みなさん御機嫌よう。

セブでショッピングといえば真っ先に思い浮かぶのがショッピングモール。近年は大型のショッピングモールも増えて、アヤラショッピングモールをはじめ SM セブシティ、SM シーサイド、ロビンソン・ギャラリアなどの財閥系の大型ショッピングモールがセブ市内だけで所狭しと並んでいます。

おしゃれな洋服とか旅行中の食事や日本へのお土産を購入する際にはショッピングモールが便利です。ただその反面、それぞれの商品がやや割高。それと、生活用品を入手するにはモールに併設されたスーパーマーケットでフィリピンクオリティの製品を購入することになります。

では、長期滞在の方やセブに生活の拠点がある方にとって高品質の生活用品を購入するのにおすすめの店といえばどこになるでしょうか。

その一つが『会員制スーパーマーケット』です。

会員制スーパーマーケット:S&R と LANDERS

会員制スーパーマーケットはいわゆる『ウェアハウス型』の小売店で、日本では米資本の『コストコ( Costco )』なんかが有名ですね。

ウェアハウス(=倉庫)というくらいですから、店舗は倉庫のような作り。入荷時のまま段ボールにはいった大量の商品をまとめて購入できたり、通常のスーパーマーケットでは手に入らない輸入品などの高品質な商品が購入できるため、大家族の多いフィリピンでも特に富裕層を中心に人気があります。

セブには現在2つの会員制スーパーマーケットがあります。それが『 S&R 』『 LANDERS SUPERSTORE 』です。

もともとセブでは、 S&R がセブ地方唯一の会員制スーパーマーケットとして長年富裕層の顧客を取り込んだ独り勝ちの状態が続いていましたが、ここに来て2017年5月に LANDERS がセブ市中心街にグランドオープン。セブの会員制スーパーマーケット市場に殴り込みをかけました。

今回は、この S&R と LANDERS を徹底比較してみようと思います。

S&R 徹底解剖

まずは長年セブ市民に愛されてきた S&R を見てみましょう。

アクセス

S&R はマンダウエ市のパークモールや CDU (セブ・ドクターズ大学)のすぐ近くにあり、セブで最も幅の広い通りと言われる『 Ouano Ave 』沿いにあります。そのため、自動車での移動であればセブ市内やマクタン島方面からも比較的アクセスが容易です。

1:会員証を作成しよう

会員制スーパーマーケットですから、店内に入るには当然会員証の提示が求められます。
そのためには会員証を作らなければなりません。


会員証はお店の入り口を入ったすぐのところで作成できます。

『 Membership 』とデカデカと看板が出ているのですぐにわかります。カードはビジネス会員向けと個人会員向けの2種類がありますが、個人向けのカード作成費用は700ペソ。作成するにはパスポートなどの写真付き ID の提示が必要です。


こちらが S&R の会員カード(写真はビジネス会員用)です。


会員カードの ID の欄には名前と顔写真が掲載されます。

入店する際はこのカードの提示が求められます。

2:店内の様子

さあ、カードの作成が完了したら早速店内を覗いてみましょう。

『ウェアハウス型』というだけあって、店内の作りは倉庫そのもの。
広大な空間に食品や電化製品などが天井近くまで伸びた陳列棚に並んでいます。


入り口の近くには ATM も設置されています。

これで大量に商品を購入する際もすぐに現金を引き出せるので便利です。

3:商品棚を見てみよう

まずは食品コーナーを見てみましょう。


こちらは鮮魚コーナー。

大きく『 Seafoods 』の文字が掲げられています。


鮮魚が並んでいます。

普段チキンとポークばかり食べているフィリピン人が、魚1尾まるごと購入して自宅できちんと捌くことができるのか甚だ疑問です・・・。

しかし、魚介類の料理を好む日本人としては鮮魚が購入できるのは嬉しいところ。


店内では巻き寿司のパックも販売されていました。

旅行者や留学生は魚を買ったところで調理できないので、こういった商品が手に入ると便利ですね。


一方、こちらは青果販売コーナー。

野菜や果物がうず高く積み上げられています。

ある程度の数量でまとめてパックされているものが多いですが、フィリピンは大家族が多いのでちょうどいいのかもしれません。また、飲食店などの業者もこちらで購入することもあるようです。


日本の豆腐も入手可能。一般のスーパーマーケットではまずお目にかかれません。


調味料のコーナーには日本で馴染みのあるブランド名が並んでいます。

このような質の高い輸入食材が入手できるのも S&R の特徴です。


こちらは洗剤などの日用品のコーナー。

棚の上部には梱包されたままの商品が並んでいます。バルクで購入する場合は梱包されたままでもいいかもしれません。

もちろん、棚の下部、手の届く位置には一つずつ購入できるように商品が並んでいるのでご安心ください。

4:いざ会計へ!

購入するものを決めたら、早速レジへ商品を運んで会計を済ませましょう。


こちらが S&R のレジカウンター。

大量購入する人が多く、買い物かごのカートも大きいので、隣のレジカウンターとの間に広いスペースを確保しています


レジカウンターの上に番号が表示されています。

ランプが点灯していれば、その番号のレジが利用できるということを意味しています。でもちょっと番号が小さくて見えにくいかな・・・。

5:フードコート

レジでの会計をすませると、目の前に『 NEW YORK STYLE PIZZA 』と書かれた大きなボードが現れます。


青いボードにピザの写真がデカデカと表示されています。

S&R にはフードコートがあり、こちらのカウンターでピザなどを購入することができます。もちろん、テイクアウトも可能です。

ご覧のようにカウンターの前には、注文しようとする客が列を作っています。

実は、S&R はこのピザがとても人気で、これを目当てに訪れる人も多いと言います。この S&R NEW YORK STYLE PIZZA は、アヤラショッピングセンターにレストランとして独立した店舗を出店しているほどです。


購入したピザはこちらの飲食コーナーで食べられます。

なんとなくアメリカの学食っぽい雰囲気ですね。この日は平日でしたが、フィリピン人の客で席が埋まっていました。

皆さんもこのピザを味わいに出かけてみても良いかもしれませんね。

LANDERS 徹底解剖

さて、続いては新たにセブに登場した LANDERS を見てみましょう。

アクセス

LANDERS は、アヤラショピングセンターがあるセブ・ビジネスパークからほど近く、I.T. パークや SM シティモールへのアクセスも便利な Cardinal Rosales Ave と Pope John Paul II Ave の二つの通りに面しています。セブの中心街に位置するため、立地は最高といえるでしょう。

しかし、中心地ということだけあって目の前の通りは交通量が非常に多いです。しかも、店舗に面した車線からしか駐車場に入れず、反対車線から入場することができ無いため、自動車での移動の場合、お店にたどり着くまで思った以上に時間を要することもあります

1:会員証を作成しよう

それでは、LANDERS でも早速、会員証を作成しましょう。これがなければ始まりません。


こちらが LANDERS の会員証申し込みカウンター。

店舗入り口からすこし左に進んだところにカウンターがあります。

S&R との違いは、カードが完成するまで目の前の椅子に座って待つことができることです。こちらも申請手順はほとんど同じ。必要書類に記入して、写真付き ID を提示しましょう。

ちなみに LANDERS の個人会員向けカードの作成費用は800ペソ(S&R は700ペソ)。


こちらが LANDERS の会員カードです。黄金色に輝いていて眩しい・・・。


裏面は写真付きの ID となっています。S&R と比べると若干シンプルな表示ですね。

2:店内の様子

さて、こちらが LANDERS の店舗内部の様子です。

あくまで私見ですが、店内空間の広さは若干 S&R より広いように感じます。また、天井の高さも LANDERS の方が高く感じられます。

『ウェアハウス型』とは言え、店舗正面はガラス張りとなっていていわゆる『倉庫』のような閉鎖された感じは受けません。むしろ、自然光が店内に入り、床面と天井も明るい色を採用しているため、店内は S&R と比較すると非常に明るい印象を受けます。

3:商品棚を見てみよう

あらかじめお伝しておきますと、S&R と LANDERS の両者で販売されている商品にさほど大きな違いはありません

LANDERS でも S&R と同様、質の高い食品、輸入食材、生活用品などが並び、バルクで購入することができる点も同じです。


こちらは食品コーナー。

『 SEAFOOD 』や『 FRESH BEEF 』といった案内が、非常に見やすく表示されています。これなら、遠くからでもどこに何が置いてあるか一目瞭然ですね。


こちらは鮮魚コーナーの一角。

一般的な魚の他に巨大な魚が氷が敷き詰められた台の上に並んでいます。一般家庭の方で1メートル近い魚を丸ごと1尾購入する人がいるのでしょうか・・・?


なんと活魚も販売されていました。しかも、水槽の中でゆらゆら泳いでいたのはナマズ!

生きたナマズを購入したところで、少なくとも私は調理できません・・・。しかし、フィリピン南部のダバオなどでは一般的な食材として知られているそうです。セブではあまり見かけませんが、機会があればフィリピンのナマズ料理を食べてみたいですね。


冷凍食品のコーナーには『ギョーザ』の文字が見えます。

日本製品ですね。電子レンジさえあれば日本の味が食べられます。長期滞在者にとっては嬉しいのではないでしょうか。


青果コーナー。

こちらもラッピングされている野菜や果物が目立ちます。


食品コーナーの一角に『 PRICE CHECK HERE 』という案内板を発見。


案内板のすぐ下にはご覧のようなモニターが設置されています。

さらによく見ると、モニターの下に赤外線センサーのようなものが見えます。もしやこれでバーコードを読み取るのでは?

早速、近くにあった商品を手にして、バーコードをリーダー部分に読み込ませると・・・


やはり、商品名と値段が表示されました。

これで、買い物中に値段がパッケージに表示されてい無い商品があってもすぐに確認ができますね。


こちらは、ワインをはじめとした輸入飲料のコーナー。

コーナー専用にきちんとスペースが確保されています。壁一面にワインが並んでいて、客の視線を集めます。


商品棚は、やはり天井近くまで聳え立っています。

上部に行くほど、仕入れ時のままパックされいるのがわかります。

こうした商品棚に衣類や洗剤などの生活用品、家電製品、また家具などが各エリアに分かれて並んでいます。

4:いざ会計へ!

さて、商品をカゴに入れたら、いよいよレジカウンターでの支払いです。


LANDERS のレジカウンター前は非常にすっきりしています。

S&R のようにレジの近くに山積みになった商品を並べていないので、人数が増える時間帯でも並びやすくなっています。


レジの番号は、かなり高い位置に取り付けられています。

これなら、遠くからでも稼働しているレジカウンターの番号が確認できます。

5:フードコート

LANDERS もレジカウンターを通り抜けた先にフードコートが控えています。


こちらの店舗でもピザやホットドッグなどが入手可能です。もちろん、テイクアウトも出来ます。


さらに LANDERS では、カフェが併設されています。

食事をせずに軽くコーヒーやアイスクリームを楽しみたい人には、このカフェコーナーが便利です。


こちらが LANDERS のフードコートの様子。

S&R と比べるとこちらの方がスペースを広く取っています。また、ガラス越しに外の景色が見えるため、明るく開放的な作りとなっています。

よく見ると、使用しているテーブルや椅子もショッピングモールのフードコートなどと比べてかなり上質なものを利用してるのがわかります。やはり、高級志向の会員制スーパーマーケットとして、細部に高級感を演出する工夫がなされているようです。

その他


こちらはヘアサロンです。

LANDERS には店舗内部に理髪店がありました。
会員制スーパーマーケットでわざわざ散髪する人の心境はよくわかりません。よほど腕のいい理髪師がいるのでしょうか。

まとめ:S&R と LANDERS 比較表

さて、ここまで S&R と LANDERS という会員制スーパーマーケットを比較してきましたが、如何でしたか。

立地や店舗の様子は少なからず違いがありますが、正直扱っている商品はそんなに大差が内容にも思えます。あとは、利用者の居住地域や好みなどによって、どちらの店が便利か、好きかなどの意見が分かれてくるのではないでしょうか。

それでは、簡単ではありますが、両者を比較した表をご紹介します。ご参考になれば幸いです。

おまけ

最後となりますが、実は S&R も LANDERS も会員カードの威力がすごいのです。
フィリピンでは、いろいろな手続きや旅先でのホテルのチェックインなどで ID の提示を求められることが多いです。

日本人の場合、ID といえばパスポートがありますが、パスポートを普段外出時に持ち歩くのはなんとなく不安です。しかも、ビザの更新手続きをしていたり、留学生の場合は学校が保管していることもあり、手元にパスポートを持っていないという状況もよく見られます。

そんな時、実は S&R や LANDERS の会員証が ID として使えるのです。

フィリピンではどうやら顔写真が付いているものが ID として威力を発揮する様子。逆に、公的機関が発行した身分証でも顔写真がないと受け付けてくれないこともあると言います。

皆さんも身分証代わりに会員制スーパーマーケットのカードを作ってみますか?

以上、セブの会員制スーパーマーケットのご紹介でした。
セブに長く滞在される予定の方は、ぜひご利用なさってみてください。

それではまた。

▶︎マップで見るセブ島観光スポット

【まとめ】セブ島にある有名・評判な語学学校の一覧表

CoReDi Connection 代表
・ファイナンシャルプランニング
・企業マーケティングコンサル
moro moro project 代表
・台日友好音樂會「音繋」主催

大手旅行会社で営業職を務めた後、2004年に渡英。英国のホテルで約2年にわたり多国籍のスタッフとともに働く。
帰国後、大手金融機関の新規事業部立ち上げに参加。企業のM&A、海外進出支援、CO2削減の取り組みなど多種にわたる事業に従事。上場企業の社長・役員に直接コンタクトを取り、電話&メールのやり取りだけで3ヶ月で2億円を売り上げ話題に。

その後、検索エンジンで有名な米国大手IT企業の新規プロジェクト立ち上げにスーパーバイザーとして参加。新製品の日本市場導入準備を担当、のちに法人向けクラウドウェアサービスを担当し、再び多国籍のスタッフとともに働く。

2015年に渡比。
2017年までセブ島の韓国系、日系の語学学校マネージャーを歴任。

現在はセブを拠点に東京、台北などで複数のプロジェクトを手がける。

2 コメント

  1. AA Barbecueというお店でナマズの丸焼きが食べられます。油が乗っていて鰻に似ています。日本でも絶滅寸前の鰻の代用にナマズを改良する試みがありましたが、納得の味です。日本人には見た目の不衛生さがつらいかも。

    • 石田様
      貴重な情報ありがとうございます。 AA Barbecueでナマズが食べられるとは思いませんでした。私は以前、日本で琵琶湖博物館の中のレストランでナマズの天丼を食べたことがあります。あっさりしていて美味しかったです。今度フィリピンのナマズにもトライしてみたいと思います(そして記事にしよう・・・)。

この記事、あなたはどう思いましたか?ぜひご感想をください。

Please enter your comment!
Please enter your name here