ドゥテルテ
http://time.com/4438317/philippines-duterte-oligarch-ongpin-corruption-drugs/より引用

フィリピンでビジネスを始めよう!

フィリピンにやって来てしばらくすると、なにかビジネスを始めてみたいと思う日本人は多いようです。ことに、フィリピン人と結婚して移住してきた人のなかには、配偶者やその親族にせっつかれてなんらかのビジネスを始めなくちゃいけなくなった、なんてケースもよく耳にします。

その際、問題となるのは「どんなビジネスを始めようか?」ということです。

フィリピンには、日本よりもはるかに起業しやすい環境が整っています。物価が安いため、なんといっても投資金額が日本に比べて格安に抑えられることが、最大のメリットです。

投資できる金額によって展開できるビジネスの規模も異なってきますが、たとえば100万円を元手になにかのビジネスを始めようとしたとき、その選択肢はフィリピンの方が日本に比べて格段と多くなります。

そこで今回は、日本人におすすめのビジネスを紹介しましょう。

お金をかけなくてもビジネスはできる!

日本人がフィリピンでビジネスを始めるとなると、物価が安いため、ついつい大きなビジネスに手を出してしまいがちです。

でも、あなたが日本で起業した経験がないのであれば、はじめから規模の大きなビジネスを始めるのは危険過ぎます。まずは、失敗しても笑い話で済ませられる程度の小規模なビジネスから始めてみるとよいでしょう。

極端な話、100円の元金でビジネスを始めることだってできます。たとえば日本で百円ライターを買ってきて首に下げておけば、煙草に火をつけるビジネスを起業できます。相場は1回あたり1ペソ(約2円)です。

さすがに、日本人でライターを首にかけて街中をさまよう勇気のある人はいないでしょうから、誰かフィリピン人を雇って任せることになります。

1回1ペソの料金は安すぎるように感じるかもしれませんが、1時間で5人の客を見つけられれば時間給で5ペソですから、8時間働けば40ペソです。40ペソあれば屋台で豚の串焼きを食べながら、ご飯をお腹いっぱい食べてもお釣りが来ます。フィリピンではけして馬鹿にできない稼ぎです。

もう少し効率的に稼ぎたいのであれば、なにかをまとめて買ってきて、ばらして小売りするビジネスもあります。たとえば煙草です。スーパーでマルボロを買えば、ひと箱60ペソです。ひと箱20本ですから、1本あたりの単価は3ペソです。そこで、マルボロ1本を4ペソで売ります。20本売り切れば20ペソの利益が出ることになります。

対象は煙草だろうがバナナだろうが、シャンプーだろうがなんでもかまいません。フィリピンの大多数を占める貧困層の人たちはまとまったお金が用意できないため、ばらして売られている方が割高だと知っていても、次々に買ってくれます。

この手のビジネスであれば、家の前にテーブルを置いて商品を並べておくだけですぐに始めることができます。

配偶者とその親族がビジネスを始めたがっている場合は、まずはこうしたスモールビジネスから任せてみるとよいでしょう。実際に任せてみて、はじめてわかることがたくさんあります。

たとえば簡単な計算がまったくできなかったり、売れた数と売り上げが合っていないなんてことは、よくある話です。スモールビジネスでさえまともに運営できないのであれば、もっと大きなビジネスを任せたらどうなるのかは、子供にもわかります。

ビジネスをした経験のないフィリピン人の多くは、売上げとお小遣いの区別がなかなかできないようです。悪意のあるなしはともかくとして、売上げ金のごまかしは日常茶飯事です。

大きなビジネスを始める前に、こうしたフィリピン特有の事情は身をもって体験しておいた方がよいでしょう。

ビジネスを始める前の注意

英会話のヒント

日本人がフィリピンでビジネスを始めるにあたり、注意しなければいけないことがいくつかあります。

外国人はフィリピンで土地を購入することを法律で厳格に制限されていることは、覚えておいた方がよいでしょう。そこで、フィリピン人の名義を借りて土地を所有することがよく行われていますが、これも違法になるケースがほとんどです。

フィリピンでは外国人に土地の所有を認めないという原則を、周辺諸国より厳しく徹底しています。例外を持ちかけてくるような話は、そのすべてが詐欺だと思った方が無難です。

外国人がフィリピンの土地を購入したい場合は、現地法人を設立し、法人名義で取得するのが一般的です。ただし、現地法人はフィリピン人所有の株の比率が60%以上と決められています。会社の代表は、フィリピン人でなければいけません。

そのため、法人をいつのまにかだまし取られる事件も少なからず起きています。

ある程度規模の大きなビジネスを展開するとなると、現地法人の設立が必須です。信頼できるフィリピン人パートナーを見つけることが、なにより重要になります。

ここでもやはり、いきなり現地法人を設立するのではなく、法人でなくても手軽にできるスモールビジネスから、少しずつステップアップしていった方がよいでしょう。

日本で起業した経験がないのにフィリピンであれば成功できると考えるのは、失敗の元です。

ドゥテルテ政権下はビジネスを始めるチャンス!

第16代フィリピン共和国大統領にロドリゴ・ドゥテルテ氏が就任してから、早くも2年が経とうとしています。その間、ドゥテルテ氏は従来までのフィリピン大統領とは一線を画す政策を、次々と実行に移しています。

なかでも、ドゥテルテ大統領がはじめた麻薬撲滅戦争は、内外に大きな波紋を投げかけました。
フィリピン麻薬撲滅戦争を徹底解説!【第一話】2016年の死者数とあふれかえる刑務所

ドゥテルテ大統領のもと、現在のフィリピンを覆っているものは「変化」です。アメリカのオバマ大統領が登場した際も「Change!」が強調されましたが、現在のフィリピンには、あのときのアメリカとよく似た熱気があふれています。

良しにつけ悪しきにつけ社会の大きな変化は、ビジネスの世界では大きなチャンスをもたらしてくれます。変化の波をとらえて時流に乗ることで、ビジネスを大きく飛躍できるからです。

つまり今、フィリピンで起業すれば、大化けする可能性があるってことです。

ではドゥテルテ政権のもとでは、どんなビジネスが流行りそうなのか、気になりますよね。

フィリピンのビジネス情報サイトである businesstips.ph に、「ドゥテルテ政権下でのビジネスアイデア・トップ12」という興味深い記事が掲載されていました。

この記事はフィリピン人向けに書かれた記事ですが、日本人がビジネスを始めるに当たっても参考になるアイデアがたくさん詰め込まれています。

ドゥテルテ政権下で流行りそうな12のビジネスについて、日本人の視点から紹介しましょう。

ドゥテルテ政権下でのビジネスアイデア・トップ12

第1位. 更生施設

http://www.rappler.com/nation/より引用

第1位にランキングされたのは、更正施設の運営でした。ここでいう更正施設は、違法薬物に依存している人たちを更正するための施設のことです。

ドゥテルテ大統領は、麻薬をフィリピンから撲滅することを約束しています。その目的を達成するために始めた麻薬撲滅戦争では、麻薬の売人や中毒に陥っている人を中心に、数多くの人たちが犠牲になっています。

そうした状況を目の当たりにして危険を感じた人たちが自ら自首してきたため、フィリピンの刑務所はどこも定員オーバーで大きな問題になっています。

そこで待ち望まれているのが、更正施設です。麻薬に関連した人たちを粛清するかのように殺人事件が増えているなか、薬物依存者を更正するための施設は大いに不足しており、政府も更正施設の増設を急いでいます。

2016年11月には、フィリピン北部ヌエバエシハ州の軍基地内に、およそ1万人の麻薬中毒者を収容できる巨大な更生施設が完成しました。この施設は、不動産業などを営む中国の富豪が支援することで完成した「世界最大級の更生施設」といわれています。

しかし、地方に至っては更正施設がひとつもないことも珍しくないため、マニラやセブまで出向かなくては治療を受けることもできません。

都会に大規模な更正施設をつくるにはかなりの投資金額が必要でしょうが、地方に小規模の更正施設を作るのであれば、数百万の資金があれば可能かもしれません。

刑務所が満杯となり更正施設への入所希望者が増えている今、ビジネスとして安定した発展を望めることでしょう。

もっとも専門知識をもったスタッフもかなり必要でしょうから、単独でできるようなビジネスではありません。日本人が始めるビジネスとしては、ハードルが高そうです。

そこで発想を転換して、日本人の学生を受け入れるフリースクールを設立してみる手もあります。これもひとつの更正施設ですが、対象を日本の不登校の生徒に絞ることで、規模が小さくても運営できそうです。

セブを舞台に英語留学と絡めて展開すれば、案外大化けするかもしれません。ピンと来た方はビジネスとして展開できる余地があるかどうか、調べてみると面白いかも!

第2位. ブラロ(牛すね肉のスープ)販売

フィリピンで酔いを覚ます際によく用いられるのが、フィリピンの郷土料理にあたるプラロです。「プラロ」とは、牛の骨付き肉を煮込んだスープのことです。スープのなかには大きな骨付き肉といっしょに白菜やいんげん豆、玉ねぎやししとうなどが入っています。

まだ食べたことがない方は、フィリピンに行ったらぜひ食べてみてください。骨髄から染みだした旨みが、病みつきになりますよ。

なぜ、ドゥテルテ政権下でブラロ販売が有力視されているのかと言えば、ドゥテルテ大統領は深夜1時以降の酒類の販売を禁止するなど、飲酒や風俗に対して厳しく臨む姿勢を明らかにしているからです。

規制がさらに厳しくなると、深夜遅くまで飲んで騒ぐことが禁止されるかもしれません。そうなると、飲酒以外で夜を楽しく過ごす方法を探さないといけなくなります。

そこで、多くのフィリピン人が好むプラロを販売すれば、繁盛するのではないかと考えられています。飲み屋街の近くに屋台でも出して味が評判になれば、小さな投資金額で安定した収入を得られることでしょう。

日本人らしくプラロとラーメンを組み合わせたメニューを考えれば、行列ができる屋台にできるかもしれませんよ。

第3位. コーヒーショップ・ティーハウス

カフェ

オシャレなコーヒーショップやティーハウスに足を運ぶことが、フィリピンではちょっとしたブームになっています。

フィリピン人にはカフェ好きが多く、都会を歩けばそこらじゅうでカフェを見かけます。カフェの密集具合は、日本以上です。しかも、どのカフェもたくさんのお客さんで賑わっているから不思議です。

なかでも、フィリピンでもっとも人気の高いカフェと言ったら、間違いなくスターバックスです。アジアでのスターバックスのイメージは、高級コーヒー専門店です。そのため、スターバックスの料金はフィリピンの物価から考えると、かなり割高です。

一番安い Brewed Coffee でも一杯 100ペソです。100ペソあればローカルな食堂で、なんでも好きなものをお腹いっぱい食べることができます。

日本とフィリピンの物価差を考えると、100ペソのコーヒーは日本では2,000円を超える計算になります。一杯2,000円のコーヒーなんて、飲む気になりますか?

丸1日頑張って働いても1日100ペソも稼げない人もたくさんいることを考えると、たかがコーヒー一杯に100ペソもの大金を払うフィリピン人なんているはずが……。

スターバックスは、いつ行っても人であふれています。高価なコーヒーを誰もが惜しげもなく飲んでいます。ノートパソコンを広げたり、スマホを片手になにかを打ち込んでいたりと、店内のフリーwifiを利用する人も、日本と大差ないほど多く見かけます。

スターバックスを利用できるのはフィリピンでも比較的裕福な層に限られるとはいえ、その人気ぶりにはいつ行っても驚かされます。

メニュー単価がバカ高いスターバックッスでも繁盛しているだけに、もっと庶民的な価格でスターバックスに負けないぐらいのおいしいコーヒーを提供できれば、大繁盛間違いなしです!

美味しいコーヒーを入れるために、すべての情熱を注いでみてください。やがてはあなたの開いたカフェが人気を呼び、フィリピン全土でチェーン店として展開するビッグビジネスに成長するかもしれませんよ。

第4位. スポーツジム・フィットネスジム

ドゥテルテ大統領は自身のイメージそのままに、フィリピン国民に対しても自己を厳しく律することを求めています。過度な飲酒や喫煙、薬物などの悪習、そしてあらゆる犯罪から離れられなければ、ドゥテルテ政権下では生きていけません。

ことに貧困層の人々ほど誘惑に負けることなく、規律ある生活を送ることが求められます。貧困層の人々ほど、薬物や犯罪に手を染めることで簡単に命を奪われる可能性が高いからです。そこで、今後は繁盛するだろうと見られているのがスポーツジムやフィットネスジムです。

「健全な魂は健全な肉体に宿る」と、昔から言われています。身体を鍛えて汗を流すことで、飲酒や喫煙、薬物や犯罪の誘惑を断ち切ることができます。

日本のスポーツジムやフィットネスジムの手法をフィリピンに持ち込めば、差別化にもつながり、人気が出るかもしれませんよ。

思い切って結果を約束しましょう。誘惑に負けたら全額返金とか!

それで損をしても、自己責任でお願いします。

第5位. ライフコーチング

ライフコーチングは日本でも注目されつつある新しい職業です。通常、「コーチ」といえばスポーツのコーチを思い浮かべることでしょう。

でも「ライフコーチング」はスポーツに限らず、コーチとクライアントが一体となり、クライアントの成長を支援するパートナーシップのことです。

たとえばなんらかの目標を達成したい人が、ライフコーチングを依頼します。コーチはクライアントに寄り添いながらモチベーションを高め、励ましながら目標達成までをサポートします。

つまり、身体を鍛える代わりに精神面や感情面のコーチ役を務めるのが、「ライフコーチング」です。

ライフコーチングという職業は、まだフィリピンではメジャーではありません。でも、まださほどメジャーでないからこそ、チャンスが眠っているとも言えます。

あなたがライフコーチングの分野に進出するのであれば、フィリピンでなにかを成し遂げようとしている日本人を対象にするとよいでしょう。

ソーシャルメディアやブログ、動画やWebセミナーなどを通じて、あなた自身のブランディングを図ることからはじめてみましょう。

なお、ライフコーチングは資格がなければできない仕事ではないため、誰にでも始められます。ですが、ブランディングのためには、ライフコーチングの世界でカリスマとなっている人の「公認」を受けるのが一番です。

ただ問題は、公認を得るためにはそれなりの費用がかかってしまうことです。フィリピンの地でライフコーチングの第一人者になれれば安定した収入を稼げるでしょうが、ハードルは高そうです。

その他のおすすめのビジネス

両替

このあとランキングは、第6位に健康製品、第7位にデンタルケア・歯医者、第8位にトレーニングやセミナーの研修会主催、第9位にセキュリティシステムとビデオ監視システム、第10位に農業、第11位に観光関連ビジネス、第12位にオンラインビジネスと続いています。

このなかで日本人が取り組みやすいビジネスといえば、オンラインビジネスです。ドゥテルテ大統領は大規模なインフラ整備を進めていますが、そのなかには通信回線のアップグレードも含まれています。

今はまだフィリピンのインターネット環境は貧弱ですが、これから次第に高速化していくはずです。雨が降ると通信速度が落ちることも、やがてはなくなるでしょう。オンラインビジネスに取り組むには絶好の機会といえます。

フィリピンでの起業とは言い難い面がありますが、オンラインビジネスであればフィリピンに居ながらにして日本人を相手にビジネスができるため、効率は抜群です。

なにせ実生活では物価が安いというフィリピンのメリットを十分に受けながら、収入は日本の相場で得られるため、フィリピンではそれなりに贅沢な暮らしを楽しめます。

アフィリエイト・オークション販売・ネットショップの開設・ユーチュバー・オンライン専門のライフコーチングなど、アイデアひとつで十分な収益を上げることができますよ。

まとめ

今回はフィリピンのビジネス情報サイトから「ドゥテルテ政権下でのビジネスアイデア・トップ12」を中心に、あなたにもできるかもしれないビジネスを紹介してみました。

フィリピンは今、ちょうど日本が高度経済成長期に入った頃のように活気にあふれています。実際に経済成長率も高く、年を追うごとにフィリピンという国の豊かさはどんどん増しています。

経済全体が登り坂の今、時流に乗りさえすれば平時とは比較にならないほどにビジネス規模を膨らませることができます。今こそフィリピンで起業するチャンスのときです。

孫正義氏やホリエモンさんのような奇跡の物語を、今度はあなたがフィリピンで実現してみませんか?

チャンスは今です!

↓↓ここから選べば間違いなし!↓↓
>>セブ島留学 おすすめ語学学校はこちら<<
海外ニュースの翻訳担当
沖縄県でフリーランスとして活動しておりますOffice Ninaと申します。タイムリーな記事を読みやすくお届けするのがモットーです! フリーランスとしては記事翻訳の他、通訳、英会話レッスンなど行っています!詳細はOffice NINAのFacebookページをご覧ください。 ▶ https://www.facebook.com/Office-NINA

メッセージはこちらへ

Please enter your comment!
Please enter your name here