NILS
http://www.ceburyugaku.info/page2.html

今回のセブ島留学生

お名前:M.I
ご年齢:18
ご職業:大学生
通った語学学校:NILS
通った期間:1週間

1,この学校を選んだ理由

フィリピンの語学学校を探していた時、サイトの一番目の候補に上がったのがNILSでした。また、申し込みをする時のオペレーターの方が日本人で、インターン留学として働いていると聞き、色々な事を親切に教えていただいたので、とても良い印象を得ることができたからというのが1番の理由です。

私はフィリピンに行ったことがなく、生活の仕方や学校の様子などが全然分からなかったので、電話で相談に乗っていただくにつれて、行きたいという想いが膨らんだこともオペレーターの方の力だと思いました。

また、登録の仕方や飛行機のチケットなど、何から何まで手配していただき、1人でも参加できるような環境を作っていただきました。これらの理由から、NILSで勉強してみようと思いました。

2,フィリピン留学前に準備してきた事

私は既に英語圏へ1年間の交換留学の経験があったので、英語でのコミュニケーションには自信がありました。しかし、フィリピンと他の英語圏の国では英語の言い回しやニュアンスが違うことを知ったので、その違いを勉強するようにしました。

また、フィリピン語も少し勉強しました。勉強面だけではなく、生活面でも準備が必要でした。むしろ、勉強より生活面の準備をよりする方が安全に暮らすことができると思います。

例えば、フィリピンには目薬がないので日本から目薬を多めに持って行ったり、食べ物などが合わなかった時のためにカップ麺やお菓子などを日本から持って行くようにするなどの対策をしました。これによって、日本食を恋しくならずに、不自由なくフィリピンの生活を楽しむことができると思います。

3,実際留学してみて準備が足らなかった事は?

準備が足らなかったことは、より高いコミュニケーション力だったと思います。フィリピンの人は、知らない外国人でも平気で話しかけてきます。例えば、デパートに行くと店員さんが店から出てきてどこに行くの?やどこから来たの?などの質問を多くしてきました。

私は、まさか知らない人から話しかけられると思っていなかったので困惑してしまい、逃げてしまいました。話しかけて来た人は悪い人ではなさそうですが、中には悪い人もいたので見分けが必要だと思いました。

フィリピン人だけではなく、フィリピンに住んでいる日本人の方々はとてもアクティブで自立しています。寮で同じ部屋になった日本人の方々は、思ったことを隠さずに自分で何かをやり遂げる力をもっていました。そのため、フィリピンで留学するには高いコミュニケーション力が求められると思います。

4,学校の施設について

私が行った学校は、登録をする際のスタッフの方や空港から送迎していただいたスタッフの方、そして生徒が全員日本人だったので、英語に触れつつ日本語を話し、息抜きをすることができました。

講師の方は全員フィリピン人で、とても気さくで、英語の発音がすごく綺麗で知識も豊富だったので、とても自分のためになる授業をしていただきました。また、日本にない授業の仕方や日本よりも特化したIELTSなどの資格に向けた授業がたくさんあり、学びがいがありました。

寮に滞在したのですが、寮のご飯を作ってくださった方がフィリピン人だったので毎日フィリピン料理を食べていました。日本とは違った風習で驚きましたが、味付けは日本人向けにしてあったのでとても食べやすかったです。寮の下にはセブンイレブンとコインランドリーなどがあり、便利でした。

5,選んだ授業のカリキュラム内容と感想

NILSには、1日4時間、6時間、8時間、10時間のコースがあり、私はお金の都合で4時間のコースで1週間授業を受けました。ほとんどの方が6時間コースでした。授業は基本的にマンツーマンで行われ、教科によって先生が変わるというシステムです。

私は、IELTS reading、speaking、listening、callan methodの4つの授業を受けました。IELTS reading、speaking、listeningの3つは日本でも行われていますが、日本よりも丁寧で実践的でした。

Readingはひたすらテキストを読み、問題を解き、分からないものを聞くという自主的な授業でした。Speaking は先生が出すお題について話すという授業です。頭と口を使うので、1時間受けるだけでもかなりのエネルギーが失われました。

Listeningもreadingと似ていて、ひたすら英語を聞き、質問します。Callan methodは日本人にとって馴染みがない科目だと思います。私も最初は何か分からず好奇心で選択しました。これは、簡単な英語の質問を先生がして、その質問を省略せず、文法的に正しい英語で答えるという授業です。

これは簡単に見えますが、とても難しかったです。また、この授業を通して自分の文法力の無さを目の当たりにしました。これらの授業を選択して、英語力があがり、英語で会話する際の意識も変えることができたと思います。

6,最もためになった授業は?

最もためになった授業はcallan methodです。これは、日本ではあまり普及していない科目だと思います。私は日本にいる時は何か分からず、フィリピンに行ってから知った学習法です。これは、とても基礎的な問題から始めるので、無理なくこつこつとレベルを上げて行くことができました。

例えば、最初の問題は、”Is this a pen?”と二回質問され、”Yes, it is a pen”と省略せず正しい文法で答えます。簡単な質問ですが、実際にやってみると頭をたくさん使うので、やって行くと間違えたりします。意外と難しかったです。

しかし、正しい文法でのやりとりに対しての意識や、英語で会話をする時はきちんとした英語で答えたいと思うようになりました。だから、この科目は私の意識を一番大きく変えてくれたと思います。

7,周りの環境、治安の様子

私はセブ島に滞在したのですが、治安はそんなに悪くはなかったと思います。NILSの寮は、常に警備員がおり、生徒と教師以外は一切入れないようになっていたのでとても安心でした。また、寮の周りにはレストランやコンビニやスターバックスなどがたくさんあったので都会だったと思います。

しかし、空気は日本に比べて悪く、信号がないので横断歩道を渡る時は注意しなければなりません。私は、最初信号がないことにとても驚き、道路を渡ることがとても怖かったです。車は容赦なく走ってきます。

また、日本人は服装や顔でバレることが多いので、あまり綺麗な格好をしているとお金をすられる可能性もあります。だから、フィリピンにいる時は日本にいる時より注意深くならなければいけないと思います。

しかし、そういった環境もフィリピンらしい環境であり、滞在している間は新鮮で楽しむことができると思います。

8,日々の食事内容

私の寮では朝食と夕食がありました。朝食は、主にパンと果物とジュース、夕食はパスタや味噌汁とご飯など日本食らしいものが出てきました。フィリピンのパンはとても甘くて、砂糖がいっぱいかかっており、甘い物好きにはたまらなく美味しいと思います。

果物もバナナやマンゴーがあり、とても美味しかったです。昼食は毎日友達とレストランやファストフード店など、観光がてらに食べにいっていました。

Pizza publicというレストランは私の一番のお気に入りの店で、自分でピザの具をアレンジすることができ、乗せ放題なのでとてもボリュームのあるピザが出来て、生地も釜で焼いたものなので本当に美味しかったです。

また、スターバックスは日本にもありますが、メニューとボリュームは違います。 日本にないメニューがたくさんあって、とても面白かったです。

9,インターネットの環境について

インターネットは、正直日本ほど良いと言うことができません。Wi-Fiはフリーですが、繋がるまでが大変です。寮のWi-Fiは、人が少ない時に繋げば動画をすらすら見ることが出来るのですが、夜などみんなが帰ってくる時に繋ぐと全然繋がらず、LINEやTwitterにアクセスするのにも時間がかかりました。

そのため、他の寮生は部屋の外で電話をしたり、ポケットWi-Fiを持ち歩いたりと工夫していました。私のルームメイト2人はポケットWi-Fiを持っていたのですが、あまり良くないそうです。

容量が少なく、場所によっては全然繋がらないなど多々あるそうです。だから、インターネットに関しては我慢しなければいけないと思います。

10,この学校の最大のメリットを教えて下さい。

私が行ったNILSの最大のメリットは、講師以外が全員日本人であることだと思います。一件デメリットに思いますが、実際に行って見ると何も分からないので、日本人で長く滞在している人に観光地に連れて行ってもらったり、友達を紹介してもらったり、すごく楽しむことができました。

また、授業はマンツーマンなので本当に英語しか話さないです。だから、授業の時は英語に集中し、プライベートでは日本語で息抜きをすることが出来たので生活においてメリハリをつけることができたと思います。

他の学校はたくさんの国籍がいて楽しそうですが、結局は国籍で固まってしまうと聞きました。その点NILSは全員日本人なので年齢関係なく仲良くなることができました。それが一番のメリットだと思います。

11,私が考えるフィリピン留学を成功させるコツ

フィリピンの留学を成功させるコツは、フィリピン人の性格を知り、コミュニケーション力を上げることだと思います。NILSには、先生しかフィリピン人がいないので、他の場所に行って友達になったりしてフィリピンの文化にたくさん触れることが大切だと思います。

とても難しいことに聞こえますが、多くのフィリピン人は誰にでも話しかけるので、いたって簡単です。私も実際にスターバックスの店員さんと話したりクラブに行って仲良くなりました。そのためには、コミュニケーション力を上げる必要があります。自分から行動しないと向こうからは来てくれません。

だから、少し恥ずかしくて英語が話せなくてもコミュニケーション力と元気があれば誰でも成功させることが出来ると思います。

12,その他

フィリピンには、世界一大きなショッピングモールや、ビーチや、有名なクラブなどたくさん楽しいことがたくさんあります。また、新しい友達が出来、とても楽しい思い出をたくさん作ることができます。

しかし、その中で自分の体調の管理や安全な場所と危険な場所の区別など、自分でやらなければいけないことがたくさんあります。だから、フィリピン留学を楽しみ、成功させるためには自分の考えを信じることが大切だと思います。

全ての部分を含めて、私はフィリピン留学をお勧めします。とても住みやすくて人も暖かい国です。ぜひ、楽しんでください。

▶︎NILSのお問い合わせは公式HPからどうぞ。

その他、セブ島留学体験談はこちらからどうぞ。
▶︎「QQイングリッシュの先生方は英語の発音がよかったのがありがたかったです」フィリピン留学体験談
▶︎学校の近くに遊び場がないので、平日の夜も集中して勉強ができました!FirstEnglish留学体験談
▶︎「ホテル滞在+少人数制でアットホーム!セブに不安があるならここで留学するべき」FEAでのセブ島留学体験談

【まとめ】セブ島にある有名・評判な語学学校の一覧表

当サイトに不定期で寄稿しているゲストライターさんの記事です。

様々な職業や経験を持ち合わせた方から寄稿頂いているので、ぜひチェックしてみてください。

この記事、あなたはどう思いましたか?ぜひご感想をください。

Please enter your comment!
Please enter your name here