マナビジン 英会話スクールで学ぶ 多数の有名大学で導入!オンライン英会話【QQEnglish】のその効果とは?

多数の有名大学で導入!オンライン英会話【QQEnglish】のその効果とは?

QQEnglishとは、フィリピン・セブ市内の経済特区であるITパーク内に設立されているオンライン英会話スクールです。

QQEnglishの創設者

多数の有名大学で導入されているオンライン英会話【QQEnglish】

QQEnglishは、平成21年に現代表取締役である藤岡頼光さんによって設立されたのですが、またその経緯もユニークで惹かれるものがあります。実は元々藤岡さんはバイクが趣味で、それ関連の事業を運営していたのですが、英語という語学とは全く無縁の方だったそうです。

そんな彼が外国人ともバイクの話がしたいという想いから、40歳を過ぎての初語学留学。

フィリピンでフィリピン人の英語レベルの高さとその教え方のスキルの高さに感銘を受け、QQEnglishの今に至るというわけなのです。

オンライン英会話やフィリピン留学と言うと韓国資本の学校が多い中、彼は日本式で、つまり日本独特のまずは時間をかけて職人を育て、質の高いサービスを提供するということにこだわりを持っているそうです。

そんな藤岡さんの想いもかなったのか、今ではQQEnglishは業界3番手とも言われる企業に成長しました。その大きな支えとなっているのがカランメソッドでしょうか。

このカランメソッドというプログラムを中心にレッスンが行われ、語学力の成長を助けます。
参照:4倍速学習【カランメソッドとは】やり方、効果、オンライン英会話完全ガイド

多数の有名大学で導入されているオンライン英会話【QQEnglish】

また実際にその教授法のすごさは、あの有名な明治大学をはじめ様々な国内の大学でも立証されているとのこと。

明治大学とは2011年にプロジェクトをスタートさせて、生徒たちに80時間のレッスンを受けてもらい、その結果実際に大幅なTOEICのスコアアップを達成したそうです。

その他、前橋国際大学や実践女子大学などの大学機関、さらには中学・高校などでの実績もあり、ますます信頼度もアップすることでしょう。

QQEnglishの講師

多数の有名大学で導入されているオンライン英会話【QQEnglish】

さてそれではこのQQEnglishについて大きな特徴となるポイントをそれぞれ詳しく見てみることにしましょう。

まずは藤岡さんがこだわる職人の質、つまり英語を教える講師陣についてです。講師のレベルの高さは同じくオンライン英会話スクールとして知られるDMMやレアジョブでも言われることでしょう。

しかし明らかにQQEnglishとこれらの大きな違いとなるのが、QQEnglishではフィリピン国内で有名大学と言われる教育機関の出身者であることはもちろんのこと、全員が英語教授法の国際資格であるTESOLの取得者であることを前提に正社員として雇用されていることなのです。

 
それに加えて英国のスペシャリストから定期的にトレーニングも受けているという徹底ぶり。だからこそ本当の意味で質の高い授業が受けられると納得させられますよね。

こういった整った環境の中で、もちろんレッスンはすべてマンツーマンとなっています。どうしても講師の目がすべてに行き届かないグループレッスンと違って、中身の濃い時間を過ごすことができるのはありがたいですよね。

カランメソッドについて

多数の有名大学で導入されているオンライン英会話【QQEnglish】

そして次に先ほども少し触れました、QQEnglishの柱となっているカランメソッドについてです。QQEnglishにはいろんなカリキュラムが用意されていますが、中でも特に人気なのがこちらでしょう。

カランメソッドとはロンドン生まれの英語学習トレーニング法の一つです。

日本では今や小学校教育にも英語が取り入れられているのにも関わらず、なかなか話せないと指摘されることが多いですよね。

カランメソッドはそんな日本人の弱点をうまくカバーしてくれるべく、無意識のうちに反射的に英語で返答できる「英語脳」を育てることにその目的があります。

多数の有名大学で導入されているオンライン英会話【QQEnglish】

そのため実際には講師の質問に対して、生徒が瞬時に答えるとというトレーニングが繰り返される上に、講師はネイティブが普通に話す速さよりもさらに早く話さなければならないというルールの元レッスンが展開されます。

こうしてこれまで英語での質問に対して日本語に翻訳してから考えていた脳が、直接英語で反応することができるようになるというわけなのですね。単語や文の構成に関しては学校教育の中でたくさんの知識を持っている日本人です。

このカランメソッドによってとにかく話すことで、蓄えられた知識も大きく活用できる可能性が広がりますよね。もちろんとにかく話すように促されるこのトレーニング法は、初心者の方で英語に自信がないという方にもぴったりでしょう。

こちらに藤岡代表が書かれた記事がありますので、ご紹介します。
参照:知らないと損をする?「カランメソッド」という軍隊式英会話トレーニングとは

また、QQイングリッシュの成功を元にカランメソッドを提供しているオンライン英会話はここ最近、非常に増えてきました。
参照:4倍速学習【カランメソッドとは】やり方、効果、オンライン英会話完全ガイド

しかしながら、QQイングリッシュのトレーニングより充実している学校はありません。(また、他のオンライン英会話のカランメソッド担当の先生は、QQイングリッシュからの引き抜きの場合も少なくありません。)

なので、カランメソッドを受講するなら本家のQQイングリッシュで受けるのが間違いないでしょう。

QQEnglishの料金プラン

さてそれではこのQQEnglishで提供されている料金プランについて見てみることにしましょう。QQEnglishにはわかりやすくシンプルな2つのプランがあります。

多数の有名大学で導入されているオンライン英会話【QQEnglish】

1つ目は「月会費プラン」、講師、時間、カリキュラムをすべて自分に合わせて選択できるプランで、基本的に1ヶ月税込3,980円で4回〜8回のレッスンが受けられます。

利用されている方の中にはお気に入りの講師を見つけて、長期的にレッスンをこなしていくという方も多いようですね。

またこの月会費プランには限定で追加ポイントという制度があり、ポイント購入でさらにレッスン回数を増やしたりなど、自分自身でカスタマイズしていけるのがメリットでしょう。もちろん回数が増えれば増えるほどレッスン単価が安くなる特典付きです。

多数の有名大学で導入されているオンライン英会話【QQEnglish】

そしてもう1つが「毎日プラン」です。その名の通り、毎日1レッスン25分なら税込6,242円、50分なら10,454円、100分なら17,064円という価格が設定されているプランです。

1日に受けられる最大レッスン数もそれぞれ異なりますのでチェックしてみてください。低価格で毎日コツコツと英語を学ぶにはぴったりですが、予約や講師の選択などに関して月会費プランと比べると融通があまりきかないのが特徴になります。

実際にフィリピン留学を体験してみる

多数の有名大学で導入されているオンライン英会話【QQEnglish】

最後にこのオンライン英会話スクールであるQQEnglishは実はフィリピン留学も行っています。

校舎はITパーク校とシーフロント校のこの2つ。

多数の有名大学で導入されているオンライン英会話【QQEnglish】

ITパーク校は外資系企業が立ち並んだり、セブ島の経済・商業の中心地であるだけあり、街の活気を感じならが学習できる巨大校です。

多数の有名大学で導入されているオンライン英会話【QQEnglish】

一方で高級ホテルを改装してできたシーフロント校は、その名のごとくリゾートビーチを眺めながらのリッチな留学となることでしょう。

多数の有名大学で導入されているオンライン英会話【QQEnglish】

いずれの校舎にもいろんな留学プランがあるのですが、一般的なプランが1日にマンツーマンレッスンが6コマ、それに加えて2時間のグループレッスンという内容です。このコースでITパーク校なら1週間で76,300円から、シーフロント校なら72,800円からとなっています。

QQイングリッシュへのフィリピン留学はこちらの記事が役立つはずです。
日本人の留学実績NO.1!QQ ENGLISH IT PARK校
セブ島留学の代名詞 リゾート留学を楽しもう!QQ ENGLISH SEAFRONT校

いずれにしても、もちろん留学中はカランメソッドでみっちり学習することができますし、さらにオンライン英会話ならではの特典として留学前後に日本からオンラインでレッスンが受けられるのが魅力的ですよね。

このようにQQEnglishではまさに、日本人の弱点を中心にトレーニングを受けて行ける点がポイントですね。

実はこのカランメソッドは、他の英会話スクールでも採用されているのですが、QQEnglishの場合には正式認定校として指定されているため、正規のトレーニングを受けた講師陣からのレッスンを受けられるという点で質や安心感が異なります。

カランメソッドを中心とした、質の高い授業を受けるのであればQQEnglishは特におすすめです。

QQEnglishオンライン英会話

その他、関連記事はこちら

▶︎初心者向け!目的別【おすすめ】オンライン英会話スクール11選

斉藤淳 マナビジン編集長
斉藤淳 マナビジン編集長
マナビジン編集長
兼メディアコンサル
株式会社reminisce 代表

2012年のフィリピン留学までTOEIC300点台、英会話力ほぼゼロ。試行錯誤した果てにフィリピン留学にたどりつき、4ヶ月の留学で英会話力が伸びるコツを会得。

自身の経験を元に2013年から俺のセブ島留学(マナビジンの前身)としてサイトを立ち上げ、フィリピン留学関連サイトとしてアクセス数トップクラス。8年間で4000人以上の留学生を間近で見てきました。

そこから見えたのは、英会話が伸びる人と伸びない人の差です。
多くの英語学習者を見守るうちに、短期間で英会話のスキルを身につけた成功者には、共通点があることに気がつきました。

マナビジンではその答えを出来るだけ詳しくご紹介していきます。

《英語歴》
留学前 TOEIC300点台
フィリピン留学4ヶ月(2012年)
オンライン英会話半年(2013年)
ハワイ留学2週間(2019年)

《結果》
TOEIC 815点(2013年、以降受講歴なし)
Versant 56点(2020年10月)
*TOEIC900点の平均が54点

《海外の語学学校訪問数》
フィリピン(100校以上)、ハワイ(7校)

《セミナー主催》
フィリピン語学学校、法人向け主催セミナー2015年から年2回開催(最大72校参加)

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

おすすめ記事

PICK UP

初心者向け!オンライン英会話【おすすめ51社】比較ランキング

初心者向け!オンライン英会話【おすすめ51社】比較 -2020年後半-

0
オンライン英会話スクールは、フィリピン、ネイティブなど大小合わせて50社以上あります。 その中で初心者向けのオンラ...

新着記事