CNS2
公式HP

今回の留学生

・お名前:KN
・ご年齢:20歳
・ご職業:大学生
・通われた語学学校:CNS2
・留学滞在期間:4週間

1,この学校を選んだ理由

大学の交換派遣制度の出願に一定以上のIELTSのスコアが必要であったのですが、取得できておらず出願期間が迫っていたため、フィリピンへ短期留学に行くことにしました。

その中でも、IELTSに特化しておりスパルタ式の学校であったためCNS2への入校を決定しました。

2,フィリピン留学前に準備してきた事

フィリピン留学に向けて特に準備を行ったわけではありませんが、英検などの英語試験に向けての試験対策を行うことにより、英語力の向上に努めていました。フィリピン留学前の英語の実力は、英検2級、TOEIC680点ほどでした。

3,実際留学してみて準備が足らなかった事は?

まず、文法の授業も英語で行われるのに、主語述語といった文法用語の英単語がわからず最初は苦労ました。また、ボキャブラリーが圧倒的に足りず、ライティングのお題がそもそもわからない、自分の言いたいことが言えないことがしばしばありました。

4,学校の施設について

宿泊部屋は3人部屋と2人部屋があり、留学時は2人部屋を使用しました。ベッド、シャワールーム、トイレは清潔でしたが、部屋に窓がなかったため窮屈に感じることがありました。

一日一回ルームキーパーの方が部屋を掃除してくれ、三食バイキング形式の給食がついていたため英語の勉強に集中することが出来ました。学校には簡単なジムもあり、運動不足も解消することができました。

5,選んだ授業のカリキュラム内容と感想

IELTSコースを受講していたため、一日の授業すべてはIELTSの試験に関するものでした。

マンツーマンクラスは50分の授業が3コマあり、それぞれリーディング、ライティング、スピーキングの授業でした。一方グループクラスは5コマあり、授業内容はリスニング、スピーキング、リーディング、発音そして文法でした。

6,最もためになった授業は?

すべての授業が今の英語力につながったと感じてますが、特にためになったのは文法と発音の授業です。文法の授業では、IELTSの特にライティングで注意しなければならない文法事項を学びますが、IELTSのみならずTOEICの対策としても非常に効果的でした。

留学後に特に何も対策をせずにTOEICを受けましたが、スコアが約100点上がりました。

また、発音の授業はフィリピン人の英語教師により行われるため、一見効果的ではなさそうですが、この授業での目標は国際的な英語の発音つまり外国人が聞いたときに簡単に理解できるような発音を身に着けることだったため、フィリピン人の先生の発音でも問題なくむしろ効果的でした。

実際、現在初対面の外国人の方と英語で話をするとき、日本人でないと思われることがほとんどとなりました。

7,周りの環境、治安の様子

バギオは山の上に位置しているため、年中20度程度で非常に快適です。その日の天気によっては肌寒くなることがあるので、上着は持ってきた方が良いと思われます。

またフィリピンの治安は非常に悪いというイメージをたくさんの方が持っているかと思いますが、CNS2があるバギオについては気を付けさえすれば特に問題はありません。

ただし、スマートフォンのスリが非常に多いので、外出時スマートフォンを携帯する場合は細心の注意を払わなければなりません。

8,日々の食事内容

CNS2は韓国資本の語学学校であるので食事は韓国料理が中心ですが、日本人生徒の数も少なくないため日本料理が出されることも多々あります。

また季節によっては、パパイヤやマンゴーなどのフィリピンならではのフルーツも食事に出されます。食事時間は外出可能時間なので、学校の外のフィリピン料理店やファーストフード店で食事をすることも可能です。

9,インターネットの環境について

インターネット環境につきましては、WiFiが一応利用可能ではありますが、接続状況が非常に悪く何日もインターネットが使えないことがありました。WiFiに頼らず現地のシムカードを購入したほうが確実にインターネットを利用できます。

10,この学校の最大のメリットを教えて下さい。

この学校最大のメリットは、モチベーションを高く保ちつつ英語の勉強に専念できるところです。

IELTSの専門学校であるため、生徒はみなそれぞれの目標のために英語の勉強に力を注いでおり、また、毎週金曜日にはIELTSの本番形式の模試が行われその成績が掲示板に張り出されます。

そのような環境の中ではモチベーションが下がることなく、クラスメイト達とお互い高めあいながら英語の勉強をすることができます。

11,私が考えるフィリピン留学を成功させるコツ

フィリピン留学を成功させるには、とにかく積極的に英語を話すことと目標を持つことが重要であると思います。積極的に英語を話していけば、徐々に英語を話すことに慣れていき、英語を話すことが苦でなくなっていきます。

また単語を覚えるなどのインプットと英語で話すアウトプットを行うことにより、英単語や表現を自分のものにし、さらなる英語力の向上につながると思います。

また、最初に目標を立てることによって、自分の英語力がどのくらい伸びたか客観的に判断できるのでその後の英語学習につながっていきます。

12,その他

バギオはフィリピンの有名な避暑地で治安も悪くなく非常に過ごしやすい場所であり、英語の勉強にはうってつけの場所です。

平日は英語に専念し、週末はバギオの山の自然で息を抜くことでストレスがたまることなく英語力の向上ができることでしょう。

▶︎CNS2の公式HPはこちらから

その他、留学体験談はこちらから
▶︎フィリピンバギオにあるJICでの留学は、治安も良く勉強するには最適でした。
▶︎「フィリピン留学は本当におすすめ!」バギオのパインスへの留学体験談
▶︎4,フィリピン留学、バギオの語学学校や環境の口コミ評判

【まとめ】セブ島にある有名・評判な語学学校の一覧表

当サイトに不定期で寄稿しているゲストライターさんの記事です。

様々な職業や経験を持ち合わせた方から寄稿頂いているので、ぜひチェックしてみてください。

この記事、あなたはどう思いましたか?ぜひご感想をください。

Please enter your comment!
Please enter your name here