JYモール近くにある海鮮系がメインの韓国料理店【西海】

皆さん、こんにちは。
今回はセブ島にある韓国レストランの中でも、定番の焼き肉ではなく、珍しくも海鮮を売りにしているお店を紹介します。フィリピンではよく食べる「ラプラプ」という、ハタ科の魚のお刺身で有名なお店です。

店名は「西海」と書き、韓国語の発音では「ソヘ」と読み、看板は「SEOHAE西海KAON TA」です。この文では「西海」と統一したいと思います。

西海のロケーション

実はこのお店去年までAS Fortunaにありましたが、去年の年末ごろに今のLahugにお店を移転しました。JYスクエアモールの1階にある「Watsons」から向側にあるお踊り沿いにお店をリニューアルオープンしたのです。

JYモール近くにある海鮮系がメインの韓国料理店【西海】

この写真からも確認できるように「西海」は「TSAIホテル」の斜め向かい側にお店を構えており、日本クオリティーのケーキなどを味わえることで有名な「FUJINOYA」の左側に位置しています。そして「西海」の向側には199ペソの手羽先食べ放題で有名な「Burrow」もあります。

JYモール近くにある海鮮系がメインの韓国料理店【西海】

こちらはお店の駐車場の壁に設置されている看板であり、お店の看板メニューも「SASHIMI」なのです。そこに書いてある部分の説明を見てみましょう。

Medium :Good for 2~3, p2,400
Large :Good for 4~5, p2,800
12 kinds of side dishes + Sashimi + Soup, All include

JYモール近くにある海鮮系がメインの韓国料理店【西海】

これはどういうことなのか!としっくり来ないという方もいらっしゃるかも知れないので、説明したいと思います。

「西海」はお刺身のセットで有名なお店で、2~3名向けのMサイズと4~5人向けのLサイズのセットがあります。

お値段はそれぞれ2,400ペソ(約5,300円) 2,800ペソ(約6,300円)で他の韓国料理屋に比べて少し割高かも知れないですが、なんと!12種類のサイドメニューや最後の〆として出てくるあら鍋が含まれた料金設定なのです。

それが本当かどうか、お料理のクォリティーはどうか後ほど公開しますので、お楽しみしてください。

西海の外観と内装

JYモール近くにある海鮮系がメインの韓国料理店【西海】

お店の外観はこちらです。1階ははレジカウンターやキッチン・トイレがあり、メインホールは2階となります。

JYモール近くにある海鮮系がメインの韓国料理店【西海】

こちらが2階の写真です。シンプルで和みのあるインテリアです。

JYモール近くにある海鮮系がメインの韓国料理店【西海】

全部で6室の個室作りに、堀こたつ仕様なので靴を脱いでくつろげます。こちらは最大8人までは入れる個室です。テーブルの上は既にお客さんを迎える準備ができていました。

JYモール近くにある海鮮系がメインの韓国料理店【西海】JYモール近くにある海鮮系がメインの韓国料理店【西海】

看板メニューである「ラプラプのお刺身」と「鯛のお刺身」がMサイズ・Lサイズ、セットにはあら鍋と12品のサイドメニューが含まれているということですね。

果たして高いのか安いのか今の所では微妙な気もしますので、セットメニューはどのような料理が出されるのか、今から目を通してみませんか。

ちなみに、メニューにはお刺身セットの他にも様々な単品メニューもありました。

詳しくはこちら。

JYモール近くにある海鮮系がメインの韓国料理店【西海】

JYモール近くにある海鮮系がメインの韓国料理店【西海】

JYモール近くにある海鮮系がメインの韓国料理店【西海】

西海自慢のセットメニュー

JYモール近くにある海鮮系がメインの韓国料理店【西海】

最初に登場するのは、とびこ入りのお粥です。海苔も乗っかっています。お刺身を食べる前に、胃袋を暖めることができますね。

JYモール近くにある海鮮系がメインの韓国料理店【西海】

キャベツとカニのかまぼこサラダです。

JYモール近くにある海鮮系がメインの韓国料理店【西海】

ハマグリのスープです。貝の粒が大きくて食べ応えがありました。スープには唐辛子が入っていて、こう見えても少し辛かったです。

JYモール近くにある海鮮系がメインの韓国料理店【西海】

海鮮チヂミ。イカが入っていて普通に美味しかったですが、こちらにもアクセントとしてスライスした唐辛子が入っているので、ご注意!

JYモール近くにある海鮮系がメインの韓国料理店【西海】

イカのコチュジャン炒めと素麺。甘辛いソースで炒めたイカと野菜を素麺と一緒に食べる料理です。

JYモール近くにある海鮮系がメインの韓国料理店【西海】

コーンチーズ。鉄板の上にコーンとモッチャレラチースが溶け込んだおつまみ。辛い料理を食べた後の箸休めとしてピッタリです。

JYモール近くにある海鮮系がメインの韓国料理店【西海】

蒸しタコのスライス。

JYモール近くにある海鮮系がメインの韓国料理店【西海】

ケランチム。溶き卵にネギなどを入れて煮立てたもので、フワフワしてまろやがで美味しいですが、熱いのでご注意!

JYモール近くにある海鮮系がメインの韓国料理店【西海】

エビのお寿司。私たちは3人でしたので、お寿司も3貫。

JYモール近くにある海鮮系がメインの韓国料理店【西海】

エビの天ぷら。これも人数分です。

JYモール近くにある海鮮系がメインの韓国料理店【西海】

とびこ入りの石焼ビビンバ。真ん中に生卵がのっかて、ごま油と共にマイルドな味が堪能できます。とびこのプチプチした食感も良いアクセントになります。

JYモール近くにある海鮮系がメインの韓国料理店【西海】

野菜の盛り合わせと味噌の漬けダレ。韓国の焼肉を頼んでないのに、この組み合わせとは?

そうなんです。韓国ではお刺身もお肉と同じく生の野菜に包んで食べるのはおかしくありません。お好みに合わせて、または味を変えたい時にトライしてみてくださいね~!

ここまでがサイドメニューの12品でしたがいかがでしょうか。普通に美味しい品もありますし、サイドメニューという名なのに結構ボリューム感がありますので、メインのお刺身が登場する前にも満腹になってしまうかもしれませんね。

JYモール近くにある海鮮系がメインの韓国料理店【西海】

では、こちら、メインディッシュのお刺身です!(Lサイズ)

私たちは韓国人のご主人さんに頼んで、ハーフハーフにして頂けました。つまり、左側の半分は鯛のお刺身、右側の半分はラプラプのお刺身なのです。

気になるお味は、旨し!です。鯛のお刺身は弾力のある身が歯ごたえがあり、ラプラプはとても柔らかくて香ばしかったです。

JYモール近くにある海鮮系がメインの韓国料理店【西海】

こちらはテーブルの様子ですが、全部映り切れない程、品数が豊富です。

JYモール近くにある海鮮系がメインの韓国料理店【西海】

こちらは、セットメニューには含まれていないが、別で頼んでみたエビのお刺身です。フィリピンはそもそもお刺身を食べる食文化を持っていないので、こちらを運んできたフィリピン人店員さんの顔がとても面白かったです。

こちらもぷりぷりして美味しかったです。ご主人に頼むと、エビの頭だけ別皿にカリッと揚げてくれるのですが、それも香ばしくて良かったです。(クレアって何でも食べちゃうんだ…と思われるか心配です;;)

JYモール近くにある海鮮系がメインの韓国料理店【西海】

でた!やはり韓国料理にはこれですよね。一本250ペソ(約550円)で、他よりはやや高めですね。普通のローカルビール(1本60ペソ)やソフトドリンク(50ペソ)、マンゴージュース(40ペソ)などもあります。

seikai7

最後に…なのですが、この恐ろしい赤いビジュアルは一体何なんでしょうか。

そうです、メニューにも書いてありますが、これが「メウンタン(辛いスープのあら鍋)」なのです。辛くて熱いこのスープを一口飲んだら思わず咳が出てしまいますが、これがまた病みつきなんですね。

モヤシや大根、ねぎなどの野菜にお魚の出汁がきいて深い旨味が味わえる〆なのです。

でもご主人に頼むと、辛いスパイス抜きで透明なあら鍋にして頂くのも可能だそうです。皆さんのお好みに合わせて選んでくださいね。

西海のまとめ

ラフッグに位置し、珍しくもラプラプや鯛のお刺身が食べられる韓国料理屋。セットメニューを頼むと12品の食べきれない程のサイドメニューが付いてきます。

公式FB : https://www.facebook.com/kaonta2015/
住所:Wilson St, Apas, Cebu City, 6000 Cebu (駐車スペース有)
電話番号:(032) 420 3271 (予約可能)
営業時間 : 正午12:00~午前1:00
予算:1人当7~800ペソ (約1,700円)

周辺にあるその他のレストラン情報はこちらからどうぞ。
▶︎絶品!日本クオリティのケーキをセブで【藤乃屋(FUJINOYA)】
▶︎Pino Restaurant|セブ市内、ラホークにあるフィリピン料理の格安ビュッフェ
▶︎AZABU「麻布」フィリピンセブ島にある料理もサービスも素晴らしい日本食レストラン

▶︎マップで見るセブ島観光スポット

【まとめ】セブ島にある有名・評判な語学学校の一覧表
クレア

韓国語日本語の翻訳・通訳者
韓国生まれ育ちのコリアン、クレアです。
韓国の大学で日本語を専攻し、2007年から2013年まで東京在住、
半導体業界の翻訳の仕事をしていました。
そんな中、英語留学のために2013年9月にセブ島へ。
留学生、語学学校のマネージャーを経て、現在はフリーランスの翻訳・通訳者、
そして日本語や韓国語の講師としてセブ島に滞在中。

趣味は競技ダンス及び社交ダンス。

FBアカウント
:https://www.facebook.com/wonhee.kim.3557

この記事、あなたはどう思いましたか?ぜひご感想をください。

Please enter your comment!
Please enter your name here