Kredo

▶︎Kredo(クレド)の口コミはこちら

KredoはIT・プログラミング留学の学校、すなわち、ITを英語で学べる日系で唯一の語学学校です。

IT留学ができる語学学校はセブ島にいくつかありますが、ITを英語で学べる学校はKredoだけです。

Kredoは2016年に設立され、およそ2年間で実に700名以上の卒業生を輩出しています。その人気の秘密はやはり全クラス英語でプログラミングを学べるからです。

授業は英語クラスとITクラス(英語授業)が半々。

クラスは少人数でしかもレベル別に分けられているため、学習のペースがつかみやすいです。日本人スタッフも多数常在しているため、もしもの時のヘルプをすぐに受けられるのも魅力のひとつ。

学校・宿泊施設ともにITパークという治安の良い場所、かつ徒歩で通える圏内にあり、宿泊施設のコンドミニアムの設備が良いだけでなく、利便性もセブ島留学できる学校の中では指折りです。

他校で英会話力を付けた方が、帰国前に手に職をつけるための転校先としてもおすすめな学校です。

Kredoの3つの魅力

1. フィリピンで唯一の英語でITが学べる学校

セブ島IT留学のKredo 授業風景

「英語でITを学ぶ」というコンセプトで、フィリピン政府からの認定を受けたTESDAという資格を持っている日系の学校です。

ところで「なぜ英語でITを学ぶ必要があるのでしょうか?」

実はプログラミング言語は英語なので、英語でITを学ぶというのはとても効率的な学習方法なのです。もしあなたが英語が出来るにも関わらず、日本語でプログラミングを習ったり、情報を手に入れているとしたら、、、あなたは圧倒的な損をしています。

なぜなら、そもそもプログラミング言語自体が英語圏で作られており、手に入る最高の情報はまず間違いなく英語が中心だからです。

英語が出来るようになれば、最先端の情報が手に入るだけでなく、もっとも分かりやすい学習方法にリーチができますし、仕事で繋がれる人の幅も大きく変わってきます。

プログラミング言語は英語とIT言語で出来ています。であれば、プログラミング言語をわざわざ日本語で学ぶのではなく、最初から英語で吸収してしまった方が、これから両方を学ぶ人にとっては効率が良いのです。

メルカリの2018年10月の新卒エンジニア採用で、50人中44人が外国籍だった話は私達を驚かせました。
もはやITのエンジニア業界は待ったなしです!

メルカリのような大手だけに限らず、中小企業でも今後はオフショア関連で東南アジアの人たちと仕事をする機会が、どんどん増えてきています。
海外のプログラマーやエンジニアと仕事をする際に必要なのは、まず英語です。

そのため、IT留学で英語を学ぶことは「採用で外国人に負けない」「自ら英語圏の情報にリーチしやすくなる」「外国人エンジニアと一緒に仕事をする時に役立つ」の3点から、非常に効率の良い学習方法といえます。

なお、Kredoは「IT留学コース」の他にも、英語力に不安がある方向けに「英語授業のみのコース」もあります。

もし留学前から英語力に不安を感じる方は、最初は英会話中心のコースのみにし、途中からIT留学コースへ変更する事をおすすめします。

2. 高級コンドミニアムを滞在寮として使用

kredoの宿泊施設
学校と同じとITパーク内にあるAvidaという高級コンドミニアムを学生寮として使用しています。

Kredo宿泊施設
各部屋ごとにWIFIも完備しているのでお部屋での勉強もはかどります。プールもありますよ。

3. 日本人スタッフによるきめ細いサポート

Kredoの日本人スタッフ
Kredoは現在、留学生が45名なのに対し、日本人サポートスタッフはインターンを含めて7名、バックオフィスのスタッフも入れると、実は計14名もいます。(*2019年4月時点)

なんと、留学生6名〜7名につき1人のスタッフがいる計算です!

生徒数に対して、こんなに日本人スタッフが多い学校は、私の知る限り他にありません。
そのため、留学中の勉強法や生活面でも、いつでも気軽に相談できる環境があり、初めて海外へ留学する方も安心でしょう。

プログラミングでわからない点も相談できるため、英語でついていけるかな!?と思っている方もまず大丈夫です。

学校の立地


場所はこちらです。
セブ島の経済特区であるITパークのエリア内に学校施設・宿舎共にあります。

ITパーク内は多数のレストランやカフェのほか、多くの企業が集まるエリアで24時間365日活発なエリア。セキュリティが厳重で治安もいいです。

学校施設

Kredoの学校施設内のご紹介をしたいと思います。学校はParkcentralという建物の17階、最上階にKredoはあります。

kredoの学校施設
17階に着くと1番奥あたりにガラス張りになっていてKredoのこのような看板が見えるので、そこが学校スペースです。

kredoの学校施設
入ってすぐの応接間スペース。ソファーとウォーターサーバーがあります。

kredoの授業
IT授業の様子です。KredoはITで勉強する際も最大5名と、常に少人数で行います。大人数だと質問がしづらいためです。
授業についていけない最大の理由は、ほとんどの場合、質問したい時に質問が出来ないからです。

kredoの授業
こちらは英語の授業部屋。仕切りのあるオープンスペースです。ガラス張りの見晴らしの良い場所で勉強ができます。

kredoの授業
先生と生徒が横並びで授業を受けられる部屋もあります。画面を共有しながら学習したい時、パソコンを使って学習したいときなどは便利ですね。

授業・カリキュラム

まずはこちらの全体像をご覧ください。
KredoのIT留学の魅力とは? フィリピン・セブ島
Kredoの留学コースは基本的に2ヶ月〜3ヶ月をベースにしています。

ベーシックコース

名前の通りWEB制作に関する入門コースです。
FF3でいうとたまねぎ剣士、FF5でいうとすっぴん、FFタクティクスでいうと見習い戦士です(古くてすいません)。

ITに関する幅広い知識を身につけ、実際に英語でホームページ作成を行っていきます。ここで学んで基礎を身につけてから、Kredoが展開する他のコースにレベルアップするのが王道です。

最終的によりデザインに関する知識を深めてWEBデザイナー(フロントエンド エンジニア)を目指すか、WEBプログラマー(バックエンド エンジニア)になるかの2つの選択肢が開けます。

WEBデザインコース

WEBベーシックコースで幅広い基礎知識を身につけられた方、すでに基礎力がありWEBデザインに関する専門知識を深めたい方におすすめのコースです。

主にIllustrator、Photoshopを応用したより複雑なWEBデザイン、そしてコーディングがメインのカリキュラムです。

エンジニアコース

バックエンドエンジニア側のコースです。

WEBデベロップコース

英語×PHP×MySQLコース。

PHPやMySQLを用いたWEBアプリケーション開発スキルはもちろんのこと、自分の力で0からWEBサービスを作ることが目標となります。基礎知識を活かしてさらに応用させ、さらにはWEBプログラマーとして活躍したいと考える方におすすめです。

Ruby on Railsコース

いろんな場面で応用がきく、万能的存在であるRuby/Ruby on Railsについて学習します。

グローバル開発会社であるSun*と提携し、カリキュラムを監修、さらに現役エンジニアによるレッスンを受けることができます。

Sun*はベトナム、フィリピン、ブラジルで実際に大学向けにプログラミング教育を提供している企業です。ハイレベルで中身の濃いレッスンになることもあり、通常とは異なり外国人講師1名に加えて日本人エンジニアもサポートに入り、計2名の体制をとっています。

AI(人工知能)コース

AIに関する分野では欠かせない存在であるプログラミング言語「Python」を学習します。

最終的にはPython用の軽量なWEBアプリケーションフレームワークであるFlaskとデータベースを連携させながら簡単なアプリケーションの開発を目指します。イメージ的にはTwitterのようなアプリを考えてよいでしょう。

英語留学コース

英語を学ぶためのコースになります。

KredoのITコースはすべてある程度の英語の知識が必要になります。そのため英語が障害となってIT関連の専門知識を学べないのでは意味がないので、そういった方にはまずこちらの英語留学コースがおすすめです。

1日8時間、マンツーマンレッスンと少人数グループレッスンの組み合わせで、しっかりと英語漬けになることが可能です。4技能を満遍なく訓練することができますが、主にスピーキングに重点が置かれています。

せっかくITコースがあるKredoですから、のちの専門コースでも役に立つビジネス英語を学べるので効率がよいです。

海外ITインターン留学

他のコースと性質が少し異なり、3ヵ月KredoでITと英語の基礎力をつけたのちに、3ヵ月海外IT企業でインターンするコースです。

インターン先は2つあり、人気WEB制作会社LIGのセブ支社、もうひとつは日系のオフショア開発企業Sprobeです。

LIGは主にWEBサイト制作やWEBアプリケーション、iOSやAndroidのモバイルアプリ開発などを行なっており、特にWEBサイト制作においてはこれまでに数々の受賞経験がある会社。

一方Sprobeは、ECサイトやCMS、iOSやAndroidなどのモバイルアプリ、VR / ARアプリなど幅広い分野での開発業務を行なっているほか、AI(人工知能)、HRTech、RPA技術を活用した生産性を向上するサービスの企画・開発にも携わっており、時代の最先端を行く企業です。

いずれにしても実際の現場で実務経験が積めることは大変魅力的ですし、卒業後に海外IT企業への就職も視野に入れながら、留学生活を送ることができます。

宿泊施設

Kredoの宿泊施設
Kredoの宿泊施設についてご紹介します。学校・宿泊場所共にITパーク内にあります。場所の位置的には上記の地図の通りです。

歩いて大体5分〜7分ほどです。

Kredoの宿泊施設
こちらがアビダタワーの外観。このマンションは多くの駐在員やセブに滞在している日本人も利用している安心のマンションです。ツインになっていて、タワー1とタワー2があります。

エントランスにはスタッフとセキュリティが常時います。エレベーターは3台。

Kredoの宿泊施設
フロアごとはこんな感じ。真っ白い綺麗な内装です。

Kredoの宿泊施設
一人部屋。コンパクトにまとめられていて過ごしやすい部屋です。

Kredoの宿泊施設
ダイニングテーブル。机の上には滞在にあたってのご案内の紙と、シャンプー・コンディショナー・バスタオルが用意してあります。

Kredoの宿泊施設
Panasonicの冷蔵庫。

Kredoの宿泊施設
キッチン付き。食器類も完備されています。

Kredoの宿泊施設
マグカップ、コップから大小のお皿、包丁にフォークスプーン、栓抜きやワインのコルク抜き、フライパンなど調理に必要な器具は一通り揃っています。

Kredoの宿泊施設
洗濯機。

Kredoの宿泊施設
バスルーム。

Kredoの宿泊施設
窓側には横長の机があり、仕事や自習が出来ます。もちろんWi-Fi環境もバッチリです。

Kredoの宿泊施設
コンドミニアムは2タワーあるのですが、その二つの連結部分にプールがあります。授業後や休日はプールでリラックスされてはいかがでしょうか。留学生も無料で利用できます。

周辺環境

Kredo周辺にはたくさんのファーストフード店、レストラン、カフェ、コンビニ、マッサージ店などがあります。マクドナルド、フィリピンで1番有名なジョリビー、レストランでは日本食やラーメン屋、ピザ屋さんからコリアンまで揃っています。食事をする場所には困りません。

Kredoの周辺環境
マクドナルド。日本よりも安く食べられます。

Kredoの周辺環境
マクドナルドよりも人気のジョリビー

Kredoの周辺環境
日本でもお馴染みのセブンイレブン。

Kredoの周辺環境
24時間営業している「パークソーシャル」。夜はバー利用としても最適。ビリヤードもあります。

Kredoの周辺環境
ピラミッドの形が特徴的なレストラン「The Pyramid」。

その他、ITパーク内にあるレストランリストはこちらを参照ください。

Kredoの周辺環境
その他、ITパークを出てすぐのところには、いくつものレストランがあります。歩いて10分ぐらいのところにはJYモールがあり、中にスーパーマーケットがあります。

店名ジャンルコメント
スターバックスカフェお馴染みのスターバックス。ITパーク内に2店舗あり。
知暮里レストラン日本食レストラン。本格的な日本食を食べるならここ。
Q bayレストラン日本食レストラン。居酒屋風でお手頃な値段なので留学生に人気。
ツリーシェイドスパマッサージ&スパITパーク向かいにある24時間営業のスパ。
シベットコーヒーカフェ有名なコーヒー豆であるシベットコーヒーが飲めるカフェ。

学校詳細

設立年度
2016年
規模
30人
国籍比率
日本人100%
*2019年3月時点 国籍比率は時期によって変動します。
日本人スタッフ
7人
食事
なし
学校施設
WIFI、ウォーターサーバー
宿泊施設
コンドミニアム
門限
入寮・退寮日
入寮:日曜
退寮:土曜
入学日
毎週月曜日
清掃
週1回
洗濯
部屋に洗濯機
主な学校規則
学校周辺
セブ島の経済特区ITパーク内。80以上のレストラン、カフェ、コンビニがあり、24時間眠らない街。
場所
セブシティ

料金表

セブ島IT留学のKredo 留学費用
コース内容によって価格は異なりますが、コンドミニアム一人部屋の場合でも4週間で27.8万円。ホテルやコンドミニアム型の語学学校の中では、立地がかなり良い場所にあるにもかかわらず、値段はリーズナブルです。

4人部屋のシェアハウスもありますので、留学費用を抑えることも可能です。

セブ島IT留学のKredo 留学費用
英語のみにフォーカスする6時間コースは4週間で21万円です。

その他のコースの料金はKredo公式サイトか、下記からお問い合わせください。

ギャラリー

学校

宿泊施設

学校代表者からメッセージ

横田代表
こんにちは、「セブ島でITを英語で学べる、日系で唯一の政府公認校」 Kredo代表の横田です。

留学をする方は、「人生をより良くする」という点で目的が共通しています。私達が学校を運営している理由は、一人でも多くの方にこの目的を達成していただきたいからです。では、人生をより良くする方法とはどのようなものでしょうか。みなさまがご存知のとおり、「IT」と「英語」はこれからの時代に必須のスキルです。

Kredoでは初心者・中級者の方がITと英語の「スキル」を同時に効率よく身につけることができます。また、重要なことはスキルだけではありません。それは「経験」です。学校の校舎・宿泊施設がセブ島で最も快適で、安全な環境に立地している理由は、そこで実際に生活をし、身につけた英語を使い、五感で海外を体験していただきたいからです。

その「経験」はこれからのグローバル社会を生き抜く力となるでしょう。そして、Kredoには日本にいるだけでは出会えないような、様々な背景やスキルをもった素敵な生徒様が集まっています。

ここで出会った方々と切磋琢磨しあった経験は、大事な「縁」となります。「スキル」、「経験」、「縁」、あなたの目的を達成するために必要なものがここにはあります。ぜひKredoで英語とITを身につけ人生をより良くしていきましょう!

学校への直接問い合わせフォーム

料金のお見積もりや空き状況など、お気軽にお問い合わせしてみてください。
*下記のフォームからご連絡すると、Kredoのスタッフから直接ご返信が届きます。

Kredo公式サイト
▶︎https://kredo.jp/
(「セブ島留学マナビジン」を見たと伝えて頂くとスムーズです。)

▶︎Kredo(クレド)の口コミはこちら