http://time.com/4438317/philippines-duterte-oligarch-ongpin-corruption-drugs/

激動のときこそビジネスは大化けする!

第16代フィリピン共和国大統領にロドリゴ・ドゥテルテが就任してから、早くも半年が経ちました。その間、ドゥテルテ大統領は従来までのフィリピン大統領とは一線を画す政策を、次々と実行に移しています。

なかでも世界中の耳目を集めているのが、ドゥテルテ大統領がはじめた麻薬撲滅戦争です。フィリピンから麻薬をなくすためとはいえ、超法規殺人までも容認する政策に対しては、海外の人権団体から激しい抗議を受けています。(実はこれについてメディアに書かれている事は偽りがありますが、それについては別記事に見送りたいと思います)。

しかし、フィリピン国内におけるドゥテルテ大統領の支持率は高く、就任以来揺るぎない人気を誇っています。もちろん麻薬撲滅戦争についてはフィリピン国内でも賛否両論が巻き起こっていますが、海外とは大きな温度差があることも事実です。

ドゥテルテ大統領のもと、現在のフィリピンを覆っているものは「変化」です。アメリカのオバマ大統領が登場した際も「Change!」が強調されましたが、現在のフィリピンには、あのときのアメリカとよく似た熱気があふれています。

外交においてもこれまでの親米対中路線に、大きな変化が訪れようとしています。国内においては、これまで一部のエリート層が独占してきた利権に変化が生じています。

良しにつけ悪しきにつけ社会の大きな変化は、ビジネスの世界では大きなチャンスをもたらします。変化の波をとらえて時流に乗ることで、ビジネスは大きく飛躍するからです。

つまり今、フィリピンで起業すれば、大化けする可能性があるってことです。

では今、どんなビジネスをはじめればフィリピンで大成功を収めることができるのでしょうか?

フィリピンのビジネス情報サイトである businesstips.ph に、「ドゥテルテ政権下でのビジネスアイデア・トップ12」という興味深い記事が掲載されていました。

今回はこの記事を翻訳・加筆して紹介しましょう。

ドゥテルテ政権下でのビジネスアイデア トップ12

悩む人

多くのフィリピン人にとって、ドゥテルテによる新政権は「変化」を意味しています。それは国内のビジネスマンや実業家にも当てはまります。

ドゥテルテ政権の間に儲かるビジネスをはじめようと考えているなら、以下のアイデアがヒントになるかもしれません。

1. 更生施設

ドゥテルテは国内から違法薬物を一掃すると公約に掲げています。そうなると、更正施設への入所希望者が増えると考えられます。しかし、現在は質の良い更生施設は国内にわずかしか存在しません。そのため、これまで薬物依存症に苦しむ人々はセブやマニラまで治療に出かけなければいけませんでした。

でも、最近は様相が変わってきています。2016年11月には、フィリピン北部ヌエバエシハ州の軍基地内に、およそ1万人の麻薬中毒者を収容できる巨大な更生施設が完成しました。

http://www.rappler.com/nation/148964-full-operation-mega-drug-rehab-center-nueva-ecija-november
ヌエバエシハ州の軍基地内の巨大更正施設 http://www.rappler.com/nation/148964-full-operation-mega-drug-rehab-center-nueva-ecija-november

不動産業などを営む中国の富豪が支援することで完成した、この麻薬中毒者リハビリセンターは、世界最大級の更生施設といわれています。

ここまで巨大でなくてもかまいませんから、自分の住む州にひとつ更正施設を開設してみてはどうでしょうか? 刑務所が満杯となり、更正施設への入所希望者が増えている今、ビジネスとして安定した発展を望めることでしょう。

2. ブラロ(牛すね肉のスープ)販売

ドゥテルテ大統領は、午前1時以降の酒類の販売、そして午前2時以降の飲酒を禁止する制限を設ける計画を掲げています。つまり、フィリピン人は皆、午前2時には飲み会をお開きにしなければならず、その後の夜を楽しく過ごす代替案を探さなければなりません。

そこでブラロです。ブラロは酔いを覚ますのに好まれているため、人気が出るのは間違いありません。

日本でいう飲酒後のラーメンといった感覚です。おいしいブラロを提供できれば、大いに繁盛することでしょう。

3. コーヒーショップ、ティーハウス

お酒だけでなく、友人とおしゃべりを楽しみながら紅茶やコーヒーを飲むのも楽しいひとときです。ダバオ市には100以上のコーヒーショップがあると言われていますが、自分の町にまだ数軒しかないのなら、チャンスはあるでしょう。

フィリピン人の間でもスターバックスは大人気です。でもスターバックスの料金はフィリピンの物価から考えると、かなり割高です。もっと庶民的な価格で、スターバックスに負けないぐらいのおいしいコーヒーを提供できれば、繁盛間違いなしです!

https://palistinian.wordpress.com/2015/10/23/sip-it-coffee-shop-culture-in-the-philippines/
https://palistinian.wordpress.com/2015/10/23/sip-it-coffee-shop-culture-in-the-philippines/

4. スポーツ、フィットネスジム

ドゥテルテ政権下では、フィリピン国民に自己を厳しく律することを促します。自己を律することで、禁煙や飲酒・薬物などの悪習から離れることができるのです。

では、その最適な方法とは? 

そうです! スポーツやジムで汗を流しましょう!

スポーツジムやフィットネスジムを開けば、きっと流行ることでしょう。

5. ライフコーチング

身体を変えただけでは人間を変えることはできません。精神的、そして感情的な癒しがまず必要です。

近年、この分野で目覚ましい活躍を見せているのが、ライフコーチングです。ライフコーチングとは、コーチとクライアントが一体となり、クライアントの成長を支援するパートナーシップのことです。

ライフコーチングという職業はまだフィリピンではメジャーではないかもしれませんが、インターネットの普及により、ソーシャルメディアやブログ、動画やウェビナー(ウェブ上で行うセミナー)でライフコーチングを行うことができるため、手軽にはじめることができます。

これから大いに期待できるビジネスといえるでしょう。

6. 健康製品

健康に関する商品はフィリピンでは一大産業ですが、ドゥテルテ大統領のもとではまだまだ成長の余地があります。国民は、自身の健康により気を使いはじめるでしょう。これまでの不摂生から溜まってしまった毒素を癒すため、心や体の健康が重視されるようになります。

7. デンタルケア、歯医者

なぜデンタルケアのアイデアがランキングに入ってきたか不思議に思うかもしれませんが、ドゥテルテ大統領は政府職員に、クライアントの前で見事な笑顔を披露してほしいと、よく口にしているからです。官僚主義やゆすりからの脱却です。

その意味で、今後はデンタルケアへの関心が高まると予想されます。

8. トレーニング、セミナー

トレーニング・コーチング

ドゥテルテ大統領は、政府高官の「lakbay-aral」、つまり研修旅行を廃止したいと考えています。各州からマニラまで移動しなければならないセミナーは、政府に多くの出費を強いていると考えているからです。

それならば、政府職員や高官が自分の州にいながらにしてセミナーを受けることのできるトレーニングセンターを設立して、政府の経費削減に一役買ってみては?

もちろん、このセミナーは政府職員だけでなく、企業や個人にも提供することができます。

9. セキュリティシステムとビデオ監視システム

フィリピン国民の安全を守ることは、ドゥテルテ大統領にとっての最優先事項でもあります。ダバオ市にはすでに、近代的なセキュリティシステムと監視カメラが導入されていますが、それを国中に広めるときです。

セキュリティシステムとビデオ監視システムは、今後フィリピンの隅々にまで浸透していくことでしょう。大きなビジネスチャンスを期待できます。

10. 農業

農業の促進はドゥテルテ大統領の公約のひとつであり、無料の灌水と経済援助を約束しています。給水の問題で農業に踏み出すことをためらっているのなら、今がよいチャンスかもしれません。

11. 観光関連ビジネス

麻薬が一掃されることで国内が平和になり安全になれば、フィリピンの美しい景勝地や観光地に自ずと観光客があふれることでしょう。

治安が高まれば、観光ビジネスに期待できます。

12. オンラインビジネス

インタビューのなかでドゥテルテは、通信会社に対してインターネットサービスのアップグレードを命じると話しています。

また、国内のインターネットサービスにさらに競争をもたらすため、海外の投資家に市場参入させるというアイデアにも意欲を示しています。

ドゥテルテ政権により国内のインターネット環境が改善すれば、オンラインビジネスのオーナーや実業家は、さらなる成長や成功を期待できることでしょう。

▶ 参照元: http://businesstips.ph/business-ideas-philippines-duterte/

以上、businesstips.ph に掲載された「ドゥテルテ政権下でのビジネスアイデア・トップ12」という記事を翻訳の上、加筆しながら紹介しました。

変化のときを迎えているフィリピンでの起業を、あなたも真剣に考えてみませんか?

【まとめ】セブ島にある有名・評判な語学学校の一覧表
海外ニュースの翻訳担当 沖縄県でフリーランスとして活動しておりますOffice Ninaと申します。タイムリーな記事を読みやすくお届けするのがモットーです! フリーランスとしては記事翻訳の他、通訳、英会話レッスンなど行っています!詳細はOffice NINAのFacebookページをご覧ください。 ▶ https://www.facebook.com/Office-NINA

この記事、あなたはどう思いましたか?ぜひご感想をください。

Please enter your comment!
Please enter your name here