フィリピン留学での英語の勉強法

新卒で約3年勤めた外資系メーカーを退職して、国内の大手IT企業に転職をしました。その直前に、「英語力を伸ばしたい!」と思い立ち、フィリピンに留学していました。

外資系メーカーに勤めてみて、海外とコミュニケーションをとることができる人材が、どれほど高く評価されるかが理解できたからです。

通訳をつければ良い、という意見もありますが、海外の取引先から「こいつは通訳を通さなければいけないし、面倒だ」と思われたくなかったので、自分で英語を学習することにしたのです。

期間は2ヶ月間でした。外資系企業を退職してから次の会社に入社するまで時間を確保した形になります。目標は、「外国の人と問題なくコミュニケーションとれること」です。

最初の状態は、受験英語レベルでした。低くはないと思うのですが、どうしても人と話すことに関しては自信を持てません。大事なのはビジネスの会話ができることであり、仕事ができるようになることです。

フィリピンの語学学校は、マニラから少し離れた場所にありました。思っていたよりも都会で助かりましたが、それ以上に学習環境が整っていたことに感謝しています。自動的に外国人と話さなければならない環境なので、嫌でもスピーキング、コミュニケーションのスキルを身につけることができました。

授業の中で役に立ったのは「プレゼンテーション」です。まず「What is difference between your country and Philippine」などの題を与えられ、スクリプトを作成します。それを講師に添削してもらい、文章がおかしいところ、表現が間違えているところを教えてもらいます。

ここでは、自分の考えていること、伝えたいことを文章にする力がついたと思います。また、実際のプレゼンは途中で講師や受講生が止めて、「自分はこう思うんだけど、あなたはどう思う?」などの質問をします。

これで、スピーキングとリスニング力が飛躍的に向上したと思います。「その場で考える」ということは会話をするにあたって必須の能力なので、大いに役に立ちました。

その他、文法に関しては現地の中高生が使用するテキストを使用していました。英語を英語で勉強するというのは常に頭を英語脳にするのに役立ちました。内容自体は高校レベルなので、日本語で書かれた高校の参考書があれば、さらに効果的に学習ができたかもしれません。

注意点としては、必然的に外国の人たちと生活をすることになるので、コミュニケーションが苦手な方や、一人の時間を多く取りたい方には語学留学は向いていないという点です。

日本でもオンライン学習なので勉強したい時に勉強できるようになっていますので、人が嫌いなのに無理して海外で生活する必要もないかと思います。

私にとっては、フィリピンでの語学留学はとても刺激的な経験でした。ただ、積極的に自分から学習する姿勢がないと大成しないということを身を以って理解できました。日本でも、積極的に機会を見つけてコミュニケーションを取っていきたいと思っています。

フィリピン留学での英語の勉強法①

はじめまして、現在京都の大学に通う4回生のこうと申します。私は英語力を伸ばすべく、今年の10月から2ヶ月間フィリピンに語学留学をしました。結果、TOEICの点数を短期間で200点も上げることができました。そこで効果があった勉強法を紹介したいと思います。

その前に、私が英語力を伸ばすべくフィリピン語学留学を決意した背景をお伝えします。高校時代に予備校に通い、努力したかいがあり難関大学に合格することができました。

しかし、大学時代は主に、体育会の部活動に勤しんでいたため、勉強に関しては熱心にした方ではありませんでした。そのため英語は苦手意識はなくとも得意ではない状況でした。

4回生となり、就職活動をして内定を頂いた会社が、会議や電話が英語対応の会社であり、昇格条件に関しても一定のTOEICの点数が必要であったことや、バイト先の居酒屋でも外国人のお客さんが来ることが多く、接客で英語が必要になりつつあったことから、英語を身につけるべくフィリピン留学に踏み切りました。

因みに目標はTOEIC800点でした。いざフィリピンに行くと、まず空港で荷物などの受け取りの際に簡単な英語は話すことができましたが、町の人との流暢な英語は聞けないという状況でした。

この状態から現地の語学学校に行き、そこで効果があった勉強法を紹介したいと思います。まず一つが音読です。語学学校で渡された教科書を徹底的に音読し覚えるくらいに問題集を解いて行っておりました。

なお、使っていた教科書はTOEIC教科書でした。宿題になったりしたため毎日徹底的に解きました。そこで分からなかった単語、熟語を紙に書いて壁に貼り付け、毎日見て覚えました。

 
もう一つは発音が上手なフィリピンの先生、そして友達と過ごし極力英語を話すようにしました。フィリピンに語学留学に行ってもやはり、日本人が多いため日本人同士で過ごすことが勿体無いと感じたためです。

最初はなかなか自分の英語力がないため伝わらず、また聞き取れなかったですが、1ヶ月程経てば聞き取れるようになり、また自分の英語を伝えることができるようになっていきました。

英語学習の方法としてはこの2つをしっかり意識して、TOEICの点数をあげること。そして、しっかり会話ができるようになることを目標に勉強をし、結果的に帰国後のTOEICテストで200点あげることに成功しました。

目標を数値化しTOEIC〇〇点と決めたことも英語力上昇の契機だったと今感じます。また、積極的にフィリピン人と会話することが重要であると思います。

【まとめ】セブ島にある有名・評判な語学学校の一覧表

当サイトに不定期で寄稿しているゲストライターさんの記事です。

様々な職業や経験を持ち合わせた方から寄稿頂いているので、ぜひチェックしてみてください。

この記事、あなたはどう思いましたか?ぜひご感想をください。

Please enter your comment!
Please enter your name here