フィリピン・セブ島の語学学校ターゲット

こんにちは。
TARGET Global English Academyの石原です。

留学する大きなメリットとして、習ったことをすぐに実践できる英語環境を作りやすいというポイントがあります。

フィリピンは英語圏なので、街中のショッピングや観光などの際にも英語を使う事になります。日本で生活しているより英語を使う機会は格段に多くなります。
 
英語を使う頻度を上げることは、英語力を伸ばすことに有効的に働きます。
 
そんな事もあり、フィリピンだけではなく欧米の英語学校も含めて、English Only Policy(EOP)と呼ばれるキャンパス内は英語オンリーの環境(母国語禁止)としている学校もあります。

確かに、英語を使う機会を増やす事が出来るので、学生さんにとっては非常に良い環境なのではないかと思われます。
 
では、TARGETのキャンパス内はEOPがあるかと言うとありません。

実はTARGETにも開校当初はEOPゾーンというものがあり、キャンパスの一部を英語オンリー環境にしていたのですが、途中で問題があることがわかりEOPゾーンを撤廃しました。

EOPの問題点

EOP

実際に行ってみて、EOPにはいくつかの問題点があることがわかりました。
 

1.有名無実となっているケースが多い

これは、欧米の学校でも見受けられるのですが、一応学校としてEOPルールを持っているものの、常に学生さんを監視しているわけではないので、学生同士はスタッフがいない場所では普通に母国語を話しており、それが当たり前に環境になっていて殆ど機能していないというケースも多くあります。

2.EOPルールを厳しくすると起こる弊害がある

そこで、ルールを徹底させるべく監視制度を強めたり、罰金・罰則制度を設けたりすることがあります。TARGETも昔は罰則制度などを設けて管理をしようとしたことがありました。

しかし、そうなると違反して捕まった学生さんが「○○さんもさっき日本語を話していた。なぜ自分だけが罰則の対象になるのか。」などと不平を言ってくるケースが増えます。

確かに全ての学生さんを常に監視し続けることは不可能なので、罰則があるとどうしてもこのような反発が起こりがちです。

我々としては罰則を与えたいわけでもなく、また監視体制を強化すればそれだけスタッフの時間が割かれることになります。学生さんのためにと思ってやっていることで非難されるのは、本当に辛い経験となりました。

3.黙る

上級者であれば英語を話すことにそこまでストレスが無いということも多いのですが、初級者にとっては簡単なコミュニケーションですらスムーズにいかず、言いたいことが殆ど言えません。僕にも経験があるのですが、そのストレスは非常に大きなものです。

そこで、EOPルールが厳しく設定されている環境では学生さんは罰則をもらいたくないので、強制的に英語を話すのではなく、「黙る」という選択肢をとります。

TARGETのEOPゾーンも英語が飛び交う場所になるかと思っていたのですが、誰も話をしないデットゾーンになってしまったこともありました(涙)

上記のようにEOPを有効に実施することは非常に難しい状況にあります。

何とかEOPを有効に実施できないか?

しかし、やはり折角の留学だし英語環境で生活をしたいという学生さんもいるのも事実です。ですが、自分だけ英語オンリーにする!と自発的にやると友達から「英語だと面倒だから、日本語で話してよ。」と言われることも多く、なかなか継続することができません。
 
そこで、TARGETでは「EOPチャレンジ」という取り組みを開始しました。

これは希望者だけがキャンパス内・寮内でEOPを適用するというものです。

しかも、申し込みは1週間からでき、IDストラップの色が変わるので友達からもEOPチャレンジ中ということがわかり、英語でのコミュニケーションを自然に受け入れてもらえます。

また、途中でドロップアウトすることもできます。

ターゲット

一見、緩いルールのように思えるのですが、実はこの緩さこそが有効に働くのではないかとTARGETは考えています。

なぜなら、強制的に嫌々やっても効果は殆どないですし、モチベーションは上がらず「スタッフに見つからなければ良いだろう。少しなら良いだろう」などとサボることを考えがちです。

留学前はモチベーションが非常に上がるので「現地に行ったら、絶対に英語だけで生活する!」と決めていても、入学後は毎日の平均8時間の長時間授業で授業を受けるだけでもうヘトヘトなんてこともあります。

その時にEOPのルールがあると息抜きに友達と日本語で話すこともできず、ストレスが溜まってしまうということが多々あります。そうなれば、このEOPは英語の勉強へのモチベーションに対して逆効果になってしまいます。

一方このTARGETのEOPチャレンジであれば、現地で自分のモチベーションが上がっている時に、自分で参加を希望する形になるので、サボろうなどという考えすら浮かびません。
 
「自分がやりたいからやる」

結局ここが勉強するには重要なのです。誰かに強制してやらされていると感じているうちは英語力の伸びはあまり期待できません。自分でやると決めたその瞬間からマインドが変わり、英語力アップのスイッチが入ります。

ターゲット
参加者リストは学校の掲示板でも発表されます。初回は約40人の学生さんが参加しました。
 
また、周りもEOPチャレンジの存在を知っているために、自然に会話は英語となります。そして、周りにEOPチャレンジをしている人がいることで、それに影響されて今度は自分もやってみようという人が増えていく。

この流れが広がっていき、自発的な英語環境が更に活発化していくのが理想です。EOPチャレンジにより、キャンパスには更に活気ある英語環境が生まれています。

学生さんがチャレンジをするのと同じく、TARGETもより学生さんの満足度を上げるべくチャレンジを続けていきます。

▶︎TARGETの公式HP&お問い合わせはこちら

 
TARGET Global English Academy
石原智之

【まとめ】セブ島にある有名・評判な語学学校の一覧表
石原智之

TARGET 代表

2006年よりワーキングホリデーでオーストラリアに渡り、留学エージェントにて勤務し、その後オーストラリア永住権を取得。2013年からオーストラリア留学エージェントを運営しつつセブ島で語学学校「TARGET」の副代表に就任し、2016年より現職。

3,000人以上の留学生のサポートと9年の海外生活を通して日本人に求められている英語は「世界で通じる英語力」であると確信して、より良い学校作りを日々目指しています。

また、僕はオーストラリア留学サポートもでき、TARGETはオーストラリアにもオフィスがありますので2カ国留学もお任せ下さい。

石原智之氏の記事一覧へ

この記事、あなたはどう思いましたか?ぜひご感想をください。

Please enter your comment!
Please enter your name here