰国! そして、就職を圧倒的に有利に進めてやる!」

これは、語学留学やワーホリで海外に留学する人たちの代表的な考え方です。今回は、そんなやる気にあふれるみなさんのための記事です。

「海外の語学学校」と一口にいいますが、本当に多種多様な語学学校のクラスがあります。

今回は英語圏の国のどんな都市にも必ず一つくらいはある語学学校が、具体的にどんなところで、どんなクラスで、なにが学べるのかについて、紹介したいと思います。

また語学学校によっては、そこで学ぶために英語力がある程度必要なクラスもありますから、それも含めて説明しますね。

スピーキングクラス

世界中で友達を作る
http://minnano-forum.com/gaijin/

スピーキングのクラスでは1クラスの授業時間を通して、すべて英語で話します。学校にもよりますが、1クラスの授業時間はおおよそ50分から1時間です。

スピーキングしていると、文法の間違えや名詞の使い方について先生から指摘されます。そうした間違いを修正しながらスピーキングを続け、英語力アップを目指します。

「あなたの趣味は?」
「先週の日曜日、起きてから寝るまで何をしたの?」

先生から飛んでくる質問に、英語で的確に返す形式のクラスが一般的です。

あるいは、世界各地から集まった生徒同士で英語を話すという形式をとっている語学学校もあります。

日本の学校教育を受けただけの日本人のほとんどは、英語で話すことに一番苦手意識をもっています。

しかし英語圏(カナダやオーストラリア)などで自分の意見を正直に言えない人は、自分の意見がない人、もしくは意見が合っても主張できない人で、「精神的にもまだ未熟な人!」と見られかねません。

日本人は言いたいことがあっても他人の気持ちをおもんばかり、ぐっとこらえることを思いやりや美徳とする文化があります。でも、海外ではそのような遠慮は一切通じません。

「郷に入れば郷にしたがえ」と、よく言います。海外の語学学校に入ったならば、自分の意見をしっかり伝えることが大切です。

たとえばあなたが、外国人の友達から好きでもないレストランに誘われた場合は「No I do not want to go there」とストレートに言えるようになるといいですね。

また、「how about other restaurants nearby?」などと言えると、なおさらいいです。カナダに限らず英語圏では自分の意見をしっかり伝えることは、けして失礼なことではありませんのでご心配なく。

スピーキングクラスの対象生徒は、希望者のすべてになります。

リスニングクラス

英語の発音
http://3ryuu.com/toeic/listening.html

スピーキングに比べると、リスニングのクラスは日本人でも得意な人が多いです。しかしながら皆さんが留学する場所には、必ずといってよいほど皆さんが想像していた英語のアクセントとは異なるアクセントをもった人がいます。

たとえば、英国の英語とアメリカの英語も発音が違いますし、オーストラリアの英語もカナダの英語とは多少異なります。英語を母国語にする人々であっても、出身国によって英語の発音は異なります。出身国によって微妙に異なる英語のアクセントを勉強することも、あなたの英語学習の一環です。

ではリスニングクラスでは、具体的にどんな英語を勉強するのかについて紹介しますね。

語学学校にもよりますが、基本的には英語の先生がもってくる英会話が収録されたDVDなどを見て、DVDのなかの人が何を言っているのか、正解を当てるという形式をとることが多いです。

DVDがラジオだったり、または音楽(ビートルズなど)だったり、または英語の先生が早口でしゃべった英語であったりしますが、何を言ってるのかを当てる形式に変わりはありません。

リスニングの伸ばし方として、自分の興味があることを英語で聞いてみる方法をおススメします。

ダンスや旅行の英語の動画など、自分の好きなことについて話しているため、英語で聞いても飽きにくいことが第一の利点です。

すでにあなたの好きなことのため、その話題についてある程度の知識があることが第二の利点です。何を話しているのかさっぱりわからないよりも、ある程度理解できた方が楽しく学べます。

第三の利点として、自分の趣味を通して英語で友達作りができることをあげられます。この第三の利点が一番大きいかもしれません。語学学校では、あなたの趣味が誰かほかの人の趣味と同じだったなんてことは、よくあることです。

共通の趣味の友達を見つけられると、その趣味を通して英語の上達を期待できます。できるだけたくさんの友達を作りましょう。

リスニングクラスの対象生徒も、希望者のすべてになります。

ライティングクラス

【入学希望者必見!】アメリカの大学へ行くための5つのポイント

ライティングクラスはどちらかといえば日本人には不人気のクラスですが、英語を使う仕事をしたいのであれば絶対に必要です。ライティングのクラスでは基本的には先生からお題を出され、それに沿ったものを英語で書くという形式をとることが多いです。

クラスのレベルが上がるにつれて、書かなければいけないトピックや文字数が多くなります。文法はもちろんのこと、スペルチェックや自然な単語を使えているかなどを先生はチェックして、採点が返ってきます。

ライティングのクラスは、意外と英語圏で友達を作ると上達することが多いです。海外に出たら英語で話せる友達を作って、小まめに連絡を取り合うのがいいでしょう。

FBなどのSNSを通して友達を作れば、海外に留学している時期だけではなく、帰国後も関係は続きます。あなたの英語を上達させるうえで、これほど心強いことはありません。

ライティングのクラスの対象生徒も、希望者のすべてになります。

プレゼンテーションクラス

留学

日本経済が世界の市場を求めてグローバル化してきている証拠だと思いますが、現在の日本ではプレゼンを英語でうまくできると、会社での評価が非常に良くなるといわれています。

そのせいか、ここ数年でプレゼンテーションのクラスに人気が出てきているようです。

プレゼンテーションクラスでは先生からトピックを与えられて、そのプレゼンテーションをパワーポイントなどで作ることが多いです。そして決められた日に、他の生徒の前でプレゼンを行います。

ある程度のスピーキング能力も必要ですが、プレゼンテーションの終わりにある質問タイムで、しっかりとした受け答えのできるレベルの生徒が集まっている印象が強いです。

プレゼンテーションクラスの対象生徒は、中級から上級(TOEIC500点程度)になります。

TOEIC、TOEFL対策クラス

日系から外資系企業へ転職!TOEIC920点獲得の勉強法とは?

TOEICやTOEFLが、日本で英語が喋れるかどうかを図るために使われるテストで一番有名であることは、紛れもない事実です。TOEIC・TOEFLの対策クラスでは、実際の試験問題を勉強することは当たり前ですが、それ以外にもTOEIC・TOEFL攻略などのコツや、よく出る単語などの指導もしていることが多いです。

日本人で人気のTOEICですが、実際に点数をとろうとするといろいろな攻略法(たとえばリスニングの点数配分が高いなど)があり、それを勉強するのとしないのでは、結果に大きな違いが生じます。

TOEIC・TOEFLのスコアを伸ばしたいのであれば、おすすめのクラスです。

TOEIC、TOEFL対策クラスの対象生徒は、中級から上級(TOEIC400点程度)になります。

インターンシップクラス

こんな人が留学・ワーホリに行ってる!7タイプ別・滞在スタイルの傾向とは?

最近日本でもよく聞くことが多くなってきたインターンシップですが、これをカナダでできたらどんなにいいでしょうか? しかし現実は甘くありません。乏しい英語力では、インターンシップはかなり難しいのが現実です。

そんなハンデキャップを補えるのが、インターンシップクラスです。インターンシップクラスでは、対象となる職種でよく使われる単語の勉強などができます。

インターンシップコースは、語学学校の生徒さんが一般の会社で研修生として働きだすために、専門性の高い英語を学ぶための授業です。ですので語学学校側も「このクラスの生徒がある程度、英語ができるのは当たり前」と考えています。

授業の内容も、電子辞書に載っていないような専門性の高い英単語の勉強や、マイクロソフト社EXCELやWORDの使い方など、幅広くなっています。

インターンシップクラスの対象生徒は、上級者(TOEIC700点程度)になります。

アクティビティークラス

5719b6c503552821b6ec48f2eefb60a5_s

一般の生徒が楽しく英語を学べるクラスとして、アクティビティーのクラスがあります。

アクティビティーのクラスではバーベキューパーティやスキーツアー、またはナイアガラの滝ツアーなど、その語学学校で勉強している生徒が格安でパーティーやツアーなどに参加できるようになっています。

ぜひ参加して外国人の生徒といい思い出たくさん作ってください。おすすめは夏の間です! 生徒が多いため、みんなでいい思い出が作れるはずです。

アクティビティークラスには、その学校の卒業生が参加することが可能な語学学校もかなりあります。卒業したからといって参加をあきらめないで、聞いてみるといいでしょう。英語を伸ばすコツは英語をできる限り話すことです。

アクティビティークラスの対象生徒は、希望者のすべてになります。

ホビークラス(映画など)

「オーストラリアとカナダのワーホリ」の具体的な6個の違いを比較

ホービークラスは、語学学校の正規のクラスに含まれていないことがほとんどです。なぜかはよくわかりませんが、カナダの語学学校は金曜日だけ早く終わることが多いです。

ですので、その早く終わった時間を埋め合わせるクラスがホービークラスだったりします。「あなたの英語を映画を見ながら伸ばそう!」なんてタイトルになることがよくありますね。

炭酸飲料を手にポップコーンを食べながら英語を見るのが、基本的な北米のスタイルです。また映画ではなくて、モノポリーやトランプなどをみんでやって盛り上がるクラスもあります。

とてもリラックスした気分で楽しめるクラスです。

ホービークラスの対象生徒は、希望者のすべてになります。

まとめ

よくある語学学校のクラスを紹介してみましたが、どうでしたか?

せっかく憧れの海外留学を果たすのですから、思い出が勉強だけしかないというのも寂しい話です。ですので、勉強・観光・親交など、バランスよく計画して悔いのない留学をしてくださいね。

その他、関連記事はこちらも合わせてご覧ください。
▶︎【パソコン用】無料で使えるオンライン英語学習ツール16選
▶︎【419人に聞く】英語学習目的ランキングTOP10!日本人が英語を学ぶ理由とは?
▶︎英語学習者がはまりがちな罠!知っていると使えるは全くの別物という事実!

【まとめ】セブ島にある有名・評判な語学学校の一覧表

カナダ留学のスペシャリスト

カナダ在住10年目、2006年にワーホリでトロントに来てからレストラン、携帯ショップなどのワーホリ生活を体験。その後、語学留学後に2008年からトロントにある大学に通い2012年に卒業。

大学在学中は、トロントにある2つの留学エージェントへの勤務経験、日本人留学生向けの英語教師などを行う。
2013年より「通関士」として貿易関係の仕事に従事。

ワーホリ、語学留学、正規留学、正規社員までをカナダで経験してきた、言わばカナダ留学のスペシャリスト。

この記事、あなたはどう思いましたか?ぜひご感想をください。

Please enter your comment!
Please enter your name here