SELC
http://selc-manila.com/gallery-category/school/

今回のフィリピン留学生

名前:カズマ
年齢:27歳(留学当時は26歳)
職業:現在はフィリピンのマニラでフリーランスのライターをしながら、ボランティア活動をしております。
通った語学学校:当初1週間は、EIEN POWERという学校でしたが、運営会社倒産による閉校のため、SELC マニラに移動となりました。
留学滞在期間:2015年9月-12月の12週間滞在していました。

1,この学校を選んだ理由

最初の学校を選んだ理由として自分が探せた範囲内では、マニラで唯一寮・ホテル生活ではなく、通学プランがあったことです。長期間居たいけどお金がそんなになかったため、知り合いのツテを使って、マニラ近辺にあるアパートの1室を1ヶ月半貸して頂ける事となったので、家から通える通学プランがある学校を探していました。

ですが、治安面からフィリピンにある語学学校は基本的に寮かホテル生活なので、この学校を見つけた時には悩む事なくこの学校にしました。まさか、1週間で学校が潰れるとは思いませんでしたが…。

2,フィリピン留学前に準備してきた事

フィリピンに留学する半年前くらいから、オンライン英会話(レアジョブ)で週に1回程度レッスンを受けていました。また、スピーキングスキルを上げるため「どんどん話すための瞬間英作文トレーニング 」という本を購入して、少しずつ勉強していきました。

3,実際留学してみて準備が足らなかった事は?

「行けば何とかなるだろう」という安易な考えだっため、英語を英語で説明されるレッスンは非常に大変でした。相手が何を言っているのかさっぱり分からず、単語力・文法に関する知識もなかったので、答えるのにも一苦労でした。

準備が全く足りなかったと痛感しています。中学校レベルで十分なので、単語と文法の知識は復習した方が良いです。

リスニング力に関しては、もちろん日本にいる間に英語の音声を聞き続ける事がベストですが、行ってからでも先生の言っている事を、必死に聞いていれば数週間で耳が慣れてきます。

4,学校の施設について

SELCに関してですが、教室はマンツーマンレッスンに合わせて一つ一つの机が仕切りで分かれていて、集中してレッスンを受ける事が出来ます。

学校が入っているビル自体も新しく綺麗でしたし、24Fという高層階だったため、窓から見える景色も中々良かったです。授業が終わったあとも、自習時間として2時間程度スペースを開放してくれたので、その日の復習を集中して行えた事も助けになりました。

5,選んだ授業のカリキュラム内容と感想

私は午後のみの半日コースを受講していましたが、全てマンツーマンレッスンでした。文法に特化したレッスン、リスニングに特化したレッスンなど的を絞った内容だったので、それぞれのスキルアップを実感出来ました。

主に社会人向けの学校だけあって、TOEIC対策・ビジネス英語のレッスンもあり、今後の仕事にも大いに役立つ内容でした。

6,最もためになった授業は?

テーマを決めたフリートークの時間が最もためになりました。日本語の文章を考えて英語に翻訳するのではなく、英語で考えて話す事が求められるので、それがスピーキングスキルの向上に役立ったと思います。

また、間違った表現や言い方が分からない表現をその場で直してくれるので、正しく自分の思いを伝える力も向上しました。フリートークの内容も様々で、エンタメから社会問題、果ては恋愛観に関して色々な事を先生と話し合えました。

先生の人柄もよく知れるので、先生と生徒の禁断の恋愛関係に発展するケースもきっとあるでしょう!私は残念ながらありませんでしたが…。

7,周りの環境、治安の様子

オルティガスというビジネス街に学校があるため、治安面でも全く問題なかったですし、近辺に大型ショッピングセンターが幾つかあったり、日本食レストランも多数あるので、食事や買い物に困る事もありませんでした。

フィリピン留学の花形であるセブ島は、ビーチがあるので遊んでしまうというデメリットがありますが、マニラは基本的に観光スポットがあまりないので、勉強に集中したい方にはオススメです。

8,日々の食事内容

マニラ
http://www.save22.com.ph/metro-manila/burger-king7

ちゃんとした日本食を食べようと思うと、日本と同じくらいかレートによっては高くなる事もあるので、食費を安く見積もったのであれば、ファーストフードや日本人の口にはあまり合わないローカルフードで我慢する必要があります。

実際に私も食費は節約したかったので、お昼は基本的にファーストフードか、フィリピンのお弁当(1つ\120!)やローカル食堂で食べていました。その中でも一番良かったのは安心のグローバル企業、バーガーキングです…。

9,インターネットの環境について

フィリピンのインターネット環境はアジアの中でも、かなり劣悪なものとして有名です。日本のDocomoにあたるSmartという通信会社のSIMを契約しましたが、LTE通信可能と謳っているにも関わらず、夜だと通信すら出来なくなる事も度々ありました。

また、SIMフリーの携帯電話でインターネットを用いていましたが、何故かSIMフリーのポケットWi-Fiの方が通信速度や安定性が良いです。どのみち通信可能容量に制限があるプランしかないですが…。

どちらにせよ、学校や寮のWi-Fiの接続状況は事前に確認しておいた方が良いです。私のいた学校は、Wi-Fiの調子が良かったので、学校がインターネットカフェとしての役割も果たしていました。

10,この学校の最大のメリットを教えて下さい。

本気で英語を伸ばしたい社会人向けの学校というだけあって、短期間で英語のスキルアップを実感できると思います。

「必ず英語を喋れるようになりたい!」「TOEICのスコアを伸ばしたい!」という明確な目標がある方にオススメです。

11,私が考えるフィリピン留学を成功させるコツ

フィリピン留学はマンツーマン授業が基本なので、グループレッスンが基本の欧米諸国より圧倒的に話す機会があります。

そして、陽気で明るい性格のフィリピン人と友人になる事で、さらに話す機会が増えるので、休憩時間や授業が終わったあとも積極的に先生に近づいて会話する事がフィリピン留学を成功させるコツと思います。

12,その他

ぜひ、勉強以外にも時間が許す範囲内で、ボランティアやアクティビティなど、様々な事に挑戦してみる事をおすすめします。日本とは違う異文化に触れる事で、貴重な体験をする事ができ、人としてまた一歩成長する助けとなる事でしょう。

▶︎今回の留学先のSELCの公式HPはこちら

その他、フィリピン留学口コミ体験談はこちらからどうぞ。
▶︎学校の近くに遊び場がないので、平日の夜も集中して勉強ができました!FirstEnglish留学体験談
▶︎「郊外学習があるのがNexseedの大きな魅力だと思います」ネクシードへの留学体験談
▶︎「セブで最安値で授業外のイベントやジムが無料で使え充実した日々でした」セブ島留学体験談【3Dアカデミー】

【まとめ】セブ島にある有名・評判な語学学校の一覧表
シェア
当サイトに不定期で寄稿しているゲストライターさんの記事です。 様々な職業や経験を持ち合わせた方から寄稿頂いているので、ぜひチェックしてみてください。

この記事、あなたはどう思いましたか?ぜひご感想をください。

Please enter your comment!
Please enter your name here