ボラカイ
https://earthwaystravel.com

皆さん、こんにちは。

日本ではまだその知名度は低いですが、世界のベストビーチに選ばれ、各国からたくさんの観光客が訪れている「ボラカイ島」をご存知ですか?

フィリピン中部地方に属している「ボラカイ島」は、首都のマニラとセブ島の真ん中辺りに位置している小さい島です。その面積は10.32㎢、島内には空港がなく、隣のパナイ島の空港を利用し、フェリーやボートで出入りしています。

セブ島とは違う魅力のあるボラカイ島はどんなとこ?

セブ島自体、美しい自然やパラダイスのような数多くのリゾートがあるフィリピン屈指の観光地ですので、セブ島でできるメジャーなアクティビティはなるべく除外し、今回は「ボラカイ島」ならではの、「ボラカイ島」だからこそ経験できる魅力を紹介したいと思います!

今セブ島に留学中の皆さんや、これから留学を考えている皆さん!せっかくフィリピンに滞在しているのでしたら、ボラカイ島にも是非足を延ばしてみてくださいね!

ボラカイ島でオススメのアクティビティ5選

1. 4㎞も広がる「ホワイトビーチ」で記念撮影!

セブ島とは違う魅力のあるボラカイ島はどんなとこ?
http://www.japph.com/kokunaikannkou%20/borakai.html

ボラカイ島のメージャーなスポットと言えば、ステーション1、2、3が位置している「セントラルボラカイ」です。そこには4㎞も広がる白砂のビーチが観光客を待っているのです。

その名も「ホワイトビーチ」!裸足で歩いても痛くなく、むしろ気持ちの良い白くてきめ細かな砂はこの島の自慢の一つなのです。

セブ島とは違う魅力のあるボラカイ島はどんなとこ?

ホワイトビーチで海水浴を楽しむ観光客。

しかもこれ、リゾートに属しているプライベートビーチではなく、誰もが好きなまま楽しめるパブリックビーチなのです。世界的に有名なリゾート地であるだけに、治安も良いので安心してくださいね。

セブ島とは違う魅力のあるボラカイ島はどんなとこ?

曇った日のホワイトビーチ。

セブ島とは違う魅力のあるボラカイ島はどんなとこ?

またボラカイと言えば、この白い砂で作った「サンズアート」がとても有名です。

borakai6

夜は中に入れたキャンドルを灯してライトアップまで。

必ず作った日の日付が刻まれてあるので、記念撮影にぴったりです。
(ただ、サンズアートを背景に撮影をする際には、作った人に50ペソ(約110円)を払うのがローカルルールのようです。)

2.「ビーチロード」を散策してみよう!

「ボラカイ島」のホワイトビーチはステーション1、2、3と区分していますが、実は区切りなどがあるわけではなく、一直線に繋がっています。真ん中に植え付けられているヤシの木を境目に、海側はビーチ、陸地側の商業地になっているのです。

セブ島とは違う魅力のあるボラカイ島はどんなとこ?

数々のレストランやカフェ、バー、ホテル、お土産ショップ、アクティビティショップなどが延々と軒を連ねていて、この道は滞在中に何回歩いても全く飽きません。

セブ島とは違う魅力のあるボラカイ島はどんなとこ?

私たちに馴染みのあるスタバ、サブウェイなどのチェン店はもちろん、高級レストランから手頃な値段で食べられる食堂、フィリピン料理からイタリアン、ウェスタン、中華、韓国料理までそのジャンルもバラエティーに富んでます。

セブ島とは違う魅力のあるボラカイ島はどんなとこ?

ほとんどのお店にビーチを眺めながら飲食できるテラス席が備えられているので、散策の途中に一休みとして是非、ビールや熱帯フルーツのジュースを飲んでみてください!

borakai11

特にステーション2は夜になると大きなサウンドの音楽や華やかな照明が照らされるパーティースポットとしても有名です。この開放的なビーチパーティーに世界各国からの若者が集まって飲んだり踊ったり騒いだりしている姿を見るのも面白いです。

3.「クリスタルコーブ」を探検しよう!

セブ島とは違う魅力のあるボラカイ島はどんなとこ?

ボラカイ島の周辺には色々な小さい島々があり、アイランドホッピングアクティビティを利用して離島に立ち寄ることができます。その中でも「クリスタルコーブ(Crystal Cove)」という名前の離島には、是非訪れてみてください。

名前にもなっている「コーブ」とは湾、入り江という意味で、あの島の中にある2つの原始的な入り江を探検することができるのです。

セブ島とは違う魅力のあるボラカイ島はどんなとこ?

長い歳月の間波により作られた洞窟は、とても神秘的な空間でした。私が訪れた時は風が強く、岩にぶつかる波の水しぶきがまるで噴水のようでした。この光景はホワイトビーチでは絶対経験できない絶景なので、ぜひ立ち寄ってみてください。

borakai12

この島に降りる時にライフジャケットも脱いでしまい、螺旋型の階段に頼り洞窟の中に下りていく時は、安全装置は階段に設置されたロープ1本だけなので、滑らないように足元には気を付けてください。

洞窟の外側にもこの小さい島を一周できる散策路があるので、歩きながらそれぞれの写真スポットで記念撮影を楽しむのもよいでしょう。

セブ島とは違う魅力のあるボラカイ島はどんなとこ?

アイランドホッピングの予約方法は簡単です。泊まっているホテルのフロントに相談して紹介してもらうこともできますし、ビーチロードを歩いていると沢山のアクティビティ屋さんから声が掛かるので、そこで交渉しても良いです。

ただ、この島は個人の私有地なので、エントランスで200ペソ(約450円)の別途の入場料を支払う必要があります。アイランドホッピング料金には含まれていないので、気を付けてくださいね。

4.「セーリングヨット」に乗り、夕焼けを味わおう!

http://boracay-directory.blogspot.com/
http://boracay-directory.blogspot.com/

「ボラカイ島」と言えば、また紅に染まる水平線が美しい夕焼けでも有名です。それはホワイトビーチの方に日が沈むからです。

天気の良い日の午後5時から6時の間にしか見ることができないこの美しい光景は、ビーチに座って眺めるのも良いですが、私のおススメは海の上で夕焼けを味わうことです。

どうやって?セーリングヨットに乗るのです。

borakai15

こちらも予約方法はアイランドホッピングと同じで、乗船時間は約30分、お値段の相場は一人当たりで250~300P(約600円)程度です(ホテルのフロントに頼んだら相場より少し割高になることもあります)。

私個人的にはこの自然の人力のコラボに感動していました。モーターもハンドルもありません。ただ一枚の帆が波と風に頼り進んでいくのです。

セブ島とは違う魅力のあるボラカイ島はどんなとこ?

このように船頭さんが紐を使って帆の向きを調整するのです。

セブ島とは違う魅力のあるボラカイ島はどんなとこ?

borakai18

実際私が撮った写真です。美しい夕焼け、涼しい風、気持ちの良い波の揺れが揃って忘れられない思い出をプレゼントしてくれます。

5.エキゾチックな「ファイヤーダンス」!

borakai19

最後に、ボラカイ島の夜を一層エキゾチックなムードに酔わせてしまう「ファイヤーダンス」を紹介します。

日も沈んで夜になると、ビーチには海水浴やターニングを楽しむ人たちもいなくなり、お店側はそれぞれテーブルセットやソファーを用意して巨大なビーチバーエリアに変貌します。

そこにインパクトを添えるのが、フィリピン人ファイヤーダンサーたちの華麗なパーフォーマンスです。複数のチームがグループを組んでバーやレストランで迫力のあるダンスを披露しますし、終わったら一緒に記念撮影にも応じてくれます。もちろん、チップを渡すのマーナーも忘れないでくださいね!

続けて次回は「セブからボラカイ島までどうやって行けばいいの?」と思ってるセブ島の留学生の方のために、ボラカイ島への行き方を実例や写真付きの説明で紹介したいと思います。楽しみにしてください!

その他、アクティビティに関する関連記事はこちらからどうぞ。
▶︎セブ島観光はこれがおすすめ!絶対にするべき BEST10+α
▶︎【3泊4日セブ島観光】レストランはここを押さえるべし!セブ島グルメBEST8
▶︎30分間の興奮体験!セブで巨大ジンベイ鮫ウォッチング!

▶︎マップで見るセブ島観光スポット

【まとめ】セブ島にある有名・評判な語学学校の一覧表

韓国語日本語の翻訳・通訳者
韓国生まれ育ちのコリアン、クレアです。
韓国の大学で日本語を専攻し、2007年から2013年まで東京在住、
半導体業界の翻訳の仕事をしていました。
そんな中、英語留学のために2013年9月にセブ島へ。
留学生、語学学校のマネージャーを経て、現在はフリーランスの翻訳・通訳者、
そして日本語や韓国語の講師としてセブ島に滞在中。

趣味は競技ダンス及び社交ダンス。

FBアカウント
:https://www.facebook.com/wonhee.kim.3557

この記事、あなたはどう思いましたか?ぜひご感想をください。

Please enter your comment!
Please enter your name here