Maroo

フィリピンのセブ島は、日本人よりも韓国人の方が多く訪れています。日本でセブ島がブームになる遥か前から、セブ島は韓国にとってバカンスの場所でした。

セブに語学学校を最初に作ったのも韓国です。韓国からセブへの直行便も大韓航空・アシアナと毎日飛んでいますし、セブに滞在していると本当に韓国人が多いのがわかるかと思います。

なので、街を見渡しても韓国料理が本当に多いのがセブの特徴です。それはセブに訪れる韓国人のため、セブに住んでいる韓国人のためでもありますが、昔から韓国人が多く訪れていたセブ島。

そのためか、フィリピン人にも韓国料理が浸透し受け入れられて来ました。

フィリピン人に話を聞いて思うのですが、フィリピン人は本当に韓国料理が好きです。フィリピン人は甘いものが大好きですが、それと同じぐらい辛いものも好きみたいです。また、韓国料理は比較的安い、惣菜が多く無料でつくことから恐らく幅広く受け入れられているのだと思います。

今回は、セブ島在住の韓国人、韓国人旅行客、そしてフィリピン人がこぞっておすすめする韓国料理レストランMarooへ訪問してきました。

Marooの場所

Maroo

場所はこちら、マリアルイーサと呼ばれるエリアにあります。ITパークからだいたい5〜10分ほどで着く距離にあります。近くにはカントリーモールやBTC、交差点には町屋マートや日本人経営のBar Ripple、美味しいイタリアンであるAntica OsteriaミケランジェロジョゼッペTymad Bistroなどがあります。

有名な美味しいレストランが立ち並ぶエリアですね!これは期待出来そうです。タクシーで行く際はマリアルイーサと地名で行った方が良さそうです。通りのパセオという名でもいいかもしれません。お店は近づけば比較的気付きやすいので近くまで来れば大丈夫です。

Marooの外観と内装

Maroo

こちらがMarooの外観です。広大な敷地の奥の方にありますが、看板が大きいので目立ちます。隣には韓国式マッサージもありますが、食事後行こうとしたら1時間待ちでした。食事前はスタッフが暇そうに店前でたむろしていたのですが…。皆さん考えることは同じのようです。

それでは店内に入っていきましょう。店内はかなり広いですね。

Maroo

4人掛けテーブルがいくつも並んでいます。韓国レストランは団体前提なのか2人掛けは見かけないですね。

Maroo

19時ぐらいに伺いましたが、満席ではありませんがかなりの人気店だということが伺えます!その後お客さんはひっきりなしにやってきて賑わっていました。ほぼ韓国人ですね。ちらほらフィリピン人がいます。

お店には2階部分もあるようですが、2階は見ていません。団体用の座敷の席があるようです。

Marooのメニュー

それでは気になるメニューを見ていきましょう!韓国料理といえばサムギョプサルですが、メニューを見ると他のお肉もすごく美味しそうです!

メニューは写真付きで一つ一つ紹介されているので、すごくイメージしやすくわかりやすいのがいいですね!しかも簡単に日本語でも訳がついているのでわかりやすい!人気店なのも納得ですね。

それではメニューを少しご紹介していきたいと思います。

お肉系
コチジャンのグリル600P、豚カルビ350P、牛のロース・カルビ800P、牛タン600P、サムギョプサル300P(2人前から)しゃぶしゃぶ900P。

料理
ユッケ700P、プルコギ700P、海鮮チヂミ350P、キムチチゲ250P、スンドゥプチゲ300P、サムゲタン450P。

ご飯・麺
ビビンバ450P、冷麺300P、ビビン冷麺300P。

ドリンク類
ビール60P、コーラ50P、マンゴーシェイク80P。

となっています。料理は全てに写真付きなのでどんなものが出てくるのか一目でわかって頼みやすいですね。それでは次に実際に頼んだものをご紹介したいと思います。

Maroo

まずは最初に必ず出てくるお惣菜7種類。これはサムギョプサルではなく何も頼んでも出てくるようで、1人で食べにきていた韓国のおじさんがいたのですが、ビビンバとこの惣菜を食べていました。うーん、1人だとそれありだなぁ…笑

Maroo

キムチはそこまで辛くなく美味しかったです。惣菜はどれも良かったですね。豆も揚げてソースがかかっているやつも、チヂミらしきものもどれも美味しかったです!

Maroo

韓国料理に行くと必ず頼んでしまうビビンバ。450Pです。味はとても美味しいです!

Maroo

どどんと置かれたビビンバのタレは自由にどれだけ使ってもOK!特に辛くはなかったです。少し入れた方がビビンバは美味しいですね。あとスープがついてきました。ミソスープみたいな味でした。

Maroo

ビビンバはよく混ぜてお焦げつけてから食べましょう。

Maroo

海鮮チヂミ350P。かなり大きいです!ですが薄くてとてもカリカリしていて美味しいです。

Maroo

最後にサムギョプサルを2人前注文しました。これが2人前。基本的には店員さんが隣のテーブルもしくは近くて焼いて出来上がったら持って来てくれます。

Maroo

美味しそう♪

Maroo

焼いてきちんと切って器に入れて持って来てくれます。だいたい15分ほどですかね、時間がかかります。

Maroo

やっと来ました!サムギョプサル!しっかりと一口大に切ってあるので食べやすいです!ジューシー+カリカリで美味しい!

Maroo

ニンニクと、一緒に焼いた玉ねぎも入っています。タレは塩ダレとコチジャンですかね?赤いソースがありました。私的にはサムギョプサルは塩でいただきたいので、塩があれば尚良かったのですが残念です。

maroo

写真:Facebookより
サムギョプサルは野菜で巻いて食べましょう!野菜もセットでついてきておかわりが出来ます。セットでついてくる青い唐辛子は超激辛なので気をつけてくださいね。

今回は3名で行きましたが、以上の料理でお腹が一杯になりました。冷麺や他のお肉も食べて見たいですね、次回機会があれば食べて見たいと思います!

まとめ

Maroo

今回は定番どころしか食べていませんが、他の韓国料理屋に比べてお肉の種類が多いような気がします。豚カルビや豚コチジャングリル、牛ロースか牛カルビ、牛タンにLAカルビまであります。

また一品料理も他と比べてやはり種類があります。日本人にも馴染みのある食べ物から、全く聞いたことのない料理まであるので、それも人気の秘訣なのかなと思いました。

聞いたことない料理でも写真付きなので、日本人でも注文しやすいと思います。アグチムやポッサム、カンプンギなど…聞いたことはないですが写真で見る限りとても美味しそうで食べて見たいですね。

是非皆さんは、定番のサムギョプサルやビビンバだけではなく、聞いたことのない韓国料理もチャレンジしてみてください!ビビンバと冷麺を掛け合わせたビビン冷麺も気になりますね。

Maroo
営業時間:11:00~23:00
Facebookページ

その他、近くのオススメレストランはこちらです。
▶︎【TYMAD BISTRO】お洒落なガレットに舌鼓。 セブ島では数少ないビストロ系フレンチ
▶︎イタリア人で常に満席⁉︎セブで1番クラシカルなイタリアン【Antica Osteria】
▶︎Der Kaiserhof Schnitzels | セブ島BTCにあるドイツ料理&東ヨーロッパ料理店

▶︎マップで見るセブ島観光スポット

【まとめ】セブ島にある有名・評判な語学学校の一覧表
美穂

俺セブ専属ライター
世界をのんびり旅しながら俺セブでライターの仕事をしています。プチノマドワーカー。

現在17カ国、42都道府県制覇。

スキューバダイビング好きで、ダイブマスター所持。

—-現在訪れたダイビングスポット—-
サイパン・グアム・パラオ・プーケット・バリ島・セブ島

沖縄本島・石垣島・宮古島・奄美大島・小笠原諸島父島・大島・神津島・三宅島・八丈島・御蔵島(スノーケル)・伊豆半島・葉山

などなど…タンク本数はトータル300本前後です。

私運営のセブ島情報HPあるのでよければ見てください。
http://tabi-jyoshi.com
http://tokyo-girls.top

この記事、あなたはどう思いましたか?ぜひご感想をください。

Please enter your comment!
Please enter your name here