大晦日の悲劇 300世帯の大規模火災

フィリピン全体がお祝いモードに包まれる大晦日、セブでは300世帯が被害を受ける大規模火災が起こりました。
DAREDEMO HEROでは、現地のニーズに沿った直接支援を行っています。火災で全てを失った人々にとって、自力での復興は非常に困難です。皆様の温かいご支援をお願いいたしました。

おかげさまで、今回のご支援の募集は無事に締め切らせていただきました。皆様の寛大なご支援に感謝いたします。

先日の投稿をご覧いただいた皆様から、たくさんの温かいご支援が集まりました。皆様からのご支援をもって、去る1月7日(土)被災地に食事の支援を行いました。全てを失い、行政からの支援もない被災者にとって、日々の食事が一番の問題です。

不衛生な避難所では、たくさんの子供たちがお腹を空かせています。体力が落ちれば、感染症のリスクも高まります。大規模火災の後には、常に感染症の2次災害が起こります。少しでもそのリスクを下げるためにも、私たちに出来る支援を今後も継続していきます。

1月7日の支援活動では、頂きましたご支援金を100%今回の火災支援に使わせていただきました。

今後も、私たちの活動にご賛同いただける方々からの温かいご支援をお待ちしております。
※お振込みの際、必ずお名前の頭に「カ」とご入力ください。

お振込先の口座
支店番号 060 南都銀行南支店・普通
口座番号 2112810 DAREDEMO HERO(山中博)

皆様の温かいご支援に重ねて感謝申し上げます。

詳細は、ホームページをご覧ください。
http://daredemohero.com/14318/

▶︎マップで見るセブ島観光スポット

【まとめ】セブ島にある有名・評判な語学学校の一覧表

セブ島のNGOボランティア団体

<DAREDEMO HERO代表 HIRO>
大手予備校の人気講師時代にセブ島に足を運んだ事がきっかけで、セブ島と関わりを持つようになる。
2013年に「国際協力ボランティア団体DAREDEMO HERO」を立ち上げ、「貧困層からリーダーを輩出する事でこの国を変える」事を目指すと同時に、「夢を持つこと、夢に向かって突き進むことの素晴らしさ」を教えています。

貧困問題の解決法を発見しました!!

<DAREDEMO HEROスタッフ JUNKO>
レイテ島支援をきっかけにDAREDEMO HEROと出逢い、1年前にセブに移住。
貧困問題の解決と、被災地支援に取り組んでいます。日本の方々に、セブの素晴らしさ、フィリピン人の優しさを伝えていきたいです。

誰でもヒーローの記事一覧へ

この記事、あなたはどう思いましたか?ぜひご感想をください。

Please enter your comment!
Please enter your name here