まるわかり。知っておきたい、欧米英語留学とフィリピン英語留学の違い

留学希望者にとって、どのように質のいい留学先を探すのかは頭の痛い問題です。Webには留学先の学校の情報が氾濫していて、どこをどう選んでいいかわかりません。たくさんある留学エージェントのどの留学カウンセラーの話を100%信じていいかも判断できません。

そこで今回は、留学業界30年で世界600校以上の学校を視察しているプロの私も参考にする、品質のいい学校選びの基準を伝授します。

品質のいい学校選びの第一歩は何か?

それはずばり、信頼のおける「学校協会」に加盟しているかどうかを確認することです。

これからシリーズで、世界にある信頼のおける語学学校協会を紹介していきます。第一回目はIALC(International Association of Language Centres – 世界語学学校協会)です。

IALCとは?

まずIALCという機関名は、英語のInternational Association of Language Centresの略からなっています。日本語では「世界語学学校協会」と訳すことができるでしょう。設立は1987年。現在、100校以上の語学学校が加盟しています。

hoshino1

IALCのロゴとキャッチフレーズ

IALCの特色

この協会の最大の特色は加盟する学校の多様性にあります。普通の語学学校協会は国単位の業界団体として存在しています。また、基本的にはそこに加盟する学校は、英語なら英語の一つの言語を教えている学校の集まりです。

例えば、アメリカであればEnglish USA、イギリスであればEnglish UKという協会があり、その加盟校は英語学校です。しかし、IALCは国単位ではなく世界中の語学学校がメンバーになっていて、故にメンバー校が教える言語も英語だけではありません。

例えば、スペインのメンバー校はスペイン語を教えていますし、ロシアのメンバー校はロシア語学校です。日本にある日本語学校も2校ほどIALCのメンバーになっています。

20か国で9言語をカバー

学べる9つの言語とは具体的には、英語、フランス語、スペイン語、ドイツ語、ポルトガル語、イタリア語、ロシア語、中国語、日本語になります。加盟学校のある国は20か国になります。

ヨーロッパではイギリス、アイルランド、フランス、ドイツ、スペイン、オーストリア、イタリア、ポルトガル、マルタ、ロシアの10か国。アフリカは南アフリカの1か国。アジアでは日本と中国の2か国。

北米ではアメリカ、カナダ、南米ではチリ、エクアドル、キューバ。そしてオセアニアのオーストラリアとニュージーランドを足すと20か国になります。

なぜ信頼できるのか?

どんな学校でもIALCに加盟できるわけではありません。加盟校として認定を受けるには審査を通らないといけません。

その審査は単に先生やカリキュラムの質を見るだけではありません。海外から留学生を受け入れるにふさわしい学校なのか見るために、以下に挙げる項目すべてについて審査されます。

・経営体制や状態
・アカデミック管理(どのように質のいい授業を提供しているのか)
・カリキュラム
・授業
・教材
・学習補助のためのリソース
・施設
・学生募集
・研修
・広報・広告(パンフレットやWebサイトの表現などが適切かなど)
・セキュリティーや健康管理体制
・学生からのフィードバックやクレームを受ける仕組みと改善につなげる仕組み
・学生向け滞在サービス
・学生向けアクティビティ

 
これらすべてを細かく、専属の審査官が調査し、合格点に達した学校だけがIALCに加盟できるのです。

加盟校のクレームを受け付ける仕組みもある

IALC加盟校はそれぞれで独自のクレーム対応体制がありますが、IALCは協会としてもIALC加盟校で学んでいる学生向けにクレームを受け付けています。

自分が通う学校にクレームを出したが、どうも納得ができる回答を得られない場合などは、IALCの本部にクレームを直接挙げることができます。留学生にとっては頼もしい制度ですね。

圧巻の学校検索エンジンと学校情報をWebで公開

IALCが協会として提供するのは、品質だけではありません。留学希望者にとっては本当に便利で素晴らしい学校検索エンジンを、Web上で公開してくれています。この検索エンジンでは国、言語、都市、プログラムの種類などで学校が検索できます。

知って得する!世界の語学学校協会①【IALC(世界語学学校協会)編】

20か国9言語で検索

知って得する!世界の語学学校協会①【IALC(世界語学学校協会)編】

約120都市から検索もできる

知って得する!世界の語学学校協会①【IALC(世界語学学校協会)編】

ここで実際この検索エンジンを使って学校検索をしてみましょう。

「ビジネス英語をアメリカのボストンで集中的に学びたい」という場合はFind a courseという検索画面で、LanguageをEnglish、CountryをUSA、City of townをBoston、Student ageをAdult、Course formatをIntensive/Full time、Professional & executiveでBusiness communicationsを選択します。

知って得する!世界の語学学校協会①【IALC(世界語学学校協会)編】

そして右上にあるShow resultsのボタンを押すと下記のように該当する学校が表示されます。

知って得する!世界の語学学校協会①【IALC(世界語学学校協会)編】

該当校の詳細情報を見たい時は学校名をクリックすると下記のような詳細情報を見ることができます。

知って得する!世界の語学学校協会①【IALC(世界語学学校協会)編】

検索で選んだ学校の詳細情報も充実。すぐに直接学校へ問い合わせも可能

知って得する!世界の語学学校協会①【IALC(世界語学学校協会)編】

学校ビデオや地図も掲載

知って得する!世界の語学学校協会①【IALC(世界語学学校協会)編】

フィリピンの学校でIALCメンバーになっている学校はない

残念ですが2017年2月現在、フィリピンの学校でIALC加盟校はありません。世界中の留学希望者も注目するIALCですから、今後フィリピンの学校がもっとグローバル化していくためにも、是非、加盟校が出てきてほしいと思っています。

またフィリピン留学希望者もフィリピンの次の留学先を探す際に、IALC加盟校を検討先の一つとして考えてみるといいでしょう。

IALCのWebサイトはこちらから>>>http://www.ialc.org/

国際教育事業コンサルタント
星野達彦

【まとめ】セブ島にある有名・評判な語学学校の一覧表
星野 達彦

国際教育事業コンサルタント
1960年東京生まれ。1986年から留学事業のキャリアを積み、25年以上の経験の中で数多くの留学カウンセリングや大学・政府関連機関主催の留学イベントなどので講演をこなす。海外での多くの国際会議に参加するとともに世界の600校以上の学校を視察している。

著書に「こうすれなれる留学カウンセラー」、「英語はアジアで学べばうまくいく」がある。

2013年 厚生労働省委託事業「勤労青少年の国際交流を活用したキャリア形成支援事業」委員長
一般社団法人JAOS留学協議会事務局長
日本認定留学カウンセラー協会(JACSAC)代表幹事
国際教育事業コンサルタント ライジング・スター代表 

ブログ:留学カウンセラー・国際教育事業者向け情報ブログ
http://ryugakuth.blog.fc2.com/
詳しいプロフィール

この記事、あなたはどう思いましたか?ぜひご感想をください。

Please enter your comment!
Please enter your name here